小滝 ちひろ 朝日 新聞。 【小滝ちひろさんの思想は】朝日新聞記者のTwitter炎上、死者が出てる重大さよりも政治的な思想を優先させた記者にSNS教育が必要【朝日新聞の思想そのもの!】

朝日新聞の編集委員、「新コロナは痛快な存在」と投稿し物議…歪んだエリート意識

小滝 ちひろ 朝日 新聞

・炎上の原因はツイッター 猛烈な怒りの声が上がり問題視されているのは、2020年3月13日に小滝ちひろ氏が自身の公式Twitterに書き込みしたコメント。 その投稿には、以下のコメントが書き込みされていた。 ・小滝ちひろ氏のTwitterコメント 「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない 新型肺炎・コロナウイルス」 ・たまらなく愉快なこと その書き込みとともに、朝日新聞デジタルの「五輪景気への期待 延期発言で吹っ飛ぶ 世界株安」という記事へのリンクも掲載されていた。 ・痛快とは「たまらなく愉快なこと」 インターネット辞書「goo辞書」によると、痛快とは「たまらなく愉快なこと。 胸がすくようで、非常に気持ちがよいこと」を意味する。 小滝ちひろ氏にとって、新型コロナウイルスは「たまらなく愉快なこと」ということか。 ・見解や賛意ではないという言い訳は通用しない 朝日新聞デジタルの公式サイトには、小滝ちひろ氏のプロフィールが書かれている。 そこには「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見」「朝日新聞社の見解ではありません」「RTやリンクは賛意とは限りません」とあるが、「痛快」という書き込みとともに朝日新聞デジタルの記事リンクも掲載している以上、見解や賛意ではないという言い訳は通用しないと思われる。 ・朝日新聞掲載の小滝ちひろ氏プロフィール 「編集委員。 担当は文化財と古社寺。 奈良をベースに東へ西へ。 空手とAFVプラモにはまってます。 ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 朝日新聞社の見解ではありません。 RTやリンクは賛意とは限りません」 このじいさん予備軍、謝罪もせずに逃げたか。 スクショ撮っといてよかった。 弊社は定期的にとんでもない書き込みをする記者が出て、信頼積み上げに頑張る他の記者はみな本当にやるせなくなる。 編集委員登用のあり方も考えてもらいたい。 朝日新聞社も、小滝ちひろ氏の処分を真剣に考えてほしい。 だいたい、あのツイートはヘイトですし。 — 馬と鹿 kvlcji5 朝日新聞編集委員 小滝ちひろ氏 3月13日午後11:58頃に アカウントを削除して逃亡 — マキマキ muye55 朝日新聞編集委員の小滝ちひろ氏を許してはならない。 このような不逞の輩が報道機関に在席させておいてはいけない。 武漢肺炎によって亡くなられた方々への追悼の意もなく、それどころか痛快などと吐かして挑発的な言動をしているような輩には天誅をくらわせるべき。 朝日新聞にも責任を追及しろ。 ・猛烈バッシングを受ける結果を招いた 個人がどのように思おうと自由だ。 誰も、その個人が思う事を止めることはできない。 しかしながら今回の発言は多くの人たちを不快にし、怒りを感じさせ、猛烈バッシングを受ける結果を招いてしまった。 新聞社の編集委員であれば、そこまで考えが及んでもおかしくないのだが、今回はそこまで至らなかったのだろうか。 【続報】.

次の

【炎上】朝日新聞編集委員・小滝ちひろ氏「新型コロナウイルスは痛快」と発言し大炎上 / 猛烈バッシング受ける | バズプラスニュース

小滝 ちひろ 朝日 新聞

小滝ちひろのTwitterの投稿が大炎上 今回の件について、ガジェット通信などは以下のように報じています。 3月13日、朝日新聞編集員・小滝ちひろ氏 chihiroktk がTwitterにて 『あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 asahi. html という朝日新聞デジタルの記事にリンクを貼りツイートを行った。 これに対し、不謹慎であるという批判が殺到。 「さすが朝日新聞の編集、世界規模の不景気と死者出ても『痛快』と形容する」 「『戦争でもないのに』イタリアでは1000人以上が亡くなっている原因となってるウィルスを『痛快』と言う朝日新聞社員」 といったツイートが寄せられていたようである。 小滝氏が投稿したこのツイートに対しては当初からコメント欄などに批判が殺到。 しばらくしてネットニュースなどで炎上騒動が取り上げられると、小滝氏は Twitterアカウントを削除しました。 過去にもあった不謹慎ツイートの数々 大きく報道されたのは今回が初めてだと思われますが、実は小滝氏のツイートは 以前から物議を醸していました。 朝日新聞小滝ちひろ氏初見の方用に、今回分と前回分の不謹慎ツイートを貼っておきます! — 左と右の反応🔥手を洗って消毒するBot Nightclub1960 画像右のキャプチャは、2017年6月に起きたイージス艦とコンテナ船の衝突事故。 当時の朝日新聞の記事がこちら。 17日未明に静岡県下田市沖で起きた米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドとフィリピン船籍のコンテナ船の事故。 午前7時40分ごろ、下田市東方沖約15キロの海上で、衝突で損傷した米海軍イージス駆逐艦フィッツジェラルドの姿を、朝日新聞社ヘリから確認した。 不明になった乗組員に対して、 『戦場でもないところでなにやってる』などと発言。 Twitter上に批判が集まりました。 【追記】朝日新聞が小滝ちひろ氏の投稿を公式に謝罪 朝日新聞が公式ツイッターにて、14日付けで公式謝罪コメントを発表しました。 朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。 本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。 深くおわびします。 もし本当にウイルスの威力の大きさを表そうという意図で、あのようなツイートをしたというのであれば、編集者として稚拙過ぎる表現方法だったといえるでしょう。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 朝日新聞さんは、英語でもこの小滝ちはる編集委員についての ツイートの内容とお詫びを発信してくださいね。

次の

朝日新聞『コロナウイルスは痛快』小滝ちひろの出自

小滝 ちひろ 朝日 新聞

朝日新聞の編集委員を務める記者が、不適切なツイートを3月13日にしたことから炎上しています。 問題のツイートは3月13日に朝日新聞の編集委員名義のアカウントで行われたもので、以下の内容でした。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 " 新型コロナウイルスに感染したことで日本国内では28名、世界では数千名の死者が出ていることから、ツイートには批判が殺到。 炎上へ対応しないままだった記者ですが、13日夜にTwitterアカウントを削除しました。 ・この記者は過去にも不適切ツイート 問題の記者は2017年6月にも米海軍のイージス艦とコンテナ船が衝突した事故で不適切なツイートを行い、謝罪しています。 この衝突事故でも7名の犠牲者が出ており、同様に批判されていました。 朝日新聞は社員のTwitterアカウントについて 「新たな発信や読者のみなさんとの対話をめざして、各部門、総局、取材チームなどのグループや、 記者個人によるツイッター活用をすすめています」との方針で運用していると説明しています。 しかし、死者が出ているという重大さよりも政治的な思想を優先するようでは炎上は避けられません。 当たり前ですが、超大国の大統領やアメリカ海軍が嫌いでも、彼らが被害にあったからといって笑ってはいけません。 心のなかの問題なのでそう思うのは自由ですが、それを公の場で発信してはいけません。 Twitterは一見するとタイムラインしか見えませんが、インターネットなので世界中に発信しています。 とくに今回のコロナウイルスでは国内でも死者が出ているため、「コロナウイルスは痛快」とツイートすることは遺族に対して コロナウイルスで亡くなったことは痛快、と言っているようなものです。 もちろんそのようなつもりはないのでしょうが、 政治的な思想から物事を考えるようになると普段ならできている配慮が全くできなくなることがあります。 朝日新聞は、そのことを記者に教育した方が良いのではないでしょうか? 教育するつもりがないのであれば、「朝日新聞記者」と個人のTwitterアカウントに名乗らせるべきではないし、 会社のホームページからリンクを貼って誘導することはやめるべきです。 アカウント上で「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 朝日新聞社の見解ではありません」と表明したところで、 炎上の矛先は記者個人だけではなく会社にも及びます。 3月14日14時16分追記 朝日新聞社の広報アカウントがお詫びを発表しました。 朝日新聞社 広報 朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。 小滝ちひろ編集委員の投稿 5ch newer account 引用元:.

次の