アサリ 砂抜き。 あさりの砂抜きってなぜ必要?まさかアサリって砂を食べるの?

【裏ワザ】あさりの砂抜きは「ぬるま湯」でアッという間だった!

アサリ 砂抜き

あさりをはじめ、はまぐりやしじみ等の二枚貝を調理するときは貝の砂抜き作業が必要ですよね! スーパーでお値打ちなあさりを見かけて、買おうか迷ったけど… 砂抜きには何時間も時間がかかるし… 今日は買うのをやめとこ。 なんて経験をしたことがある人も、多いのではないでしょうか。 確かにあさりなどの貝類の砂抜きは、面倒に思える時もありますよね。 でも、実はこの砂抜き作業、50度のお湯を使って上手くやれば、15分くらいで簡単に終われてしまう時短ワザがあるんです!勿論、あさりだけじゃなく、しじみやはまぐりでも同様に。 ただ、50度のお湯を使った砂抜きの時短ワザが、全ての面においてメリットばかりかと言うと、そんなことはなくデメリットもあるようなんですよね。 一般的なあさりの砂抜き方法 通常、あさりなどの二枚貝の砂抜きをするときは、それぞれ貝が生息していた場所と同じに等しい状況を作ります。 そして、この砂を吐き出すのに、 あさりで3〜4時間、しじみやはまぐりで3時間弱はかかってしまいますよね。 この砂抜きの工程が終わった時点で砂は抜けているので食べられますが、もうひと手間、塩抜きと貝の旨味成分であるコハク酸を増加させる工程まで行うことで、より美味しくなります。 最近では、この50度のお湯での砂抜き方法も、いろいろなところで見聞きすることが増えてきたように思いますが、この方法で砂抜きをすると、 約15分ほどで完了します。 先に述べた一般的なあさりの砂抜きの場合だと、砂抜きと塩抜き合わせ6〜7時間はかかるので、それと比較すればかなりの時間短縮ですよね! ではさっそく、手順を見ていきましょう。 ザルに入れ流水で洗う 貝と貝をゴロゴロ擦り合わせるようにしっかり洗います。 あさりなど、海水の砂泥底に生息する貝には腸炎ビブリオが付着している場合があります。 腸炎ビブリオは食中毒を起こす細菌ですが、真水に弱いので、他の調理器具などからの二次感染を防ぐためにもこの時点でしっかり洗っておきましょう。 ボウルにあさりを入れ50度のお湯を注ぎ、軽く混ぜる 50度のお湯を注ぐと、あさりがヒートショックと言う状態になり、 貝が2〜3mmほど開きます。 この状態で、ボウルの中のあさりをまんべんなくかき混ぜまると、2〜3分でお湯が濁って汚れてきますので、1回お湯を捨てます。 沸騰した100度のお湯と、水道水を1:1の割合で混ぜると50度のお湯が作れそうな気がしますが、 実際には作れないんですよね。 給湯器でお湯の温度を調節したり、温度計がある場合は問題ないと思いますが、何もない場合は少し工夫が必要になります。 個人差はありますが、私の場合で 50度のお湯に、5秒から10秒ほど手を入れていられる程度です。 ちなみに、一般的な熱めのお風呂と言うと42〜43度と言われていますので、それを参考に作ってもいいかもしれませんね。 あさりを保存すると言う面では、50度のお湯に浸け込んでいるため、一旦熱がかかったあさりは傷みやすく、冷蔵冷凍を問わず保存には適しません。 もともと貝は足が早く、夏場は貝による食中毒も怖いので、特に注意が必要と言えそうです。 また、お湯に浸けて傷みやすい状態にあるあさりは、常温や涼しい場所で放置する「旨味成分のコハク酸UP」の工程も行わないほうが安心です。 なので、砂抜きをした後すぐに調理して食べてしまう場合には、面倒な作業がなく15分ほどで砂抜きが完了するため、お手軽で便利な方法と言えるかもしれませんね。 そして、お湯で時短ワザの砂抜きをしたあさりは、調理した際には身がふっくらするとも言われています。 ただ、時々あさりの中に砂が残っていたと言う失敗もあるようなので、時間があるときは一般的な塩水を使って数時間かけて行う砂抜きの方法が良いのかもしれません。 【旨味成分を増加させることが出来る一般的な砂抜きは、こちらで詳しくご紹介しています。 一般的な方法だと6時間程度はかかるところ、お湯を使った 時短ワザなら15分ほどで完了するので、忙しい主婦の方など調理にあまり時間を使えない場合にはオススメの砂抜きの方法だと言えます。 また、調理に使うあさりの量が少ない時や、一度で食べきってしまって保存することがない場合には、わざわざ数時間も砂抜きに時間を費やすことなくお手軽です。 そして、調理時あさりの身がふっくらするのも良いですよね。 お湯で砂抜きをするデメリット 一般的な塩水を使って砂抜きをするのに比べて、 時々砂が残っていることがあります。 はまぐり・しじみでは比較的砂は抜けて成功しやすいですが、砂の多いあさりでは失敗するケースもあるようです。 調理方法によっては、お湯で砂抜きをしたあさりは、貝から身が剥がれやすくてボロボロ崩れやすくなります。 また、海水以外のお湯につけることによって、栄養や旨味成分が幾らか流れ出すとも言われています。 お湯に通したあさりは、傷みやすく保存には適しません。 なので、あさりの旨味成分のコハク酸を増加させるための常温放置の工程は、避けるようにしましょう。 まとめ とにかく時間が無いときなど、すぐにでも調理することができると言う点においては、50度のお湯を使って砂抜きをすれば、ものの15分で完了することができるので便利な時短ワザだと言えますよね。 また栄養の面や旨味、あさりの保存などに関しては、一般的な塩水での砂抜きのほうがメリットが多いということもわかりました。 それぞれの砂抜きの特徴を知って、そのときどきに合った方法で便利に使い分けて、賢く美味しくあさりを調理していきたいですね!.

次の

あさりはスーパーで買っても砂抜きする?旨味アップの下処理方法まで|かおかおログ【新米主婦生活】

アサリ 砂抜き

二枚貝の一種である「あさり」は、貝類の中でもおうちで手軽に料理しやすいおなじみの貝。 殻ごと調理することが多いので旨味もたっぷり味わえます。 今回はあさりの旬や、砂抜きの仕方、春の食材を使ったおすすめのレシピなどあさりの魅力をお伝えします! 潮干狩りシーズンがあさりの旬 3月中旬からシーズンを迎える潮干狩り。 GWシーズンにはよくテレビで特集されてますよね。 関東あたりではだいたい5月下旬頃まで潮干狩りが可能。 あさりの旬も同じく3月〜5月頃です。 また、あさりの旬は実は二回あり、9月頃にも旬を迎えます。 1年に二回も楽しめるなんてなんだかうれしいですね。 あさりの砂抜きはコツをおさえれば簡単! しっかり時間をかけて砂抜きしたのに、食べるときに感じるじゃりっとした不愉快な食感。 ボウルに入れて浸してませんか?常温に置いてませんか?砂抜きの仕方について、実はちゃんと知らないという方も多いのでは?そこでまずはおさえておきたい砂抜きの方法をご紹介します! 砂抜きの方法 あさりは殻の中に砂が残っているので必ず砂抜きをしましょう。 50度の湯で洗う時短のやり方もありますが、それでもやはり砂が残ったり、湯の温度が高すぎると旨味も抜けてしまいます。 それでは早速方法をご紹介していきます。 あさりは殻と殻をこすり合わせてよく洗う。 バットにあさりを広げ、塩水(海水くらい)に浸します。 あさりの表面が少し見えるくらいの水の量がいいです。 アルミホイルでフタをします。 アルミホイルの他に新聞紙などでも、暗くなればOKです。 冷蔵庫で最低でも1〜2時間ほど浸します。 暗くて冷たいところがいいので冷蔵庫がおすすめです。 時間があるときは5時間〜ひと晩浸けてください。 冷蔵庫から取り出して、軽く洗い流して完成です。 砂抜きのコツをおさらい! ・あさりは重ならないように浸す ・最低でも1〜2時間浸す ・フタをして暗くし、冷暗所に置く あさりのおすすめの食べ方 砂抜きを終えたら、殻ごと調理できるのがあさりのいいところ。 あさりを食べたいなと思ったら、料理したい日の前夜から砂抜きをしておけば効率良く調理可能ですね。 今回ご紹介するレシピは、同じく春に旬を迎えるたけのこや春キャベツを使っているのでさわやかな春の味を堪能できますよ。 ぜひお試しください。 あさりの旨味がご飯に染み込んでお箸が止まらなくなりそうな味。 また、しょうがの香りもアクセントになっています。 旬のたけのこも加えました。 材料(2〜3人分) ・あさり 200g ・米 2合 ・しょうが 1片 ・たけのこ(水煮) 50g ・酒 大さじ2 ・しょうゆ 小さじ2 ・みりん 小さじ2 ・みつ葉(お好みで) 適量 あさりの炊き込みご飯の作り方 1. しょうがはせん切りにします。 みつ葉はざく切りにします。 たけのこは薄く切ります。 ごはんはといでおきます。 砂抜きをしたあさりをフライパンに入れて酒を回し入れます。 フタをして火にかけ、あさりの口が開くまで蒸し煮にします。 あさりが開いたら煮汁とあさりに分けます。 あさりは粗熱を取って殻から外します。 ティースプーンを使うとやりやすいですよ。 煮汁にしょうゆ、みりんを混ぜ合わせます。 炊飯器にしょうが、たけのこ、[8]の煮汁を入れます。 2合のメモリまで水を加えて軽く混ぜ、通常通り炊飯します。 炊き上がったら軽く混ぜ合わせて、あさりの身を加え混ぜます。 5分ほど蒸らして完成です。 器によそい、お好みでみつ葉や大葉などを添えてください。 ここではいつもとは違った、白ワインを使った洋風の酒蒸しをご紹介します。 旬の春キャベツと合わせました。 あまい春キャベツに白ワインのフルーティーな香りとバターのコクがきいて、お酒のおつまみにもおすすめです。 キャベツはざく切りにします。 バターは3mm幅に切ります。 フライパンにキャベツを広げ、砂抜きしたあさりを散らし入れます。 白ワインを回し入れて塩を振り、バターを散らします。 バターは細かく切って散らすと味がまんべんなく広がります。 フタをして火にかけ、あさりの口が開いたら火を止め、こしょうを振って出来上がりです。 あさりの砂抜きは時間をかけて砂知らず 貝料理は砂抜きが肝心。 せっかくおいしく作れたのに、食べているときに「じゃりっ」という砂の食感があったときは本当に残念な気持ちになりますよね。 そのためにもしっかり時間をかけて砂抜きを行いましょう。 もし時間がない日や、旬のシーズンではないときはあさりの水煮缶や冷凍のむき身で代用するのもありですね。

次の

あさりの砂抜き!死んだアサリの見分け方や時短も!

アサリ 砂抜き

二枚貝の一種である「あさり」は、貝類の中でもおうちで手軽に料理しやすいおなじみの貝。 殻ごと調理することが多いので旨味もたっぷり味わえます。 今回はあさりの旬や、砂抜きの仕方、春の食材を使ったおすすめのレシピなどあさりの魅力をお伝えします! 潮干狩りシーズンがあさりの旬 3月中旬からシーズンを迎える潮干狩り。 GWシーズンにはよくテレビで特集されてますよね。 関東あたりではだいたい5月下旬頃まで潮干狩りが可能。 あさりの旬も同じく3月〜5月頃です。 また、あさりの旬は実は二回あり、9月頃にも旬を迎えます。 1年に二回も楽しめるなんてなんだかうれしいですね。 あさりの砂抜きはコツをおさえれば簡単! しっかり時間をかけて砂抜きしたのに、食べるときに感じるじゃりっとした不愉快な食感。 ボウルに入れて浸してませんか?常温に置いてませんか?砂抜きの仕方について、実はちゃんと知らないという方も多いのでは?そこでまずはおさえておきたい砂抜きの方法をご紹介します! 砂抜きの方法 あさりは殻の中に砂が残っているので必ず砂抜きをしましょう。 50度の湯で洗う時短のやり方もありますが、それでもやはり砂が残ったり、湯の温度が高すぎると旨味も抜けてしまいます。 それでは早速方法をご紹介していきます。 あさりは殻と殻をこすり合わせてよく洗う。 バットにあさりを広げ、塩水(海水くらい)に浸します。 あさりの表面が少し見えるくらいの水の量がいいです。 アルミホイルでフタをします。 アルミホイルの他に新聞紙などでも、暗くなればOKです。 冷蔵庫で最低でも1〜2時間ほど浸します。 暗くて冷たいところがいいので冷蔵庫がおすすめです。 時間があるときは5時間〜ひと晩浸けてください。 冷蔵庫から取り出して、軽く洗い流して完成です。 砂抜きのコツをおさらい! ・あさりは重ならないように浸す ・最低でも1〜2時間浸す ・フタをして暗くし、冷暗所に置く あさりのおすすめの食べ方 砂抜きを終えたら、殻ごと調理できるのがあさりのいいところ。 あさりを食べたいなと思ったら、料理したい日の前夜から砂抜きをしておけば効率良く調理可能ですね。 今回ご紹介するレシピは、同じく春に旬を迎えるたけのこや春キャベツを使っているのでさわやかな春の味を堪能できますよ。 ぜひお試しください。 あさりの旨味がご飯に染み込んでお箸が止まらなくなりそうな味。 また、しょうがの香りもアクセントになっています。 旬のたけのこも加えました。 材料(2〜3人分) ・あさり 200g ・米 2合 ・しょうが 1片 ・たけのこ(水煮) 50g ・酒 大さじ2 ・しょうゆ 小さじ2 ・みりん 小さじ2 ・みつ葉(お好みで) 適量 あさりの炊き込みご飯の作り方 1. しょうがはせん切りにします。 みつ葉はざく切りにします。 たけのこは薄く切ります。 ごはんはといでおきます。 砂抜きをしたあさりをフライパンに入れて酒を回し入れます。 フタをして火にかけ、あさりの口が開くまで蒸し煮にします。 あさりが開いたら煮汁とあさりに分けます。 あさりは粗熱を取って殻から外します。 ティースプーンを使うとやりやすいですよ。 煮汁にしょうゆ、みりんを混ぜ合わせます。 炊飯器にしょうが、たけのこ、[8]の煮汁を入れます。 2合のメモリまで水を加えて軽く混ぜ、通常通り炊飯します。 炊き上がったら軽く混ぜ合わせて、あさりの身を加え混ぜます。 5分ほど蒸らして完成です。 器によそい、お好みでみつ葉や大葉などを添えてください。 ここではいつもとは違った、白ワインを使った洋風の酒蒸しをご紹介します。 旬の春キャベツと合わせました。 あまい春キャベツに白ワインのフルーティーな香りとバターのコクがきいて、お酒のおつまみにもおすすめです。 キャベツはざく切りにします。 バターは3mm幅に切ります。 フライパンにキャベツを広げ、砂抜きしたあさりを散らし入れます。 白ワインを回し入れて塩を振り、バターを散らします。 バターは細かく切って散らすと味がまんべんなく広がります。 フタをして火にかけ、あさりの口が開いたら火を止め、こしょうを振って出来上がりです。 あさりの砂抜きは時間をかけて砂知らず 貝料理は砂抜きが肝心。 せっかくおいしく作れたのに、食べているときに「じゃりっ」という砂の食感があったときは本当に残念な気持ちになりますよね。 そのためにもしっかり時間をかけて砂抜きを行いましょう。 もし時間がない日や、旬のシーズンではないときはあさりの水煮缶や冷凍のむき身で代用するのもありですね。

次の