新郎 挨拶。 結婚式や披露宴で使える新郎のウェルカムスピーチ文例集

家族や親族のみの少人数婚での新郎の挨拶・スピーチは?新郎挨拶から迎賓の謝辞から送賓まで解説 / よむ

新郎 挨拶

新郎謝辞の例文《全文・フォーマルバージョン》 親族のみの会食や挙式など、きっちり決めたいとき向けのフォーマルバージョン、友人のみの結婚パーティなど、あまり堅くしたくないとき向けのカジュアルバージョンの 4種類をご紹介します。 式の雰囲気に合わせて、お好みで文例を組み合わせてみてくださいね! フォーマルバージョン1 本日はご多用のなか、私たちふたりのためにお集まりいただきましてありがとうございます。 この結婚披露宴では、みなさまより心のこもったお励ましやお祝いのお言葉を頂戴いたしまして、誠に感謝申し上げます。 なにぶん若輩者ではございますが、これからふたりで力をあわせて幸せな家庭を築いてまいりたいと存じます。 私を育ててくださったお父さん、お母さん。 今日という日を迎えられたのも、おふたりが私を愛情たっぷりに育ててくださったからです。 これからもご迷惑をかけるかと思いますが、少しずつ家庭を支える大黒柱として成長していきますので、見守っていてください。 そして、新婦を育ててくださったお父さん、お母さん。 今までおふたりが新婦を大切に育ててこられた分、これからは私が新婦を守っていきますので、よろしくお願いいたします。 未熟なふたりですが、ふたりで支え合って暖かい家庭を作っていきたいと思います。 これからも、今までと変わらず、ご指導ご鞭撻をいただきますよう、お願い申し上げます。 本日はありがとうございます。 フォーマルバージョン2 本日は、私たちのためにお集まりいただき、ありがとうございました。 このように盛大な披露宴ができたのも、ひとえに皆さまのおかげと心より感謝申し上げます。 本日みなさまとお話しするお時間を設けさせていただき、あらためてこれまで多くの方に支えられて、人生を送ってこれたことを実感しました。 これから皆さまへの感謝の気持ちを忘れず、少しずつ成長してまいります。 最後になりましたが、ご列席の皆さま方のご健康とご多幸をお祈りしまして、私たちふたりのごあいさつに代えさせていただきます。 本日は誠にありがとうございました。 新郎謝辞の例文《全文・カジュアルバージョン》 カジュアルバージョン1 今日は僕たちふたりの結婚披露宴にご出席いただきましてありがとうございます。 たくさんのお祝いの言葉、本当に感謝申し上げます。 また、余興で演奏してくれたバンドのみんな、この日のために一生懸命準備してくれたと思うと感激です。 温かい気持ちが伝わって、とても感動しました。 どうもありがとう。 僕も君のように、いくつになっても「結婚は良いものだ」と皆に語れるような夫になりたいです。 今日から僕たちは新しい家庭を築いていきます。 みんなが祝ってくれたこの日のことを一生忘れることなく、歩んでいきたいと思います。 これからも、僕たちふたりのことをよろしくお願いいたします。 本日はありがとうございました。 カジュアルバージョン2 今日はご多用中にもかかわらず私たちふたりの結婚披露宴にお集まりいただきありがとうございました。 皆さまからお祝いの言葉や激励をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 結婚を決め、互いの実家を訪れた時、お互い両親たちが似ているねと話したのを覚えています。 僕たちは育ててくれた両親や家族が大好きなことが共通点です。 それは、とても愛情をもって大切に育ててくれたからです。 今日から僕たちは新しい家庭を築いていきます。 みんなが祝ってくれたこの日のことを一生忘れることなく、互いの親たちのように、仲良く愛情をもって歩んでいきたいと思います。 皆さま、本日は本当にありがとうございました。 3-1謝辞の導入部分《ゲストへ向けて》 出席していただいたゲストへ、感謝の気持ちを述べましょう。 雨の日に来てくれたゲストへの感謝《フォーマルバージョン》 1. 本日はお足元の悪いなか、私たちのために式にお越しいただきまして誠にありがとうございます。 本日はあいにくの空模様のなか、私たちふたりのためにご出席賜りまして誠にありがとうございます。 雨の日に来てくれたゲストへの感謝《カジュアルバージョン》 1. 本日はあいにくの雨のなか、僕たちふたりのためにご出席いただきましてありがとうございます。 「恵みの雨」とも言いまして、これにあやかり、これからのふたりの生活が実りある豊かなものとなるよう、努めていきたいと思います。 遠方から来てくれたゲストへの感謝《フォーマルバージョン》 1. 本日は私たちふたりのために、ご遠方よりご臨席賜りまして、誠に感謝の念に耐えません。 本日は私たちのために、遠路はるばるお越しいただきましてありがとうございます。 遠方から来てくれたゲストへの感謝《カジュアルバージョン》 1. 本日は、北は北海道、南は九州より、遠路はるばる、僕たちふたりのためにご出席いただきまして本当にありがとうございます。 連休中に来てくれたゲストへの感謝《フォーマルバージョン》 1. 本日は5月の連休というご多用中のところ、私共ふたりの結婚式にご出席いただきまして誠にありがとうございます。 連休中に来てくれたゲストへの感謝《カジュアルバージョン》 1. 本日は、5月の連休中にもかかわらず、たくさんのみなさまにご出席いただくことができまして、本当に感激しております。 今日は、9月の連休の最中ですのに、僕たちふたりの結婚披露宴に快く出席していただきまして、本当にありがとうございます。 3-2謝辞の本題部分《ゲスト・親族向け》 新郎新婦のエピソードを上手に盛り込めるとよいですね。 ふたりの出会いを語る・ゲスト向け《フォーマルバージョン》 1. 私たちふたりは、学生時代の共通の友人を通して3年前に知り合ったことが馴れ初めでございます。 それ以来、おだやかに愛を育んでまいりました。 ふたりの出会いを語る・ゲスト向け《カジュアルバージョン》 1. ありがとう! 2. 感謝を述べる・親族向け《フォーマルバージョン》 1. お父さん、お母さん、今まで育ててくださり、本当にありがとうございます。 おふたりのようなお互いを支え合える夫婦が私の理想です。 これからも、ご迷惑をかけるかと思いますが、見守っていてください。 感謝を述べる・親族向け《カジュアルバージョン》 1. 僕が結婚挨拶に伺ったとき、お父さんは「どこの馬の骨だ」とでもいうような怖い表情をして僕をにらみつけましたね。 僕はお父さんの表情がトラウマになり、しばらく夢に見ました。 ありがとうございます。 おやじ、おふくろ。 今ままで育ててくれてありがとう。 思春期の頃はグレたりして、心配をかけたと思う。 そんな僕でも、こんな良いお嫁さんをもらえました。 入籍を報告する《フォーマルバージョン》 1. 入籍を報告する《カジュアルバージョン》 1. 授かり婚を報告する《フォーマルバージョン》 1. これからはよき父、よき母になれるよういっそう努力し、明るく愛情あふれる家庭を築いていきたいと思っております。 授かり婚を報告する《カジュアルバージョン》 1. みなさまにご報告がございます。 晩婚なことに触れる《フォーマルバージョン》 1. いままでの人生、仕事一筋を貫いて参りましたが、このたびすばらしいご縁に恵まれ、本日のよき日を迎えることができました。 晩婚なことに触れる《カジュアルバージョン》 1. みなさまには、長いことお待たせして参りましたが、やっと人生最良の伴侶に巡り合うことができました。 スピーチ成功のポイントとマナー 時間の目安は2、3分 謝辞は数時間にわたる披露宴のあとに行ないますよね。 長々と話しては、 ゲストが疲れてしまいます。 話したいことはたくさんあるかもしれませんが、短く簡潔にまとめましょう。 具体的には、 1000字前後の文章量だと丁度良いようです。 練習は十分にしておこう 原稿が完成したら必ずはっきりと声に出して読み、言いにくい言い回しがないかチェックしましょう。 とにかく緊張する挨拶なので、 練習しすぎても、し過ぎることはありません。 カンペを見て話してもOK? カンペやメモを見ながら話してももちろんOKです。 できれば暗記して堂々と謝辞を述べるのが理想ですが、暗記が苦手な人もいることでしょう。 覚えて本番に臨んだとしても、ど忘れしてしまっては大変です。 ただし、カンペやメモを用意する際には、ずっと紙に視線を落とすのではなく、 話すときは前を向けるように練習しておきましょう。 結婚式を格好よく締めたい! 言葉につまってしまったとしても、 ゲ ストには新郎の一生懸命な様子が伝わります。 流暢に話すことだけを意識する必要はないので、気持ちを込めてゆっくりと話しましょう。 挨拶の際は、カラオケとは違うので、マイクの 「頭」ではなく「胴」を持ちます。 姿勢を正してはっきり大きな声で、堂々と照れずに話せるとよいですね。 「新郎謝辞」は結婚披露宴の クライマックスです。 式の印象を左右するともいわれる重要な役どころ、緊張して当然です。 それだけに、事前に原稿をきちんと用意して暗記するくらい、 気合いをいれて準備をしましょう。 また、実際に声に出して練習することが大切です。 ぜひ、後悔のない新郎謝辞にしてくださいね。 <関連記事>.

次の

結婚式のスピーチ・謝辞例文~新郎編~

新郎 挨拶

「本日はお日柄もよく…」「私たちのために多くの方にお集まりいただき…」など、わかっているようでなかなか文章にするのが難しい新郎の挨拶。 今すぐ使える例文を知りたいと思っている人もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、結婚式で新郎が行なう挨拶である ウエルカムスピーチと新郎謝辞について解説します。 例文はもちろん、挨拶を考える際の構成やポイントなどもご紹介しますので、自分で挨拶を準備する際の参考にしてください。 この記事の内容をざっくり言うと… ・新郎挨拶はゲストや両親へ結婚を報告し感謝を伝えるためのもの ・ウエルカムスピーチと新郎謝辞の構成&例文&ポイントを紹介 ・事前準備をしっかりして結婚式にふさわしい新郎挨拶をしよう この記事の目次• 結婚式で新郎が挨拶をするタイミングは主に2つ 披露宴は、「ウエルカムスピーチ」といわれる新郎の挨拶に始まり、「新郎謝辞」といわれる新郎の挨拶に終わります。 それぞれどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。 \100万円以上おトクになるかも?/ 結婚式の新郎挨拶1:披露宴の最初に行なう「ウエルカムスピーチ」 ウエルカムスピーチとは、結婚式の最初に新郎が行なう挨拶のことです。 披露宴がスタートし、司会者の合図をきっかけに新郎新婦が入場します。 ふたりがメインテーブルについて着席する前に新郎がする挨拶をウエルカムスピーチといいます。 簡単なようですが、ウエルカムスピーチによってその披露宴の雰囲気が左右されることもあるので、この挨拶は軽視できません。 集まってくれたゲストへの感謝の気持ちや、挙式の報告など、話したいことがたくさんあってまとまらなかったり、逆に何を話せばいいのか迷ってしまったりする人も見受けられます。 結婚式の新郎挨拶2:披露宴の終盤の見せ場である「新郎謝辞」 新郎謝辞は、結婚式の締めとして行なう新郎の挨拶のこと。 披露宴の終盤に差しかかり、新婦の手紙の朗読や両親への花束・記念品贈呈、両家代表の挨拶などを経て、新郎謝辞となります。 楽しい時間を過ごした披露宴の終盤。 披露宴に集まってもらったゲストや、これまで育ててくれた両親への感謝を述べつつ、新婦とふたりで家庭を築く決意を述べる新郎の挨拶で披露宴がお開きとなる感動的な場面です。 しかし、緊張から用意していた言葉を忘れてしまった、アルコールが入ってろれつが回らなかった、その場の勢いで話そうと何も用意せず、伝えたいことが伝えられなかったなどの失敗も耳にします。 ウエルカムスピーチも新郎謝辞も、「大切だとわかっているからこそ失敗したくない!でも何を話せばいいのかわからない」という人のために、例文をご紹介します。 まずは、ウエルカムスピーチから見ていきましょう。 しかし、 どちらの場合も1~2分で簡潔に述べることが大切です。 さっそく例文をご紹介します。 かしこまった結婚式の場合 かしこまった結婚式の場合、言葉選びに気をつけつつシンプルな内容にします。 例文は次のとおりです。 例文1) 本日はご多用の中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございます。 先ほど無事に挙式を行なうことができました。 日ごろお世話になっております皆様へ感謝の気持ちを込めて、ささやかですが宴席を設けさせていただきました。 限られた時間の中、行き届かないところもあるかと存じますが、楽しい時間をお過ごしいただければ幸いです。 例文2) 本日はご多用の折、私たちの結婚披露宴にご出席を賜りまして誠にありがとうございます。 先ほど皆様に見守られる中、無事に夫婦の誓いを立てることができました。 このような良き日を迎えられたのも、ひとえに皆様もおかげでございます。 本日は、ふたりが日ごろから大変お世話になっている方々をお招きして、ささやかですが宴席を設けさせていただきました。 短い時間の中、至らない点もあるかと存じますが、ごゆっくりとお楽しみいただければ幸いです。 また、雨なら「ご多用の中」を、「お足もとの悪い中」に変えたり、遠方ゲストが多い場合は「お集まりいただき」の部分に、「遠方よりお集まりいただき」にしたり、状況に応じてアレンジしてください。 カジュアルな結婚式の場合 先ほどご紹介した例文は、カジュアルな結婚式でも使用できますが、少し砕けた言葉を選んだり、ユーモアを交えてみたりしてもよいでしょう。 例文は次のとおりです。 例文3) 本日は私たちのためにお集まりいただきありがとうございます。 先ほど皆様に見守られる中、無事に挙式を済ませることができました。 今日は、いつも仲良くしていただいている方々に感謝の気持ちを込めて、このような場を設けさせていただきました。 美味しい食事と飲み物をいただきながら、楽しくお過ごしいただければと思います。 例文4) 本日は私たちの結婚披露パーティにお越しいただきありがとうございます。 挙式からまだ数週間ですが、幸せ太りで衣裳がパンパンです! はちきれんばかりの幸せを全身で表しつつ、皆様にも楽しんでいただければと思っています。 上着を脱いで、どうぞゆっくりと楽しんでいってください。 例文をご紹介しましたが、自分でしっかりウエルカムスピーチを考えたい人もいるはず。 ウエルカムスピーチはどのような構成にしたら良いのか、見てみましょう。 \100万円以上おトクになるかも?/ 結婚式の新郎挨拶1:ウエルカムスピーチの構成 ウエルカムスピーチは、次のような構成で考えるのが基本です。 ゲストへの感謝 2. 挙式や入籍などの報告 3. 披露宴の趣旨や目的など 4. 結びの言葉 先ほどのの例文1)で見てみると次のようになります。 ゲストへの感謝 本日はご多用の中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございます。 挙式や入籍などの報告 先ほど無事に挙式を行なうことができました。 披露宴の趣旨や目的など 日ごろお世話になっております皆様へ感謝の気持ちを込めて、ささやかですが宴席を設けさせていただきました。 結びの言葉 限られた時間の中、行き届かないところもあるかと存じますが、楽しい時間をお過ごしいただければ幸いです。 これをベースに、次でご紹介するポイントを押さえたウエルカムスピーチを考えましょう。 結婚式の新郎挨拶1:ウエルカムスピーチのポイント ウエルカムスピーチを考える際のポイントは次のとおりです。 ・ウエルカムスピーチはゲストへの感謝を伝えて場を和ませるもの ・晴れ晴れとした表情で気持ちを伝えることが大切 ・1~2分で要点を簡潔にまとめる ウエルカムスピーチはゲストへの感謝を伝えて場を和ませるもの 新郎新婦が緊張しているように、ゲストも初めて会う人やふたりの親族などに囲まれて緊張している場合があります。 幸せそうなふたりの姿を見せるだけでも場は和みますが、カジュアルな結婚式ならば、何らかのエピソードやユーモアを加えるのもおすすめです。 晴れ晴れとした表情で気持ちを伝えることが大切 言葉にはしなくても、表情から語られるものも多いです。 ウエルカムスピーチを述べる際は、晴れ晴れとした表情であることを心がけましょう。 挙式を挙げられた喜びと、ゲストへの感謝、披露宴を楽しんでほしいという気持ちがより伝わるはずです。 1~2分で要点を簡潔にまとめる ウエルカムスピーチの後には、来賓祝辞や乾杯の挨拶などが控えています。 ウエルカムスピーチは、1~2分ほどで簡潔にまとめましょう。 感極まって伝えたいことが次々にあふれてくるかもしれません。 しかし、ウエルカムスピーチを手短に済ませることも、ゲストへのおもてなしのひとつです。 新郎・新婦それぞれがウエルカムスピーチを話す場合もある 新郎が挨拶する場面のひとつとしてウエルカムスピーチをご紹介しましたが、新郎だけでなく新婦がウエルカムスピーチをする場合もあります。 新郎が挨拶したのちに新婦が挨拶をしたり、ふたりが交互に文章を読み上げたり、ふたりらしく披露宴を盛り上げましょう。 ウエルカムスピーチについて、ご理解いただけたでしょうか。 次の章からは、新郎謝辞について見ていきます。 結婚式の新郎挨拶2:新郎謝辞の例文 結婚式終盤に行なう、新郎謝辞の例文をご紹介しましょう。 基本の新郎謝辞例文 基本的な例文は次のとおりです。 例文1) 本日はご多用の中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございました。 皆様からのあたたかい祝辞に、改めて感謝申し上げます。 今日を迎えるまでに様々なことがありました。 仕事で帰りが遅い私の分まで結婚式の準備を頑張ってくれた彼女にも感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも、さまざまな壁にぶつかることもあるかと思いますが、ふたりで力を合わせて乗り越え、明るくあたたかい家庭を築いていきたいと思っております。 未熟なふたりではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 例文2) 今日は私たちふたりのために、たくさんの皆様にお集まりいただきましてありがとうございました。 あたたかいお祝いの言葉の数々に、感謝の気持ちでいっぱいです。 出会ったときから緊張感なく、自分らしくいることができ、ふたりで過ごす中でずっと彼女と一緒にいたいと思うようになり、今日を迎えることができました。 今日から私たちは、ふたりで新しい家庭を築いていきます。 みんなが祝ってくれた今日この日を忘れることなく、お互い支え合いながら歩んでいきたいと思います。 これからも、私たちふたりのことをどうぞよろしくお願いいたします。 皆様、本日はありがとうございました。 両親への感謝も込めた新郎謝辞例文 結婚式は、ふたりにとっての晴れ舞台であるとともに、ふたりを育て上げた両親にとっても大切なもの。 新郎謝辞で両親への感謝を伝えるのもおすすめです。 その場合の例文は次のとおりです。 例文3) 本日はご多用の中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございました。 皆様からのあたたかい祝辞に、改めて感謝申し上げます。 ご出席くださいました上司の皆様、一家の大黒柱として今まで以上に気を引き締めて業務に励む所存です。 友人の皆様、私たちふたりとこれからもどうぞ仲良くしてください。 親父、お袋、今まで育ててくれて本当にありがとう。 ふたりのようにくだらないことでも笑い合える夫婦になりたいと思います。 これからも迷惑をかけるかと思いますが、温かく見守っていてください。 皆様、本日はありがとうございました。 新郎謝辞の構成について、次でご紹介しましょう。 \100万円以上おトクになるかも?/ 結婚式の新郎挨拶2:新郎謝辞の構成 新郎謝辞の基本構成は次のとおりです。 改めてゲストへの感謝 2. 新婦とのエピソードや今後の決意などの本題 3. 今後のお願いと結びの挨拶 の例文1)をあてはめると次のようになります。 改めてゲストへの感謝 本日はご多用の中、私たちのためにお集まりいただきありがとうございました。 皆様からのあたたかい祝辞に、改めて感謝申し上げます。 新婦とのエピソードや今後の決意などの本題 今日を迎えるまでに様々なことがありました。 仕事で帰りが遅い私の分まで結婚式の準備を頑張ってくれた彼女にも感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも、さまざまな壁にぶつかることもあるかと思いますが、ふたりで力を合わせて乗り越え、明るくあたたかい家庭を築いていきたいと思っております。 今後のお願いと結びの挨拶 未熟なふたりではございますが、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 「新郎謝辞」と聞くと難しそうに感じますが、シンプルな構成であることがわかるのではないでしょうか。 次に、新郎謝辞を考える際のポイントを見てみましょう。 結婚式の新郎挨拶2:新郎謝辞のポイント 新郎謝辞のポイントは次のとおりです。 ・3分を目安に長すぎず短すぎない文章にする ・カンペを用意するなら手のひらサイズで ・事前に練習をしっかりしておくと安心 3分を目安に長すぎず短すぎない文章にする 新郎謝辞は、ウエルカムスピーチほどあっさりせず、かつ長すぎないのがベストです。 3分を目安に内容をまとめましょう。 感極まって言葉に詰まってしまったり、緊張から謝辞の内容を忘れてしまったりする可能性もあります。 詰め込みすぎず、言いたいをシンプルに伝えられるような内容にしてください。 カンペを用意するなら手のひらサイズで 用意した新郎謝辞を覚えられない場合は、カンペを用意してもOKです。 手のひらに収まるサイズのカンペを用意しましょう。 カンペがあれば言うことを忘れて焦ることもありませんし、気持ちに余裕が出てカンペを見ずに謝辞を述べられる場合もあります。 緊張しやすい人などは、カンペを持っておくことをおすすめします。 事前に練習をしっかりしておくと安心 まれに、その場の勢いで新郎謝辞を述べようとする人もいますが、事前に話す内容を熟考し、練習しておくようにしてください。 会社の上司が出席するようなかしこまった結婚式の場合は特に注意してください。 とはいえ、事前に新郎謝辞を用意していても当日の雰囲気で伝えたいことが変わる場合もあります。 最終的には、新郎の素直な気持ちを伝えるようにしましょう。 まとめ 今回は結婚式の新郎挨拶であるウエルカムスピーチと新郎謝辞についてご紹介しました。 要点をまとめると・・・・新郎挨拶はゲストや両親へ結婚を報告し感謝を伝えるためのもの・ウエルカムスピーチと新郎謝辞の構成&例文&ポイントを紹介・事前準備をしっかりして結婚式にふさわしい新郎挨拶をしよう この記事を参考に、結婚式の新郎挨拶の例文や構成を知り、失敗のない新郎挨拶を完成させましょう。

次の

【新郎の謝辞文例集】結婚式・披露宴で感謝を伝えるスピーチにするポイント|マイナビウエディングPRESS

新郎 挨拶

「花婿の謝辞」は、全体の構成を考えてまとまりのあるスピーチに 結婚式・披露宴の最後に、ゲストへの感謝の気持ちを伝える「花婿の謝辞」。 感謝の気持ちを新郎自身の言葉を使って、スピーチで丁寧に伝えることがなによりの挨拶なのですが、これから挙げる文例のように基本的な流れを踏まえたスピーチ・挨拶で謝辞を構成すると、さらに上手に気持ちを伝えることができます。 スピーチの「出だし」で結婚式に出席してくれたことへの感謝の気持ちを、「中盤」で新しい人生に向けての抱負を、「結び(シメ)」で今後の支援・指導をお願いする、というのが挨拶の一般的な流れです。 これから紹介する文例のように、この流れさえ押さえておけば、原稿を丸暗記しなくてもまとまりのあるスピーチに仕上がります。 それでも原稿を持っていたいという新郎の場合は、謝辞を書いた白い便箋を手元に用意しておいてもOK。 それでは、さっそくこの「出だし」「中盤」「結び(シメ)」3つの流れに沿って、スピーチ・挨拶に使える新郎の謝辞の文例を紹介していきましょう。 結婚式・披露宴に出席してくれたことや祝辞などに対するお礼、結婚式のために余興や受付などで協力してくれたゲストへのねぎらいの言葉などをスピーチ・挨拶に盛り込んでいきます。 ふたりの結婚式・披露宴がどんな状況で行われていて、そのスピーチ・挨拶を聞いたゲストがどう感じるのかなど、ゲストの気持ちに寄り添って想像力を働かせることも大切な要素となります。 紹介する新郎の謝辞「出だし」の文例を参考に、挨拶の内容を考えていきましょう。 謝辞の「中盤」は、「出だし」や「結び(シメ)」以上にオリジナリティを求められる部分ですので、ここで紹介する謝辞「中盤」の文例はあくまで参考程度にし、新郎自身の言葉で表現し挨拶するのがオススメ。 それでは新郎の謝辞「中盤」の文例を紹介します。 <新郎新婦からゲストへの思いを伝える文例> 「本日、こうして晴れて夫婦になれたのも、みなさまの支えがあったからにほかなりません。 心から感謝申し上げます」 「私たちが今日の日を迎えられたのも、たくさんのみなさんのお力添えがあったからこそです。 これからは人生のパートナーとして支えあっていこうと決めました」 「職場で知り合った私たちですが、仕事を通じて築いてきた信頼を、今後は新生活の中で育てていきたいと思っています」 <遠距離恋愛を実らせた場合の文例> 「東京・大阪間での遠距離恋愛を乗り越えて、今日の日を迎えることができました。 今後の指導・支援などをお願いするとともに、新生活に向けたふたりの抱負や決意をスピーチに盛り込んでいくと、明るく前向きなイメージで挨拶を締めくくることができます。 文例を参考にして、最後にもう一度ゲスト全員への感謝の気持ちを盛り込みつつ、年配のゲストにも配慮し、あまりくだけた表現のスピーチにならないよう気をつけましょう。 それでは新郎の謝辞「結び(シメ)」の文例を紹介します。 <披露宴のスピーチなどへの感謝の文例> 「みなさまからたくさんのお祝いの言葉、あたたかい激励の言葉をいただきまして、深くお礼申し上げます」 「たくさんのお祝いや励ましの言葉、さらに楽しい歌や余興でこの席を盛り上げていただき、大変感謝しております」 <披露宴を無事終えられたことへの感謝の文例> 「本日こうしてみなさまのおかげで幸せな時間が過ごせましたこと、心よりお礼申し上げます」 <家族への感謝の文例> 「最後にこの場をお借りして、私たちをここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えたいと思います。 今日までありがとう。 そしてこれからもよろしくお願いします」 <会場スタッフへひと言伝える場合の文例> 「こうして無事に披露宴を行えたのは、スタッフの方々のお力添えのおかげでもあります。 ありがとうございました」 <指導のお願いの文例> 「これからも、変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします」 「まだまだ未熟な私たちですが、どうかみなさまには末長く見守っていただきたく、よろしくお願い申し上げます」 「至らないところの多い私たちですが、今まで同様のご指導・ご鞭撻をいただきますよう、お願い申し上げます」 <結びの言葉の挨拶文例> 「最後になりますが、みなさまのご健勝をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。

次の