末期 癌 完全 放置 ブログ。 🧬ゲノム療法🧬について|末期癌サバイバーさぁや|note

癌闘病ブログまとめ

末期 癌 完全 放置 ブログ

大腸がん末期 公開日:2016年7月25日 20時00分 更新日:2019年2月 1日 19時58分 大腸がん末期の症状 大腸がんは早期の段階では自覚できるような症状がほとんどありませんが、がんが進行するにつれて、血便や腹痛、便秘や下痢などの症状が表れてきます。 しかし、これらの症状は大腸がんだけに特有の症状ではないため見過ごされることも多く、がんであることに気が付きにくいという怖さがあります。 大腸がんの浸潤が進み末期の状態になると、がんの組織が大腸を突き破り、腸管からの出血を引き起こします。 この出血が持続すると重度の貧血につながることもあります。 さらに、腸管から腹腔内にばらまかれたがん組織は、腹膜に転移して「腹膜播種」という状態になると、腹水や水腎症、激しい腹痛など、様々な症状を引き起こします。 大腸がんが進行して、がん組織が大腸を完全にふさいだ場合は「腸閉塞」の状態となり、手術などの処置が必要になることもあります。 大腸がんの末期には、がんは腹膜以外にも様々な臓器に転移して、それぞれの場所で増殖を始めます。 大腸がんの転移先は、肝臓、肺、骨、脳などが代表的ですが、その中でも最も転移しやすい臓器は肝臓です。 がんが肝臓に転移した場合は、全身の倦怠感や黄疸などの症状が表れることもあります。 大腸がん末期における診断 大腸がんがどの程度進行しているのかを診断するためには、超音波内視鏡を活用して、大腸内のがんの大きさや深さの確認を行います。 がんの浸潤の程度や多臓器への転移の検査には、CTやMRI、腹部超音波検査などが用いられます。 血液検査は、腫瘍マーカーの数値から治療の効果判定を行ったり、予後予測を立てたりするのに用いられます。 また、貧血などはないかといった、全身状態のチェックにも活用されます。 大腸がん末期の治療 大腸がんの治療は、がんの切除が第一選択となります。 他の臓器に転移が見られた場合でも、そのがんが切除可能な場合は外科的に取り除いて治療することが可能です。 しかし、がんが末期の状態にまで進行し、切除によって全てのがんを取り除くことが困難な場合は、がんの進行を遅らせて延命を図る目的で化学療法や放射線治療を行うことがあります。 大腸がんの末期には、がんに侵された組織からの出血や腸閉塞が起こりやすくなりますので、予防や治療のために大腸がんの組織に侵された腸管を切除して、新たに便の排泄口として人工肛門(ストーマ)を増設することもあります。 末期の大腸がんでは、大腸以外の臓器にも転移が見られるようになり、がんに侵された臓器が機能不全に陥ります。 そうした症状に対しては、個別に対処的な治療を行っていきます。 大腸がん末期の状態ともなると既に完全治癒が望めないような状況ですので、がんの治療そのものよりも、残された人生をどのように過ごしていくかに焦点を当てたケアが重要になっていきます。 大腸のがん末期になると、ご本人やご家族は延命のために治療を行うのか、それとも、がんの治療を中止して余命を全うするのかといった厳しい判断を下さなければならないケースも出てきます。 いずれの場合でも、最後までご本人の意思を尊重し、できるだけ満足のいく日々を送れるようにしたいものです。 緩和ケアでは、ご本人やご家族に寄り添い、身体的・肉体的な不安や苦痛を和らげるための様々な援助を受けることができます。 緩和ケアを上手に利用することは、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の維持・改善につながり、自分らしさを失わずに穏やかな時間を過ごすことができる手助けとなるでしょう。

次の

末期がん余命1ヶ月の症状で代表的なものは3つと治す方法は?

末期 癌 完全 放置 ブログ

その変なもん、これ以上近づけたら、温厚なわしも怒るで。 『手遅れの幸せ』とは、私のことですね。 またまた、幻冬舎さん 笑 、見事なネーミングですね。 近藤誠医師と意気投合しているからには、この方も『がん放置療法』に賛同しているのでしょうが、近藤誠医師があまりにも「過激」だったので、別の視点からも見てみたい、と思いました。 中村仁一医師は、 中村 仁一(なかむら じんいち、 1940年 — )は、日本の医師、医療評論家。 長野県更埴市(現 千曲市)生まれ。 京都大学 医学部卒業。 財団法人 高雄病院院長、理事長を経て、2000年より社会福祉法人老人ホーム「同和園」附属診療所所長、医師。 1996年より、市民グループ「自分の死を考える集い」を主宰。 医師による延命治療の拒否を唱えている。 医学博士号は持たない。 wikipedia. 最後の一文『 医学博士号は持たない。 』というのは、医者ではないということではなく、「博士号」はお飾りだからいらない、と著書の中で言われてました。 経歴として、京都大学の医学部を出ながら、定年後、老人ホーム付属の診療所の「配置医師」をされている時点で、「変わり者」の臭いがしますが、著書の中で、自らを「ホームレスレベル」の医者だと言うあたり、相当な方です。 笑 「ホームレスレベル」という理由は2つあり、医者の世界の認識として、老人ホームの「配置医師」は、「いくら何でも、そこまで身を落としたくない」というポジションであることと、世間の認識する医者の序列として、 『つまり、大学病院の医者が頂点で、旧国立病院や日赤、済生会、県立、市立などの税立病院と続き、次が民間の大病院、中小の病院の医者で、一番下が町医者と言われる開業医です。 老人ホームの医者はさらにその下ですから、いわばホームレスレベルなのです。 「のら牛=のら癌患者」を自称している私と、気が合いそうな方ですね。 近藤誠医師は、乳癌の専門医ですが、中村仁一医師は、癌の専門医ではなく、病院に勤務されていた頃は「がんは、最期は絶対に痛むもの」と思っていたものが、老人ホームに勤務すると、 『入所者はみんな高齢で平均85歳から90歳。 多かれ少なかれボケ症状が出ていて、家族からはたいてい「できたらホームで看取ってほしい」と言われます。 最初のうちは「末期のがん患者に、痛みでのたうちまわられたらどう対処しよう。 とても手に負えないから、その時は病院にかつぎこむしかないか」とおっかなびっくり1例2例、3例、5例と見ていきました。 すると前に話したように例外なく、痛まずに死んでいくんです。 治療で痛む】ことを確信したと言われています。 中村仁一医師の場合は、「看取る」患者が老人ですので、ある年齢に達して以降の癌患者の死を「天寿がん」という言葉を使い、「無治療」の場合は、必ず穏やかな「老衰死」を迎えられると言われます。 (中村仁一医師の提唱される「無治療」は、おもに老人に対しての提言であることを申し添えておきます。 ) そのような中村仁一医師の著書の中で、何度も言われる言葉が、 『「早期発見の不幸」「手遅れの幸せ」』 です。 『早期発見の不幸』については、「だから、がん検診なんか受けなくていい」とまで言われていますが、私自身が経験したことの中に含まれていませんし、近藤誠医師の『がん放置療法』と同様に、私の知識では、判断がつかず「保留」とします。 『手遅れの幸せ』については、「今の私そのもの」ですので、大いに賛同します。 少し長いですが、中村仁一医師の言葉を引用します。 『一方、「がん検診」や「人間ドック」に近寄らなかった場合はどうでしょう。 がんは痛むといいますが、それならどうしてもっと早く見つからないのでしょう。 不思議でなりません。 症状のないまま、ふつうの生活をしていたら食が細り、やせてきて顔色も悪いので、周囲が心配して無理に検査を受けさせたら、手遅れのがんだった、そんな話をよく耳にします。 繰り返しになりますが、なぜ、そんなに進行するまで病院にいかないのでしょうか。 痛まないからというのが、その答えとしかいいようがありません。 一見、手遅れの発見は不幸の極みのようにうつります。 しかし、考えてみてください。 それまで何の屈託もなく、自由に充実した毎日が送られていたわけです。 痛みが出なければ、今後も体力が落ちて自由に動くのがむずかしくなるまで、ふつうの生活をすればいいのです。 長生きも結構ですが、ただ長生きすればいいというものでもないでしょう。 どういう状態で生きるかが重要だと思うのです。 ・・・人生の幕引きを思い通りにできるかもしれない「がん死」は最高だと思います。 これを「手遅れの幸せ」といいます。 ただし私の場合、「ホルモン療法」と「ゾメタの点滴」という治療をしていますので、中村仁一医師のいう「無治療」ではありません。 【乳癌ステージ4】と診断を受ける前の私は、末期がんの身体で、自由に充実した毎日を送っていましたし、【乳癌ステージ4】と診断を受けた後の私も、「手遅れ」故に、手術なし、抗がん剤なし、末期がんの身体で、自由に充実した毎日を送っています。 私が乳癌だと知ると、周囲の人が「さぞや嘆き悲しんでいることでしょう」的な同情の目で私を見ることに「違和感」を覚えていました。 自分が「乳癌」だと知った直後と、【乳癌ステージ4】だと知った直後、確かに涙を流したのですが、その後も「泣き暮らした」かというと、全然そうではないのです。 自分でも「無理をして感情を抑えてるんじゃないか」と、自分を疑った時期もあったのですが、やせ我慢ではなく「悲しんでいない」自分を発見しました。 なぜ、「自分は悲しくないんだろう」と自問した結果、どうやら私は、「人生の長短は、人知を越えたところで決まるもの」だから、私の人生があと数年で終わるなら「良く生きて、よく死ぬまで」と、「色即是空」の仏教徒らしく「得心」しているようなのです。 わたしが独身であり、「身軽」であることも、「受け入れやすかった」要因だと思います。 自分が【乳癌ステージ4】だと知っても、自分が「不幸」だと思ってはいなかったのですが、中村仁一医師の文章に出会い、自分が「幸運」だと知りました。 「手遅れ」だから、結果として、手術の痛みや抗がん剤の副作用に苦しまず、穏やかな時間を赦されています。 「手遅れ」だから、病院や病気にほとんど拘束されず、自由に充実した毎日を送れています。 この先、ホルモン剤の薬効が切れて、今は抑制出来ている乳癌が再び進行に転じ、結果として短命に終わったとしても、今、こうして与えられている時間の猶予を、穏やかに過ごせていることが本当にありがたいと思うのです。 「そうか、私って幸せだったんだ」と教えてくれた中村仁一医師、ありがとうございました。

次の

#肝臓がん 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

末期 癌 完全 放置 ブログ

「前立腺がんは放置が正解」って半可通が言い出すことを予想 日本人の寿命が長くなればなるほど、がんが死亡原因となる方が増えているのは常識です。 がん死を少なくするために、国が行なっている方策が「がん検診」。 このがん検診なんて受ける必要は全くなし!!死亡を早めるだけ、とあまのじゃく的な主張で売り出したのが、例の近藤誠先生です。 近藤誠理論信奉者が泣いて喜ぶような論文が先日発表されました。 近いうちにこの論文を目にした医療評論家とかが、無責任なジャーナリストが孫引きを重ねて主張するでしょうね・・・ 前立腺がんは発見されても、放置しておくのが一番だよ!! って。 でもね〜、それってかなーり早とちりなんです。 さらに近藤誠理論が間違っていることさえ示しているのですよ。 その論文は「10-Year Outcomes after Monitoring, Surgery, or Radiotherapy for Localized Prostate Cancer」()で、限局している前立腺がんを放置した場合・手術した場合・放射線治療をした場合、10年後にどうなっているのか?を調べたものです。 前立腺がんは治療しても、しなくても死亡率に変わりはないじゃん!!?? この医学論文は「New England Journal of Medicine」という非常に権威のある医学専門誌に掲載されているので、時間とともにメディアが取り上げることが、大いに予想されます。 しかし、一般の方は抄録しか読まないでしょうから(全文読むにはWeb上であっても有料)、メディアが取り上げた一部だけを知識として吸収してしまいます。 確かにこの論文では50歳から69歳の男性のPSA 前立腺がん特異抗原)という血液検査でわかるがんのマーカーを調べて、前立腺がんが発見された1643人を手術をする人、放射線治療をする人、放置する人の3つのグループに分けて10年間の予後をフォローアップしています。 その結果 前立腺がんは治療しようが、しまいが死亡率には有意差がなかった との結論に達しています。 その詳細は前立腺がんと診断され、前立腺がんが原因で死亡した人は17人。 放置(実際は監視療法という手段で、全く無視していたわけではない)したグループで8人、手術をしたグループで5人、放射線治療を受けたグループで4人・・・無治療の方がやっぱり、死亡しているじゃん、と一瞬思えますが、統計学的には3グループでは死亡率には有意差が無いと判断されます。 しかし、この結果だけを知識として取り込んじゃうと大変なことになりますよ・・・がんの転移には大きな差があるんです、放置しちゃった場合は。 近藤誠先生の面白すぎることを詳しく知りたい方はこれをご参考ください。 ミイラでも骨転移が発見されています。 前立腺がんはもともとゆっくり進行するガンであり、転移することが大問題なんだよ!! 前立腺がんは特徴のあるがんなんです。 ・PSAという血液検査で他のがんと比較して、高い精度でがんを早期発見できます。 ・前立腺がんは病状が進行する速度が非常に緩慢でゆっくり、ゆっくり体を蝕んでいきます。 ・前立腺がんで死亡する最大の原因は遠隔転移です ・前立腺がんが転移する場所の80パーセント以上は骨転移です。 ・前立腺がんで亡くなる方の大問題は疼痛対策です。 nejm. がんが転移しているのは、何にも治療しない監視グループにおいて有意に多いことがわかります。 前立腺がんが生死に関わるのは遠隔転移であり、骨への転移はQOLを非常に低下させる ということが大問題と言い切れます。 前立腺がん自体が前立腺に限局している場合、これが単独の原因となって死亡することは稀です。 前立腺の周囲に広がっている場合は「局所進行がん」と呼ばれ、手術や放射線治療では完治は難しいと考えられています。 さらに、骨転移(80パーセント程度)、リンパ節転移(40パーセント程度)が発見されるとホルモン療法以外に効果的な治療方法は現時点では明確になっていません。 他のがんと比較しても、前立腺がんは骨への転移が早期の起きていると考えられています。 前立腺がんが進行して苦しい結末を迎えないためには・・・やっぱり、積極的な治療でしょ!! 前立腺がんが発見されても、早期かつ転移がなく、悪性度(グリーソン・スコア)が低い時には、PSA監視療法という方法が日本でも積極的に行われています。 これは近藤誠先生のおっしゃるような「放置する」のではなく、定期的にPSAを検査して、急激に上昇する場合はCT,MRI,そして骨への転移がないかを精査します。 つまり、PSAが高値で前立腺がんが発見されたら、何でもかんでも手術しちゃえ、放射線治療しちゃえとの選択肢では無いのです(恥ずかしながら、10数年前は手術していました)。 前立腺がんの治療法?の一つとして、近藤誠先生の唱える「がんは放置しろ」「がんの手術なんてトンデモ無い」を今回取り上げた医学論文で補強する輩の出現を予想して、こんなブログを書きました。 前立腺がんが発見された時点の病期やがん細胞の悪性度によって、選択肢は様々であり「ほっとけ療法」は死を迎えるまでの生活の質を考えた場合、ベストな選択ではありません。

次の