鏡開き 禁止。 お正月の鏡開きはいつ?由来や鏡餅を切ってはいけない理由

お正月の鏡開きはいつ?由来や鏡餅を切ってはいけない理由

鏡開き 禁止

子供のころ、このお餅をいつ食べるのか気になりませんでしたか? これは、お正月によくあるシーン……。 子:「この鏡餅、食べたーい」 母:「鏡開きするまで、待ってね」 父:「鏡開きなら、餅よりもお酒のほうがいいなぁ」 そうだそうだと同感しますが、よーく考えてみると素朴な疑問がわいてきませんか。 鏡開きはお正月の大事な行事。 よい年にするためにも、鏡開きの時期、 意味・由来、やり方、やってはいけないこと、結婚式などで酒樽を開く鏡開きとの違い、鏡餅の食べ物など、素朴な疑問を解決しておきましょう。 【鏡開き 目次】• 2020年鏡開きの日はいつ? 鏡餅はいつ食べる? 鏡開きをする時期はいつでしょう? 一般的に 鏡開きの日は、毎年1月11日です。 でも見るからに美味しそうなお餅は、少しでもやわらかいうちに食べたいですよね。 しかし、お正月は 年神様をお迎えする行事であり、その年神様の依り代となるのが鏡餅ですから、年神様がいらっしゃる間は食べてはいけません(詳しくは「」でご紹介)。 そのため年神様がいらっしゃる 松の内(1月1日~1月7日。 関西など15日までとする地方もある。 詳しくは「」)が明けた 11日に鏡開きをします(松の内を15日とする地方では、鏡開きを15日または20日に行う場合が多いです)。 また、昔は 二十日正月といって、20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川三代将軍・徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったため、月命日の20日を避けて11日になったと言われています。 もともと武家社会の行事(次項参照)なので、日付変更も適切な措置だったのでしょう。 鏡開きとは?意味・由来 では、鏡餅をずーっと飾っておいたり、食べずに処分してはいけないのでしょうか? 鏡餅を飾っておくだけだと、年神様にお供え物をしたにすぎません。 鏡餅は単なるお供え物というよりも、年神様が宿るところだと考えられているので、鏡餅を開くことで年神様をお送りするという意味もあります。 また、年神様の力が宿った鏡餅をいただくことでその力を授けてもらい、1年の一家一族の無病息災を願います。 鏡餅は、供えて、おろし、開いて食べてこそ意義があるのです。 ですから、小さなかけらも残さず食べてください。 さらに、鏡餅には「歯固め」という意味もあり、鏡開きは「歯固め」の儀式に由来します。 丈夫な歯の持ち主は何でも食べられ長生きできるので、新年の健康と長寿を願い、固くなった鏡餅を食べました。 「鏡開き」という理由は?やってはいけない禁止事項は? 包丁を使うのはNG! 割るのではなく、開くといいます。 鏡開きの禁止事項とは…… 鏡開きで正月に一区切りつけるということは、その年の仕事始めをするという意味がありました。 武士は具足などを納めていた櫃(ひつ)を開き、商家では蔵を開き、農村では田打ちという作業をして1年の出発としていました。 剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きをする(またはお汁粉などをふるまう)のは、その名残りです。 もともと武家から始まった行事なので、刃物で切るのは切腹を連想させるため、 包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り砕くか、槌(つち)で開くようになりました。 また、「割る」という表現も縁起が悪いので、末広がりを意味する「開く」を使うようになり、「鏡開き」になったのです。 【鏡開きNG行為・禁止事項】• 「鏡」には円満、「開き」には末広がりという意味もあります。 宴会の終了が「お開き」なのも縁起がいいからですね ところで、お祝い事で酒樽を割ることも鏡開きといいますが、何か関係があるのでしょうか? 樽酒の蓋を割ってお酒をふるまうことも 鏡開きといいますが、これは樽酒の蓋のことを酒屋で「鏡」と呼んでいたからだと言われています。 農耕民族の日本人にとって、米からできる日本酒は神聖な意味を持ち、様々な神事を営む際に供えられ、祈願が済むと参列者でお酒を酌み交わして祈願の成就を願う風習がありますね(これを直会といいます)。 このお酒が樽で供えられたときには樽の蓋を割ってお酒をふるまうわけですが、やはり縁起の良い「開く」という表現を使うのです。 つまり、鏡餅の鏡開きも、樽酒の鏡開きも、新たな出発に際して健康や幸福などを祈願し、その成就を願うということ。 このことから、新築家屋が完成したときや、創立記念日、結婚披露宴などで樽酒の鏡開きをするようになりました。 現代版・鏡餅の鏡開き 現在はあらかじめ小分けされた餅をパック詰めした鏡餅が主流になり、鏡開きはパックを開くだけになりました。 やはり餅を包丁で切ってはいけませんが、包丁の出番すらないでしょう。 楽になっても、子供に鏡開きの由来や意味を伝えるのを忘れないでくださいね。 伝統的な鏡餅の場合、相当乾燥していないと槌(木槌や金鎚)で叩いてもなかなか割れません。 そんな時は、「半日ほど水に漬けてから、電子レンジで八分どおり軟らかくして、手で千切って」料理する方法もあります(参考:)。 鏡餅を使った料理・食べ物 お汁粉には、魔除け効果のある小豆も入っています 鏡餅は、その文化的意味あいからすると、 お雑煮にして食べるのが最もよい方法です。 また、魔除けの意味をもつ お汁粉にするのも昔ながらの食べ方です。 かきもちにする方も多いと思いますが、かきもちの「かき」とは、手や鎚で割ることを「欠き割る」ということから「欠き餅」になりました。 かきもちは、油で揚げて塩や醤油をまぶすだけ! 揚げたてはとても美味しく、おやつやおつまみにぴったりです。 最近は、お餅料理のバリエーションが増えており、お餅ピザなど様々なレシピがあります。 鏡餅は、小さなかけらも残らず食べることが大切なので、いろいろと工夫して食べきるようにしましょう。 この1年が健やかで幸多い年になりますように……、そんな願いをこめて鏡開きを楽しんでくださいね。 【関連記事】•

次の

鏡開きの日とは?2020年はいつ?やり方・由来・禁止事項・餅レシピ [暮らしの歳時記] All About

鏡開き 禁止

鏡開きの意味とは?なぜ「鏡」? 鏡は昔、青銅製で丸い形をしており、神様が宿ると考えられ、神事に使われていました。 神話の時代、天照大御神 あまてらすおおみかみ が瓊瓊杵尊(ににぎのみこと・天皇の先祖と考えられている)に三種の神器、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、草薙の剣(くさなぎのつるぎ・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)、八咫の鏡(やたかのかがみ)を授けました。 この三種の神器の 八咫の鏡を形どったものが「鏡餅」だと言われています。 また、「鏡」は「鑑みる(かんがみる・良い手本や規範に照らし合わせて考える)」という言葉にあやかり、 「かんがみもち」と呼んでいたのが変化して「かがみもち」になったとも言われています。 お正月にやってくる 年神様(毎年お正月、各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様)は門松を目印に各家を訪れ、鏡餅に宿ると言われており、松の内(お正月の門松を飾っておく期間)は鏡餅をお供えします。 そして、 松の内が過ぎてから鏡餅をお雑煮やお汁粉などにして、無病息災を願って食べる風習が「鏡開き」 です。 鏡開きの由来は? 鏡餅は平安時代(794年~1192年ごろ)には存在し、源氏物語にも登場しますが、お正月に供えられるようになったのは、室町時代(1336年~1573年)以降のことだと言われています。 鏡開きは江戸時代(1603年~1867年)の初期に武家の間で広まっていき、年神様にお供えしたお餅を包丁などの刃物で切るのは切腹を連想するので縁起が悪いとされ、手や木槌などで割ることにしました。 ですが 「割る」という表現も縁起が悪いということで、縁起の良い末広がりを意味する「開く」という表現にし「鏡開き」と言われるようになったのだそうです。 2020年はいつ鏡開きをするの? 鏡開きの日は毎年同じですが、 地域によって異なります。 松の内を1月7日までとする 関東では1月11日に、1月15日までとする 関西では1月15日または1月20日に鏡開きをすることが多いようです。 ということで2020年の鏡開きは 関東では1月11日(土) 関西では1月15日(水)または1月20日(月) になります。 もともと関東では、関西と同様に松の内は1月15日までで、鏡開きは1月20日に行われていました。 しかし、江戸時代の徳川三代将軍家光が慶安4年(1651年)4月20日に亡くなり、徳川幕府のお膝元である関東では月命日の20日を避けて、鏡開きが1月11日になったと言われています。 鏡開きが1月11日になったことで、松の内はまだ年神様がいらっしゃるのに鏡開きを行うのは、年神様に対して大変失礼なのではないか?ということになり、松の内を1月15日から1月7日に変更しました。 こうして、関東では鏡開きが1月11日に変更されましたが、全国的に広まらなかったため、地域によって鏡開きの日が異なるのです。 お餅ではなくお酒の鏡開きもあります お正月に飾った鏡餅を食べる「鏡開き」とは別に、清酒の入った 酒樽を割る「鏡開き」もあります。 武士が出陣するときに気持ちを鼓舞しようと、仲間や自分の部下に振る舞い酒として酒樽を割ったことが由来とされますが、正確なことはわかっていません。 現在は、お正月だけではなく、結婚式や祝賀会などおめでたい席で 「鏡(樽)を開くことで今後の運を開く」という意味を込めて行われます。 最近は、大きな鏡餅は置き場所に困るとか、食べるときに調理し辛いということで、片手に乗るほど小さな鏡餅や、鏡餅の形をしたプラスチック容器の中に小さなお餅がいくつも入って売られていたりします。 形は変わっても、鏡餅を飾る風習は現在も受け継がれているのですね。 鏡開きは、飾っていた鏡餅を片づけることではなく「食べる」ことが重要ですので、鏡開きではぜひ、お雑煮やお汁粉にして召し上がってみてください。 関連: 関連: 関連: - ,.

次の

鏡開きの開き方と由来|2020年はいつ鏡開き? | お正月

鏡開き 禁止

contents• 鏡開きとは? 鏡開きとは、正月行事のひとつで、 飾っていたかがみもちをおろして食べることです。 鏡開きの歴史を遡ると、 江戸時代の初期ではないかと言われています。 武家の間で広まっていった行事で、年神様にお供えしたお餅を包丁で切るのは、切腹を連想さ せてしまうということで縁起が悪いとされた為、手や木槌などで割ることにしていたそうで す。 そこでやっていた「割る」という表現についても縁起が悪いのではないかということで、縁起 の良い表現である「開く」に呼び方を変えた結果、「鏡開き」と言われるようになったそうで す。 現在までその文化が言い伝えられていたと考えるとすごいですよね。 鏡餅はいつ食べるの? 地域によって異なり、 関東では11日、 関西では15日または20日とされています。 ここでなぜ地域差が生まれたのかと疑問が湧きますよね? 地域差が生まれた理由は当時の江戸幕府が影響しています。 元々は20日正月といって1月20日に行われていた鏡開きですが、鏡開きという文化を定 着させた3代将軍の徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなった際、月命日である20日を避 けようとなった結果、1月11日へ変更されました。 この徳川幕府の影響力が大きかった関東では11日となり、そこから離れた地域に関して は20日のまま行われたりしていたそうです。 鏡開きのやり方! 正しい鏡開きのやり方について、順番に説明してきます。 鏡餅を下げる この時、神様に感謝の気持ちをささげるのを忘れないようにしましょう。 鏡餅を綺麗にする 長い間飾っていたので、どうしても埃がついてしまっているかと思います。 綺麗にしましょう。 お餅を割る 木槌や金槌などを使用して、お餅を割ります。 ずっと飾っていて硬くなってしまった鏡餅については、少しずつ叩くことによりヒビを 入れてから、勢いよく叩くことで割れわすくなります。 割った餅を食べる どう食べても問題ないので、好きに食べて大丈夫です。 硬くなっていたとしても、お雑煮などの汁物に入れてしまえば美味しくいただけます。 鏡開きの禁止事項 先ほどは鏡開きの正しいやり方を紹介しましたが、禁止事項というのもあります。 それは 餅を刃物で切ってしまうということです。 江戸時代に刃物で切るのが切腹を連想 させてしまうので、やってはいけないこととして当時から伝えられています。 今では切腹の文化がないのでピンとこないかもしれませんが、 歴史や当時の背景を考え るとやってはいけないことだとわかります。 終わりに 皆さんは何気なく鏡開きをやっていませんでしたか? 鏡開きの歴史ややり方を学ぶことで、より正月行事に興味が湧いたのではないでしょう か。 スタートダッシュという言葉がある通り、1年のはじまりというのはとても大事です。 そんな1年のはじまりの行事だからこそ、大切にすべきです。 次回から正しい鏡開きをすることで、皆さんにとって素敵な1年の始まりとなってくれ れば幸いです。 【こちらもお薦め】.

次の