年末ジャンボミニ 確率。 年末ジャンボ宝くじミニ♪今年も発売! 気になる当選確率は?

2018年年末ジャンボ宝くじの確率は?当選金額と本数から期待値を計算した

年末ジャンボミニ 確率

一夜で億万長者になれるといえば、ジャンボ宝くじやスポーツくじのBIGですが、当せん確率が極めて低いのがネックです。 『ミニ』と名の付く宝くじは当せん金額が控えめなぶん、当せん率は高いのでしょうか?ミニの種類と宝くじの買い方を解説します。 宝くじで運だめし 元来、日本の宝くじは『富くじ』といわれ、初詣に来た人々の中から僧侶が当せん者を選び出し『福運のお守り』を授けたのが始まりです。 時代とともに宝くじは多様化し、現在はさまざまな種類の宝くじが登場しています。 宝くじの種類はさまざま 宝くじは『通常宝くじ』『数字選択式宝くじ』『スクラッチくじ』に大別できます。 『通常宝くじ』は組・番号が最初から印刷されており、抽せんによって当せん番号が決定されるタイプです。 中でも、高額当選の『ジャンボ宝くじ』は人気が高く、単体で購入する人は購入者全体の約2割を占めています。 (平成28年日本宝くじ協会調査) 『数字選択式宝くじ』は購入者が数字を自由に選択できる形式です。 曜日ごとに 抽せん日が決まっているのが特徴で、代表的なものには、ミニロト・ロト7・ナンバーズ・ビンゴ5などがあります。 『スクラッチくじ』は、ほかの宝くじと違い、スクラッチを削るとその場で当せんが分かる宝くじです。 原則いつでも購入が可能で、当せん金額は5万円~1億円までと幅広いのが特徴です。 当せん番号の確認方法 宝くじの当せん番号は、インターネット・携帯電話・テレフォンサービス(マンツーマン式・テープ式)の3つの方法で確認できます。 ジャンボくじを含む通常くじは抽選日の17時すぎ、数字選択式宝くじは20時半すぎには照会が可能です。 マンツーマン方式テレフォンサービスは営業時間が決まっているため、夜遅い場合や休日は、24時間のインターネットやテープ式テレフォンサービスを利用しましょう。 もしも高額当せんしたらどうなる? 宝くじの当せん金受け取り方法は、当せん金額によって異なります。 1万円以下なら宝くじ売り場で受け取りが可能ですが、1万円以上は一部の宝くじ売り場を除き、銀行での受け取りが原則です。 100万円以上の受け取りは口座振り込み、または後日になる点に注意しましょう。 1億円以上の高額当せんの場合、現金手渡しは現実的ではありません。 盗難の危険が高く、銀行では口座振り込みを勧めているようです。 なお、宝くじの当せん金は非課税扱いで、当せんした金額がそのまま自分のものになります。 年末ジャンボミニとは 年末ジャンボは、1年に5回発売されるジャンボくじの一つですが『年末ジャンボミニ』はどのような宝くじなのでしょうか?当せん本数や金額の違いに注目しましょう。 1等以外の当せん本数が多い 年末ジャンボ宝くじには『年末ジャンボ』と『年末ジャンボミニ』の2種類があります。 年末ジャンボは2000万枚、年末ジャンボミニは1000万枚を1ユニットとし、各ユニットから1枚ずつ1等が選出される仕組みです。 年末ジャンボは1等前後賞合わせて10億円(1等7億円・1等前後賞各1億5000万円)と当せん金額が高額なのに対し、年末ジャンボミニは5000万円(1等3000万円、前後賞各1000万円)と金額が低めに設定されています。 ただし、『1等以外の当せん本数』は年末ジャンボミニのほうがやや多いため「一攫千金よりも、数万円程度のお小遣いを狙ったほうがよい」と考える人は少なくありません。 年末ラッキー賞などはなし 年末ジャンボと年末ジャンボミニは、賞の種類にも違いがみられます。 年末ジャンボは、1等のほかに、1等の前後賞・1等の組違い賞・2等~7等・年末ラッキー賞があります。 一方、年末ジャンボミニは、1等・1等の前後賞・2~6等のみで、1等の組違い賞・7等・年末ラッキー賞は設定されていません。 年末ジャンボの『年末ラッキー賞』は下4桁の番号一致で2万円の賞金が当たる賞で、『組違い賞』は1等と番号が同じで組が違うものを当たりと見なす賞です。 1等以外の当せん本数は年末ジャンボミニのほうが多いですが、賞の種類が限られている点も考慮しなければなりません。 年末ジャンボミニの値段と買い方 年末ジャンボミニは1枚300円で、全国の宝くじ売り場で販売されます。 販売期間は変わる可能性がありますが、11月20日~12月21日までが通例で、抽せん日は12月31日です。 抽せん本数は、1等(賞金3000万円)が72本、1等前後賞(1000万円)が144本、2等(100万円)が1800本、3等(10万円)が5万4000本です。 詳しくは『宝くじ公式サイト』で確認しましょう。 宝くじの買い方は『連番』か『バラ』が一般的です。 連番は1等と1等前後賞の両方の当せんが期待できますが、購入したセットの組が高額当せんしなかったときは一瞬ではずれが分かってしまうのがデメリットです。 バラは1等に当せんしなくても、購入したくじの中に前後賞が入っている可能性があります。 ミニロトとは 『ミニロト』は、購入者が好きな数字を選べる『数字選択式宝くじ』の一つで、当せん番号はロト専用抽せん機を使って決定します。 1枚の値段が手ごろなうえ、原則1年中購入できるため「自分の直感力を試してみたい」という宝くじ初心者にもぴったりです。 金額別の当せん確率を見てみよう 『ミニロト』は、1から31までの数字の中で、異なる5個の数字を選びます。 抽せんは毎週行われるため、週に1回購入すれば、毎週賞金を獲得できるチャンスがあります。 当せん金額(理論値)は1等約1000万円、2等約15万円、3等1万円、4等1000円で、当せん確率は1等が16万9911分の1、2等は16万9911分の5、3等は16万9911分の125、4等は16万9911分の3250です。 ロト7の1等(6億円)の当せん確率が1029万5472分の1と考えれば、ミニロトの当せん率が高いのは一目瞭然でしょう。 ミニロトは、各等級の当せん金額が毎回変動するのが特徴で、各等級の当せん者数が多ければ賞金は減り、少なければ増えるという仕組みです。 当せん金額はあくまでもおおよその目安と考えましょう。 なお、ミニロトにはロト6やロト7のような『キャリーオーバー』はありません。 ミニロトの値段と買い方 ミニロトは1口200円で、『MINI-LOTO』のマークがある全国の宝くじ売り場のほか、ネットやみずほ銀行などのATMでも購入が可能です。 宝くじ売り場に行く時間がない人は、原則1年中・24時間購入できる宝くじ公式サイトを利用しましょう。 宝くじ売り場では、店頭で『ミニロト申込カード』をもらい、数字をマーク式で記入します。 店員が数字を機械で読み取ってくれるので、抽せん日が記された引き換え券をもらいましょう。 抽せん日は毎週 火曜日で、全国の宝くじ売り場・ネット・新聞で当せん情報が確認できます。 ミニビッグとは ビッグやミニビッグは『スポーツくじ(サッカーくじ)』の一つで、サッカーの試合結果を的中させると当せん金が受け取れる仕組みです。 当せん確率がより高い『ミニビッグ』で、100万円を狙いましょう。 ビッグと比べ当せん確率はかなり高くなる 一般的な宝くじは発売元が地方自治体ですが、『スポーツくじ』は日本スポーツ振興センターが発売元です。 スポーツくじの主なものには、ビッグ・ミニビッグ・totoがあり、ビッグとミニビッグは、試合の予想結果をコンピューターにおまかせするのが特徴です。 自分で予想する手間が省けるため、サッカーに詳しくない人でも気軽に挑戦できます。 ビッグは1等が最高6億円なのに対し、ミニビッグは1等が約100万円と控えめです。 しかし、1等当せん率が約2万分の1と、ビッグ(当せん確率が約480万分の1)よりも当せん確率が格段に高いのは魅力です。 ミニビッグの値段と買い方 くじの対象になる試合は、Jリーグに加え、海外サッカーのさまざまな試合が含まれるため、ほぼ1年中、ミニビッグに挑戦できるといってよいでしょう。 価格は1口200円で、全国のくじ売り場・コンビニ・スポーツくじ公式サイト・提携サイトで購入ができます。 ビッグやミニビッグの販売期間は土曜日から次の土曜日までの1週間が基本です。 店頭で購入する場合は、店員に欲しいくじの口数または金額を伝えましょう。 結果発表は、同じ週の日曜日に、ネットから当せんを確認できます。

次の

サマージャンボ宝くじ 詳細と当選確率【2020年】

年末ジャンボミニ 確率

宝くじの当たる確率を例えるなら? 宝くじの当たる確率についてご紹介しましたが、確率だけで言っても対象がなければ実際にどのくらい難しいのかあまりイメージできにくいですよね。 最もわかりやすい例えとされているのが1等の当選確率で、先ほどご紹介したように1等の5億円が当選する確率は1千万分の1とご紹介しましたが、これと同じ確率が落雷に合う確率とされています。 人生の中でも落雷に合う人はほとんどないと思いますが、確率だけで言うと 宝くじと落雷に当たる確率は一緒と言われています。 そのぐらい低確率だということがわかりますが、このほかにも例えるとわかりやすいのが4等です。 というのも、4等はおよそ3万分の1の確率とご紹介しましたが、 四つ葉のクローバーを見つけることができる確率は1万分の1とされています。 そのため、四つ葉のクローバーを見つける以上に運が必要な確率が宝くじの4等とされています。 宝くじの当たる確率を交通事故で例えると 宝くじの確率をさらに分かりやすくすると交通事故での確率でもわかりやすいと言われています。 交通事故は行さないようにする必要があるのですが、注意していてもどうしても事故が消えることが少ないですよね。 このような 交通事故は先ほどご紹介した四つ葉のクローバーと同じ1万分の1とされています。 そのため、交通事故が3回以上人生の中で起こしてしまうと同様の確率が宝くじの4等とされています。 宝くじの当たる確率を隕石で例えると 次にご紹介するのは隕石に当たる確率です。 隕石に当たる確率は極めて低いとされています。 隕石に当たる確率はおよそ100億分の1と言われています。 このことから考えると宝くじの1等を当てる確率よりも、はるかに低いことが分かります。 隕石にあたることは人生においてまずないと思いますが、隕石に当たった場合は宝くじの1等当選を何回も経験した以上の奇跡的な確率であると言えます。 ただ、隕石に当たると…もう生きていないですね…。 宝くじの確率を比較 宝くじの確率論についてご紹介しましたが、次は実際に宝くじの種類別の確率について比較をご紹介したいと思います。 これから宝くじを購入しようと考えている方はぜひご参考いただけたらと思います。 宝くじの確率:ジャンボ まず最初に先ほど挙げたサマージャンボの確率をもう一度ご紹介します。 1等 2000万円 200万分の1 1等前後賞 500万円 100万分の1 2等 200万円 10万分の1 このようになっています。 ご紹介していることからもわかるように、当選金額はやや下がるものの、当選確率はかなり下がると言っても過言ではないです。 ジャンボだと1等は1000万分の1、落雷に合う確率ということをご紹介しましたが、ミニでは1等はそれよりもはるかに当たりやすい200万分の1となります。 さらに、2等の200万円ですら10万分の1の確率で、このような確率だけを見ると宝くじのミニを購入して当選するだけでもお金持ちになりやすいと言えます。 宝くじの中ではこの宝くじミニが一番当たりやすい・お金持ちになりやすいと言われているので、宝くじをしている方や好きな方はねらい目と言えます。 宝くじの確率:ロトシックス 次にご紹介するのは宝くじの中でもロトシックスです。 ロトシックスも有名ですよね。 ロトシックスの確率は次のようになっています。 1等 2億円 600万分の1 2等 1000万円 100万分の1 3等 30万円 65万分の1 このようになっています。 ロトシックスは数字を合わせるためにやや難易度が高いのですが、ロトシックスを当ててもしっかりとジャンボ同様の高額配当金をいただけるので、夢があると言えます。 このことからもわかるように、小額から当ててお金持ちを目指したい場合には宝くじのミニ、高額当選を狙いたい場合はジャンボやロトシックスを狙うのがおすすめと言えます。 「まとめ」宝くじを当ててお金持ちへ 宝くじの当選確率についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。 宝くじの当選確率は実際に例えて考えるととてつもない確率ということが分かるかと思います。 人によって宝くじが当たりやすい組み合わせの買い方などもありますので、ぜひ気になる方はそちらも合わせて調べていただけたらと思います。

次の

「年末ジャンボミニ」は「年末ジャンボ」より当たるか 受取額が505円高い?

年末ジャンボミニ 確率

宝くじは好きですか? わたしは買ったときの高揚感がたまらなく好きです。 平成最後の運試し!! やるしかないでしょ そんなわけで今年もしょうこりもなく年末ジャンボ宝くじを買いたいと思っていますが、いつも普通のやつかミニかでめちゃくちゃ迷います。 そこで当選確率を徹底比較してどっちが買うべき宝くじなのかを決定したいと思いまーーーす さあ億万長者への道…スタートです!! 年末ジャンボ宝くじと年末ジャンボ宝くじミニの当選確率を徹底比較 年末ジャンボ宝くじの当選確率は天文学的数字… 年末ジャンボ宝くじは最高当選金額が1等前後賞合わせて10億円ということでめちゃめちゃ夢がありますよね。 今年のドリームジャンボ宝くじは1等前後賞合わせて5億円、ハロウィンジャンボも5億円。 そう考えると当選金額は2倍!! 年末ジャンボだけは多めに買うという人も多いと思います。 実際年末ジャンボはその他のジャンボより売れます。 でもちょっと待って!!からくりがあります 当選確率は以下の通りです 等級 当選金 本数 24ユニット 当選確率 1等 700,000,000円 24本 2000万分の1 1等の前後賞 150,000,000円 48本 1000万分の1 1等の組違い賞 100,000円 4776本 約10万分の1 2等 10,000,000円 72本 約666万分の1 3等 1,000,000円 2,400本 20万分の1 4等 100,000円 96,000本 5000分の1 5等 10,000円 480,000本 1000分の1 6等 3,000円 4,800,000本 100分の1 7等 300円 48,000,000本 10分の1 年末ジャンボ宝くじは1ユニット2,000万枚。 それが24ユニット販売されます。 *ユニットとは…「100000番」から「199999番」までの10万枚を1組とし、01組から200組までの200組・2,000万枚を1ユニットとしています。 普段のジャンボは1ユニット1000万枚。 実は1ユニットの枚数が倍になっているんです。 1等当選確率は2000万分の1という天文学的確率に… 1000万分の1でも心が折れそうなのに2000万分の1ってヤバすぎでしょ。 当選金額が高額なイメージが先行していますがその分1等当選確率は半分になっていますのでご注意を 年末ジャンボミニは最高当選金額5000万と手堅い内容 年末ジャンボが夢のある1発ドカンな配当に対し年末ジャンボミニは手堅い内容になっています。 年末ジャンボ宝くじミニは1ユニット1,000万枚。 それが15ユニット販売されます。 *年末ジャンボ宝くじミニのユニットは…「100000番」から「199999番」までの10万枚を1組とし、01組から100組までの100組・ 1,000万枚を1ユニットとしています。 当選確率は以下の通りです 等級 当選金 本数 15ユニット 当選確率 1等 30,000,000円 75本 200万分の1 1等の前後賞 10,000,000円 150本 100万分の1 2等 10,000,000円 150本 100万分の1 3等 1,000,000円 1,500本 10万分の1 4等 100,000円 45,000本 約3333分の1 5等 10,000円 150,000本 1000分の1 6等 3,000円 1,500,000本 100分の1 7等 300円 15,000,000本 10分の1 年末ラッキー賞 20,000円 30,000本 5000分の1 年末ジャンボミニは1等当選確率は200万分の1と年末ジャンボの2000分の1と比べると10倍当たりやすいです。 ただ年末ジャンボミニは1等当選金額3千万円に対し年末ジャンボは7億円と約23倍!! ここら辺をどう考えるかが決め手になりそうです。 年末ラッキー賞というのがあり2万円もらえるのですがぶっちゃけ微妙。 3等の100万円か4等の10万円の本数を増やしてほしかった… 結局どっちが買い?年末ジャンボと年末ジャンボミニ 今回は普通のジャンボとミニの特徴がはっきりしていて選びやすいです。 ドカンと人生一発逆転を狙うなら年末ジャンボ一択です。 年末ジャンボミニは1等で3000万円…都内だと家を買えない金額です。 そう考えると年末ジャンボの1等7億というのは魅力的です。 ただ年末ジャンボミニは2等の1000万円や3等の100万円も年末ジャンボに比べれば当たりやすいです。 1000万円以上の当選確率 年末ジャンボは1000万円以上の当選確率は 約333万分の1、対して年末ジャンボミニの1000万円以上の当選確率は 40万分の1。 1000万円で十分助かりますという人は 年末ジャンボミニのほうが圧倒的におすすめです。 100万円以上の当選確率 年末ジャンボは100万円以上の当選確率は 約19万分の1、対して年末ジャンボミニの100万円以上の当選確率は 8万分の1。 2倍以上年末ジャンボミニのほうが当たりやすいです。 ですので100万円でもありがたいという方は年末ジャンボミニのほうがいいです。 数字で頭痛くなってきた…結局は好きなほうを買うべし いやぁ。 当選確率を考えていると頭が痛くなってきました。 結局どっちがいいかよくわからないという方もいるかもしれません。 億狙うなら年末ジャンボ。 100万円でも助かるという方は年末ジャンボミニにしとけばOKです。 数字を比べれば年末ジャンボミニの当選確率は魅力的です。 でも数字のマジックに騙されてはいけません。 だって数字上は宝くじ2枚買えば当選確率も2倍になるんですよ。 10枚買えば当選確率は10倍です。 でも当たらない だって10枚買おうが1000枚買おうがその向こうには 途方もない確率の壁が待っているから… ここまでごちゃごちゃ書いてきましたが宝くじは数字で考えちゃダメなんです。 我々は必ず負ける戦いに挑もうとしているんですよ!!普通に考えて正気の沙汰ではありません。 でもそこには必ず勝者がいて、人生上がった人がいるわけですよ。 今回でいえば億万長者は72人誕生します。 何が言いたいかというと 確率の壁をぶち破ろうぜ ってことです。 宝くじの当選確率とかぶっちゃけどうでもいいんですよ。 確率の壁をぶち破る。 その気持ちをもって好きなほう買いましょう。 ちなみにわたしは手堅く年末ジャンボミニ買いまーーーーす.

次の