お 土産 代 勘定 科目。 手土産代の勘定科目

【仕訳】旅行に行かなかった社員へのお土産

お 土産 代 勘定 科目

必要経費にできる状況 得意先にお土産として持参した 菓子折りを得意先にお土産として持参する場合は、必要経費として計上することができます。 その際は、 接待交際費の勘定科目を使用して次のように仕訳します。 関連記事: 従業員のために購入した 従業員が、休憩時間などに食べられるように購入したお菓子代も、必要経費とすることができます。 この場合は、 福利厚生費の勘定科目を使用して仕訳します。 関連記事: 会議のために準備した 会議のために準備したお菓子代も、必要経費になります。 この場合は、 会議費の勘定科目で仕訳します。 関連記事: 自分が食べるために購入した場合 自分が食べるために、購入したお菓子代は 必要経費とすることはできません。 例えば、「ガムを噛みながら作業したほうが、頭が冴えて仕事の効率が上がるんです!」などと主張しても、必要経費として認めてもらうことはできないでしょう。 自分が食べるためだけのお菓子代は、原則経費にできませんのでご注意下さい。 領収書やレシートは残しておく 購入したお菓子代を確認できるように、領収書やレシートは残しておきましょう。 ただし、後から自分が食べるために購入したものだったか、事業に関係するものだったのかが、わからなくなることもあります。 自分が食べるために購入したお菓子代を、必要経費としてしまうことがないように領収書やレシートには、 取引先や相手の名前などを記入しておきましょう。 また、レシートなどに個人の買い物分が混ざってしまうこともありますが、事業用か個人用かの違いがわかるようにしておきましょう。 規則はありませんので、例えば事業用の分だけ赤ペンで印をつけたりして、事業用か個人用かの違いがわかるようにしておけば問題ありません。 地道な作業ですが、一つ一つの経費の積み重ねで節税効果を大きくしましょう。

次の

【経費】お菓子(菓子折り)代の勘定科目や仕訳について

お 土産 代 勘定 科目

こちらには、 経費帳で使う勘定科目を一覧でご紹介していますので、経費帳で使う勘定科目に迷ったときやどんな勘定科目が有るのかを調べるときに使ってください。 経費の勘定科目を知っておくことは、複式簿記ではとても大切なことですし、帳簿をつけ始めたら途中で変更するのは避けなくてはなりませんから、最初にどの勘定科目を使うのかを予め決めておく必要がありますので、帳簿をつけ始める前に経費の勘定科目を調べてから帳簿を作成するようにしてください。 経費帳の勘定科目一覧 事業を行っていて発生する経費にはいろいろなものが存在します。 事業用の自動車のように大きなものから、こうして日々付けている帳簿だって経費ですし、鉛筆1本クリップ1個だって経費ですし、仕事で利用した交通機関の料金も経費ですから、その項目は多岐にわたります。 しかし、いざ帳簿に記帳しようと思ったとき、「 あれ、これはどの勘定科目にすればいいんだ?」ってこともあると思いますので、そんなときにはこの一覧を活用してください。 仕事のために行う取引先や仕入先などの付き合いに必要な経費。 『按分』 電話・インターネット・郵便、などに掛かる費用。 インターネットを使用するための回線料、プロバイダー料や自社のHPを運営するためのサーバー料、ドメイン料なども計上できます。 税金や公的書類の発行手数料など 事業税・消費税・固定資産税・自動車税・収入印紙・他 住民税・法人税は除く。 自社で請け負った仕事の一部または全てを他社に依頼した時の支払代金。 仕事場で使う工具や事務所などで使う備品など。 建物や使用している工具、事務用品などのメンテナンスや修理費用。 外壁の一部がはがれて塗り替えた時や事務所のエアコンの修理費用等々。 販売促進用に使用した全ての媒体の広告費用や展示会への出店費・試作品の制作費などもここで計上できます。 商品発送に必要なダンボール箱や緩衝材などの梱包材全般と 発送に使う宅配便やゆうパックなどの運送料金などを計上します。 従業員への支払給料や手当てを記帳する。 妻や家族を青色専従者に指定している場合の支払給与を記帳する。 事業に関わるものに対して掛けている損害保険料を記載する。 例)自動車保険・自賠責保険・火災保険・地震保険・損害保険、等々 従業員の勤労意欲向上のための慰安旅行などの費用を計上する。 例)従業員健康診断・慰安旅行・各クラブ活動費・お見舞金・お祝い金、等々 購入金額が高額で尚且つ使用期間が長いものを計上する。 例)自動車・パソコン・業務用エアコン・工作機械等々 銀行からの借入れ資金の支払利息や手形割引料などを計上する。 例)金融機関支払利息・自動車ローン・住宅ローン等々 売掛金や貸付金の回収が出来なくなったときに計上する。 例)売掛金・貸付金・未収金、等々 どの勘定科目に属さない小額な費用を計上する。 例)不用品回収費・ゴミ処理費、等々 銀行などからの振込手数料や税理士・弁護士などへの報酬など。 経費と関連するものとしてよく出てくるのが「 減価償却」と言う項目ですので、その「減価償却」についても知っておく必要がありますので、必要経費とは別のページで紹介しておきますので、こちらも合わせてご覧ください。 経費帳に記載する勘定科目として一般的によく使われるものを紹介しておきましたが、仕事内容によってこのほかの勘定科目が必要になるかもしれませんが、そのときには勘定科目を追加してもかまいませんが、経費帳で増やした勘定科目についても『』『』やその他関連する帳簿にも記帳して仕分しておく必要がありますので、むやみに勘定科目を増やすのは経理が煩雑になるので熟慮してから増やすようにしてください。 関連ページ 個人事業主特有の勘定科目に「事業主借」と「事業主貸」と言うのがありますが、その使い方と記帳のしかたを覚えておきましょう。 この項目は、法人企業では使いませんので、法人の方はスルーしてください。 個人事業主として自宅の一部などを事業用事務所や作業場として利用している場合の利用割合を算出しておく必要がありますが、その利用割合のことを按分といいます。 事業用経費として記帳するときの勘定科目でみなさんが一番気になるのが接待交際費の使い方だと思いますので、こちらをご覧ください。 事業用経費として記帳するときの勘定科目での旅費交通費がどこまで認められるのかを具体的に紹介しています。 事業用経費として記帳するときの勘定科目での消耗品費として認められる条件などを具体的に紹介しています。 事業用経費として記帳するときの勘定科目での車両費として記帳するものを具体的に紹介しています。 事業用経費として記帳するときの勘定科目の賃借料として記帳するものを具体的に紹介しています。 賃借料は地代家賃などと混同しやすいものですからしっかりとその使い分けを覚えておきましょう。 事業用経費として記帳するときの勘定科目の地代家賃として記帳するものを具体的に紹介しています。 地代家賃は賃借料などと混同しやすいものですからしっかりとその使い分けを覚えておきましょう。 個人事業主の水道光熱費は全額経費計上できる場合と、一部のみが経費として認められる場合に分かれますのでそのあたりをこちらで確認してください。 仕事で使っている通信手段を記帳するのが、この通信費になります。 電話、FAX、はもちろんのこと郵便物も通信費として経費計上します。 租税公課(そぜいこうか)は、主に税金や役所などで発行される書類の手数料などを記帳するものです。 外注費は、自社で請け負った仕事の一部または全てを他社に依頼した時の支払代金のことを言います。 工具備品は、仕事場で使う工具や事務所などで使う備品などを購入したときに使う勘定科目です。 購入金額によって記帳のしかたが違いますので、内容をしっかりご覧ください。 修繕費は、主に建物や店舗、事務所などの維持管理のために使ったお金の流れを記帳しておく勘定科目です。 広告宣伝費は、自社の製品やサービスを広く知ってもらうために各メディアを利用して宣伝するための費用です。 荷造運賃は、まさに文字通りの意味合いの勘定科目で、商品の発送などに掛かったものを記帳しておくところですが、通信費と混同しやすいので記帳に際は注意が必要な項目でもあります。 給料賃金は、従業員に対する給料の支払や各種手当てなどを記帳しておく勘定科目です。 専従者給与は、従業員に対する給料の支払や各種手当てなどを記帳しておく勘定科目です。 損害保険料は、事業に関わる損害を補填するために掛けておく各種損害保険料を記帳しておく勘定科目です。 福利厚生費は、従業員の勤労意欲向上や健康管理などの目的の支出に対して使う勘定科目です。 利子割引料は、事業用資金の支払利息や手形割引などの手数料として使う勘定科目です。 貸倒金は、売掛金や未収金、貸付金などの回収ができなくなったときに使う勘定科目です。 雑費は、小額な出費で、どの勘定科目にもあてはまらないようなものに使う勘定科目です。 支払手数料は、金融機関などでの振込み手数料や税理士、弁護士などの報酬の支払に使う勘定科目です。 減価償却は、耐用年数に応じて毎年必要経費として計上できるもので、毎年の所得から引くことのできる必要経費になりますので節税対策にもなるありがたいものです。

次の

お菓子代、お茶代の経費処理~仕分け時の判断基準、勘定科目

お 土産 代 勘定 科目

Q 先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。 契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。 それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。 また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。 保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 下記のようになります。 貸方は全額 「現金」です。 借方 敷金 200. 000 返還される分 長期前払費用 200. 000 返還されない分 繰延資産 礼金 420. 000 賃借料 前家賃 315. 000 賃借料 前共益費 47. 250 保険料 1年分 20. 545 前払費用 1年分 20. 545 来期に保険料へ振替え 支払手数料 仲介料 210. 000 支払手数料 保証料 230. 000 敷金は差入保証金でも良いです。 今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200. 000未満であれば、支払時の経費として処理できます。 長期前払費用は繰延資産でも良いです。 なお、長期前払費用200. 000 返還されない分 と、繰延資産 礼金 420. 000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。 消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時 の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。 (実際の処理は税理士さんにお願いしております) また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。 仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか? 実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。 すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー こんにちは。 ・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります 租税法令主義。 ・消費税法基本通達 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。 (非課税となる行政手数料等の範囲等) 6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。 1 法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。 以下6-5-2までにおいて同じ。 )に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。 )で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。 イ 登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定 ロ 検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。 ) ハ 証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。 ) 以下略 ・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。 nta. nta. htm こんにちは。 ・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります 租税法令主義。 ・消費税法基本通達 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。 (非課税となる行政手数料等の範囲等) 6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...

次の