社長 と あん。 社長ブログ あんた、やばいで

【ネタバレあり】アニメ「社長、バトルの時間です!」感想考察第1話、ちぐはぐ

社長 と あん

そのため、他社の商品と差をつけるためには、コストパフォーマンス以外の価値を提供することが重要と考えています。 その中でもアピールしたいのは、コミュニケーションツールとしてのブラックサンダーです。 それにより動画やイベントなどのお菓子以外の幅広い活動を行うことが可能になり、これまで以上にターゲットとなる「遊び心をもったすべての人たち」に親しんでいただけるようになりました。 100億円企業だからこそできる取り組み 有楽製菓は2000年代半ばから売り上げが約3倍に伸び、現在は100億円企業となっています。 更なる成長を図るため、各部門においてさまざまな目標に取り組んでいます。 「品質管理」においては2019年度中にFSSC22000を取得すべく、豊橋夢工場と札幌工場にて取り組み中です。 要の「生産」においては、クオリティコントロールしつつコスト削減を実現すべく、積極的に改善活動を行っています。 「マーケティング」においては、デジタルマーケティングを積極的に行い、SNSでの活動をより増やしていく予定です。 「商品開発」においては、マーケティングの結果をもとに、より消費者目線に立った商品の強化を図っています。 また、「特販事業」においては、自社からお客様へダイレクトに販売できる直販・通販をより有楽製菓を表現する場として活用したいと考えています。 直営店舗ではその場で作るライブ感のある商品を、通販ではブラックサンダーの世界観を体験できる商品を、という風に、更に商品の幅を広げていく予定です。 また、会社の規模が大きくなるにつれ、社会に対する責任が高まっていることを意識しています。 そのため、をはじめとする社会貢献活動にも積極的に取り組み続けています。 アジア圏、イスラム圏から世界へと販路を広げて 「海外事業」においては、2017年にシンガポールに合弁会社を設立。 インドネシア、マレーシア、フィリピンと販路を広げています。 インドネシアに製造拠点を置くことによってハラル認証を受けられるため、イスラム圏での販売も視野に入れ活動をしています。 その他、台湾では販社を作り現地のマーケティングや商談などを強化しています。 アメリカでも、数年前から試験的に販売をはじめています。 「観光事業」においては、札幌工場で製造している北海道の土産物をより全国区にすべく販路を広げる活動を行っています。 それ以外に新たな取り組みとして、これまでは有楽製菓の拠点がある東京都小平、北海道札幌、愛知県豊橋の3カ所でのみで製造していた土産物を、国内の市場性の高い場所でも展開しようと模索しています。 代替わりをしても、創業当時からある「夢のある安くておいしいお菓子を創造する企業を目指します」という企業理念は今後も貫き通していきます。 そして、お客様にお得感を感じてもらいながら、既成の枠にとらわれないユニークな発想を提供し続け、業界の中でも常にオンリーワンの企業でありたいと考えています。

次の

会社概要:社長挨拶

社長 と あん

玉塚元一氏が退いた後、会長職は空席に。 退任会見に臨むにあたり、玉塚元一会長はローソンカラーを身にまとって会見場に登場した。 ローソンは4月12日、玉塚会長が5月末の株主総会をもって退任すると発表した。 玉塚会長は1962年生まれの54歳。 1985年に旭硝子に入社後、1998年にユニクロを展開するファーストリテイリングに入り、2002年には社長に就任した。 その後、現ファミリーマート社長の澤田貴司氏と企業の再生支援会社リヴァンプを2005年に設立、ロッテリアの再建などを手掛けた。 当時社長だった新浪剛史氏(現サントリーホールディングス社長)に誘われてローソンに飛び込んだのは2010年のこと。 2011年には副社長となり、2014年には社長、2016年から会長として経営を率いてきた。 会見の冒頭、退任の経緯について玉塚会長はこう説明した。 「竹増(貞信)社長も3年ぐらい、私とさまざまな経験をしてきた。 彼に対する加盟店からの信頼も上がってきた。 2月には三菱商事による株式公開買い付け(TOB)が完了し、ローソンは三菱商事の子会社となった。 われわれの事業はスピードが大事。 二頭体制になるのはよくない。 シンプルな意思決定のストラクチャーにした方がいいし、それを支える道筋も整ってきた」。 もう一つの理由として「まだ経営の現場で頑張っていきたいという思いもあった。 ありがたいことにいくつかお話もいただいている。 新しいチャレンジに向けて頑張っていきたいという、わがままもあった」と述べた。 ローソンの会長職は当面空席となる見込みだ。 竹増社長が続投し経営の舵取りを担う。 会見での一問一答は以下の通り。 退任を考えたのは今年の2月末ぐらいから。 ちょうど三菱商事によるTOBが成立した直後というタイミングだった。 この商売はすべてが売り場起点。 売り場を中心に物事を考え、そこで仕事をする人たちを中心にすべての業務を組み立て、そのアウトプットが最大化するような組織風土は作れた。 生活支援という文脈の中で成城石井を買収し、品ぞろえの強化も進めることができた。 進まなかったことは、抜本的な業務改革をよりスピード感をもってやる必要があったと感じている。 その実現は竹増社長に託したい。

次の

社長とあんあん

社長 と あん

そのため、他社の商品と差をつけるためには、コストパフォーマンス以外の価値を提供することが重要と考えています。 その中でもアピールしたいのは、コミュニケーションツールとしてのブラックサンダーです。 それにより動画やイベントなどのお菓子以外の幅広い活動を行うことが可能になり、これまで以上にターゲットとなる「遊び心をもったすべての人たち」に親しんでいただけるようになりました。 100億円企業だからこそできる取り組み 有楽製菓は2000年代半ばから売り上げが約3倍に伸び、現在は100億円企業となっています。 更なる成長を図るため、各部門においてさまざまな目標に取り組んでいます。 「品質管理」においては2019年度中にFSSC22000を取得すべく、豊橋夢工場と札幌工場にて取り組み中です。 要の「生産」においては、クオリティコントロールしつつコスト削減を実現すべく、積極的に改善活動を行っています。 「マーケティング」においては、デジタルマーケティングを積極的に行い、SNSでの活動をより増やしていく予定です。 「商品開発」においては、マーケティングの結果をもとに、より消費者目線に立った商品の強化を図っています。 また、「特販事業」においては、自社からお客様へダイレクトに販売できる直販・通販をより有楽製菓を表現する場として活用したいと考えています。 直営店舗ではその場で作るライブ感のある商品を、通販ではブラックサンダーの世界観を体験できる商品を、という風に、更に商品の幅を広げていく予定です。 また、会社の規模が大きくなるにつれ、社会に対する責任が高まっていることを意識しています。 そのため、をはじめとする社会貢献活動にも積極的に取り組み続けています。 アジア圏、イスラム圏から世界へと販路を広げて 「海外事業」においては、2017年にシンガポールに合弁会社を設立。 インドネシア、マレーシア、フィリピンと販路を広げています。 インドネシアに製造拠点を置くことによってハラル認証を受けられるため、イスラム圏での販売も視野に入れ活動をしています。 その他、台湾では販社を作り現地のマーケティングや商談などを強化しています。 アメリカでも、数年前から試験的に販売をはじめています。 「観光事業」においては、札幌工場で製造している北海道の土産物をより全国区にすべく販路を広げる活動を行っています。 それ以外に新たな取り組みとして、これまでは有楽製菓の拠点がある東京都小平、北海道札幌、愛知県豊橋の3カ所でのみで製造していた土産物を、国内の市場性の高い場所でも展開しようと模索しています。 代替わりをしても、創業当時からある「夢のある安くておいしいお菓子を創造する企業を目指します」という企業理念は今後も貫き通していきます。 そして、お客様にお得感を感じてもらいながら、既成の枠にとらわれないユニークな発想を提供し続け、業界の中でも常にオンリーワンの企業でありたいと考えています。

次の