アルギニン ヘルペス。 アルギニンの8つの効果効能と多く含む食品・食べ物

リジンとアルギニンと口唇ヘルペスの関係

アルギニン ヘルペス

この 4つの成分が私を救ってくれました。 リジン毎朝、この3粒を飲むようになってからヘルペス発症をしなくなりました。 上の写真は数年前の写真です。 アトピーの私はヘルペスを発症するともう外に出られないぐらいひどい状態になります。 アトピーで無い方は普通の口唇ヘルペスで済むのでしょうが私の場合は唇だけでなく顔中~首までこの様な症状が広がってしまいます。 カポジ水痘様発疹症という皮膚病です。 本当に「どうして!私だけ」って情けなくなるぐらい落ち込みます。 でも悩んでいるのは(正確には悩んでいたのは)私だけでは無いです。 そこで私と同じようにヘルペスで悩んでいる人の為に私がどうやって カポジ水痘様発疹症を克服できる様になったのかその体験談をお話します。 カポジ水痘様発疹を症克服した方法• リジン 亜鉛 ビタミンC フラボノイドのサプリメントを毎朝飲む• 外出する時はリジン配合のリップクリームを塗る• ピリピリと感じたらリジン 亜鉛 ビタミンc フラボノイドのサプリメントはいつもの3倍~5倍すぐに飲む。 後は数日そのピリピリが収まるまでいつもの3倍飲む これが私が毎日欠かさず飲んでいるというサプリメントです。 後はアトピーを治すだけ。 今はオメガ3が良いとお医者さんに言われたので オメガ3を飲むようにしています。 オメガ3は含有量1000mgのもので水銀とかPCBなど重金属汚染が心配なのでフィッシュオイル協会のテストに合格したドクターズチョイスのものを飲んでいます。 だんだんよくなってきました。 ヘルペスに話を戻しましょう 私の通っている皮膚科のお医者さんは、 なるべくステロイドや抗生物質など薬を使う量を最小限にするよう 治療やアドバイスをくれるお医者さんです。 このお医者さんにめぐり合うまで私はいくつもの皮膚科に通いました。 なかなか親身になってみてくれるお医者さんにめぐり合えず、 「ヘルペス」というとすぐに抗ヘルペス薬を処方され、 その時ステロイドはどうしたら良いのかの説明もしっかりしてくれないところもありました。 でも今のお医者さんはとても信頼できる方です。 そのお医者さんは昔学生の時アメリカに留学していたそうで、その大学でヘルペスの研究をしていたそうです。 その先生からまず最初に言われたのが リジン 亜鉛 ビタミンC フラボノイドのサプリメントを 飲みなさいという事。 この3つの成分は ヘルペスウィルスの活動を押さえ込むそうです。 万が一ヘルペスを発症しても悪化させないので諦めずに飲む事と言われました。 でもお陰さまでここ数年ヘルペスは発症していません。 アトピーの人がヘルペスを発症すると カポジ水痘様発疹症になってしまうので大変です。 なぜリジンを摂取しないといけないのか? 特に疲れやすい人、寝ても疲れが取れていない人、アルギニンは寝ている間に成長ホルモンを出し、この成長ホルモンが少ないと寝ている間に疲れがちゃんと取れない、つまり寝不足と同じ! 寝ても疲れが取れない人はアルギニン不足でこれがきっかけで過労からヘルペスを発症してしまう場合があるとの事です。 大事なのはアルギニンよりリジンを多く取るという事。 しっかりアルギニンを摂取しそれ以上にリジンを摂る。 これを全て食べ物で解決するとなると相当量の物を食べなくてはいけなくなり肥満になる。 特に肥満はアトピーや乾癬の人には良くないとも言われています。 なのでリジンのサプリメントを飲む。 アルギニン含有の食べ物を減らしてそれが原因で疲労からヘルペスになった人を多くアメリカで見てきたそうです。 亜鉛やビタミンC、フラボノイドはアメリカの臨床実験でリジンの効果を倍増させヘルペス発症時の皮膚の再生に効果を発揮したデーターがあるそうです。 紫外線はヘルペスの敵 因果関係はまだ究明されていないそうですが紫外線がヘルペス発症の原因で有る事は明らかだそうです。 リジン配合のリップクリームがお勧めだそうですがもし無ければ紫外線防止のリップクリームを塗りなさいと言われました。 それでもピリピリと感じたら・・・ すぐに抗ヘルペス薬を塗る(1分でも早く。 これが大事だそうです) リジン 亜鉛 ビタミンC フラボノイドのサプリをいつもの3倍以上~5倍飲む。 過去にヘルペスで抗ヘルペス薬を処方され余っている人は常にバッグの中など携帯しておいたほうがいいですね。 もし処方薬がなくなっちゃった。 病院に行けないという人は市販薬があります。 ただしアメリカのヘルペス市販薬です。 日本で処方される抗ヘルペス薬と同じ成分だそうです。 以上の事を守っていけば私の様にヘルペスであった事を忘れてしまうぐらいヘルペスの悩みから開放されると思います。 このサイトオープンしてから良く以下のようなメールをいただきます Q:性器ヘルペスなのですが同じようにリジン,亜鉛,ビタミンC,フラボノイドを飲んでいればいいのですか? 先生の回答:同じです。 帯状疱疹も同じヘルペスウィルスなので帯状疱疹を発症してすぐに治さずに後遺症で再発してしまう人もリジン 亜鉛 ビタミンCフラボノイドを飲んでおいたほうが良いそうです。 Q:リジン 亜鉛 ビタミンC フラボノイドのサプリメントでお勧めなものは? 私は ドクターズチョイスのリシン+プラスというサプリを飲んでいます。

次の

アルギニン豊富な食べ物・食材・食品150種類まとめ|おすすめ食事法も解説

アルギニン ヘルペス

Herpes(疱疹)という言葉は、小水疱(小さいみずぶくれ)が集った急性炎症性皮膚疾患のことをいっていま す。 Herpesはギリシャ語で「這う」という意味で、もともとは真菌症(カビの感染症で、いんきんたむしなどがあります)や、丹毒、皮膚癌など這うよう に拡大する皮膚疾患すべてをさしていましたが、19世紀になって妊娠性疱疹、疱疹状膿痂疹、疱疹状皮膚炎、単純疱疹、帯状疱疹などの水疱性病変を作る疾患 のみに使われるようになりました。 しかし、現在は単にヘルペスというときは、単純疱疹、または帯状疱疹をさしています。 公益社団法人 日本皮膚科学会より この中で私が発症したのは、口の周りにできるヘルペス。 そもそもヘルペスというのは殆どの人が小さい時に発症し、それ以降ヘルペスウイルスが体内に常在します。 幼少期の初感染時に抗体ができるため、体内にウイルスがあっても症状がでることはありません。 ではそんなヘルペスが発症する原因はというと 発熱、紫外線、性交、歯科治療などの刺激やストレスや悪性腫瘍合併を含めた細胞性免疫の低下などで潜伏ウイルスが増殖するため。 公益社団法人 日本皮膚科学会より この様に免疫力が落ちた時に発症するのです。 逆に考えればヘルペスができている時は免疫力が落ちているという体のサインですので、しっかり休養をとりましょう。 なんやねんブロッコ侍、お前免疫力下がってただけやんけ!と突っ込まれそうですがヘルペスウイルスが増殖する理由としては他にもあります。 アルギニンとヘルペス 1. アルギニンとは アルギニンはアミノ酸の一種です。 成人では体内で十分量合成できますが、幼少期にはそせができません。 幼少期では食事などからの摂取が必要な必須アミノ酸です。 アルギニンの効果 トレーニーでアルギニンをサプリとして摂取する人は多いですが、その効果はどの様なものなのでしょう? 2-1. 体内でのNO 一酸化窒素 濃度を上昇させる 多くのトレーニーがアルギニンに求める効果がこれ。 NOには血管を拡張させる作用があります。 ですのでトレーニング前に摂取することでトレーニング時に強烈なパンプ感を得られます。 パンプをするということは、血流が多くなり疲労した筋肉により多くの栄養を送ることになります。 見栄えが良くなるだけでなく、成長を加速させ回復を促進することになるのです。 以前紹介したインスリンも血液から筋肉に届くので、インスリンをより筋肉に運ぶ事にもなります。 またNOにより血流が増える事で得られるメリットは数多く、美容やアンチエイジングにも効果が期待できます。 また男性器への血流も増えるので、勃起不全や夜の元気の薬に使われることもしばしばあります。 ちなみに体内NO濃度向上を狙うには硝酸塩(NO3)の摂取も効果的です。 アルギニンは体内でNO産生の材料となりますが、その全てがNOになるとは限りません。 硝酸塩はまず口内バクテリアで亜硝酸塩(HNO2)に分解されます。 その後、消化を経て直接NOへと分解されます。 個人的にはNO産生を狙うなら硝酸塩の方がオススメです。 硝酸塩は野菜に多く含まれ、特にビーツやホウレンソウに豊富です。 ホウレンソウを多く摂ると反栄養素のシュウ酸の過剰摂取にも繋がるのでビーツをオススメします。 ビーツはパウダーやカプセルもあるのでそちらでもOK。 ホウレンソウを食べてムキムキにといえば… メリケンさんの伝統ですね。 2-2. 成長ホルモンの分泌を促進 私がアルギニンを摂取する目的としてはこの辺を期待しています。 細胞分裂を活性化してくれますので筋肉を始め美容、アンチエイジングなど様々な健康効果が期待できます。 また成長ホルモンは脂肪細胞に働きかけ、脂肪がエネルギー利用できる形(遊離脂肪酸)に分解してくれます。 ダイエットにも効果ということですね。 2-3. 体内のアンモニアを除去する(体臭の予防効果も) アンモニアは人体にとって有害です。 ですので体内ではオルニチンがアンモニアを無毒な尿素へと変換するオルニチン回路が肝臓で働いています。 アルギニンを分解する事によりオルニチンができるので、アルギニン摂取がアンモニア除去に繋がります。 プロテインやアミノ酸などのサプリメントを摂取し始めて体臭が臭くなったという話を良く聞きます。 タンパク質は体内で分解される際、アンモニアを出します。 タンパク質摂取量が増えてオルニチン回路が追いつかず汗や尿と一緒にアンモニアが排出されます。 ツーンと鼻をアンモニア臭はこうして生み出されます。 アルギニンやオルニチンを摂取する事でこれを防げますし、腎臓や肝臓の保護にも繋がります。 他にも ・グリコーゲンの貯蔵を促進する ・糖尿病を予防する ・リパーゼを活性化し、脂肪分解を助ける などの効果もあります。 アルギニンとヘルペス ここまで見るとかなり優秀なアルギニンですが、一つ欠点があります。 アルギニンは体内に常在するヘルペスの餌になるのです。 もう一度ヘルペスの発症要因をおさらい。 発熱、紫外線、性交、歯科治療などの刺激やストレスや悪性腫瘍合併を含めた細胞性免疫の低下などで潜伏ウイルスが増殖するため。 公益社団法人 日本皮膚科学会より このように基本的には免疫力が落ちた時にヘルペスウイルスが増殖し発症するのですが、アルギニンを多く摂取することもウイルスを増殖させる要因となります。 ヘルペスは発症したくない。 とは言えどもアルギニンの恩恵は受けたい。 ご安心ください。 ヘルペスになるか、体臭がキツくなるかの二択ではございません。 アルギニンを摂取する際は、抗ヘルペス効果のあるアミノ酸のリジンを一緒に摂取するようにしましょう。 1日に1gほどのリジン摂取で効果的です。 アルギニンの摂取方法 1日に2gを3回に分けて(合計6g)飲むと効果的です。 ちなみにアルギニンパウダーは非常にまずいです。 エグ味と苦味が混ざっています。 苦手な人はカプセルで飲む事をススメます。 クエン酸を3gくらい一緒に摂ると中和されエグ味がなくなるので、この飲み方もオススメです。 ブロッコ侍がヘルペスを発症するまでの流れ 私は普段からアルギニンサプリを常飲しています。 朝に2g、トレーニング前に2g、就寝前に2g。 特にヘルペスにかかる事もなく過ごしていました。 そんな私が突如ヘルペスを発症したのです!!!! なぜか考えたところ、一つの可能性が浮かび上がってきました。 楽天で購入 ブロッコ侍はふるさと納税をしているのですが、ふるさと納税でもボディメイクに役立つものばっかりチョイスしています。 お肉なんかも豊富ですし、トレーニーの味方なんですよね。 これに関して興味がある方は別途調べてみてください。 プロテインの返礼品なんかもありますし中々面白いですよ(プロテインはコスパがよくないのでオススメはしません) で、今回ブロッコ侍は上のナッツ盛り合わせを頼みました。 2kgもあったのでアーモンドを朝から晩まで気づけばポリポリ。 1日で200gも食べていました。 アーモンドはアルギニンが豊富なことで有名で100gあたり2g含まれます。 見事に次の日に、右唇にぷくーっとヘルペス発症。。。 速攻アマゾンでリジンを頼み、リジンを1gグルタミンを30gを1日に分けて飲みました。 翌日には気にならない程度に。 2日後には完璧に治りました。 何はともあれヘルペスが恐ければリジンを飲んどけ! 今回は確実にブロッコ侍の計画の無さが招いた惨事でしたが、これからの乾燥する季節にヘルペスは流行します。 あとは何よりも免疫力を落とさないよう、食事と休養を大事にね。

次の

ヘルペス発症を断つ事ができた、わたしの治し方

アルギニン ヘルペス

食事でヘルペス予防をするためには、必須アミノ酸である アルギニンとリジンを摂ることです。 必須アミノ酸のアルギニンとリジンには以下の効果があります。 【アルギニン】• 体中の血液の改善• 成長ホルモンの分泌促進• 肥満やむくみの予防 【リジン】• ヘルペスウイルスの働きを抑える• 体の免疫力を上げる• たんぱく質を形成してくれる アルギニンとリジンはどちらも 体に必要な必須アミノ酸ですが、ヘルペスに悩まされている方は要注意。 アルギニンを摂りすぎると、 ヘルペスウイルスの働きを活性化させてしまうことがあるからです。 アルギニンが多く含まれる食品をなるべく控え、リジンが多く含まれる食品を摂ることがヘルペスを予防するカギなのです。 すると、ヘルペスウイルスの働きが活発になり、再発頻度や症状の悪化を招いてしまいます。 自律神経も乱れやすくなり、 頭痛や肩こり・めまいなどに悩まされることもあるのです。 【睡眠不足】 忙しい生活が続くと、真っ先に削られるのが 睡眠時間ですよね。 睡眠時間が短くなると、健康に重大な影響を及ぼす可能性があります。 特に 高血圧などの生活習慣病を引き起こす原因になるのです。 【喫煙】 喫煙をすることで、免疫機能の働きを支える リンパ球が減少します。 リンパ球が減少すると免疫機能が衰え、ヘルペスの再発も繰り返しやすくなり、 肺がんやAIDSなどの感染症にかかるリスクも高くなります。 【紫外線】 ヘルペスが再発しやすい季節は、 紫外線の量が多くなる夏といわれています。 紫外線が皮膚に刺激を与え、ヘルぺスウイルスを活性化させてしまうのです。 紫外線のダメージは 肌老化も招くので、肌のシミやたるみの原因にもなります。 【アルコール】 アルコールを摂取すると血管が拡張し、 ヘルペスの痛みが増す場合があります。 アルコールは睡眠も浅くするので、睡眠不足の原因にもなります。

次の