緑のたぬき ちょい足し。 赤いきつねのちょい足し選手権 おススメのアレンジレシピ

話題の『赤いたぬき』は永谷園の『お茶漬け海苔』で作ると激ウマ! 全身の細胞に美味しさ成分が染み渡る

緑のたぬき ちょい足し

「え?うどんの上にお菓子!?」と恐る恐る口に運びましたが……。 ふふっと笑みがこぼれる結果に。 歌舞伎揚げは、油で揚げたおかきですが、どん兵衛のつゆを吸うと、一口サイズのかき揚げやてんぷらのように揚げ油がつゆに溶けだしてつゆがさらに味わい深くなります。 歌舞伎揚げ自体も、つゆを吸って少しふやけた食感は天ぷらの一種のよう。 天かすのようにサクサク感と染みた柔らかな食感が混在してなかなか味わい深いちょい足し具材に変貌しています。 この歌舞伎揚げアレンジは、どん兵衛だけでなくいろんな和風カップ麺に応用できそうなポテンシャルを感じます。 立ち食いそば屋さんでトッピングをなにかしらつけたい!という人にはぜひ試してみてほしいアレンジです。 基本的に歌舞伎揚げと同じくつゆを吸って油の甘みが足され、天ぷらのように楽しむことができる優秀ちょい足しアレンジですが、歌舞伎揚げに比べて味付けが濃いのと、温めると想像よりイカの風味が出てくるので好きな人を選ぶかもしれません。 その分好きな人にはたまらないんじゃないでしょうか。 個人的にはうどんよりもそばにあうトッピングだと感じました。 こちらは、編集部で評価が分かれる結果に。 日本茶を入れたおかげで味が深まったという意見もある一方、「お茶の香りはしなくもないけど、味が変わったかといわれると……?」と首をかしげる意見も。 普通に作ったどん兵衛と食べ比べたところ、確かに味は結構変わっていますが、わざわざ日本茶を別に沸かすほどの感動はあまり感じませんでした。 まずいわけでは全然ありませんが、味の変化に驚きもない結果になりました。 こちらもうどんににんにくという邪道感からおそるおそる口に運びましたが、味見をしたスタッフの全員が「クスッ」と笑い、「ラーメンだ」と感想を漏らしました。 にんにくを少量入れるだけで味が激変し、太麺の醤油ラーメンに大変身! 油揚げも、チャーシューとメンマの中間のような不思議な味に。 どん兵衛をわざわざラーメンにしなくても他のカップラーメンを食べればいいのではという感想も頭に浮かびますが、それでもこの味の激変ぶりは一度試す価値アリ! と言いたい驚きがあります。 また、にんにく入りは、この少量なのになぜ?と思うほど体も温まりましたよ。 スタッフ全員が、「まあうまいよね」と予測しながら食べられる安心感がありますが、食べた後「想像よりもうまかった!」と感想を言う人が続出! 関西出身のスタッフは、「京都でいう『たぬき』は天かすではなく、しょうがの入ったとろみのあるあんのつゆで食べるんだけど、それに近い」とのこと。 きつねうどんなのに、京風たぬきの風味も同時に味わえるというお得な一品になりました。 こちらは、美味しいけれど一味足りないという感想と、美味しけどどう感想を言えばいいのかわからないと悩むスタッフが。 確かに、つゆの味が牛乳でまろやかで、豆乳鍋のような優しい味がして決してまずくはないのですが、その分味がぼやけてしまいどういうコンセプトなのかわからないという結果に。 【結論】ちょい足しは「歌舞伎揚げ」と「しょうが」がうまし! どん兵衛のちょい足しアレンジ6品、試してみたいものはあったでしょうか? 編集部オススメは、歌舞伎揚げをプラスしたアレンジと、しょうがをプラスしたアレンジになりました。 また、にんにくを足すとごく少量でも味が激変して体の温まるスタミナラーメン風どん兵衛を楽しめるので、こちらもやってみる価値があるかと思いますよ!.

次の

【激ウマ】どん兵衛 天ぷらそば アレンジレシピ3選 確実に満足させます

緑のたぬき ちょい足し

年越しどん兵衛に最も合うちょい足し食材は? ネットで話題のレシピを比較してみた 日本の大晦日に欠かせないものと言えば「年越しそば」。 スタンダードなかけそばを食べる方も多いかと思いますが、今年はちょっと冒険してみませんか? 今回筆者が挑戦したのは、カップそばの「どん兵衛」を使ったちょい足しアレンジ。 作り方は、 1. 必要な湯量の半分の水と、半分の豆乳を鍋に入れて温める。 1を粉末スープを入れたどん兵衛のカップに注いで3分待つ。 以上で完成です。 見慣れない白色のつゆに、少々不安を覚えながらもひと口飲んでみると… これは美味しい! すごく美味しいです!! つゆの味は豆乳によって深みを増し、より風味豊かに。 口の中には大豆の香りがしっかりと広がります。 かといって、豆乳の味だけが浮いているのではありません。 どん兵衛のつゆの味と実に見事に調和していて、お互いの風味の良さを引き立て合っている感じ! 豆乳を入れると単にまろやかな味わいになるのかと思っていましたが、むしろもともとのつゆの味がキュッとしまったような気がします。 通常通り作ったどん兵衛の麺の上ににんにくを出すと、案の定、蒸気に乗ったにんにくの香りが主張してきました。 ほんの少しの量なのに、強い…強すぎるよにんにく…。 食べる前から「失敗」の二文字が浮かびましたが、ズズッとひと口食べてみます。 あれっ? いやいや、もう一口…。 んんっ?……なるほど……。 まさかこれ、美味しいやつですね? そう、予想を見事に裏切り、美味しかったんです、これ。 つゆ全体ににんにくの味が溶け込んでも、もとのつゆの旨さが完全に潰れることはありませんでした。 食欲の湧く味わいに、気が付けばどんどん食べ進めてしまいます。 するとどんどんつゆを吸って、約1分程度で完全にふなふなに。 ふなふなと言うとちょっと残念な気がしますが、意外にもこれはこれで美味! つゆの味にも違和感なく馴染んでいますし、つゆでひたひたの状態になっても、歌舞伎揚げの甘辛い風味は健在でした。 どん兵衛の天ぷらのサクサク感がお好きな方には物足りないかもしれませんが、具の一つとして、ぜひトッピングしてみて欲しいです。 ちなみに、そば全体の味にはこれといった変化はないので、インパクトは弱いかも。 どん兵衛と言えば、天ぷらの桜海老の風味が印象的なので、それに合わせて「ごはんですよ」の磯の香りをプラスすると美味なのでは?と。 通常通りどん兵衛を作り、「ごはんですよ」をトッピングしていただきます。 しかし、少しつゆに溶かすだけでは特に味は変わらず。 もちろん麺に絡めて食べれば「ごはんですよ」の風味を感じられるのですが、そばと併せたことでの相乗効果は特にありませんでした。 結果的に、大さじ5~6くらいの「ごはんですよ」を入れたでしょうか。 そうしたところで、やっとつゆから漂う磯の風味を楽しめるようになったのですが、なんだか味が濃すぎる感じ。 ん~、なんだかそばも「ごはんですよ」ももったいない。 この高貴なお味を自宅で簡単に…と目論み、筆者が思いついたのは缶詰を使うこと。 しかしいくつかのお店を探して見つかったのは、牡蠣は牡蠣でも牡蠣の燻製の缶詰のみ…。 イチかバチか、通常通り作ったどん兵衛の上にトッピングし、缶詰のオイルもちょっぴりつゆに垂らします。 う~ん、はっきり言いましょう。 これは…失敗! もちろん美味しいんです、牡蠣自体は。 でも、そばから完全に味が浮いています。 つゆもなんだか香りが損なわれて、あまり箸が進みません…。 どうぞ、ぜひ一緒にせずに、それぞれで美味しくいただいて下さいっ!.

次の

話題の『赤いたぬき』は永谷園の『お茶漬け海苔』で作ると激ウマ! 全身の細胞に美味しさ成分が染み渡る

緑のたぬき ちょい足し

東洋水産から数量限定で販売されている 『赤いたぬき』が話題になっています。 こちらは昨年『赤いきつね』と『緑のたぬき』が発売40周年を迎えたことを記念し、東洋水産が人気投票を開催したところ、『赤いきつね』が勝利したことを受けて誕生。 人気の2品をいいとこ取りした商品なのです。 数量限定のレア感はたまりませんが、販売が終了しても『赤いきつね』と『緑のたぬき』を1個ずつ買ってくればいつでも作れてしまうのです。 実際に『赤いたぬき』を買って食べてみたけど、「まあ美味しいけど想像通り」という感想を抱いた人は多いのでは……? 『赤いたぬき』は永谷園の『お茶漬け海苔』で作ると激ウマ!! そこで今回は 『赤いたぬき』を最高に美味しく食べるちょい足しアレンジをご紹介。 『赤いたぬき』を購入してきたら、皆さんのおうちに常備されている定番のアレも一緒にご用意ください。 定番のアレとはこちら。 永谷園の『お茶漬け海苔』でございます。 もし家になかったら一緒にご購入を。 用意ができたらとりあえず調理を進めていきましょう。 カップの中に入っている粉末スープを取り出したら、通常なら熱湯を注ぐ前にこちらを中に入れるかと思いますが、 今回は粉末スープは使いません。 かわりに『お茶漬け海苔』を1袋投入しましょう。 あとはいつも通り熱湯を注ぎます。 量もそのまま減らさずに通常量で大丈夫です。 熱湯を注いだらフタをして5分待てば完成となります。 サッパリうま塩味のつゆが天ぷらにもうどんにも合う!! 永谷園の『お茶漬け海苔』は150ccのお湯を注ぐことが推奨されているため、カップうどん1杯分のお湯を注いだら当然薄くなってしまいます。 しかしそれはご飯に使用する前提。 うどんの麺には塩分が含まれているため、 薄くなった『お茶漬け海苔』+麺の塩分で絶妙な塩加減となるのです。 しかもつゆには天ぷらの旨味成分がプラスされ、実に味わい深い塩味に変化。 そもそも天ぷらは塩で食べるのも美味しいですし、見事な相乗効果が生まれます。 あとから『お茶漬け海苔』を入れることで煎餅のザクザクとした食感も残るので、歯ごたえがほしい人は天ぷらとお茶漬けを食べる直前に入れるといいかもですね。 もちろん今回ご紹介したアレンジは『赤いきつね』や『緑のたぬき』でも試せるのはもちろん、日清食品の『どん兵衛』などでも楽しめますし、お茶漬けの素も別のメーカーの商品やわさび茶漬け、鮭茶漬けなどを使っても美味しいはず。 簡単に作れますのでいつもと違うカップうどん・カップそばを食べたいという方はぜひお試しください。

次の