方丈記 暗記。 【方丈記・無常】鴨長明は時代を鋭く貫くキーマン【末法的現在】

「方丈記」雑感(1) 無常観

方丈記 暗記

『方丈記』の内容についてわかりやすく解説! まずは 『方丈記』の内容を、簡単に見ていきましょう。 『方丈記』は1212年ごろに完成した随筆集です。 主に平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての出来事が書かれており、また清少納言の『枕草子』、吉田兼好(兼好法師)の『徒然草』を合わせて、日本三大随筆と呼ばれるほど優れた作品として当時から知られていました。 冒頭部分の以下のフレーズがとても有名ですね。 「 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず」 ( 流れる川の流れは絶えることなく、しかも以前のままの水ではない) この文章を暗記した、といった経験のある方もいると思います。 肝心の内容ですが、大きく2つに分かれています。 まずは前半について。 ・安元の大火(1177年) ・治承の辻風(辻風=竜巻、1180年) ・平清盛による福原遷都による都の混乱(1180年) ・養和の大飢饉(1181-82年) ・元歴の大地震(1185年) こうした自分が経験した災難の様子を回想し、世の無常を嘆くものになっています。 一方の後半部分は、50歳ごろで出家した後の生活について記されています。 長明は出家後、京の都の郊外にある日野山(京都市伏見区と宇治市の境)に庵をつくって移り住みました。 『方丈記』という名前の由来は、この住まいの広さが方丈(一丈四方、一丈は約3m)だったことから、鴨長明はこの作品を『方丈記』と名付けたと言われています。 スポンサードリンク 『方丈記』の特徴は「無常観」にある! それでは、 『方丈記』の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。 『方丈記』のベースには一貫して「 無常観」があります。 「無常」とは「すべてのものは生まれては滅び、変化する」という仏教用語です。 長明が生きた平安末期から鎌倉時代初期は、貴族中心の世の中から武士の世の中へと移りゆく激動の時代でした。 また、当時は飢饉や地震も多く、苦しみから逃れたい人が増えた時代もあります。 そんな中で長明は「そうした世の中では何ひとつ安定したものはなく、すべてのものは移りゆく。 そのなかで いかに生きればよいか」ということ考えて、これテーマにして『方丈記』を書いたのです。 『方丈記』が完成した1212年ごろは、長明の最晩年に当たります。 快適な山の中の暮らしに愛着を抱く様子を記しつつ、『方丈記』の最後の文章では、それすらも罪だと書いて筆を置いています。 スポンサードリンク 『方丈記』の作者・鴨長明とはどんな人だったのか? 最後に、 作者の鴨長明がどんな人だったのかについてもご紹介します。 鴨長明は1155年ごろに、京都・下鴨神社の禰宜(ねぎ。 神官の位の1つ)である鴨長継の次男として生まれたと言われています。 当時の下鴨神社は朝廷から重んじられた特別な神社。 そのまま成長すれば、長明も神官になったはずでした。 しかし、18歳で父を亡くすと、禰宜の職は父の又いとこに当たる人物に移ってしまい、鴨長明は 禰宜になることができなくなってしまいます。 以降、長明は歌人として活躍し、1201年、後鳥羽上皇の時代に和歌どころの寄人(よりうど。 和歌の選定などをする役職)を命じられました。 1204年、河合神社(下鴨神社境内にある摂社)の神官に欠員が出たので長明は就任を希望しましたが、下鴨神社の禰宜からの反対に遭い、神職に就くことができませんでした。 出世という意味では「負け組」になってしまった長明は、この年に出家してしまいます。 その後、1216年になくなるまで日野山で隠遁生活を送り、『方丈記』を書き上げたのです。 この記事のまとめ 方丈記の内容や特徴、そして作者の 鴨長明がどんな人だったのかを交えてご紹介しました。 頻発する災害、不安定な世の中。 その中にあって、うまくいかない人生。 現代を生きる私たちと重なるところが多いのではないでしょうか? 『方丈記』は平安末期に起きた災害について事細かに記述されていることから、歴史資料としても高い評価を受けています。 この作品の文章量は、文庫本にしてわずか15ページほどしかありません。 現代語訳なら、1時間もあれば読み切ってしまうでしょう。 現代語訳からでも一度読んでみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク 関連記事(一部広告含む).

次の

三大随筆(『枕草子』『方丈記』『徒然草』)―「中学受験+塾なし」の勉強法!

方丈記 暗記

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。 よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。 世の中にある人とすみかと、またかくの如し。 ・・・・あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。 知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。 又知らず、かりのやどり、誰が爲に心を惱まし、何によりてか目をよろこばしむる。 ・・・・・」 高校生のころ学んだ「方丈記」の有名な冒頭。 私は古文が嫌いだった そもそも勉強嫌い が、この箇所だけは大学受験のため暗記したものだ。 著者は鴨長明という平安末期の人物だった。 いわゆる「無常観」を主旋律とする随筆だと学んだ記憶はあったが、それ以上の関心を持つこともなく過ぎてしまった。 だから結局、これまでまったく「方丈記」に触れることなく過ごしてきた。 考えてみると、これから人生を始めようとする若者にふさわしい作品と言えるだろうか。 日本には、未来志向の青年にふさわしい古典は少ないのだろうか。 青春論を説いた古典作品なんて聞いたことがない。 それは、そもそも平均寿命が短いので、いわゆる「青春」がほとんどなかったという事情もあるのだろう。 それに、前途に希望を抱いて人生を肯定的に生きようとする青年たちに、「無常観」なんて有害ですらあるのかもしれない。 大学受験のための知識としか捉えられなかったのは、皮肉に言えば、我ながら「健全」だったのだろうか。 だいたい、二十歳前の若者がひねった「無常観」などに陥るのは、精神衛生上にもあまり好ましくないかもしれない。 いずれは再読せねばと思って書架に置いていた「方丈記」を、最近になってやっと読了してみた。 800年近くも前の京都、没落貴族の晩年の随筆なのだと知って、素人なりになかなか興味深く読めた。 解説文を読んで、ちょうど同じ年頃 長明は62歳で死去したという に至っている自分に気付いた。 長明とは時代も社会も境遇もまったく異なるが、こちらもまたそろそろ老い支度を考えなくてはいけない年頃に差し掛かったからだろうか、高校生のころよりは我が身に引き寄せて読むことができたようにも思える。 人生を終点から見る年齢に達した者の、ある種の「屈折感」に訴える魅力があるのだろう。 面白い解説文に出会った。 角川ソフィア文庫「方丈記 全 」 平成19年6月刊 に 「鴨長明という名を聞くと、河の流れを眺めながら『無常』に浸っている 引き籠もり型のおじいさんを想像しがちです。 しかし、実際は『無常』に積極的に立ち向かい、前向きに人生の改革をはかった人物です。 」 5ページ とあるが、まさに 「引き籠もり型のおじいさん」というイメージはこれまでの私の長明に対する印象にぴったりで笑える。 しかし「実際は『無常』に積極的に立ち向かい、前向きに人生の改革をはかった人物」 同 だとは、なかなか思えない。 その理由はいずれ後述しようと思う。 我ながら不明の至りを告白することになるけれど、古典を味読できるようになるのはむしろ、これからなのかもしれない。 角川文庫 方丈記 それにしても、「方丈記」は悲観的な作品だ。 「・・・・人の営み、みな愚かなる中に、さしも危ふき京中の家を作るとて、財(たから)を費やし、心を悩ますことは、すぐれてあぢきなくぞはべる。 ・・・・ 」 安元の大火 といった具合で、人の営みについて全否定的なのだ。 専門家が指摘するとおり、流麗な「和漢混淆文」なのだろうと思うが、これほど人生や社会・・・・つまりは現世に対して否定的なニュアンスの作品が日本史上の立派な「古典」に鎮座しているということは、平安末期のこの国がそれほど不幸な時代だったということなのだろう。 もちろん、これに比べて21世紀の今のほうがよほど幸福なご時世だとは必ずしも断言できまい。 新聞やテレビは連日のように人の不幸や政治家の汚職、芸能関係者のスキャンダルを伝えている。 こんな風潮だけを真に受けては悲観的な世界観に陥ることになるかもしれない。 疑って言えば、部数や視聴率を稼ぐために、視聴者が求める劣情と刺激に応じているからなのかもしれない。 こうしたマスコミの在り方については、議論の余地があるだろう。 人々が明るい希望を持てるような話はほとんどない。 ともあれ、それは平安末期も同じで、その暗澹たる世相への慨嘆を、流れるような美文に昇華した文才が作品を「文学」として後世に残した「秘訣」だということなのだろう。 長明は世俗生活では不遇だったらしいが、それを文学で補って余りある名声を得たのだ。 100年後の「徒然草」「平家物語」などにも大きな影響を与えたようだ。 近代にいたっても、夏目漱石の有名な「草枕」の冒頭文 「山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。 智(ち)に働けば 角(かど)が立つ。 情(じょう)に棹(さお)させば 流される。 意地を通(とお)せば 窮屈(きゅうくつ)だ。 とかくに人の世は住みにくい。 」 も、方丈記からのヒントを得た表現らしい。 日本で最初に方丈記を英訳したのは漱石先生だという。 父祖は代々賀茂神社の要職を担うという権門の生まれでありながら、鴨長明個人の生涯は父親の早逝もあってあまり恵まれなかったようだ。 身分制社会の有閑階級のなか、跡目相続をめぐる同族間の競争でいわば「負け組」に転落したのだろうと思われる。 本文に記されているように歳を降るごとに身分も落ちぶれて、転居するたびに住居は縮小し、とうとう最晩年には方丈 約3メートル四方 の草庵にひとり隠れる老人となっていたようだ。 その屈折感が「無常」を嘆ずる底流にありそうだ。 長明は優れた歌人であり琵琶演奏もよくしたというが、同時代の多くの無名の人々は、文字も知らず草庵などに隠れるような財力すらこと欠く有様だったことも見逃せない。 一言で言って、長明は「隠者を気取れる立場」だったと思う。 そこに兼好同様、私には作品を素直に受けとめられない違和感もある。 いつの時代も、記録にも残らない圧倒的多数の無名の人々がいたはずだと心して見るべきではないだろうか。 「表の歴史」が全体を過不足なく網羅しているとは思えない。 ところで、長明の生きた時代は12世紀中頃から13世紀初頭にあたる。 これはちょうど仏教で説く「末法」の到来 西暦1052年説が最も有力らしい 直後にあたるようで、ことほど左様に「安元の大火」「治承の旋風」「福原遷都の混乱」「養和の大飢饉」「元暦の大地震」など大規模な自然災害や社会変動が続発。 それを自らの「無常観」の裏付けとした。 「・・・・およそ物の心を知れりしよりこのかた、四十あまりの春秋をおくれる間に、世のふしぎを見ることやゝたびたびになりぬ。 ・・・・・」 その混乱や恐怖、不安な有様を流麗かつ的確な筆致で書き残した。 まさしく末法の様相と写ったことだろう。 こうした「末法意識」は鴨長明だけの独り合点ではなくて、この時代の支配階級に共通する歴史認識だったようだ。 つまり、彼は当代流行りの終末観をうまく文学的に表現する才能に恵まれていたのだろうと思う。 そう考えるとなかなかの芸達者ではないか。 隠者を気取る流行作家みたいなものだろうか。 21世紀の今も、書店に行けばそんな作家が出版社から重宝がられ「大衆消費」されているのかもしれない。 さて、この暗い「世の末」を、鴨長明はどう生きたというのだろうか。 投稿ナビゲーション サイトを訪問してくださり、有難うございます。 このサイトは、1950年代前半に生まれた著者(大阪在住)が、自分が生まれ合わせた時代を振り返り、心に浮かぶ感懐を思いつくまま綴ったものです。 手掛かりは自分の興味、趣味の範囲です。 これまでは、そうした余裕もなくその日暮らしでしたが、還暦を過ぎた頃からやっとすこし自分の時間が持てるようになりました。 私自身はどの分野の専門家でもありません。 ずぶの素人なりに、様々なテーマについて、その背景や意味をここで再検討しておきたいと思いたったのです。 漠然と浮かび上がった疑問、不審を今のうちに少しでも掘り下げてみたい。 それはたぶん、自分の「持ち時間」の限りが見えてきたことがきっかけだろうと思います。 そしてまた、「意味」を求める人間の本性に根ざしているのでしょうか。 しかし、余暇の時間に思いつくままの作業ですから、テーマは系統だたず、あちこちに拡散すると思います。 また、事実認定が確定していないような時事問題などはなるべく避けて、すこし古い年代の事柄から省みることになるでしょう。 ただ、我ながら「我見の誘惑」に弱いので、ともすれば独りよがりな「予断」「誤認」に陥る危険性も多々ありそうです。 それゆえに、遠慮のないコメントを歓迎します。 ブログ風にしてみた理由です。 2014年に始めてからこれまでも多くの方々から様々なご感想、ご意見を賜り、感謝しています。 いつ最終完成版にまでたどり着くものやら、まだまだおぼつかない足取りですが、この間、表現の稚拙さ、明らかな錯誤などに気が付けばその都度「修正」「更新」して参ります。 原稿を書き溜めてから、いずれまた時間をかけて編集し直してみたいとも思っています。 どうぞよろしくお願いします。 2014年春.

次の

三大随筆(『枕草子』『方丈記』『徒然草』)―「中学受験+塾なし」の勉強法!

方丈記 暗記

『方丈記』の内容についてわかりやすく解説! まずは 『方丈記』の内容を、簡単に見ていきましょう。 『方丈記』は1212年ごろに完成した随筆集です。 主に平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての出来事が書かれており、また清少納言の『枕草子』、吉田兼好(兼好法師)の『徒然草』を合わせて、日本三大随筆と呼ばれるほど優れた作品として当時から知られていました。 冒頭部分の以下のフレーズがとても有名ですね。 「 ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にはあらず」 ( 流れる川の流れは絶えることなく、しかも以前のままの水ではない) この文章を暗記した、といった経験のある方もいると思います。 肝心の内容ですが、大きく2つに分かれています。 まずは前半について。 ・安元の大火(1177年) ・治承の辻風(辻風=竜巻、1180年) ・平清盛による福原遷都による都の混乱(1180年) ・養和の大飢饉(1181-82年) ・元歴の大地震(1185年) こうした自分が経験した災難の様子を回想し、世の無常を嘆くものになっています。 一方の後半部分は、50歳ごろで出家した後の生活について記されています。 長明は出家後、京の都の郊外にある日野山(京都市伏見区と宇治市の境)に庵をつくって移り住みました。 『方丈記』という名前の由来は、この住まいの広さが方丈(一丈四方、一丈は約3m)だったことから、鴨長明はこの作品を『方丈記』と名付けたと言われています。 スポンサードリンク 『方丈記』の特徴は「無常観」にある! それでは、 『方丈記』の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。 『方丈記』のベースには一貫して「 無常観」があります。 「無常」とは「すべてのものは生まれては滅び、変化する」という仏教用語です。 長明が生きた平安末期から鎌倉時代初期は、貴族中心の世の中から武士の世の中へと移りゆく激動の時代でした。 また、当時は飢饉や地震も多く、苦しみから逃れたい人が増えた時代もあります。 そんな中で長明は「そうした世の中では何ひとつ安定したものはなく、すべてのものは移りゆく。 そのなかで いかに生きればよいか」ということ考えて、これテーマにして『方丈記』を書いたのです。 『方丈記』が完成した1212年ごろは、長明の最晩年に当たります。 快適な山の中の暮らしに愛着を抱く様子を記しつつ、『方丈記』の最後の文章では、それすらも罪だと書いて筆を置いています。 スポンサードリンク 『方丈記』の作者・鴨長明とはどんな人だったのか? 最後に、 作者の鴨長明がどんな人だったのかについてもご紹介します。 鴨長明は1155年ごろに、京都・下鴨神社の禰宜(ねぎ。 神官の位の1つ)である鴨長継の次男として生まれたと言われています。 当時の下鴨神社は朝廷から重んじられた特別な神社。 そのまま成長すれば、長明も神官になったはずでした。 しかし、18歳で父を亡くすと、禰宜の職は父の又いとこに当たる人物に移ってしまい、鴨長明は 禰宜になることができなくなってしまいます。 以降、長明は歌人として活躍し、1201年、後鳥羽上皇の時代に和歌どころの寄人(よりうど。 和歌の選定などをする役職)を命じられました。 1204年、河合神社(下鴨神社境内にある摂社)の神官に欠員が出たので長明は就任を希望しましたが、下鴨神社の禰宜からの反対に遭い、神職に就くことができませんでした。 出世という意味では「負け組」になってしまった長明は、この年に出家してしまいます。 その後、1216年になくなるまで日野山で隠遁生活を送り、『方丈記』を書き上げたのです。 この記事のまとめ 方丈記の内容や特徴、そして作者の 鴨長明がどんな人だったのかを交えてご紹介しました。 頻発する災害、不安定な世の中。 その中にあって、うまくいかない人生。 現代を生きる私たちと重なるところが多いのではないでしょうか? 『方丈記』は平安末期に起きた災害について事細かに記述されていることから、歴史資料としても高い評価を受けています。 この作品の文章量は、文庫本にしてわずか15ページほどしかありません。 現代語訳なら、1時間もあれば読み切ってしまうでしょう。 現代語訳からでも一度読んでみてはいかがでしょうか? スポンサードリンク 関連記事(一部広告含む).

次の