猫 一緒に寝る 腕枕。 かわいいけど腕がしびれる!腕枕好きの猫と上手に寝る3つの方法!

猫と一緒に寝るときの注意点は?一緒に寝たい猫BEST5! [猫] All About

猫 一緒に寝る 腕枕

こんにちは。 うちは、最初から同じベッドで寝ています。 というか、猫の方がベッドを使っている時間が 圧倒的に多いです。 笑 と言っても、私はベッドの布団の中で寝て、猫は、布団の上にかけてある毛布の上に、猫専用の毛布をかけてあるので、その上で寝ています。 毎年10月頃から、3月まで、湯たんぽを2ついれているのですが、猫専用の毛布の上にくれば、湯たんぽがあることを知っているので、ちゃんと、そこで寝ています。 キャットタワーも、ベッドのそばに設置してあり、昼間はてっぺんで寝ていることもあります。 猫の専用ベットも作ってあって、低反発マットにカバーをかけて、冬は、小さな毛布で包んでいますが、ほとんど使っていません。 ただ、真夏は私の体温が暑苦しいのか?寝るときはベッドの上で寝ていた猫が、朝になったら、専用ベッドに寝ていることもあります。 苦笑 うちの仔は、高齢で落ち着いているのと、シャンプーと、ケージに入れて病院に行くとき以外は、ほとんど泣きません。 私に何かして欲しいときには、キャットタワーの麻縄を引っ掻いて、アピールしてきます。 昼間は、私は隣のリビングにいますが、うちは 部屋の仕切りを開け放して、ワンルームにしているので、猫は自由に歩き回れます。 確かに子猫の時は元気が有り余っていますからね。 うちも今まで10匹以上は飼ってきましたが子猫の時は髪の毛で遊んでみたり飛び乗ってきたり二匹いるときは大運動会状態でよく起こされてましたね。 暑いときは大体爪とぎの上で寝たりしてますが部屋は同じ部屋で寝ています。 あと子猫の時から今もずっとなんですが、私が寝る体制になると脇にきてぐるぐる喉を鳴らして毛布をモミモミちゅぱちゅぱしてからそのまま寝たり移動したりします。 毛布だけだとしないんですが、私+毛布の組み合わせになると発動します。 でも、現在、1. 数日、一緒に寝れば普通の事に成って 大騒ぎも治ると思うんだけど。。。 うちの猫さんは生後2~3ヶ月位の頃、お外にいるのを保護しました。 我が家に保護して6日目かな。 あの子が私の布団に入って来たんです。 その夜私の腕枕で眠りました。 以来、ずっと腕枕で眠ってはります。 保護したのが冬季だったこともあり、寒かったからでしょうね。 そんなことも当時、思いましたね。 切ない気持ちとたまらなく愛おしい気持ちでいっぱいになりながら腕はしびれますが、腕枕してました。 子猫の頃から毛布にすっぽり入って眠る習慣がついているので、成猫になりましたが変わらず一緒に寝ています。 寝ている時は猫はリラックスした状態になっているのでお腹、手、足を頻繁に触っています。 この状態を利用して手や肉球を触って爪の延び具合をチェックしてます。 猫もゴロゴロと鳴らしてくれるし、爪切りの際もゴロゴロ鳴らしてくれます 笑 えむえむにゃーこさんがおっしゃってますが、子猫期に触ってあげるという体験。 私も大切だと実感してます。 よく触ってあげると、それが後々にブラッシングや歯みがきといったお世話の導入をやり易くする効果も期待出来ると思いますよ。

次の

猫と一緒に寝る幸せ(駄)

猫 一緒に寝る 腕枕

寄り添って寝ることによって安心感を感じたり、子供の頃に戻ったような気分になるからなんですね。 また寄り添っていることで体温を調節したり、何かが起こってもすぐにあなたを守れるように、との縄張り意識がある猫もいるようです。 顔付近にいる、お尻を向ける 甘えたい気持ちや、信頼度が一番強いのが顔付近です。 あなたにより近いことから安心感が得られる位置で、猫との関係は親子並みに深いと言えるでしょう。 布団の中に潜る 寒がりであることはもちろん、あなたの匂いがする布団の中が安心するようです。 布団の上に乗るもしくは、お腹、足や股の間 暑がりだったり、高い場所・狭い場所が好きな猫に多いようです。 上に乗る、間に挟まるなどの行動から見られるあなたとへの信頼度は50%位かもしれませんね。 足先や足元 警戒心が強いタイプで、寝ている時に邪魔をされたくない心理を持つ猫です。 信頼度はやや低いですが、それでもあなたの側に居たいことだけは変わりがなく全く信用していないということではないので安心してください。 離れた場所 警戒心、独立心が特に高いタイプで、信頼関係があまりできていなかったり、人とは離れていることが習慣になっているタイプの猫によく見られます 元野良猫だった等。 顎の下にある臭腺からでるフェロモンであなたに匂い付けし縄張りを主張している状況も考えられますよ。 *手が痺れたらどうする? 多くの方は「猫がかわいそうで動かせない」といった悩みを持つ痺れですが、やっぱり痺れる前に猫からそっと離れましょう。 顔付近もそうですが、寝苦しくて辛い思いをする場合は猫が落ち着いて寝られる場所を作ってあげるのも解決方法になるかもしれません。 こうすると良いといった方法はありません、猫の性格や習慣も影響してくるでしょう。 やはり何と言っても猫の気持ちを汲み取り、仲良くなれる関係を作ることだと思います。

次の

猫が腕枕で寝る5つの理由

猫 一緒に寝る 腕枕

うちの猫も、私の腕枕で眠りますよ~!ただ、冬限定です 笑 夏場はなかなか腕枕させてくれませんね。 ただただ甘えたい気分の時は、腕枕でフミフミしながら喉を鳴らしている事もあります。 猫は、やはり安全な場所で眠ろうとするので、信頼していない人の側では無防備に眠る事はありませんので腕枕は信頼の証でもありますね。 また、記事にあったような猫が他の動物を腕枕にしているパターンも可愛いですよね~。 うちには愛猫と愛犬が同居していますが、いつも愛犬が踏台や枕にされています 笑 逆に猫が腕枕をしてあげるパターンはかなり珍しいですよね。 猫は基本的に自分が快適である事を望むので… 笑 猫が腕枕をさせてあげる場合は、自分が守ってあげなければならないと感じている対象に対して行う事が多いように感じます。 うちの場合は、愛猫を構いたい末っ子に対して仕方なく腕枕…腹枕をしている事があります。 それでも短時間ですね。 やっぱり、猫を飼い始めたら一緒に寝たいなと思うのですが、近くで寝ることはほとんどなく少し寂しいですね。 たまに、近づいて寝てくれるのですが私の足に寄りかかって寝ています。 猫は信頼関係が強いほど飼い主の顔の近くで寝て、信頼関係が弱いほど足元で寝るという話を聞いたことがあります。 まだ完全に信用してくれていないのかもしれません。 もしくは、遠慮深い性格や親離れがきっちりできていることで甘えてこないのかもしれません。 それでも最近は、私から猫の側によって寝ても逃げなくなりました。 また、ファンヒーターに前にいると寄りかかってくることも増えたので、いつか腕枕で寝てくれたらいいなと思っています。 猫ちゃんのペースに合わせることもいいことだと思います。 無理矢理だっこしたり、寝ているところを起こしたりすることはあまり良くないのかな? 基本、気分屋さんなので「遊んでー」と寄ってきたら遊ぶようにしています。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の