引き続きよろしくお願いします ビジネス。 「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

「引き続きよろしくお願いいたします」は目上に使って良い?ビジネスでの意味や使い方!

引き続きよろしくお願いします ビジネス

Topics• 「引き続きよろしくお願いいたします」の意味 「引き続きよろしくお願いいたします」は「ひきつづきよろしくおねがいいたします」と読みます。 「引き続き」は名詞と副詞として用いられますが、「引き続きよろしくお願いいたします」の場合は副詞として使います。 意味は「続けざまに。 途切れることなく」であり、それまで行われていた物事を今後も続けていく様をあらわしています。 そこから、ビジネスでは「途切れることなく継続して今後も関係を続けてほしい」という意味として「引き続きよろしくお願いいたします」が用いられるようになりました。 「引き続きよろしくお願いいたします」の正しい表記 「引き続きよろしくお願いいたします」の「よろしく」と「いたします」は、ビジネスではどちらも平仮名表記の方が正しいとされています。 「宜しく」と漢字で書く方が丁寧な印象を持たれるかもしれませんが、「宜しく」は常用漢字表にはない読み方のため公文書では使用できません。 また、「宜しく」の「宜」は「便宜」という漢字からきているため、相手から便宜を図ってもらいたいという期待が込められていると思われてしまいます。 「いたします」についても、「お願いいたします」の「いたします」は動詞の後につく補助動詞であり、「する」の丁寧語です。 一方、漢字で記載する「致す」は「めざすところまで届ける」、「最後まで行き着く」という意味であり、「お願いいたします」の「いたします」とは違う意味を持ちます。 このように、メールや文書などで「引き続きよろしくお願いいたします」と記載する時は正しい敬語を用いるように注意してください。 「引き続きよろしくお願いいたします」の使い方 「引き続き」の意味からも分かるように、「引き続きよろしくお願いいたします」はまだやり取りが継続している最中に用いられる言葉です。 例えば、プロジェクトの途中で行った会議や相手からの質問に回答する時などに「引き続きよろしくお願いいたします」と言ったりします。 プロジェクトが終了した時などやり取りが終了した段階で「引き続きよろしくお願いいたします」と言うのは間違った使い方になります。 このほかにも、「引き続きよろしくお願いいたします」を使う際の注意点がいくつかあります。 やり取りや続かないと分かっている相手には使わない 取り引きが1回だけで終了したり、自分や相手が退職するなど、この先関係性が続かないと分かっている相手に対して「引き続きよろしくお願いいたします」とは言いません。 あくまで今後も関係性が続いていく、もしくは続けていきたい相手に対して使います。 このような時は「この度は誠にありがとうございました」と締めくくりましょう。 謝罪に対しては使わない 相手に謝罪を伝える際には「引き続きよろしくお願いいたします」とは言いません。 トラブルが発生した時など自分が謝罪をする立場で「引き続き…」と言うと、厚かましいと思われてしまう可能性があります。 謝罪を伝える際は今後の関係性を示唆するような文章はさけて、「この度は誠に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を繰り返し伝えるべきです。 「引き続きよろしくお願いいたします」は目上の人に使っても良い? 「引き続きよろしくお願いいたします」はビジネスで一般的によく使われる言葉です。 「引き続き関係性を続けていきたい」という気持ちを込めた表現であり、立場に関係なく用いることができます。 目上の人や顧客先に対しても使うことができるので、ビジネスメールの結びの文章としても頻繁に使われています。 また、「何卒」を用いて「引き続き何卒よろしくお願い申し上げます」などど使うと、より丁寧な言い回しとなります。 【スポンサードリンク】 「引き続きよろしくお願いいたします」の類語 「引き続きよろしくお願いいたします」の類語として「今後ともよろしくお願いいたします」という表現があります。 「今後とも」は「今からあとも」という意味で、「引き続き」とほぼ同じ扱いのため同義語とも言えるかもしれません。 しかし、「引き続きよろしくお願いいたします」と「今後ともよろしくお願いいたします」では厳密に言うと若干違いがあります。 「引き続き」はやり取りが続いている段階で使う言葉で、「最後までよろしく」という意味があります。 それに対して「今後とも」はやり取りが一旦終了した後に用いる言葉で、「また次の機会もよろしく」という意味が含まれます。 意味としてはどちらもほぼ同じになりますが、使用する場面が異なりますので注意が必要です。 「引き続きよろしくお願いいたします」の例文 「引き続きよろしくお願いいたします」を使った例文をご紹介します。 いずれも「引き続き」を「今後とも」に変えて用いることができます。 ビジネスメールでよく使う表現になりますので、使用例を覚えておくと大変便利です。 引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 引き続き変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。 引き続き変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 引き続き変わらぬご厚誼とご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 まとめ 「引き続きよろしくお願いいたします」は「今後も同じような関係性を続けてほしい」という意味で用いられる言葉です。 相手とのやり取りが継続している段階で使い、「何卒」と合わせて目上の人に対しても使うことができます。 しかし、謝罪をする時に使うと相手に反省していないと思われてしまう恐れもあるので注意が必要です。 類語として「今後ともよろしくお願いいたします」も使うことができるので、ケースバイケースで正しい敬語を使えるようにしておきましょう。

次の

「よろしくお願いします」だけじゃない!社外メールでの最後の結び言葉フレーズ集

引き続きよろしくお願いします ビジネス

結び・締めが中途半端な印象だとメール全体の印象が悪くなる メールの結びの言葉、締めの言葉が中途半端な印象だと、その印象がメール全体に及んでしまいます。 終わりよければ全て良しとも言うように、物事の最後の印象は強く残るのです。 ビジネスメールの文末、結び・締めの言葉をしっかり書き込み、悪い印象が残らない終わり方にしましょう。 メールの本文の内容が「お願い」なら文末の挨拶は特に注意 ビジネスメールでは、もともとのメールの内容が、お願い事の場合もあります。 末尾の結びの言葉に「よろしくお願いいたします」という締めがよくありますが、本文で既にお願いが書いてあるわけです。 そのため、結びの挨拶で再度お願いをするのはよくありません。 文末の結びにも気をつけてメールを送ると良いでしょう。 ビジネスメールでお礼の言葉を、文末に付け締めくくる際、「結びの言葉」「締めの言葉」が非常に重要となってきます。 ここではたくさんの締めの言葉・結びの言葉をご用意しましたので、自分の求めている締め・結びの文末を探し出し、しっくりくるものを使用しましょう。 まずは、社内の上司や、取引先などに一般的に使う結び・締めの言い回しを丁寧にする例からみていきます。 上司とのやりとりなどで、メールの文末で返信不要・内容確認の旨だけ伝えたいときは、これらの例を参考にしてください。 言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。 他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。 そこでおすすめなのが「」です。 こちらでは、 就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。 無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

次の

英語で「よろしくお願いします」|6つの場面で使い分ける!

引き続きよろしくお願いします ビジネス

今回は「こちらこそ」の意味と、ビジネスメールにおける正しい使い方についてご紹介していきます。 ビジネスメールや商談などで「こちらこそ」というフレーズを用いる場面があるかと思いますが、果たしてこの「こちらこそ」という表現は正しいのでしょうか?また、同じような使い方で「こちらの方こそ」、または「こっちこそ」や「こっちの方こそ」という言い回しもされていますよね。 その是非について見てみましょう。 ビジネスメールで「こちらこそ」を使うのは誤りではない 結論として、ビジネスメールや商談など、ビジネスの場で「こちらこそ」という言葉を使うのは誤りではありません。 むしろ、相手が言った言葉に対して「自分も感謝しています」という気持ちを伝えられるため、好まれる場合があります。 こちらこそ・・・の意味は、自分の気持ちの大きさを示す事 「こちらこそ」という言葉に含まれる「こそ」という助詞は、一般的に「それを取り立てて、強く支持する意を表す」用法の係助詞とされています。 ですから「こちらこそ」という言葉をつける事により、自分の気持ちの方が相手の気持ちよりもずっと大きい事を表現できるのです。 相手の感謝や挨拶のあとに使う場合が多い 相手から感謝の言葉や挨拶を告げられた際に「こちらこそありがとうございます」や「こちらこそよろしくお願いします」と述べます。 これはメールのやりとりでよくあるかと思います。 たいていの場合、 相手:本日はありがとうございました。 といった形で切り返すのではないでしょうか。 また、社内でもよく耳にするでしょう。 いい勉強になりました! 上司:おう、こちらこそありがとう。 明日もよろしく頼むな。 といった具合に「こちらこそありがとう」という言葉は、社内外問わず、さらに言えば仕事でもプライベートでも目にする日本語でしょう。 ビジネスの場で適切な表現・使い方を確認しよう 「こちらこそありがとうございます」や「こちらこそよろしくお願いします」といった形で、「こちらこそ」という表現を用いるのが誤りではない事が分かりましたね。 では、似たフレーズで「こちらの方こそ」や「こっちこそ」というものがありますが、どの表現・使い方が正しいのでしょうか?確認してみましょう。 「こちらの方こそ」を使う人は多いが… ビジネスメールや商談で、さりげなく「いえいえ、こちらの方こそ…」という表現を使う人は非常に多いようです。 あまりにも多くの人が使っているため、新入社員も真似するみたいですね。 ところが、この「こちらの方こそ」には意外なリスクがあるのです。 「方」について厳しく見る人も多いので注意 こちらの方こそ、という場合に気になるのが「方」という言葉です。 こちらこそ、で済むのにどうして「方」をつけるのでしょうか?これは、一部の人から見ると、誤った日本語表現だと捉える人もいます。 たとえば、 ・お釣りの方をお返しします。 ・メニューの方はお決まりですか。 ・荷物の方を預かりましょうか。 ・お皿の方下げますね。 ・スマホの方はお持ちですか。 など、あらゆる場面で使われている「方(ほう)」というフレーズ。 上記はいずれも、正しい日本語ではない、との指摘がしばしばされていますよね。 したがって「こちらの方こそ」についても同様に言えるでしょう。 シンプルに「こちらこそ」で済むのですから「こちらの方こそ」にする必要はない、と考える人が多いのです。 特に目上の人に対してそのような印象を持たれたら損ですよね。 言い回しには気をつけてみましょう。 ただし、社内ルールで「こちらの方こそ」を使うように定められているケースもあるかもしれません。 あるいは、先ほど述べたように慣習として「こちらの方こそ」が定着している可能性もあります。 「方」を使うのは誤り、というのは一説によるものですから、ビジネスメールを送る時は、臨機応変に相手の様子を考えながら送りましょう。 「こっち」はNG!ビジネスメールでは「こちら」で統一 なお「こっちこそ」や「こっちの方こそ」は、ビジネスメールで使うのに適切ではありません。 こっちではなく、こちらと言うのが正しい表現です。 口頭の場合には、思わずこっちと言ってしまう事もあるでしょうが、ビジネスメールでは「こちらこそ」と言う習慣を身につけましょう。 「こちらこそありがとう」の気持ちを上手に伝える方法とは? ビジネスメールで、こちらこそありがとうございます、と挨拶を述べる機会は多いわけですが、その「こちらこそありがとう」の気持ちを上手に伝えるためには、注意すべきポイントがあります。 見ていきましょう。 しかし、実はビジネスメールにおける「こちらこそありがとうございます」について、失礼だと思う人もいるのです。 「とんでもございません」をの前に書くのもOK ビジネスメールで、失礼なく「こちらこそ」を伝えるためには「こちらこそありがとうございます」と書く前に、一言「とんでもございません」などの言葉によって、相手の感謝を一旦否定しておくのも一つの手です。 要するに「こちらこそありがとうございます」などのフレーズをビジネスメールで使う時には、一度相手からの感謝を否定(謙遜)し、その上で感謝の内容を省略せずに書くというのが大きなポイントとなりますね。 嬉しい気持ちや高い意欲、楽しみにしている旨などを挨拶の前後に置けば、同じ「こちらこそよろしくお願いします」という言い回しでも、より丁寧な印象になるでしょう。 目上の人に伝えるときは、相手をしっかりたてる 当たり前の事ですが、目上の人にビジネスメールを送信する時は、あくまでも相手をたてることに気を配りましょう。 ただ「こちらこそ」と書くのではなく、目上の人を敬っているのが明確に分かるようにするのがベストです。 なお、相手を立てるのは目上の相手に限らず、様々な場面で、折衝能力として大変役に立つでしょう。 基本は、相手をたてる事です。 ビジネスメールの「こちらこそ」には感謝を伝える意味があり、前置きを入れるとさらに良い! ビジネスメールにおける「こちらこそ」や「こちらの方こそ」というフレーズの意味、正しい使い方についてご紹介してきました。 繰り返しになりますが、こちらこそという言葉は非常に使い勝手がよいメリットがありつつも、その言葉を受ける人によっては不快感につながるリスクもある言葉です。 なので、こちらこそありがとうとか、こちらこそよろしくお願いしますという言い回しを使う時には、相手に不快感を与える文章になっていないかを、よく確認しましょう。 特に目上の人には礼儀正しく、マナーを守ったビジネスメールを送りたいものですから、十分に注意しましょう。

次の