一橋 アウ ティング 事件。 一橋大学アウティング事件和解!加害者は?自殺したLGBT家族が裁判?

一橋アウティング問題から学ぶ 「人の幸せ」の正体とは何か

一橋 アウ ティング 事件

2016年8月5日の第一回口頭弁論にともない、原告と弁護士による記者会見が開かれた 一橋大学ロースクールにおけるアウティングが引き起こした転落事件。 LETIBEE LIFEでは、 ゲイ当事者である原告代理人弁護士・南和行氏へのインタビューも交え、 この事件の概要と、私たちが考えるべきことをレポートする。 事件の概要を振り返る 2015年9月に発生した転落事件で亡くなったA君(享年25歳)は、愛知県出身。 彼は法曹界を目指し、東京の 一橋大学ロースクール(法科大学院)に通っていた。 A君は学校の同級生であり、毎日のように一緒に食事をしていた Z君に好意を抱く。 そして、その募る想いを 2015年4月にZ君に打ち明けた。 Boy meets Girlな恋愛と違ってA君の告白には、当然、 自分がゲイであるということのカミングアウトも含まれていた。 Z君は、 「恋愛感情に応えることはできないが、これからも友達でいよう」 と返答した。 ところが、 2015年6月24日、Z君はA君を含めた 同級生10名のLINEグループに 「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのムリだ。 ごめんA」 というメッセージを流した。 LINE上では健気なメッセージを残したA君だったが、実は大きなショックを受けていた。 その後、授業で Z君と顔を合わせると緊張や怒りや悲しみで吐き気や動悸が生じるという、 パニック発作が起こるなどの心身の不調を来していた。 2015年7月21日には心療内科を受診せざるをえなくなり、 医師から不安神経症と診断され、安定剤などの処方を受けた。 その後A君は 一橋大学ハラスメント相談室に相談を申し込む。 7月27日、8月3日、8月10日の3回、担当者C氏と面談した。 2015年8月24日、必修の「模擬裁判」の授業のために登校したA君は 午前の授業中にパニック発作を起こし、ロースクール職員D氏に伴われ 一橋大学保健センターへ行く。 そこにはハラスメント相談室のC氏も訪れ、A君と面談する。 この時点で、A君は心療内科で抗不安薬等を処方され、脱抑制の効果がある薬を直前に服用していることを、C氏、および保健センター職員は把握する。 脱抑制効果がある薬を服用していてパニック発作が起きれば、本人でも制御不能な行動に出る恐れがあるのだが、午後の「模擬裁判」授業にはどうしても出たいというA君を、C氏も保健センター職員も止めずに授業に向わせた。 14時15分より「模擬裁判」の授業は始まる。 15時4分頃、ロースクールの教室などが入るマーキュリータワー6Fベランダに手をかけてA君がぶら下がっていることが救急通報される。 その後A君は転落し、病院に搬送され、18時36分頃死亡が確認された。 原告代理人弁護士・南和行氏に聞く ヘテロとマイノリティの間の大きなギャップ 南和行氏(左)とパートナーで弁護士の吉田昌史氏 東京レインボープライド2016会場にて撮影 私は、A君とは面識はありません。 しかし、法科大学院の教授がA君に大阪にゲイであることをオープンにしている弁護士がいるので相談してみたら? と紹介したらしく、 2015年7月メールやLINEでやりとりをしました。 元々A君は、家族にも周囲の友人にもゲイであることはオープンにしていない クローゼットなゲイです。 ロースクールの同級生が 同性愛者について「生理的に受け付けない」などと語っているの聞いていたA君は、 カミングアウトするならば「仲が良く信頼していた友人たちであるからこそ、自分のタイミングで話したい」とも考えていました。 ところが、LINEでアウティングをしたZ君は、 それ以前に3人の同級生に暴露していました。 パニック発作を起こすようになり、心療内科を受診したA君は、 大学のハラスメント相談室に相談したり大学院の教授に相談したりするのですが、 「悩みがあるような君こそ弁護士になってほしい」 などと、アウティングの被害に苦しんでいる彼に対してそれに応えるアドバイスはしませんでした。 そして「大阪にゲイをオープンにしている弁護士がいる」と教授に紹介されたと、私の事務所に連絡をくれました。 私はその教授のことも全く知らないし、教授はA君に「こういう人たちもいるらしい」程度に言ったのかもしれません。 そこまで過程を聞き、私は 「連絡をくれたことは良かったと思うけど、アウティングというハラスメントに対して毅然とした対応をすべきは大学ではないか」 ということを思いました。 実は一橋大学には 「ハラスメントについてのガイドライン」が定められ、 「ハラスメントの防止等に関する規則」が定められています。 このガイドラインでは セクシャル・マイノリティに関しても下記のように言及されています。 「ハラスメントとは、広義には人権侵害であり、性別、宗教、社会的出自、人種、民族、国籍、信条、年齢、職業、身体的特徴、セクシュアリティなどの属性、あるいは、広く人格に関する言動等によって、相手に不利益や不快感を与え、その尊厳を傷つけることをいいます。 」 これに準じて開設されている「ハラスメント相談室」の方が、 A君の相談に的確な対応ができなかったことに非常に疑問を覚えざるを得ません。 パニック発作を起こすようになったA君は当時の心身状態を 「友人とは、大学院の授業等で通常であればほぼ毎日顔をあわせざるを得ない状況ですが、緊張や怒りや悲しみで、吐き気や動悸が生じ、どうにか学校に行くにも安定剤が必要な状況です」 「期末テストについては医師の診断書により、再試で受けさせていただくことになりました」 と語っていました。 同級生であり、 自分をアウティングしたZ君の姿を見ることがパニック発作を引き起こす原因になると相談室の担当者や教授に説明しているにも関わらず、 大学側の対応がきちんと為されていたとは到底考えられません。 A君が亡くなった後、ご両親が、私に連絡をくださり、私はA君が亡くなったことを知りました。 同級生や大学の関係者は 「同性愛の人が告白して起きたことでしょ?」 「そんなことでここまで悪くなる?」 とA君の状態をあまりに軽く受け止めていたのではないでしょうか。 でも、この件は 「ロースクールに同性愛の学生がいるとは思いませんでした」では済まない話です。 裁判では、A君が アウティングについて相談してもまったく受け止めてもらえなかったという大学の対応のまずさも争点となるでしょう。 記者会見を開き報道されたことで、SNS上にはたくさんの方の反応が並びました。 ヘテロセクシュアルだけを当たり前と思っている人と、そうではない人との間のギャップを感じました。 「なんでそんなことで死ぬのか分からない」 「なんでそんなことで学校や生徒を訴えるのか分からない」 「そんなに傷つくなら告白しなきゃいいだけ」 というようなリアクションは、ヘテロセクシュアルだけを当たり前と思っている人の素直な感想でしょう。 同性愛者がなぜそれを隠して生きていかざるを得ないのか。 ヘテロセクシュアルではないことに対する差別や偏見がいっぱいあること。 だからアウティングが凶器になるということ。 こういった気持ちはヘテロセクシュアルだけを当たり前だと思っている人たちには、 実は全く共感されてもおらず理解もされてないのではないか、という大きなギャップを感じました。 しかし、 裁判というのは世間の標準的な価値観に対する問いかけです。 当事者にしかわからない気持ちや苦しみを、ただそれだけ積み重ねても説得力はありません。 当事者であるA君に起こった深刻な実情は、 世間の標準的な価値観を基準にすればとても不合理であること、 裁判官に対してそれを明らかにしなければなりません。 A君のことを「昨日の自分」「明日の自分」のように受け止める人が実はたくさんいるということを、 ヘテロセクシュアルだけを当たり前と思っている人が、 あるいは裁判官が気づくことはとても大切だと思います。 これからもこの裁判に多くの人が関心をもってもらえたらと思います。 nanmori-law.

次の

一橋大アウティング事件から4年。LGBTQ当事者を支援する「プライドフォーラム」が同大でスタート

一橋 アウ ティング 事件

事件が起こったのは、2015年夏。 一橋大学法科大学院に通っていた男性が、同級生に好意を打ち明けました。 すると、「おまえがゲイであることを隠しておくのは無理だ」と友人たちに広められました。 男性はうつ状態になり、大学にも相談。 しかし、その後、校舎の6階から転落。 命を落としました。 本人の了解を得ずに、勝手に第三者に本人の性的指向や性自認を暴露する行為を「アウティング」と呼びます。 ここ数年で、LGBTについての報道が増え、同性カップルを制度として認める動きが活発化してきましたが、いまだに当事者がいわれのない差別・偏見に晒される場面は少なくありません。 そうしたなか、アウティングは本人にとって大きな苦痛をもたらします。 「私は男性同性愛者です。 一部の友人にはカミングアウトしています。 同じ業界で働く友人も何人かおり『プロジェクトに加えたいからどんな人か説明するためにゲイであることを説明させてもらった』と事前の承諾なく知らない人へアウティングされることが何度かありました。 自分の知らないところでセクシュアリティに関して話されることに恐怖がありました。 」(しゅうさん・埼玉県・30代) 「弟がトランスジェンダーです。 元々は女性で今の会社に入社しましたが、途中で性別を変えて男性となりました。 それから数年が経ちようやく普段の生活でも男として通るようになっていたのに、ある日知らないところで後から入ってきた新入社員に『あの人は実は女の人やで』と第三者にバラされていたそうです。 弟はものすごく怒っていました。 本当につらかったと思う」(さらさん・大阪府・30代) 自身もゲイであることをオープンにし、LGBTの若者をサポートするNPOで活動している大学生の下平武さんは、自身の経験から、次のようにアウティングの怖さを話します。 カミングアウトすると、それが性や恋愛のことだけに限った話だと捉えられがちだが、問題はそれだけではありません。 「性や恋愛の話ということもすごく大切です。 けれども自分がゲイであるということは進路とか就職とか、老後とかこれからの人生で幅広く関わってくること。 なのでそれは自分にとって大切なアイデンティティのひとつだったりするので、自分にとってはすごく大切なものということなんです。 」(下平さん) 性や恋愛の問題のみならず、人の尊厳やアイデンティティに関わる問題であること。 そのことを多くの人が十分理解、認識することがまずは大切なのです。 信頼する人からの「アウティング」も…まずは本人に確認を 今回寄せられた声のなかで意外と多かったのが、身近な人に良かれと思ってされたアウティングです。 「トランスジェンダーです。 今はカミングアウトしたうえで男性として生活しています。 以前は身近な人にちゃんと説明していませんでした。 そのため初対面の人が僕を男と思ってくれているときに居合わせた知り合いが、『女の子だよ』とその人に言ってしまうことが多く、せっかく望み通り男に見られていたのにと、悔しい思いを何度もしました。 『相手が性別を勘違いしてる、教えてあげないと失礼だよね』などのつもりで良かれと思って言っているだけなのでこちらとしても咎めることはできませんでした。 」(もりやさん・20代) 「3年ほど前、私は家族・友人にできるだけカミングアウトしたのですが、親戚や職場の人には言えておらず、まるっきりオープンにはできていない状況でした。 そんななか、私がLGBTの活動に誘ったことをきっかけに、姉がこの問題に熱くなりすぎてしまいFacebookで私の妹はレズビアンですという投稿を許可なく公開してしまいました。 私はレズビアンではなくバイセクシュアルです。 頭を抱えてしまいました。 」(sunnyさん・東京都) カキコミを寄せてくださったsunnyさんにお話を伺いました。 「衝撃と混乱っていう感じでしたね。 姉の中ではポジティブに、良かれと思って、自分の妹がレズビアンであるってことを公表することによって、身近にもいるんだよってことを知ってもらえるし、周りの人ももう少し耳を傾けてくれるんじゃないかなって思ったみたいだったんですよね。 でも、まずはやっぱり相談してほしかったですね。 それまで寄り添って、頼りに出来る人だと思ってたんですけど、ちょっと裏切られたじゃないですけど、信頼できない人になってしまった感じはありましたね。 」 身近な人からの悪意のないアウティング。 同じような経験があるという中島さんも、「自分のタイミングで、自分の言葉で伝えたいと思っているので、勝手に言われてしまうと悪意がなかったとしてもちょっとモヤモヤする気持ちはあります。 」と当事者の気持ちを語ります。 悪意のないアウティングをしないために、周りはどうすればいいのでしょうか。 「誰に言いたいのか、どの範囲までオープンにしたいのかというのは、やはりその人それぞれに、またタイミングによっても変わってくるので、まずは(本人に)相談してほしい。 」(中島さん) 一方で、カミングアウトされた側にもフォローが必要ではないか?という声も届きました。 女性から男性に性別を移行したトランスジェンダーの方からです。 「カミングアウトされた側の気持ちはどうなんだろうと考えてしまいます。 僕自身も、当時は受け入れてもらえるのか、自分自身のことで精一杯でした。 ですが、家族や友人、周りの人々はある日突然言われたときの気持ち、動揺はどうだったのか? 確かにアウティングは問題があると思います。 ですが、現状は性的マイノリティを知るきっかけや情報が少ないのではと思います。 」(希望さん、20代) カミングアウトされた側が、受け止め方がわからず悩んだり、知識がなく戸惑ったりするケースは多く、家族や友人の側にもサポートが必要だと下平さんは言います。 「カミングアウトされた側も、言われてからやはり疑問や葛藤とかがある場合があると思う。 その場合に、匿名で相談できる相談機関などもあるんですけれど、そういったところに相談して自分の疑問や不安な気持ちを話すということは、これはアウティングではないと思います。 「疑問に思ったことがあります。 アウティングは絶対悪なのかということです。 その人を紹介するつもりで、『僕の友達のA君。 ゲイなんだ』みたいに何気なく話す。 それが許される社会は、同性愛に寛容な社会。 『Aがゲイだった。 それが何?』こんな反応をされるくらい、私は私がセクシュアルマイノリティである事実が広まると、逆にうれしいです。 こんなにも身近にいるという宣伝になる、アウティングを利用しない手はありません。 「社会には偏見がまだまだあふれてしまっている。 そうした社会の中で本人の同意なくさまざまな言葉が広がってしまうのは、本人を追い詰めてることになってしまう。 同性愛者であるとかトランスであるとかを話すことが、一切差別に繋がらないぐらい寛容な社会を目指しつつ、(過渡期の現在は)同時に当事者の意思をしっかりと尊重していく。 尊重しながらゆっくりカミングアウトできるような関係性を広げていくことによって、結果として社会がより豊かになっていくことを目指していかなくてはいけないと思います。 」(荻上さん) 誰かに話す前に、まずは本人に確認し、その人の意思を尊重する。 この問題に限らず、日々人と接するうえで大切なことが、アウティングを防ぐためにも重要なことだと言えるのだと思います。 『アウティングはいけないこと』という認識が広がることも大切だと思いますが、『なぜ、アウティングが起きてしまうのか』ということにも目を向けていきたいです。 『カミングアウトする人も、カミングアウトされた人も、1人で悩まなくていい社会』にしていくために、今回のような番組を通して、正しい情報がより多くの人に届いてほしいと思います。 」 「さまざまなセクシュアリティを当たり前に認知していくことが必要」 荻上チキさん 評論家。 ニュースサイト「シノドス」編集長 「LGBTに限らず、障害やルーツ、信仰など、さまざまな対象において、『本人の望まない情報を他者が広げて、誰かを傷つけることの重み』をもっと理解していくことが大事です。 そうした広い範囲で、本人の望まない情報をどういう風に扱うべきかを、(今回の事件を)しっかりと議論するひとつのきっかけにしてほしいですね。 まずはLGBTであることが何かスキャンダラスなことであるとか、ゴシップの対象にならない社会、さまざまなセクシュアリティが存在していることを当たり前に認知していくことが必要だと思います。 情報は放送時点でのものです。 あわせて読みたい.

次の

一橋大アウティング事件から4年。LGBTQ当事者を支援する「プライドフォーラム」が同大でスタート

一橋 アウ ティング 事件

この事件では、一橋大学の法科大学院生の男性が、同性の同級生に恋愛感情を抱いていることを伝えた後、その同級生によって男性が同性愛者であることが他の同級生たちにアウティング(暴露)された。 アウティングにショックを受けた男性は、暴露した同級生と顔を合わせるとパニック発作が起こるなど心身に不調をきたすようになる。 男性は心療内科を受診し、一連の出来事や症状を大学のハラスメント相談室や保健センターにが、2015年8月に校舎から転落し、亡くなった。 プライドブリッジ会長で同大学卒業生の松中権さんは「」というハフポスト日本版への寄稿で、この事件に大きなショックを受けたと綴った。 現在はゲイを公表し、LGBTQの人たちをサポートするNPO法人「グッド・エイジング・エールズ」などの代表を務める松中さんだが、大学在学中にはカミングアウトしていなかった。 「私が大学生の時は、カミングアウトは選択肢にも入っていませんでした。 学校の中に相談できる場所があったらよかったと思いました」と、松中さんは語った。 同大学の在校生・卒業生に呼びかけて、賛同者を募った。 現在までに129名が賛同しており、今回の立ち上げにつながった。 プライドフォーラムの最初のアクションとして9月に学内に作られるリソースセンターでは、ジェンダーやセクシュアリティに関する資料を準備し、集まってきた人が資料を読んだり交流したりするほか、小規模イベントなども開催する予定だ。 松中さんは一橋大学ではカミングアウトしていなかったが、大学在学中に留学したメルボルン大学で、LGBTQの当事者が集まるための部屋を見つけ、そこでカミングアウトすることができた。 その時に「こういう場所があったらいいな」と思ったという。 また、同じく9月にスタートする「ジェンダー・セクシュアリティとライフデザイン」という全13回の寄付講座では、LGBTQの当事者や支援者などをゲストスピーカーとして呼び、企業やNPOなどによるジェンダーやセクシュアリティの先進的な取り組みなどを学ぶ。 それ以外にも、LGBTQフレンドリーな教育環境整備のための実態調査や、学生と教職員の定期的な意見交換会などの開催も予定しているという。 ハフポスト日本版への寄稿の中で、LGBTQの当事者にとって「安心」した場所をつくることと同時に、何かがあった時に頼れる、何かを事前に食い止められる「安全」な場所があることも大切だと訴えた松中さん。 9月からスタートするプライドフォーラムで、「LGBTQの学生や、働く人がいて当たり前だということが共有できる流れができてほしい」と語った。

次の