プラバン 水性 ペン。 プラバンをマニキュアで着色する方法|クレヨンや水性ペンでの色付けは?

プラバンに水性ペンで描くには?やすりをかけたらOK?おすすめ水性顔料

プラバン 水性 ペン

プラバンの表面にコーティング おすすめのコーティング剤は? プラ板のコーティングには水性ニスがおすすめ 水性ニスは乾く前は水性で、乾くと耐水性なります。 使用した筆やハケは乾く前によく水洗いしましょう。 手や服などについた場合も、乾く前なら水洗いで落とせます。 水性以外のものでしたら大抵のものに使えます。 ポスカは水性ですが乾くと耐水性になるため、よく乾いてから水性ニスを塗ることができます。 着色済みのプラバンに使用する場合は、着色したインクの上のみニスが付き、未着色の部分ははじいてしまいます。 油性ペンで輪郭を描いただけのプラバンは、インクのない部分がはじいてしまうので、水性ニスではコーティングできません。 くれよん、パステルは焼き上がりがプラ板の上にパステルの粉や解けたクレヨンが乗っている状態です。 ニスを塗るときに表面を擦ってしまうとにじむことがあります。 くれよん、パステルの場合は、スプレー式のニスの方がよいでしょう。 上に水性ニスを塗ることができます。 プラバンはUVレジンでぷっくり可愛くコーティング! UVレジンはぷっくりとした仕上がりになります。 一度で済ませようとせずに重ね塗りをすると綺麗にできます。 油性ペンの上に塗るとインクげ滲んでしまいます。 油性ペンの上にUVレジンを塗りたい場合は、まず水性ニスを塗って保護してから、UVレジンを塗ってください。 水性ニスが完全に乾いてからUVレジンを塗りましょう。 なるべく表面を擦らないように塗ってください。 多めに落としたUVレジンを爪楊枝などで広げる感じで塗ると綺麗にできます。 プラ板のコーティングにはトップコートがおすすめ ネイルのトップコートは手軽に手に入れることができ、ラメ入りなどを使っても可愛くできます。 油性のものの上に塗るとにじんでしまいます。 なるべく表面を擦らないように塗ってください。 トップコートを多めにおいて広げる感じで伸ばしていくと綺麗に塗れます。 プラ板のコーティングはジェルメディウムで! ジェルメディウムは白いボンドのようなもので、乾くと透明になります。 色々な着色剤と相性は良いですが、ドロっとしているので、平らに綺麗にならすのはコツがいるかもしれません。 水性ペン、ポスカ、油性ペン、色鉛筆の上にも使用できます。 もともとアクリル絵の具と一緒に使う物なので、アクリル絵の具との相性は抜群です。 クレヨン、パステルの上にも塗ることができます。

次の

プラバンをマニキュアで着色する方法|クレヨンや水性ペンでの色付けは?

プラバン 水性 ペン

スポンサードリンク プラバンに水性ペンで描くには?やすりをかけたらOK? 水性ペンはプラバンと相性がよくありません。 直接プラバンに水性ペンを使って着色しようとすると、 はじいてしまうのです。 それでもプラバンにやすりをかけることによって、 水性ペンでも書きやすくすることができます。 水性ペンを使うことによるメリットとしては、 色をぼかせることです。 ティッシュなどで水を含ませることによって、 色を薄くすることもできます。 このようにプラバンにやすりをかけることによって、 使用できる画材が多くなり、表現の幅がグンとひろがるのです。 その中でも水性ペンを使えるようになったことは大きな発見で、 水性ペンを活用することによって、 プラバン製作に新しい表現方法を加えました。 あと便利なものとして、 水性ペンを使うためにやすりをかけなくてもよい、 最初から加工してあるプラバンも発売されています。 上手にやすりがけできないという方は利用してみてください。 水性ペンを上手に使って、 アイディアにあふれたあなただけの作品を作りましょう! プラバンに描くなら!おすすめ水性顔料 水性顔料をプラバンに使うならば、まずはポスカ、 マッドではっきりした着色が特徴で透けることがありません。 ただし、厚く塗り過ぎると加熱後にヒビが入ることがあります、 注意してください。 次に蛍光ペンです、蛍光ペンも水性顔料を使っている場合が多く、 とてもきれいな発色をするので、積極的に使いたいペンです。 プロッキーを使うという選択肢もあります。 ポスカと同じメーカーのペンで、使い方もいっしょです。 不透明なポスカとは違ってプロッキーは透明系で、 すりガラス調になり独特の風合いがでます。 最近の投稿• 人気記事ランキング• カテゴリー• 109• 104 アーカイブ•

次の

プラバンの完成度が上がる着色の種類と色付け方法のコツ!|DIYと暮らしを楽しむ

プラバン 水性 ペン

水性ニスにたどり着くまで をアクセサリーづくりに使用し始めてからというもの、 で書いた線画の耐久性のことを考えていました。 ただ は一般的な名前ペンで書いた線画よりも手に付きにくいです。 (ベタ塗りは普通につくけど、重ねていない線画はあまり手につかない。 ) そうは言っても、油性ペンなのでうっかり手についたり、 段々取れたりしてきて困っていました。 正直ニスを塗らない方がきれいなので、見た目だけで言うと塗りたくない。 でも、長く使いたいので、コーティングが必要だなと思っていました。 そこで出会ったのが 水性ニスでした。 は、無臭でとろりとしたテクスチャーです。 油性ニスのように溶けてしまうものもあるようなので、もしウルトラバーニッシュ以外の購入を考えている場合は、参考にしてみてください。 使い方 水性ニスを塗るタイミングは、着色が終わり金具などをつける前です。 準備するもの ・紙パレット とろ〜っとしているし、油性ではないので、メモ用紙に出しても、 すぐに染みこんだりしないので、厚手のメモ用紙を何枚か重ねて使ってもOKです。 わたしは、四角いふせんメモを紙パレット代わりにつかっています。 洗うのが面倒くさいし、固まると取れにくいので、使い捨てできるものにします。 ・0号の筆 アクセサリーなら、小さいので、0号の筆がちょうど良かったです。 大きい筆だと毛が硬くて、使いにくいです。 毛先が硬いと油性ペンの線が取れてしまうことがありました。 手順 プラバンを焼いて、着色も終わった状態でニスを塗ります。 ・使う前によく振り、に小さじ1ほど出します。 ・筆は乾いた状態で使います。 ・筆にたっぷりニスをふくませて、適度にしごきます。 ・塗った時にギリギリかすれないぐらいの薄さで全体に塗る。 ・細い線の上だけに塗る時は、つまようじなどに取って少しずつ塗る。 塗るよりも乗せる感じで少しづつ塗る。 注意すること 厚塗り厳禁、薄く塗る 厚塗りだと、乾く過程で、じんわりにじむことがあるので、うすーく塗りましょう。 ただ、にじんでもちょっと滲んでるかなぐらいのにじみ程度で止まりました。 油性ペンの線の上にマニキュアなどのを塗った時ほど、ドロドロに消え去ることはありません。 線には触れない ニスを乗せると、水性といえど線が消えやすくなっているので、 ニスを載せる時に、うっかり線をひっかいて消えたことがありました。 乗せる時は、慎重にがんばってください。 塗った後の状態 ・筆の後はほぼなくなりますが、がうまく焼きあがった時の、 「つるっと感」とはちょっと違う。 ・塗った直後よりも乾いた後はニス層は薄くなる。 プラバンに水性ニスを使うときのコツまとめ ・厚塗りをしない。 にじみ防止になります。 ・何度も筆で塗らない これもにじみ防止につながります。 ・アクセサリーの大きさなら、0号の筆で最初にたくさん含ませたあとに、筆をしごいて 塗った時にギリギリかすれないぐらいの薄さで全体に塗る。 ・爪ようじなど先端の細いものを使う時は、線を触れない。 sponsored link おすすめ道具一覧.

次の