タンス 引越し 料金。 引越しでたんすが一つだけの料金はどのようになるんですか?

引越しで家具のみを運びたい!お得なプランと料金を紹介|引越し見積もりの引越し侍

タンス 引越し 料金

タンスを処分する時の料金相場はどのくらい? タンスを処分するのに発生する費用は、 タンス1棹あたり500円〜20,000円程度です。 粗大ゴミを利用すれば、タンスのサイズにもよりますが、大体500円〜1,000円程度の費用で自治体が引き取ってくれます。 引越し業社に依頼した場合、3,000円〜20,000円程度が料金相場になると思います。 不用品回収業者では、5,000円〜15,000円程度が相場になると思います。 中には 30,000円以上の料金を請求する業者もありますが、これはボッタクリ価格ですので注意しましょう。 驚くほど処分料金に差があることが分かりますよね。 処分方法によって、これだけの価格差が生じてしまうのです。 できることなら少しでも処分費用を抑えたいものですよね。 そこで次章からは、処分方法別で詳しく解説していきたいと思います。 粗大ゴミでタンスを処分する! タンスを最安値で処分したい方は、粗大ゴミの活用がおすすめです。 上述の通り、 500円から1,000円程度でタンスを処分することが可能です。 ただ粗大ゴミを利用する上での最大の問題は、 ご自分でタンスを粗大ゴミ置き場まで運搬する必要があることです。 力自慢の男性が二人いれば自力で搬出できるかもしれませんが、誰でもできるわけではありませんよね。 まして階段作業ともなると、より難易度が上がってしまいます。 また粗大ゴミを利用する際は、ご自分で自治体などに連絡して、「有料粗大ゴミ処理券」を購入する必要があります。 このような手間が発生することも抑えておく必要があります。 こうした課題をクリアできる方は、粗大ゴミの活用がベストな選択肢になると思います。 引越し業者を利用してタンスを処分する! 粗大ゴミ置き場までタンスを運搬できない方は、引越し業者を利用して処分する方法がおすすめです。 これには下記2つの方法がありますので、どちらが都合が良いか比較してみてくださいね。 引越し屋にタンスを粗大ゴミ置き場まで運んでもらう! 大半の引越し業者は、不用品を粗大ゴミ置き場まで運搬するサービスを行っています。 もちろんタンスも例外ではありません。 業界人の筆者の意見として、これは 大変おすすめな処分方法です。 注意点としては、 必ず見積もりの段階でタンスを粗大ゴミ置き場まで運搬することを依頼することです。 また「有料粗大ゴミ処理券」はご自身で事前に用意しておく必要があります。 気になる運搬料金ですが、こればかりは見積もりを取ってみないと何とも言えません。 引越し料金が20万円程度ある大型案件の場合なら、タンスの運搬くらい無料で引き受けてくれる可能性も十分にあります。 単身で3万円程度の引越しなら、運搬料金に3,000円程度発生してしまうかもしれません。 引越し業者に応じて運搬料金は異なるので、少しでも多くの業者に見積もりを依頼して、最安値の業者を探すことをおすすめいたします。 引越し価格ガイドなどの「引越し一括見積もりサイト」を利用すれば、 最大10社程度の業者へ同時に見積もりを依頼できますので、ぜひご活用してはいかがでしょうか。 引越し業者にタンスの処分を依頼する! 引越し業者の中には、不用品の引き取りを実施している会社もあります。 こうした引越し屋を利用すれば、「有料粗大ゴミ処理券」を用意することなく、タンスを処分できます。 粗大ゴミで処理するよりは割高になりますが、「有料粗大ゴミ処理券」を用意する時間がない方などへはおすすめな方法です。 注意点としては、 全ての引越し業者が不用品の引き取りを実施しているわけではないことです。 見積もりの段階でしっかりと、タンスの処分を依頼したい旨を伝えるようにしましょう。 気になる料金相場ですが、大体3,000円〜20,000円程度で引き受けてくれると思います。 (個人的意見ですが、15000円以上はいわゆる「お断りプライス」です。 タンスを引き取ると、次の現場で積める物量が減ってしまう事情があるため。 ) 引越し業者によって費用が大きく異なってきますので、複数の業者に相見積もりを取り、最安値の価格を提示してくれる引越し屋を探すのがポイントです。 「引越し価格ガイド」では最大10者程度に一括で見積もりを依頼できますので、ぜひご活用してくださいね。 不要品回収業者にタンスの処分を依頼する! 「タンスを処分する予定はなかったけど、新居で邪魔になるので処分したい!」なんてケースもありますよね。 既に引越しが完了している場合は、引越し業者に依頼することはできません。 そんな時は、不用品回収業者に処分を依頼する方法がおすすめです。 複数の不用品回収業者に相見積もりを取ろう! タンスの処分費用を少しでも安く抑えたい方は、複数の不用品回収業者に処分費用の見積もりを取ることをおすすめします。 不用品回収業者にタンスの処分を依頼した際の料金は、 5,000円〜15,000円程度かと思います。 ご覧の通り、業者に応じてかなりの料金差があることが伺えます。 そのため 複数業者へ相見積もりを依頼することをおすすめいたします。 見積もりの時に「相見積もりしている」と伝えれば、業者を牽制する効果も期待できます。 「エコノバ」を活用すれば5社へ同時に見積もりを依頼できますので、ぜひご活用してはいかがでしょうか。 すぐにタンスを処分したい場合! 一刻も早くタンスを処分したいという方もいらっしゃるかと思います。 この場合、悠長に複数の業者へ見積もり依頼している時間はありませんよね。 不用品回収業界では、「言い値が定価」みたいな風潮があります。 運が悪いと、 かなりの料金をボッタクられる危険性もあります。 このため信頼性のある企業に処分を依頼する必要があると言えます。 ここでは実績・口コミとも高評価が寄せられている業者として「ECOクリーン」をご紹介いたします。 全国展開している企業ですので、場所を選ばずに見積もり・処分を依頼できます。 もちろん、見積もり金額に不満がある場合は、作業を頼む必要はありません。 見積もり料金は無料ですので、まずは見積もりだけでも依頼してみてはいかがでしょうか。 引越しで不要になったタンスは計画的に処分しよう! いかがでしたでしょうか。 引越しの不用品として生じたタンスの処分方法はご確認いただけましたでしょうか。 もし自力でタンスの運搬ができそうなら、粗大ゴミで処分する方法が最も安くておすすめです。 自力搬出できなくても、引越し業社に運搬を依頼すれば、粗大ゴミ置き場まで運んでくれます。 引越し業社を利用できない場合は、不用品回収業社へ依頼しましょう。 何れにしても、 業者間で費用が大きく異なってくる可能性がありますので、複数の業者へ相見積もりを取ることを心がけいただければと思います。 きっと予算の範囲内でタンスを処分する方法が見つかるはずですよ!•

次の

引越しでのタンスの運び方は?腰を痛めず運ぶコツと用意するもの

タンス 引越し 料金

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の

タンスだけ引っ越し業者にお願いできるの?料金の相場は?

タンス 引越し 料金

元運送業界・運送業界に6年いた管理人がぶっちゃけ解答! タンスの引越しに関わることは、このページですべて解決できるはずです!• タンス引越し料金の目安• タンスの中の洋服は取り出すか• 婚礼タンス・和タンスなどの種類ごとの注意点• 処分する方法• 自分でタンスを引越しするコツ などなど それでは最初に、 大型の家具や家電の引っ越しで一番困る、タンスのみの引越し料金を激安にするにはどうすればいいか紹介します。 それは、一括見積もりサイトを使う事が一番安い費用への近道です。 なぜなら、複数社への一括見積もりを取る事で、業者はライバルが最初からいることがわかるので、安くせざるおえないのです。 それは、大型タンス・和タンス・、、すべてにおいてです。 タンス1個だけで気が引けるという方も中にはいますが、引越し会社は喜んで引き受けますよ!!! スマホからでも3分で料金がわかります。 お願いするしないは別にして、まずは料金チェックしましょう! タンス 引越し料金の目安は? タンスの種類は豊富にあります。 桐ダンスもあれば、洋服ダンス、整理ダンス、衣装ケースや子供のキャラクター用のチェストタイプのものとか大きさも異なっています。 そうなると、タンスのみの引越しの料金も変わってきます。 小さいサイズの押入れダンスの場合は同一県内であればだいたい4千円くらいが相場です。 大阪から東京へと遠距離となると、倍近くの料金になるケースがあります。 *移動距離が長くなると高くなるのでご注意ください。 しかし、 婚礼用の大型のタンスなどは、重さも高さも大きく、二人以上での作業が必須になるので、2万円ほどかかります。 少々割高に感じるかもしれませんが、 業者さんでは梱包用資材で安全に運んでくれますから安心して依頼できます。 軽トラックで自分で運ぶと、少しぶつけただけで、傷がつく可能性があるので、注意が必要です。 タンスの引越しで、タンスの中の洋服は取り出す?中身入りでも大丈夫? タンスの引越しで、タンスの中の洋服は取り出すのか、中に入れたまま運んでくれるのか悩んでしまう所ですが、 実は引越し業者によってタンスの中身に関しては異なります。 タンスの搬入は、一般的に毛布などの保護剤の上に薄い布団で作られた大きな腹巻の様なパットを掛けて、幅広のロープなどで固定し固定したロープを持って運搬します。 その為、固定したロープの家具下端部分に重量が集中し、洋服の入ったままの重量のある家具は 破損のリスクが高くなります。 しかし、古来より重量のある物を運ぶのに利用されて来た「もっこ」を利用する業者は家具の中身を入れたままで運んでくれます。 もっこは、丈夫な生地でマスクの様に作られた物で、マスクの布の部分を家具の下に敷き、マスクの耳に掛ける部分を首と肩に掛けて運びます。 その為、重量がタンスの下面全てに掛かるので、家具の中身を入れたままで安全に運べます。 これらからも、タンスの引越しで洋服を中に入れたままにするかどうかは、一度業者に確認する必要があります。 ヤマト運輸の家財宅急便でタンスの送るときの料金目安をサイズ別で知りたい クロネコヤマトで知られるヤマト運輸が展開している家財宅急便は、大型の家具や家財を1つから配送できるサービスです。 サイズごとに料金が展開され、荷物の三辺の合計サイズで決まるSS~Gまでの8つのランクが設けられています。 【料金目安】 取扱い可能サイズは80cm~450cmまでで、タンスを送る際の料金の目安は、押入れタンスがBランクで東京から関東圏への料金は税別4,000円、通常のタンスはEランクで同15,050円、衣装タンスの場合はFランクで同21,250円となっており、北海道の札幌・千歳エリアへの料金ならそれぞれ税別5,700円、同23,850円、同31,050円です。 重量150kgまでの取扱いで100kgを超過すると追加料金が発生し、重量ごとに101kg~120kgが10,000円、121kg~140kgが15,000円、141kg~150kgが20,000円となっています。 *佐川急便の宅配便は、個人ではサイズオーバーのため送ることができません。 *郵便局のゆうパックも送ることができません。 タンスの引越しで玄関や階段が通らない場合はどうするの? タンスの引越しに関しては、引越しの訪問見積もりの際に新居の間取りを聞いて、玄関や階段を通して搬入出来るかを営業マンが確認します。 訪問見積もりの時点で玄関や階段を通らない場合には、 玄関以外の掃き出し窓などからの搬入を模索しますが 、搬入場所が2階や3階の場合には窓やベランダからの吊り上げて搬入します。 3階以上や釣り上げる家具が多い場合には、特殊車両の手配をします。 吊り上げ搬入は、釣り上げる家具に保護材と保護パットをかけてSカンなどのロープで固定し、更にタンスに吊り上げ用のロープを掛けます。 引越し業者が、スライダー式の梯子を携行している場合には梯子を建物により掛け、梯子にタンスの裏側を当てて滑らす様に吊り上げて搬入します。 タンスの引越しでおすすめの業者はどこ? もし運ぶのがタンス1点だけなら、近距離であれば「赤帽サービス」、遠距離なら「サカイ引越センター・アート引越しセンター・アリさんマークの引越社・日通・ヤマト」がお勧めです。 引っ越し技術が非常に高いです。 他の備品もダンボールへしっかり荷造すれば運搬してくれますよ! *日通に関しては、単身パックと呼ばれるプランで、籠の中に納まれば配送が可能です。 しかし、中型・大型のものはほとんど入らないのでご注意を! 赤帽を利用した場合、3段から5段のタンスなら5000円以下で運んでもらえます。 また大型のクローゼットでも重量がそれほどなければ1万円以下で依頼できます。 ただし集荷・配送のスタッフは基本的に1人で、別のサポートスタッフが来る場合は通常料金プラス2000円程度が相場となります。 ヤマトの「らくらく家財宅急便」ではスタッフが梱包から移動先の設置まですべての業務を行います。 相場は1万円から1万5000円程度で、かなり大型のタンスまで対応してもらうことが可能です。 桐タンスを引越しする時の注意点は何? 桐タンスを運ぶ際の注意点は「手袋をすること」「保護材で全体をくるむこと」の2つです。 桐タンスは重量が軽いので誰でも簡単に運ぶことができると思われがちです。 ただ桐は吸水性が非常に高いため、素手で持ち上げると手の汗をすぐに吸ってしまい、汚い黒ずみになってしまうのです。 この黒ずみを綺麗に落とすのは難しく、クリーニング代として数万円が請求されることもあります。 ですから持ち運び作業の時は必ず綺麗な軍手をしておくことが重要です。 また桐タンスは衝撃に大変弱く、ほんの少しぶつけただけでも簡単にへこんでしまいます。 ですから持ち運びの時には、通路に障害となるものが何もないのを確認しておくことと、保護材でタンス全体をしっかり包んでおくことが大切です。 婚礼タンスを引越ししようと思う際の注意点とは? 引越しで婚礼タンスを動かす時の注意点は「分解してコンパクトサイズにすること」と「軍手を使うこと」の2つが挙げられます。 婚礼タンスはサイズが大きいものが多く、中には高さが2m近くになるものもあります。 重量もかなりあるので分解せずに搬送するのは容易なことではありません。 また動かすことができたとしても、搬送中に壁や天井にぶつけてしまい多数の傷が付いてしまう可能性もあります。 ですからパーツごとに分解して運ぶ方が無難でしょう。 ほとんどの大型婚礼タンスは2段式になっていて、真ん中にある接続部分のねじを外すことで分解が可能です。 ただしタンスの内側には汚れと傷が付きやすい桐材が用いられていることが多いので、作業中不用意に手あかを着けないためにも必ず軍手を付けましょう。 プラスチックタンスの引越しをする時に覚えておくべき注意点は? プラスチックのタンスは少しの衝撃で簡単に割れてしまうので、引越しの積み下ろしをする際には他の荷物が上に乗らないように注意する必要があります。 また重い荷物を詰めておくと持ち運びの際に底が抜けてしまうという危険もあります。 ですから厚手のセーターやタオルなど軽くてかさばるものをきつめに詰め込んでおくと良いでしょう。 またダンボールで梱包すると中身が何かが分かりにくくなって雑に扱われてしまう恐れがあるので、透明のビニールなどで包んでおくことをお勧めします。 加えて引き出し口をセロハンテープやガムテープでしっかり固定しておくことで、移動中に引き出し口が飛び出して荷物が散乱してしまうという事態を避けることができるでしょう。 桐タンスと婚礼タンスの違い!どんな特徴のタンスなの? 桐タンスとは桐という木材を使用したタンスのことを言います。 桐は家具の材料として使用される木材のうち最も軽く、湿気に強いため狂いが少ない材質です。 また、気密性が高く・虫が付きにくい・熱に強いという特徴を持ち、古い時代より衣服・貴重品の保管に重宝する素材として重用されてきたという歴史があります。 自然の生んだ優れた素材で作られた桐タンスは、婚礼タンスとしても定着しています。 それは婚礼と共に着物一式を持って嫁ぐため、その長期保管庫として婚礼タンスを嫁入り道具の一つとして嫁家が持たせるからです。 日本の風土である高温多湿にも適しており、婚礼セットというものが定着していない時代にあっても、婚礼家具の走りとして普及していきました。 タンスの引越しでクレーン車を使った場合の料金相場とは? タンスをクレーンで吊り上げた場合の料金相場は2万円前後です。 これに人件費と任意で加入する保険料が必要となります。 吊り上げ用のクレーンを所有している引越し業者はそれほど多くありません。 基本的には別の業者からレンタルしてきたものを使うことになるので料金はどこの業者でもほぼ一律で、値下げしてもらうのは困難です。 作業には最低限クレーンを動かす人とバランスを確認する人の2人が必要となるので、その人件費を合わせると全部で3万円程度の支払いが求められます。 ただしマンションの4階以上になると追加料金が発生することもあります。 もしタンスや内装が破損した場合の保険をかけたいなら、プラス4000円ないし5000円ほどで加入できます。 引越しの際に、タンスを処分する方法 引越しの際にタンスを処分する場合、市の大型ゴミ回収に出すのがお薦めです。 市のゴミ回収受付センターに連絡し、所定の時間に家の前まで有料で引き取りに来てもらうという方法となります。 地域にもよりますが、タンスひとつにつき400~2400円ほどで回収できることでしょう。 ただ、家の前までタンスを運び出すのが大変だという状況の方もいらっしゃると思います。 例えば、高齢者で重いものを運び出すのが難しかったり、住んでいるのが5階で1階までタンスを持ち運ぶのが体力的に難しいという方です。 そのような場合、 知人に運び出しを手伝ってもらいます。 それがかなわない場合、民間のゴミ回収業者に運び出してもらうという流れになりますが、費用が上がる可能性が高いです。 その他の方法としては、タンスを自分で解体、もしくは職人さんに解体してもらい、軽トラックで廃棄物処分施設(有料)まで運び出すという方法があります。 ただ職人さんに解体してもらって廃棄する場合、費用は決して安くはないのでお薦めはしません。 この方法なら、タンスの運び出しを手伝ってもらって市に回収してもらうほうがまだ安いです。 自力でタンスを引っ越しさせる時に便利な道具 毛布や段ボールを使うのがおすすめです。 場所を移動させるだけでしたら、タンスの下に毛布やダンボールをひいて、片側を持ち上げて、滑らせるようにすれば、タンスは簡単に移動できます。 ただし、小型のタンス以外は難しいのでご注意ください。 中の荷物はもちろん取り出し、引き出しを全部外します。 タンスの種類にもよりますが、タンスの戸や本体上下部分が外せるタイプであれば、ドライバーなどの工具を使用して外します。 そのまま持ち運ぶのは相当の力がないと無理です。 続いて、タンスの裏面や底面、角などの死角部分にカビがないかをチェックします。 カビがあった場合は速やかに処分をするか、カビが軽度であれば100円程で販売されている紙ヤスリで削るなどの対処を行います。 マンションの1階の場合、個人的な経験からとなりますがカビが来ている可能性が高いです。 また、埃まみれになっているでしょうし、綺麗にしましょう。 引越し先で掃除するよりも引越し前に掃除しておくべきです。 運び出す際は壁などに当てないように注意します。 タンスを引越し元・引越し先の内装にぶつけ、傷をつけてしまう可能性があります。 警戒するのであれば、角部分にガムテープを貼るなどでかなり防げると思います。 大きいものは二人以上で運び出すことをお薦めします。 マンションの上の階の場合、マンションの壁や照明にぶつけないようにしましょう。 より慎重に引越しを行うのであれば、あらかじめタンスの寸法をメジャーで測っておきましょう。 引越し先でどの場所にタンスを置くのかを決めやすくなります。 新居にタンスが入るかどうかなどのチェックも出来ます。 タンスの引越し料金を激安にする方法 複数社への一括見積もりを取る事で、業者はライバルが最初からいることがわかるので、安くせざるおえません。

次の