寝過ぎて目が腫れる。 寝起きの三重まぶたは寝すぎ?寝不足?| 何とかしたい!

起きたら目が腫れていた!原因とは?すぐにできる解決法とは?

寝過ぎて目が腫れる

寝ているときには水分が体に溜まりやすいため、寝起きの時は顔やまぶたがむくんでいたりするときがあるでしょう。 泣いた翌日にも、まぶたに水分が溜まりやすくなり、起きたときは腫れているなんてこともあります。 普通に睡眠をしていれば、時間が経てばすぐに治りますが、寝すぎた場合などは一日中まぶたが腫れているなんてこともあります。 誰かと会う時にそんな顔は見せれないので、何とかして解消したいものです。 そこで、今回は寝起きの時のまぶたが腫れているの治すための方法を紹介します。 寝すぎてしまう人や、泣いてしまって腫れぼったくなってしまう方はぜひ参考にしてください。 それではどうぞ! 寝起きのまぶたの腫れを治すための解消法5選 1.氷水などで冷やす まずは冷やすということがまぶたの腫れを抑える解消法となります。 冷やすことで血管が収縮します。 それによって、まぶたに溜まった水分も出ていきやすくなり、腫れが引いてくるでしょう。 氷水をタオル越しにあてたりするといいでしょう。 他にも色んなもので代用でき、保冷剤などでも大丈夫です。 まぶたを冷やせるものであれば、何でもできますので、実践してみましょう。 2.蒸しタオルなどで温める また、温めることでもまぶたの腫れを引かせることができます。 これは冷やすとは別の原理で、温めることで血流が良くなり、まぶたに溜まった水分が流れていきやすくなるのです。 結果的に、腫れが引くようになります。 おすすめとしては、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めて、蒸しタオルにして目に当てるようにするといいでしょう。 目の腫れが引くまでやってみてください。 もしくはお風呂に入ったり、シャワーを目に当てたりしても効果があります。 蒸しタオルが面倒ならば、ホットアイマスクで温めると手軽にできるのでおすすめです。 3.冷やす・温めるを交互に繰り返す 冷やすことでも、温めることでも、どちらもまぶたの腫れを抑えることができます。 冷やすことは血管を収縮させて腫れを引かせ、温めることは無駄な水分を流すことで腫れを引かせます。 そのため、どちらもやれば最大限の効果が得られ、すぐにまぶたの腫れを引かせることが可能となります。 なので、冷やすのと温めるのを交互に繰り返すことで、まぶたの腫れを短時間で引かせることができるようになります。 10秒おきくらいに交互に冷やして温めるようにしましょう。 冷たいものと温かいものの両方を用意しなければなりませんが、一番効果的なことなので、すぐに腫れを引かせたい人はぜひやってみてください。

次の

寝過ぎて目が腫れた時に速攻で解消できる対処法【時間がない方必見】

寝過ぎて目が腫れる

目が腫れる症状一覧 目が腫れていることから 疑いのある病気としては ざっと紹介するだけでも これだけ存在します。 ・麦粒腫(ばくりゅうしゅ) ・霰粒腫(さんりゅうしゅ) ・結膜炎(けつまくえん) ・眼瞼炎(がんけんえん) ・眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん) ・帯状疱疹(たいじょうほうしん) この中で、 アトピーと関係性が高い症状は ・結膜炎(けつまくえん) ・眼瞼皮膚炎(がんけんひふえん) この2つです。 目やには出ていますか? 結膜炎なのか眼瞼皮膚炎なのかを 見極める1つの境界線としては 目やにが出ているのかどうかです。 目やにというのは白血球が ウイルスと戦い死亡した結果、 出てくる成分でもあります。 なので、目やに出ているのであれば アレルギーやウイルスに 感染している可能性が高く 結膜炎だと言えます。 逆に目やには出ていないけれど 周辺が痒いということであれば 眼瞼皮膚炎の可能性が高いです。 なぜ、目が痒くなるのか? それでは、 なぜ目が痒くなるのでしょうか? この辺りは人によって 原因が変わりますが 個人的に感じている原因は 全部で『3つ』あります。 その3つとは、 ・精神的ストレス ・睡眠中の汗 ・乾燥 です。 1つずつ解説していきます。 免疫力が低下してしまうと 外からやってくるウイルスを 退治することができずに感染します。 その結果、目が腫れたりといった症状が 起こりやすい状態となります。 なので、汗をかいてしまうことで それが痒みに繋がりアトピーを悪化させる 1つの原因となるわけです。 汗と聞くと昼間にかくものと 思ってしまいがちですが、 寝ている時も汗はかきます。 睡眠中の時は無意識の状態なので 理性のブレーキが効かずに 痒みがおさまるまで掻いてしまいます。 季節の変わり目などで 目が腫れたりする場合は 寝具を変えたことで汗をかいてしまい それが目を腫れさせた原因とも言えます。 目の周辺部分が乾燥していると それが痒みに繋がってしまい 目が腫れやすくなります。 目の周辺は皮が薄いので ちょっと掻くだけでも 腫れてしまう原因となります。 寒い時期に入ると 乾燥しやすくなるので 保湿剤でケアをしましょう。 目のアトピーは要注意 精神的ストレスや汗などによって 目が腫れる場合に注意したいことは 他の病気を発病させないか? ということです。 例えば、 目のアトピーが原因によって 引き起こされる症状として ・白内障 ・緑内障 ・網膜剥離 などが言われています。 目をこすってしまうことで 眼球を傷つけてしまい このような重い病気へと 発展する可能性もあるのです。 なので、目のアトピーというのは 他の部位よりも危険度が高いと言えます。 どうすれば目のアトピーを改善できるの? 目のアトピーを改善させるには ・精神的ストレスの緩和 ・乾燥へのケア ・寝室の環境を整える この3つが大切です。 精神的ストレスが重なると免疫力が低下し 簡単にウイルスに感染してしまいます。 ストレスは人によって違います。 例えば、 金銭的に部分でストレスと なっているのであれば ノートに金額を書き出して いくら足りないのかを しっかりと整理したり 人に相談しましょう。 また、汗によって痒くなるのであれば 掛け布団の保温性が高すぎないか。 という部分に気をつけたり、 寝室の温度を調整するようにして 寝苦しい状況を回避しましょう。 また、目元の乾燥ケアを行い 痒みが出ないようにすると良いです。 目やにで、目が開かなくなった体験 僕自身、一時期目が腫れてしまい 別人のような顔つきでした。 そんな顔を見られたくなかったので 外出はできる限り控えていて どうしても出ないといけない時は 大きめのマスクを装着していました。 それでも目は出ているので 病気だと一目でバレていたと思います。 僕の場合は精神的なストレスによって 免疫力が低下しウイルスに 感染していました。 なので目やにが出ており 日によっては朝起きると目やにで 目が開けられないこともありました。 また、ストレスによるかゆみで 寝ている間に目をこすってしまい 余計に目が腫れてしまいました。 ちょうどその時期は寒くなるタイミングで 羽毛布団に切り替えたことも 目が荒れる原因だったと思います。 保温性が高いため寝ている間に 汗を大量にかいてしまい 痒みへとつながっていました。 目がアトピーになると 他の場所以上に気になりますし 白内障などの病気になる危険もあるので 今回お伝えした対策法を参考に 改善してもらえたらなと思います。

次の

寝過ぎて目が腫れた時に速攻で解消できる対処法【時間がない方必見】

寝過ぎて目が腫れる

泣いた翌朝まぶたが腫れてしまったときの治し方 朝起きたら目がパンパンに腫れてしまっている。 そんな時の治し方をご紹介しましょう。 この方法を知っておけば、腫れてしまっても何とかなります。 まず冷やしてみる 腫れているときはまず冷やしましょう。 これで腫れがスッキリおさまる場合もあります。 冷やす方法としては、• 冷たいハンカチやタオルで冷やす• カレースプーンくらいの大きさのスプーンを冷やして目に当てる• 保冷剤で冷やす• コットンでパックをする などがあります。 コットンパックですが、冷たく冷やした化粧水を含ませるのもいいですが、おすすめなのが紅茶やハーブティーを含ませること。 紅茶やカモミールのティーバッグが目の腫れを抑えるのに良いといわれていますが、使った後のティーバッグをそのまま乗せると水分が垂れてくるので、ちょっと乗せづらいですね。 なので、コットンに紅茶を含ませて目の上に乗せた方がパックしやすいです。 ちなみに紅茶にはタンニンが含まれていますから、収れん作用があって肌を引き締める効果が期待できます。 温冷、両方の刺激で血行を促進 冷やすだけでもいいのですが、それだけではどうにもならない時、「温」と「冷」を繰り返すことで血行を良くして、腫れを抑えます。 最初に温かいタオルを目の上に30秒ほど乗せます。 次に冷たいタオルを30秒ほど乗せます。 これを数回繰り返してみてください。 冷たいタオルの代わりにタオルやハンカチで包んだ保冷剤を使うと、いちいち濡らさなくてもいいので便利です。 疲れて目元がむくんでいる時にも使える方法なので、覚えておくと便利ですよ。 リンパマッサージでむくみをとる リンパの流れが滞っていると腫れぼったくなるので、マッサージをしてむくみをとっていきましょう。 リンパの流れを良くするためには目の周りだけをマッサージするのではなく、首の方までしっかり流していくと効果的です。 目の周りは薬指の腹を使って目の内側から外側に向かって、上と下、それぞれマッサージします。 耳の下から鎖骨に向かって、なでるようにマッサージします。 気持ちがいいと思うくらいの圧でやってみてください。 マッサージをする時は皮膚の負担を少なくするために、オイルやクリームなどを塗ってから行いましょう。 目の周りはとても皮膚が薄くて、こするとシワやたるみの原因になるので、トントンと軽く叩くようなイメージでマッサージをするといいですよ。 ツボ押しでむくみをとる マッサージと似ていますが、ツボを押すことで血行が良くなって腫れが引いていきます。 目の腫れに良いとされるツボがこの2つ。 睛明(せいめい) 目頭と鼻の骨の間にあるツボです。 攅竹(さんちく) 眉頭の下、骨の少しくぼんだところにあるツボです。 このツボを、指の腹で痛気持ちいいくらいの圧で押してみてください。 数回押しただけでは効き目が無いので、3秒押して2秒離す、を数分繰り返してみてください。 メイクでごまかす 頑張ってもどうしても目の腫れが引かなかった、という場合はメイクで何とかしましょう。 目が腫れぼったいときは暖色系の柔らかい色よりも寒色系の引き締まって見える色を使います。 腫れをごまかそうとして広範囲に入れてしまうと余計に腫れぼったく見えます。 濃い色を狭い範囲に入れることで目元をシャープに引き締めます。 下まぶたの際にパール系のハイライトを入れることで、目元をよりスッキリと見せてくれます。 仕上げのアイライナーは黒よりブラウンがおすすめです。 肌の色に近い方が馴染みがよく、腫れが目立たなくなります。 メガネでごまかす 腫れ対策もメイクでもどうにもならない場合は、最終兵器としてメガネがあります。 縁の太い眼鏡をすることでまぶたが見えづらくなるので、腫れも目立たないでしょう。 目が腫れやすい人は、こんな時のために非常用のメガネが1つあるといいですね。 泣いた後にまぶたが腫れないようにするための方法 そもそもどうして泣くとまぶたが腫れてしまうのか、その原因を知っておけば、泣いても次の日にまぶたが腫れないかもしれません。 まぶたが腫れるのは目をこすることが原因だった 泣いている時に、無意識のうちにまぶたをこすっていないでしょうか。 目元の皮膚は薄いと先ほど少しお話ししましたが、ゴシゴシこすると皮膚が炎症を起こしてしまうんです。 ひどいと腫れだけでなく、赤みや痛みまで出ることがあります。 それを防ぐには、泣いている時に目をこすらないこと!涙は出るのにまかせます。 ティッシュやハンカチで拭いたりしないで、泣き終わるまでそのままにしておきましょう。 気になる場合は、流れてきた涙を頬で抑えるようにします。 これなら目をこすることもないですよね。 目をこすらなければ翌日腫れる心配もありません。 うつぶせで寝ない 泣きながら寝てしまった、なんてこともあるかもしれませんが、泣いた後にうつぶせで寝ないように気をつけてください。 うつ伏せで寝ると目元に水分がたまりやすく、目が腫れてしまうのです。 泣いてしまった時は仰向けで寝るようにしましょう。 睡眠不足にならないように 睡眠不足になると、ただでさえ疲れて目が腫れやすくなってしまいますよね。 ですから、泣いてしまったときは早めに休むようにしましょう。 アルコールや塩分の摂取を控える 泣いた原因が何かイヤなことだったとしても、食べ過ぎや飲み過ぎには注意してください。 食で紛らわそうとしないことです。 アルコールや塩分を摂りすぎると余計に目がむくむので気をつけましょう。 とにかく慌てない!落ち着いて対処すれば目の腫れは治せます 目が腫れてしまうとちょっと焦ってしまいますが、落ち着いて対処しましょう。 まず手っ取り早くできることは冷やすこと。 時間があれば、それ以外の方法をプラスしてみてください。 腫れないようにするのが一番だと思うので、泣いている間の行動にもちょっと気をつけてみてくださいね。

次の