バット ナイス 常田 ダブル ベッド。 【ダブルベッド】バッドナイス常田、岡田将生似のイケメンと話題に!髪の毛が坊主なのは昔から?

井口綾子、バッドナイス常田との別れに号泣…… 『ダブルベッド』最終日

バット ナイス 常田 ダブル ベッド

先輩からのアドバイス 6日目の昼間で掃除とご飯を食べた常田は一人外に出る。 公園で最後に披露するネタの練習をする。 その時のBGMがこちら その後、常田はカフェ&バーにある先輩を呼ぶ。 現れたのはフォーリンラブのバービー。 バービー「おー常ちゃん」 常田「ありがとうございます。 来てもらって心が落ち着きました」 カクテルを頼むバービー。 常田「ご飯のほうはお任せで」 バービー「どうしたの?胸いっぱい?」 常田「胸いっぱいなんです。 ちょっと話聞いてください」 バービー「例の?」 常田「もう6日目です」 バービー「初日から寝てるの?普通の女の子だったら気持ち悪いとしか思わないよね。 どうなの?」 常田「最初いやそうでしたけど」 バービー「今はいい感じなの?」 常田「失言を経て・・・」 バービー「何失言しちゃったの?」 常田「下ネタを・・・」 バービー「そりゃそうだよ、彼氏でもない知らない人から下ネタいってきたら気持ち悪いよ。 私だったらいいけど」 常田「初日か2日目でバビさんとお話ししたかったわ。 あと残すはネタであり、告白なんですよね。 告白ネタ」 バービー「高ぶってんの?」 常田「高ぶってます!」 バービー「下半身と切り離して考えてよ」 バービー「告白したいの?どんなふうに?」 常田「ちょっと聞いてもらっていいですか?」 と考えたセリフをしゃべる。 常田「綾ちゃんのために寝た作ったから。 綾ちゃん少し話そうか。 一週間前だったよね。 自分と井口綾子さんがマッチングしました。 レインボーブリッジが見える部屋で、自分は綾ちゃんのことばっかり見てました。 最初はうまくいかなかったかもしれない。 一週間ですけど2人で乗り越えることはできました。 ここからは飾らず言わせてください。 好きです。 付き合ってください」 バービー「どこも刺さらなかった。 一個も刺さらなかった。 こっちは告白ってわかってるから、俺にしかない綾ちゃんを見つけることができるってことをプレゼンしなきゃ。 こっからひねり出しですね」 とバービーからアドバイスをもらう。 リンク 告白 夜になり東京タワーを見ようということで、近くで練習する常田。 そこに井口がやってくる。 変な動きをする常田 井口「えーなんの動きは何ですか?」 常田「今からだあっためてた。 ここ座ろう」 井口「一人であれやってたんですか?」 常田「まー準備運動」 井口「今日12時ぴったりで消えるのかな?」と東京タワーのライトアップを見る二人。 常田「どっちなのかわかんないけど、あと1っ分だ。 消えないのかもな、これできたらびっくり」 12時になる 井口「12時なった。 消えないんだ」 常田「消えないパターンだ」 常田「いろいろ頭の中で洗いなおしてたら、綾ちゃんが好きだって言ってたネタをリニューアルしたからさ、よかったら見てもらえたら」 井口「リニューアル!?やったー。 私だけのために、めっちゃ楽しみ!見たい」 常田「じゃ寒いだろうからこれ着てて見て」と自分の上着を渡す常田 常田「改めましてバッドナイス常田です。 バッドナイス常田の深夜の山道。 そこの山道歩いてる人、怪しいもんじゃねーから安心して、今からちょっとだけ気絶してもらってその間に脳にチップ埋め込むから。 で記憶消したら開放するわ。 大丈夫っしょ。 あのー気絶する光浴びせてんだけど君なんともない感じ?」 笑いながら見る井口 山道歩いてる人「なんともねーなー。 なんともねーなー。 俺昔から第6感鍛えまくってるから多分それっしょ。 つかライト消してくんない虫がすげーんだ」 近くで素振りする人「お兄さん、俺ここでしょっちゅう素振りしてるものなんだけど、さっきのライト当ててくんない? あーきたきた。 気絶しそう」 常田「やっぱり怪しい人にはついていかないほうがいいですわっていうお話でした、ありがとうございます」 井口「ありがとうございます。 すごい。 面白い」 常田「いやーよかった。 あとさもう一つあるんだけど、綾ちゃんとの生活を言葉にしてきたんだけど聞いてもらっていい?」 井口「え、はい、もちろん」 常田「綾ちゃんと初めて出会ったのは1週間前だよね?」 井口「うん」 常田「初めて部屋に入って綾ちゃんを見たとき雷が落ちてしまって、ズドンって音が聞こえました。 これからどんな楽しい生活があるんだろと心躍らせてたら、最初のほうはうまくかみ合わなくて、自分の失言も多くて心配させたと思うんですが、親友のれいこさんも呼んでしまうくらい」 井口「ふふ、ごめんなさい」 常田「でも親友を読んでくるほど自分と本気で向き合ってくれてるんだと思いあの時から自分の気持ちは固まっていきました。 綾ちゃんの・・・その声が透き通ってて素敵だと思いますし、笑顔が神々しいって思うし・・・はい、好きです。 もしよかったら引き続き自分の家のセミダブルベッドで生活を続けてください。 お願いします」 井口「え、え?」 常田「恥ずかしい。 ちょっと変な風になっちゃったいろいろ。 やだなー、」 井口「え、ほんとですか」 常田「ごめんね急に」と遠くに座る 井口「嬉しいです、まさか、、なんでそんな遠くにいるんですか」 常田「もう無理よ」 井口が預かっていた上着を渡す 常田「ありがとう」 井口「ちょっと待って、本当ですか。 本当ですかっていうのも変ですよね。 今混乱してて言葉が・・・」と戸惑う井口 常田「すぐにあれしてってわけじゃないけど。 ちょっと経ってからでも。 イエスかノーかだけでもいいし」 井口「・・・え、想定をしてなさ過ぎて」 常田「急だもんな。 ここにいると俺が待ってるみたいな、返答を」 井口「正直なことを言うと」 常田「いいと思う正直で」 井口「ここに入る前に恋愛が主というか、1週間で人を好きなるって不可能でしょっていうか。 もっと時間かけないと付き合うまで好きになれないでしょって思ってて」 常田「そうだよなー」 井口「でも1週間過ごしてみて、仲良くなっていいとこも知って、すごい魅力的に感じて、でも恋愛。 私じゃなくてもいいのかなって思っちゃって。 もっと知っていったら好きになっちゃうのかなって思ったけど、まだ・・・」 常田「今は、まだ俺んちのセミダブルベッドでは難しいてことだよね。 できるかも知らんけど」 井口「今はまだその気持ちには踏み込めてない・・・」 常田「不器用だからさ」 井口「苦手なタイプかなって思ってたんですよ」 常田「全然全然。 好きですってまじめに言うの何十年ぶり過ぎて変なトーンになっちゃった」 井口「いえいえ」 常田「まあでも、全部綺麗になってよかった、ありがとう。 1週間」 井口「まだ終わってないけど」 常田が合唱する 常田「ありがとうの証。 帰ろう」 井口「この後一緒に家帰るの変な感じ」と家に帰る。 この時のBGMがこちら 最後の夜 家に着く2人。 常田「遅くなっちゃったね」 井口「1時前か」 ソファに座る 常田「冷えちゃったでしょ、風呂入ってくれば?」 井口「じゃあ先はいってきます」 常田はリビングで天井を見つめる。 井口は自分が入った後、お湯を入れなおし、リビングへ戻る。 井口「お待たせしました。 お風呂草津の温泉入れたんであったまってください」 常田「草津の温泉! 綾ちゃんこれ水ね」と水を渡す 井口「ありがとうございます」 常田「先寝ててもいいよ。 流れで」 井口「はい。 お風呂ゆっくり入ってください」 お風呂を終えるリビングに戻る常田。 井口はリビングでうとうと 常田「あ、まだ起きてた」 井口「草津いけました?」 常田「草津行ったよ、めちゃくちゃあったかかった、ありがとう。 もう遅いし寝る?」 井口「寝ますか」 常田「変な意味じゃなくて俺こっちで寝とくよ」 井口「じゃあ私がこっちで」 常田「やだやだ、俺がこっちだよ」 井口「なんで、えー。 なんか・・・本当に?」 常田「逆に今日一緒に寝たら変な気しない?そんな価値観」 井口「確かに、また明日おやすみなさい」 ひとりベッドルームへ行く井口。 ベッドで涙があふれる。 翌朝、リビングで目が覚める常田。 コーヒーを入れる。 井口も目を覚まし、何か書いている。 井口「いいにおいする」 常田「おはよう、ちょうどコーヒーいれたから」 井口「おいしい」 常田「おいしいおいしい」 井口「何時くらいに起きたんですか?」 常田「全然、ちょっと前」 井口「起きたらいなくなってたらどうしようって思いました」 常田「いやそんなさすがに」 井口「そんな感じの夢を見た」 常田「もし右手で視界がふさがれていたのなら少しずらしてみればいい。 バッドナイス常田です」とギャグをいう 井口「今生まれたんですか?」と笑う 常田「いつでもいるこいつらは。 よかった少し笑顔になって。 よかったよ。 バッドナイス常田です。 あんまり長居してもあれだからそろそろ俺はいくよ。 綾ちゃんの笑顔が見れてよかったよ」 と準備する常田。 涙を浮かべる井口。 常田「じゃあ」 井口「昨日あんまり言葉で言えなかったから」と手紙を出す 常田「手紙書いてくれたの?ありがとう!」と受け取る 顔を抑える井口。 常田「これは家に帰って読めばいいのかな」 井口「好きなタイミングで・・・やばいなんで泣いちゃうんだろ。 え、ごめんなさい」 常田「ありがとう、家帰って読むわ。 じゃあもうここで」 井口「え、本当に?玄関まで」 常田「それは来すぎや」 井口「きすぎ?1週間めちゃめちゃ楽しかったです」 常田「こちらこそ、ありがとう」 井口「ありがとうございました」 常田「やることを終えたのなら家に帰ればいい。 バッドナイス常田です。 ありがとうございました」 井口「ありがとうございました」 常田「じゃあね、また」と玄関をでる。 この時のBGMこちら 井口も出発の準備をして、絵を出る。 玄関で一礼「ありがとうございました」 常田は帰り道バイクを途中で止めて、井口からの手紙を読む。 というところでエンディング。 関連する記事• 2020. 21 今日、好きになりました。 「青い春編」が2020年4月6日スタート! 今回は4月20日配信分の3話です。 なるがりゅうたに猛アピールでりゅうたの気持ちが[…]• 2020. 10 前回は、井口ちゃんの友達が家に来て常田と話し、井口ちゃんの攻略方法を聞いたりしてました。 下ネタで引かれた常田だったが、ベッドルームでのキャンドルで距[…]• 2020. 28 TBSの恋愛リアリティーショー ダブルベッド エピソード4の番組中に使われていたBGMを紹介します。 出演者は、林家たま平、わちみなみ […]• 2020. 14 今日、好きになりました。 「青い春編」が2020年4月6日スタート! 今回は4月13日配信分の2話です。 […]• 2020. 01 ビビ、トパス、快の新メンバーの気持ちが少しずつ動いてきた前回。 凌とビビが仲良くなりそれをみた花が泣き出していしまい快と部屋の外に出たところで終わりま[…].

次の

【ダブルベッド】エピソード2(バッドナイス常田×井口綾子)ロケ地まとめ

バット ナイス 常田 ダブル ベッド

バッドナイス常田、イケメンで髪の毛が坊主なのは昔から? 髪の毛が坊主なのはあばれる君の弟子だから説 実はバッドナイス常田、同じワタナベエンターテインメントの先輩芸人・あばれる君を師と仰いでおり、二人は師弟関係にあるそう。 そのためか、 なんか圧のある感じの芸風から坊主頭、衣装まで似せてる感満載ですw ただ師匠あばれる君と並んでみると、より常田さんの顔立ちの良さが目立ちますね~。 やっぱりこの坊主頭も、あばれる君をリスペクトしていることから真似し始めたのでしょうか? 学生時代から現在までの髪型 バッドナイス常田の坊主頭が芸人になってからなのか、昔は髪の毛があったのか(こう言うとハゲみたいに聞こえますが…笑)、昔の画像を見てみたいと思います。 こちらは 学生時代のバッドナイス常田。 なんとこの時から髪の毛が短く、というか 坊主ですね。 (今よりもミリ数が大きそう。 ) ということは、あばれる君を真似してはじめたということではなく、元々がこの髪型のようですね。 あばれる君に憧れているのは、坊主頭で親近感を抱いたこともあるのでしょうか?笑 そして学生時代の常田さん、絶対にいい子。 笑 髪型的に野球部にいそうだな~と思いましたが、軟式テニス部でした。 そしてこちらは2009年頃、常田さんがワタナベコメディスクールというワタナベエンターテインメントの養成所に入った時= 21才頃の画像。 こちらも 今よりちょっと髪の毛が長く、地肌がそこまで見えてない感じですね。 やっぱり顔は整ってます。 現在は解散してしまった 「バッドナイス」時代も変わらず坊主ですが、やはり今 のほうがよりあばれる君っぽいミリ数激短の坊主スタイルになっているようですね。 ちょっと伊勢谷友介さんっぽくも見えるかも。 似てるのがイケメン俳優ばかりとは…! バッドナイス常田、岡田将生似との噂を検証 そんなバッドナイス常田、なんと超イケメン俳優・岡田将生さんに似ていると言われています! これ、ご本人が聞いたら絶対うれしいはず。。 岡田将生さんの整い加減は次元を超えていますが、それでも中々似てませんか? 岡田将生さんが坊主にして、ちょっと表情を常田さんに寄せたらもっと似そうです。 上述したように、前回の犬飼貴丈さんからのバッドナイス常田さんということでまじかよ!という声から、エピソード1とは違ったタイプでまた良い。 可愛い女の子と一緒に過ごす男性としての姿がリアルすぎるwなど、様々な反応がありました。 「ダブルベッドにバッドナイス常田さんw 初回から下心全開😩 でも井口綾子にはお似合いかな。 ロンちゃんの相手じゃなくて良かった」 「第2シーズン。 前回とは全然タイプが違ってこれはこれでおもしろい。 バッドナイス常田さんの声のトーンとかテンポが独特。 下心丸見えだし、女性慣れしてると分かっていても、リードする仕草になんかドキドキする。 あと、 今まで意識してなかったけど、かっこいい顔してたのね」 「今更TVerで見たけど、バッドナイス常田キモすぎて… 前回の犬飼くんとロンちゃんがすごく素敵な距離感だったので余計に」 「ダブルベッド、 第1弾を上回ることはないと思ってたけど、バッドナイス常田出てきた瞬間めちゃくちゃ可能性感じた!(笑) これ女性が好きな芸能人の中から選んでるのかね!だから照れる仕草とか素の可愛さが出るんだね!とてもいい!」 「常田モテると思う個人的にはかなり好きになりそうです」 「常田🤣wwwww リアルだ。

次の

ダブルベッド|「バッドナイス常田」の本名、経歴を紹介|12/13

バット ナイス 常田 ダブル ベッド

バッドナイス常田がキモイ!?井口綾子とのやり取りにクロちゃん化? バッドナイス常田 何がキモイの?井口綾子さんは?世間の声は? 芸人ゆえのサービス精神なのか、それともただのエロい人なのか… それは、深夜番組でのことです。 TBS系の 「ダブルベッド SEVEN DAY LOVER」に出演中のバッドナイス常田さんの言動が「キモイ」原因となっています。 岡田将生に似ているとも言われている彼がなぜ? この「ダブルベッド」という番組は、 初対面の男女がとあるマンションの一室で7日間同棲する様子を見届けるというもので、分野としては「ドラマティックドキュメンタリー」と言われるものです。 つまり、その相手役がいるということで、それが 井口綾子さんでした。 井口綾子さんは、 現在22歳のタレントでグラビアアイドルです。 「いのあや」の愛称で認知度も上がっています。 「ダブルベッド」でも、最初は女性たちにもなかなか好評だったようなのですが… 井口綾子さんに対しての言動が 「気持ち悪い」とか 「無理~」となってしまったのです。 途中からこんな発言が飛び出しました。 「めちゃくちゃオッパイ大きいよね」 「ホントに彼氏とかいないの?」 「大学のその時の彼氏さんとは、そういうことはあったの?」 これが放送されてからは、視聴者の女性がドン引き。 お笑いの域を越えてしまったようです。 井口綾子さんが、可愛くてボディも素敵なのはわかりますが、やりすぎてしまいました。 井口綾子さん — 2019年12月月2日午後9時12分PST これ見たら、世の男性はそりゃあね…というくらい素敵ですね。 追い打ちをかけるように、次の回も暴走したのが悪かった。 バッドナイス常田さんが、マンションから夜景を見て 「きれいだね」とつぶやいた後に、 「でも綾ちゃんの方がきれいだよ」と発言。 また、食後に目を閉じて 「タイミング的にチューなのかなと思って」と言い、井口綾子さんにキスを求める始末。 井口綾子さんの方は、 「何言ってるんですか!? そういうのがあるから壁がどんどんできる」と言われてしまいます。 さらには、 「お付き合いする前にエッチしておかないと、めちゃくちゃ合わなかったときにガチャガチャする」とまで。 なんでしょうか、ガチャガチャって。 まあ、わかりますけどそこは濁したんでしょう。 そんなことがあったので、井口綾子さんからは 「マジでこの後、一緒に寝たくない!」と、ほんとにマジで言われてしまいました。 「正直な気持ちで言うと」って言ってますからね。 ここからは、女性視聴者の声です。 「バッドナイス常田がキモすぎて、第二のクロちゃんなんじゃないかと思うレベル…。 」 ほとんど似たようなキモイコメントなので、1つにします。 男性視聴者の声です。 「常田の気味悪さがハンパない」 どっちも同じような感情になっています。 バッドナイス常田さんを擁護するわけではありませんが、オンエアでこう言い放ったということは、 何か計算があってのことだと思います。 良いように解釈することもできますが、ただこれは女性側からすると下心ミエミエ過ぎて…っていうことに絶対になりますね。 SNS上では、バッドナイス常田さんのこのような言動に対して、 「井口綾子ちゃん可哀想…」という同情の声が出ています。 そして、 「もう常田やめなって」という声も。 さあ、このあとバッドナイス常田さんはどうなっていくのでしょうか。 逆の意味で楽しみかも知れません。 最後に… またまたバッドナイス常田さんを擁護するわけではありませんが、 深夜番組という設定も、ちょっとそういった面も絡めて視聴者を楽しませるという気持ちだったと信じたいところです。 だって、本当にその気ならオンエアでは言わないはず?ですからね。 バッドナイス常田さん、井口綾子さんともに今後のご活躍をお祈りして終わりとします。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の