松村 優太。 松村優太が静岡学園サッカー部を選んだ理由&凄すぎる経歴紹介!

松村優太(静岡学園)の兄弟や彼女は?出身中学や経歴や評判まとめ!|ゆき*ログ

松村 優太

名門で徐々に台頭した松村は、2年時にU-17日本代表初選出。 10番を背負った3年時はU-18日本代表に選出された。 なかなか全国大会と縁がなかったものの、同年の選手権静岡県予選ではMVPを獲得する大活躍。 静岡学園を全国大会へ導いた。 圧倒的なスピードと体幹の強さを活かし、高速ドリブルで相手の守りを攻略。 選手権全国大会では厳しいマークを受ける中で奮闘し、準決勝で決勝点を決めるなど静岡学園にとって24年ぶりとなる全国優勝に貢献した。 世代を代表するスピードスター、松村の高校時代について、選手権決勝をともに戦った後輩で、いずれも新チームの主軸となっているDF田邉秀斗 3年 とFW加納大 3年 、そしてGK野知滉平 3年 が教えてくれた。 田邉「 昨年度の選手権静岡県予選準決勝の 浜松開誠館高校戦の1点目。 相手守備網の 真ん中を切り裂いていったところが衝撃的でした。 スピードについて 自分、普通に素走りだと勝てる自信があるんですけれども、 松村は ボール持った時が本当に手をつけられなくて、プラス体幹が強いというのが凄いと思います。 ちょっと身体当てたくらいだと全然負けなくて、少しバランス崩してもそのまま持っていってしまう」 加納「スピードに乗った時のドリブルは、簡単には止めることができません。 特に自分はFWとして近くで見てきたので凄かったですし、ボールを前で収めた時に松村さんに預けておけば何とかなる部分があったので、そういう部分では頼りがいのあるサイドアタッカーでした」 野知「スピードというのはみんな言うことだと思いますけれど、自分はシュートですね。 シュートが『速くて、重い』というのが第一印象です。 シュート練習に入っていても、松村さんのシュートはスピード感もコースもそうですし、勢いで負けることがあった。 田邉「プリンス リーグ の 浜松 開誠館戦のプレーが自分は相当ひどくて、結構自分的にメンタルをやられたことがありました。 その試合の後、松村さんに『どうしたら良いか分からないです』みたいな感じで軽く相談したんですけれども、『 評価は そんな1回で決まることじゃないから』と言ってくれました。 野知「関西のノリみたいなところもあったと思うんですけれども、ちゃんとするところはちゃんとする。 田邉「自主練は凄いくらい長かったです。 夏、インターハイが終わった後とか夏休みの自主練が凄く長かったのを覚えています。 田邉「自分は良くないプレーをした時にヘコんだりとか、怒られた時に気持ちを抑えられないことがあったりもするんですけれども、子供なんで 微笑。 でも、松村さんは1回ミスしても『次、挽回するぞ』くらいの気持ちでやっていたので、学びました」 加納「自分が少し点を獲れなかったりして落ち込んでいる時に、凄く励ましてくれる存在でした。 加納「近くでやっていた人間で、高卒でプロに行っている。 野知「やっぱり松村さんには凄く才能があるのが分かっているので、プロの世界で磨いて日本を代表するような選手になって欲しいと思います。 自分は今年、静岡学園で培ってきたものを出して全国優勝したいです。 そして、大学サッカー、またプロのどちらに行くにしてもさらに高みを目指して、自分も日本を代表するようなGKになりたいです」 加納「鹿島アントラーズというビッグクラブに高卒ルーキーで行って難しい部分があると思うんですけれども、その中で武器であるスピードやドリブルを活かしてJ1の舞台で活躍してくれたらなと思います。 去年、松村さんが引っ張ってきた姿を近くで見てきたので、そこはしっかりと今年は自分が引っ張っていきたいですね」 田邉「松村さんは1年目からレギュラーに食い込むくらいの実力というか、スピードなどの武器を持っていると思うので、Jリーグが再開された時にスタメンとして出て欲しいです。 僕もJリーグのチームに声をかけてもらえるくらいに頑張って、来年から敵のチームか味方のチームかは分からないですけれども、勝負できるように頑張ります」 取材・文 吉田太郎 (より) 静岡学園の松村の後輩選手が語る松村のエピソードでした。 とても興味深く読みました。 今季の新人は全員が即戦力レベルと言ってもいいぐらいの選手が揃いましたけど、 特に松村は高校サッカー選手権で優勝に導いた選手ですので、やっぱり注目度も高いですよね。 高校時代は和製アザールと報じる記事もあったりしていたので、 とても楽しみな選手です。 鹿島アントラーズのアタッカー陣は、鈴木優磨や金崎のように闘志全開でゴリゴリ行く選手は本当に希少で 2人が抜けた今、闘う姿勢を前面に出してくれる選手が見当たらないんですよね。 松村は、きっと闘志全開で敵陣にアタックできる選手だと思っています。 しかも、彼の場合はトップスピードに乗った状態でもボールをコントロールできるというのが強みです。 静学で磨いたテクニックをベースにプロの激しさと思考スピードを身に着けたら とんでもないレベルに育つのではないでしょうか。 記事によれば、他の選手よりもずっと長時間の自主練をしていたということなので、 相当な努力家なのでしょう。 たぶん、そうさせているのは負けず嫌いな性格があるからではないかな、と思ったりしています。 今季は公式戦でデビュー戦で退場するというエピソードを作ってしまいましたが、 シーズン終了後にチーム内の序列がどんな変化を見せているのか楽しみでなりません。

次の

松村優太

松村 優太

Contents• 松村優太 静岡学園 の出身中学・所属チームは? 静岡学園高校・松村優太選手の出身中学はどこなのか調べてみたのですが、中学生まではクラブチームでのプレーが多いため、出身中学がどこなのかという情報は目立って出ていませんでした。 中学時代まで所属していたチームは 東淀川FCです。 地名が入っているのでピンと来た方もいらっしゃるかもしれませんが、大阪府大阪市に拠点をおいているクラブチームです。 ということは静岡学園に通っている松村優太選手の地元、出身はズバリ大阪でしょう! 中学時代まではこの東淀川FCに所属しながらプレーをしていたのですが、東淀川FCはもちろん大阪の中ではとっても有名なクラブチーム。 全校大会に出場歴があったり、女子のチームもあり、男女ともにサッカーがうまくなりたい!大好き!という子供達が集まってくるクラブチームなのですね。 松村優太選手は中学の頃からすでにドリブルが上手!と定評があり、有名な選手でした。 大阪で中学生まで必死にサッカーを続けていた松村優太選手ですが、静岡学園高校に進学を決めた理由は一体なんだったのでしょうか!? 松村優太 静岡学園 が静岡学園に入学した理由 静岡学園高校のサッカーのプレースタイルは 卓越した個人技とポゼッションサッカーと言われています。 もともと松村優太選手の武器はドリブルだったんです。 それを活かしつつ、ポゼッションサッカーを目指していたこともあり、静岡学園高校が候補に上がったんですね。 サッカー強豪校が多い静岡県の中でも自分のやりたい、目指すサッカーをしている静岡学園高校に進学したらきっとさらに成長できるだろう…そんな夢と希望を持って地元大阪を離れ、寮生活を選んだのですね。 松村優太 静岡学園 の身長体重は? 素晴らしいプレーを生み出す体にスポットを当ててみてみましょう。 身長がめちゃくちゃ高いわけでもなく、かといってがっしりしすぎている体型でもないですね。 身長や体重はそんなに関係なく、持っている技術が素晴らしいんでしょうね。 松村優太 静岡学園 のプレースタイルやポジションは? 松村優太選手の持ち味は実にたくさんあります。 色々と調べてみると、サッカー関係者の評価や、サッカー経験者の視点での評価などが出てきました。 松村優太選手は静岡学園高校ではMFを任されていて、プレースタイルとしては、ドリブル・突破・重心の低さを活かしたプレーに注目ですね。 突破というのはボールを持ってからのスピードがとても早いということです。 中学校時代から定評のあったドリブルですが、静岡学園高校で更に練習を積み重ねた結果、ドリブルの制度が上がり、スピードとの連携がUPしたのです。 それが結果として突破する能力が格段に高い、ということに繋がってきています。 第98回全国高校サッカー選手権では試合ごとに持ち味のスピードとドリブルで何人もの相手チームの選手にマークされながらも、ドリブル突破する姿が何度も見られました。 まさに、中学校時代の自分の持ち味を伸ばして、新たな武器を手に入れるということをこの3年間で達成していることがわかりますね。 静岡学園高校でこれだけ成長することができたのも、松村優太選手の性格にヒントがあるようですね…! 松村優太 静岡学園 の性格やプロフィール 松村優太選手の性格は 負けず嫌いということ。 負けず嫌いなので、やはり人よりたくさん練習に打ち込んでいる気がしますよね。 他の競技のトップアスリートの話を聞いていても、やはり練習とは自分との戦いとおっしゃっている方がとても多いです。 練習するかしないか、うまく力を抜くか抜かないか、この辺りは全て自分次第です。 やらされている練習ととるのか、やりたくてやる練習ととるのか…この少しの意識の違いが成長に大きく関わるといっても過言ではありませんよね。 松村優太選手の負けず嫌いエピソードを発見したので、ご紹介します。 静岡学園高校のサッカー部は部員数が200名以上いるということで、部の中でも各チームに別れて実力別に練習をしています。 松村優太選手は今でこそAチームですが、静岡学園高校に入学したばかりの頃は当時の現3年生の先輩たちが名を連ねているAチームでした。 入部したての頃がAチームに入ること目標に練習を続けていたのですが、Aチームに昇格していくのはなぜか自分(松村優太選手)ではなく、周りの同級生ライバルたち… この現実が負けず嫌いの松村優太選手の心に火をつけたのです。 ライバルに負けたくない!という気持ちを持って地道に地道に練習を積み重ねてきた結果、先ほどもご紹介した、ドリブルとスピードを融合させて突破力を手に入れたのです。 もちろん4番、5番目ではありましたが、Aチームに昇格も果たしたので、ご安心下さいね^^ 松村優太 静岡学園 の活躍とファンの評判 松村優太選手の活躍で記憶に新しいのは静岡県大会決勝での開始18秒ゴールではないでしょうか? 相手のパスをカットし、そのままドリブルで相手チーム二人を抜き去ってゴールを決めるというファインプレーを見せてくれました。 決勝戦の日の翌日は静岡ではもちろん、サッカー好きの方々の話題になっていました。 高校サッカーの集大成、第98回全国高校サッカー選手権でも数々の活躍を見せてくれた、松村優太選手。 こちらは1月2日の2回戦、丸岡(福井)VS静岡学園(静岡)の時の映像ですね。 松村君の鬼キープ — しかたろう shikataro6 鬼キープと名付けられているほどの、ボールのキープ力。 これだけ相手チームの選手が来ていても、取られていませんよね。 圧倒的なスピードで観客席からはボールを持つたびに歓声が上がっていた。 — やまむんとかさん 3freccecarp 準々決勝のVS徳島市立では、松村優太選手の魅力はドリブルだけじゃない!ということを証明。 引いて守る徳島市立相手に、セットプレーからの2ゴールを奪ったのです。 3点目はゴールはしていないものの、ドリブルからの3点目のアシストで活躍しました。 徳島市立が弱いわけではないのです。 徳島市立はインターハイでベスト8で第98回高校サッカー選手権でも無失点で鉄壁の守備を構築している!と評価されていたのです。 しかし、静岡学園の爆発的な攻撃力で粉砕・・・。 強すぎるんです、松村優太選手率いる、静岡学園。。。 松村優太選手には別名があり 静学のアザールや スピードスターとも呼ばれています。 アザールというのはベルギー代表MFエデン・アザール選手のこと。 松村優太選手が参考にしている選手ですね。 U-18にも選ばれている松村優太選手。 U-18でも活躍を見せたことで、様々なところからオファーがきていた松村優太選手。 清水や磐田など静岡の強豪クラブから獲得したいとのオファーがきていたのです。 しかし、松村優太選手は清水でもなければ磐田でもないチームを選びました。 松村優太 静岡学園 の進路は鹿島アントラーズ 卒業後の進路を鹿島アントラーズに決めた松村優太選手。 なぜ鹿島に決めたのかこのように語っています。 (鹿島は)どの選手が出ても、どの大会でも結果を残している「常勝軍団」。 自分はプロに行ってもまだ挑戦して成長し続けていきたいというのがあった。 引用元:エキサイトニュース 松村選手の持ち味は何と言ってもスピード。 ドリブルも切り返しも全てがトップクラス並みの実力です。 相手が攻め込んできたとしても、重心を低く保っていられるので、体がぶれることなくしっかりとボールを守りつつ逃げ切ることができるんですよね。 また、逃げるだけではなく、相手の前に潜り込むタイプというのも珍しいということも評価されています。 負けず嫌いの性格の松村優太選手が地道に努力を積み重ねてきた結果ですね! 負けず嫌いの松村優太選手ですが、恋愛事情はどうなのでしょう? 高校生と行ったら恋愛も気になるお年頃です。 松村優太 静岡学園 に彼女いる? 彼女がいるかどうかの前に、これだけサッカーが上手で、鹿島アントラーズに内定している松村優太選手ですから、モテないわけがないでしょうね。 サッカー派、野球派と女子の好みは分かれがちですが、それでもサッカーが強い静岡学園高校ですからサッカー男子好きな女子がたくさんいると考えられますね! しかし、松村優太選手の地元は大阪で、今は寮生活をしながらサッカーに打ち込む生活をしています。 朝も6:30から朝練が1時間 その後は普通に高校のカリキュラムに沿って授業 16:30〜19:00までチーム練習 というスケジュールを毎日こなしています。 寮生活ですので、練習後の時間も自由に外出できる様な環境ではないため、デートをす時間的な余裕はなさそうですよね。 それでもやっぱりモテるのがサッカー選手。 今後プロ入りしたのちには熱愛報道が出てしまうなんてことも、もしかしたらありそうですね! 松村優太 静岡学園 の先輩プロサッカー選手は誰? 静岡学園高校出身のプロサッカー選手は松村優太選手の他に何人くらいいるのでしょうか? 調べてみたのですが、大勢の方がいらっしゃいました。 三浦知良 横浜FC• 三浦泰年• 伊藤幸敏 鹿島アントラーズ• 長谷川竜也 川崎フロンターレ• 木本恭生 セレッソ大阪• 柏瀬暁 ブリオベッカ安浦 松村優太選手もプロに行っても活躍して欲しいですね! 松村優太 静岡学園 はヨーロッパへ 松村優太選手の別名は先ほどもお伝えした通り、「靜学のアザール」とも呼ばれています。 アザールというのはベルギー代表のFWのエデン・アザール選手のこと。 アザール選手を目標にしている松村優太選手は、高校卒業後は鹿島アントラーズへの入団が決まっているのですが、いずれはヨーロッパに進出して行けるよう鹿島アントラーズで結果を出していきたい、と言っているのです。 自分と同じ小さい体で活躍しているアザール選手をお手本に個人技を高めてきた松村優太選手。 まずは1月13日の決勝戦で勝利して、優勝という結果を残して欲しいですね! 松村優太 静岡学園 出身中学や身長体重は?鹿島内定期待の新人!まとめ 今回は静岡学園高校の絶対的エース、松村優太選手について詳しくお伝えしてまいりました。 まだまだ高校サッカーから目が離せませんね!.

次の

【動画】松村優太のドリブルがヤバイ!50mは何秒?進路はJ1鹿島!

松村 優太

ルーキーMF松村が出場わずか9分間で一発退場「夢のデビューとなるはずが…」 は16日、ルヴァン杯開幕戦で名古屋グランパスと対戦し、0-1で敗れた。 今季加入した18歳MF松村優太は公式戦デビューを飾ったが、出場9分間で危険なタックルにより一発退場となった。 英メディアも「夢のデビューが悪夢に変貌」と大々的に取り上げている。 松村は今年度の全国高校サッカー選手権で優勝を果たした静岡学園の背番号「10」を背負うエースを務めた。 本大会では鹿島に内定していることもあり、徹底的なマークに苦しめられたが、準決勝では後半アディショナルタイムに自ら得たPKを決め、決勝進出の立役者となった。 その後、鹿島の選手としてプロサッカー選手生活をスタートさせたが、デビュー戦はほろ苦いものとなってしまった。 名古屋戦では0-1で迎えた後半36分に投入されたものの、同45分にペナルティーエリア内へとドリブル突破を仕掛けた際、タッチが大きくなってしまった。 慌てた松村はスライディングを敢行したが、ボールキャッチした相手GKミチェル・ランゲラックに足裏でタックルする形となった。 ランゲラックは激昂し、両チーム入り乱れる騒動となった。 主審はレッドカードを提示し、出場時間わずか9分間でピッチを退くことになった。 松村の退場劇に海外メディアも注目。 英サッカー情報サイト「CAUGHT OFFSIDE」は「18歳がデビュー戦での足裏タックルにより出場9分間でレッドカードを提示」と見出しを打ち、「鹿島で夢のデビューとなるはずが、悪夢へと変貌した」と指摘。 「主審にとっては退場以外の選択肢はない」と指摘している。 なお、試合後に松村は自身のツイッターで名古屋とランゲラックに対して謝罪文を掲載。 ランゲラックも投稿のコメント欄に「問題ないさ! 心配しないでくれ、友よ!」と返信し、一連の騒動は和解に至っている。 (Football ZONE web編集部) 外部サイト.

次の