おとな まんが。 BL特集・まとめ無料まんが読み放題!18禁?おとな乙女向け漫画

おとななじみ 2話~5話~8話 ネタバレ注意 画バレ注意

おとな まんが

おとななじみ【第11話】のネタバレ 伊織と作った資料を、エリアマネージャーである女性に見せる楓。 すると、 ちゃんとした出来であることを評価されたので、楓は伊織のことも言いつつ、 売り上げが落ちている理由の分析結果も話し、 無事にこの仕事を終えたのだった。 上がったり下がったり そしてマネージャーが帰った後、 すぐに伊織にお礼の連絡を入れる楓。 すると、これまたすぐ 伊織から折り返しの電話が来たので、楓は お礼をしたいと伊織に申し出た。 それを聞いた伊織は、 会社では見せたことのない柔らかい笑顔を浮かべながら、 今日の夜の約束をとりつける。 それをこっそりと見ていた同僚たちは、 伊織の初めてみる顔に大騒ぎし、 伊織にいつも以上の不機嫌顔で怒られてしまった。 ホームセンターで働くハルは、 伊織と楓のことが頭からはなれない。 するとそんな時、 以前接客し、わざわざお礼を言いに来てくれたおばあちゃんに話しかけられたので、ハルは この悩みを話してみることに。 そこで、 案外肉食系なおばあちゃんの考え方に驚きを隠せないハル。 しかも、 気になる子がいるなら、他のオオカミに食べられる前に、と言われ、ハルは もう戸惑いを隠せないのだった。 ちゃんとした大人 そして夜。 楓は伊織と食事をしながら、 今回のことのお礼と、 達成感を語る。 そのまま、ふたりは穏やかに過ごすところだったが、 そこで偶然にも 美桜がうるさく駆け込んできて、 仕事の愚痴を言いながらふたりに合流してきた。 そして 店長とやり方が合わないことを美桜は愚痴るが、 組織の一員として合わせろ派の伊織と、 意見がぶつかり言い争いに。 そこで楓が仲裁に入り話題は変わって、今度は 「自分の店を持つ」という話になった。 というのも、美桜は 自分の店を持つという夢があり、 今は開業資金を貯めているのだとか。 そこで 楓も自分の店を出したらどうか、という話になり、楓は そんな選択肢があることに気付かされた。 ちなみに 伊織は、今の会社で上に行くのが目標らしく、 ちゃんと将来を見据えている。 それを見た楓は、 皆がちゃんとしていることに感心しつつ、 仕事をこの前までやめていたハルでさえ、前の仕事では人に慕われていたと思い出し、 自分の「ハルに振り回されて何も出来ていない」というアホさに、震えあがったのだった。 自分の道 と、そんな時だった。 急に、 寝不足で目つきを悪くしたハルが隣から出てきて、 部屋に自分以外の男を入れるなと言い出す。 しかも 特に伊織を入れるなと言い、 わけのわからない楓は、 ハルに言い返して言い合いになってしまった。 するとハルは急に、 「楓の部屋に伊織がいると自分が嫌」だと、理由を主張。 ただ、 その感情の理由は言わずに、部屋にひっこんだので、楓は ハルに文句を言いつつも、思わず心動かされてしまった。 ということで 仕事に懸命に取り組みだした楓は、時々 ハルが頭をちらつきつつも、 自分のお店という選択肢を本格的に考えだしたのだった。 どうしよう そして、 売り上げが少しずつ伸びてきたころ。 楓の頑張りを見ていたマネージャーが、 本社での勤務をすすめてくれる。 しかも 楓の得意な部分を評価し、 苦手部分をカバーしてくれるらしい上に、 給料もアップすると言う かなり好条件での申し出だ。 しかし楓は悩み、 ハルが帰ってきた音を聞きつつも、 伊織に電話して栄転の話を相談することに。 すると、 冷静にその話を受けた方がいいと言う伊織だったが、 楓が一番ひっかかってことを話すと、伊織は止まった。 だが、 伊織は楓を否定することなく、ちゃんと 楓に考えるように言い、楓自身が答えを出すように言ってくれた。 それを聞き、 改めて悩む楓。 そして朝になり、楓は思わず考えてしまうのだった。 U-NEXTを使えばココハナの 2020年3月号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 今回のおとななじみの最新話を絵付きで読みたいと思ったらぜひ試してみてください! 31日間無料お試し期間がありますし、登録直後に600ポイントもらえますので。 また違約金もなく解約自体も非常に簡単ですのでご安心ください! おとななじみ【第11話】の感想と考察 急に展開してきましたね…! でもハルがとにかくもどかしくて、どうにかしてほしい 笑 ! ただ、転勤となると一気に動きそうな感じもします。 しかも、伊織だけ知っているとなると、さらにもめるのでは…? 次回どうなるのか、必見です! 次回のおとななじみ【第12話】掲載のココハナ2020年4月号の発売日は2月28日になります! まとめ 以上、おとななじみ【第11話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

大人漫画 (おとなまんが)とは【ピクシブ百科事典】

おとな まんが

当時の作品を収録&付録競争も描写 漫画史の理解も深まる 私は1954年生まれで、A氏のちょうど20歳下だ。 A氏とF氏が上京し、手塚治虫の紹介で有名なトキワ荘に入居した年が1954年、「海の王子」連載開始が59年だというから2人は25歳だった。 読者の私は5歳と幼児ではあったものの、じつは毎週読んでいた。 父親と叔父の2人が漫画狂で、「週刊少年サンデー」も「週刊少年マガジン」(講談社)も創刊号からウチにあったからである。 本作を通読すると漫画史の理解も深まる。 この自伝は週刊少年漫画誌の創刊期で終わる。 つまり、トキワ荘に入居した1954年から59年まで、漫画の主戦場は月刊誌と貸本だったのである。 A氏は、この自伝の中で、当時の作品をいくつか丸ごと収録している。 これがじつに面白い。 現物を転載しているので、この自伝そのものがアーカイブになっているわけだ。 例えば、私のお気に入りは文庫版第13巻に転載されている16ページの読みきり作品、「ゼンダ城の虜」だ。 これは当時の学年誌に掲載されたものだという。 A氏は記録や日記をよく保存しており、フィクションを交えた作品だとはいえ、すぐれた歴史叙述となっている。 当時の月刊漫画誌は付録の競争が激しく、B6判64ページ前後の別冊付録の漫画作品を5、6点付けていたそうだ。 B6判といえば、現在のコミックとほぼ同寸。 これが数点も付録だったのである。 本作を通して、別冊付録の制作に追われている様子が出てくる。 しかも、連絡手段が電報しかなかった時代なので、編集者が突然トキワ荘に現れて、A氏とF氏に付録の依頼をする場面がけっこう多い。 1950年代に藤子不二雄が活躍した月刊漫画誌とは、「少年画報」(少年画報社)、「漫画少年」(学童社)、「冒険王」(秋田書店)、「ぼくら」(講談社)、「少年」(光文社)、そして小学館の学年誌である。

次の

塗り絵

おとな まんが

3話 1巻 Cocohana ココハナ 7月号 なんで楓が キレちらかしてるのか、分かってくれない ハルのバカー!! でも 確かに、勝手に おごらせるのは、ひどかったですね。 😅 そして 立花さん、やっぱり 手強そうな相手だなぁ…。 といっても、ネコの鳴き真似を武器にした楓に 負ける気がしないのは、まぁ ごもっともだとは思いますけど 笑 母親を早く亡くしてしまった楓を 支えてくれたハルは、昔から 本当に男前なんだな、と思いました!!😭 だけど、昔から 察しが良いわけではない というか、どうしても 鈍感なんだと思います。 もしかしたら、自分の気持ちについても 鈍感なのでは? 鈍感すぎて、楓への恋心を 自覚してないだけなのでは? そうだったらいいな。 主人公のかの子が自立して家を出た後で、母親が亡くなります。 かの子は近況報告のために実家に電話をかけますが、父親との会話ははずみません。 もともと家を空けていることが多かった父親とかの子は、共有できる話題が少なかったのだろうと思います。 明るくて家事が得意だった母親とは対照的に、父親は口数が少なく静かな人柄です。 母親がいたころの父親のようすを見ていると、思ったことを言葉にすることが苦手な人なのだろうという印象を受けました。 そんな父親と話しづらくてとまどうかの子のようすは、とてもリアルだなあと思いました。 かの子は実家で3匹の猫を飼っていました。 そのうちの1匹が、家から外へと脱走してしまいます。 探し回ったかの子は猫を見つけて家に戻そうとします。 しかし、外の自由な暮らしを満喫して、えさももらっていた猫は、かの子を見ると怒って威嚇してくるのです。 いくら出会った時から10年が経っているとはいえ、大切に飼育していた猫からこんなすごい顔をされたら、自分だったらかなり落ちこむだろうなあと思いました。 実際に漫画の中でかの子は顔色を悪くしているのですが、読んでいる私も悲しくなりました。 良かったことと言えば、猫の脱走を通じて、父親とかの子の距離が少しちぢまったことです。 言葉にはしなくても、父親が母親や猫たちをちゃんと大事に思っていることが伝わってきて、良かったなと思いました。 これをきっかけに、家族のつき合いが少し増えるのではないかなと思いました。

次の