ビットコイン取引所 比較。 ビットコイン取引所・販売所の売買手数料(スプレッド)を比較

ビットコインの手数料【取引所・販売所の比較】

ビットコイン取引所 比較

オススメ取引所ランキング 2020. 24 2020. 15 ポイン ビットコイン取引所比較!BTCはここで買えランキングまとめ2020年5月最新版 暗号資産 仮想通貨 ハマってますか?です。 この記事では、ベストセラー本『』の著者である僕ポインが、初心者の方がビットコインを買うときにオススメの取引所をランキング形式でまとめています。 3つの取引所についてメリット・デメリットを解説しながら紹介していきますが、現在最もおすすめ取引所はです。 ポイン的ビットコイン(BTC)取引所ランキング ビットコインは暗号資産 仮想通貨 の基軸通貨であり、いわば暗号資産の王様です。 2009年にナカモトサトシと呼ばれる人物の論文を元につくられており、世界で初めて誕生した暗号資産 仮想通貨 になります。 今では暗号資産 仮想通貨 の種類は2,000以上ありますが、ビットコインは誕生したときからずっと時価総額1位であり、価格も着実に伸びています。 私が2017年1月に初めて購入したビットコインはわずか10万円でしたが、2017年末には240万円近くまで高騰しています。 今回は、私が実際にビットコイン購入に使っている取引所をランキング形式で紹介してみたいと思います。 おすすめ取引所3選• ビットコインは販売所ではなく『取引所』で買おう! これだけは覚えておいて欲しいのですが、ビットコインは販売所ではなく取引所で購入しましょう。 今回1位のコインチェックは販売所形式で、簡単にライトコインを購入でき初心者にはオススメですが、取引所形式は指値が使えてスプレッド手数料が格安なので慣れたら移行がオススメです。 販売所と取引所の違いは『』で解説しています。 第1位 Coincheck(コインチェック) は、上場企業であるマネックスグループ株式会社の完全子会社の取引所です。 2018年不正流出事件がおきていますが、マネックス証券などを持つマネックスグループの傘下に入りセキュリティ体制を強化した結果、暗号資産交換業者に登録されてしっかりと再建されています。 僕ポインも一番最初に登録した取引所であり、初心者にも使いやすいスマホアプリもありオススメです。 新規登録を受け付けている国内取引所で、唯一NEMの現物(実際のコイン)が購入できる取引所でもあります。 メリット• 11種類にも及ぶ豊富なコインの取り扱いがある• 販売所形式なので、ワンクリックで暗号資産 仮想通貨 を取引できる• スマホアプリがありウィジェット機能が初心者にも使いやすい デメリット• 取引所ではなく販売所なのでスプレッド手数料が比較的高め• 板取引がビットコインしかない 【キャンペーン期間】:2020年5月5日(火)0時00分~2021年1月1日(金)6時59分 DMM Bitcoinはスマホアプリも使いやすいのでオススメ!(iOS,android共通) 第3位 GMOコイン 第3位は、大手ITのGMOグループ傘下の取引所であるです。 指値が使える現物取引、ワンクリックで取引ができる販売所、レバレッジ取引が可能な暗号資産 仮想通貨 FXの3つに、スマホアプリで気軽にアクセスできるのが魅力の取引所です。 登録方法は『』で解説しています。 メリット• 販売所ではワンクリックでライトコインが取引できる• スマホアプリが使いやすく現物、販売所、レバレッジ取引に対応• ビットコインとアルトコインの5種でレバレッジ取引ができる デメリット• 取引所の取引量は多くない• 販売所はスプレッド手数料が比較的高め• ネムとステラはレバレッジ取引には対応していない.

次の

暗号資産(ビットコイン)取引所おすすめランキング。国内主要16社を徹底比較して6社をランキング形式で紹介

ビットコイン取引所 比較

ただし、 ビットコインの最小単位=ビットコイン取引所・販売所の最小取引単位 ではありません。 最小取引単位は、取引所・販売所ごとに異なりますので、業者ごとに調べてみました。 調査対象は、金融庁が「仮想通貨交換業者」として登録した業者です。 001BTC 0. 00000001BTC 0. 0001BTC 0. 0001BTC 取扱いなし 0. 0001 BTC 0. 0001BTC 取扱いなし 0. 0001BTC 取扱いなし 0. 0001BTC 取扱いなし 0. 0001BTC 取扱いなし 500円相当額 かつ 0. 005BTC以上 500円相当額 取扱いなし 0. 001BTC 0. 01BTC 取扱いなし 0. 01BTC 取扱いなし 取引所・販売所名 <取引所> 最小取引単位 <販売所> 最小取引単位 最小取引単位は、販売所ではビットフライヤーが一番小さくて、少額取引可能です。 ただ、単位がビットコインで少しピンと来ませんので、ビットコインのレート別に、日本円に換算した最小取引金額を調べました。 00000001BTC 0. 016円 0. 018円 0. 02円 0. 022円 0. 024円 0. 0001BTC 160円 180円 200円 220円 240円 0. 001BTC 1600円 1800円 2000円 2200円 2400円 0. 01BTC 1万6000円 1万8000円 2万円 2万2000円 2万4000円 bitFlyer販売所は飛びぬけて最小取引単位が小さく、日本円に換算すると0. 02円前後で取引可能です。 このくらい小さいと、積み立て投資や時間分散投資など様々な取引方法を利用できます。 最小取引単位が小さくおすすめのビットコイン取引所・販売所 ・ビットコイン販売所で0. 00000001BTCから取引可能 ・セキュリティが高く定期的に脆弱性診断 ・取引所と販売所の両方で取引可能 ・最短で翌日から取引可能 ・投資家の資金は全て分別管理で、セキュリティも万全 ・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません 詳細はでチェックしてください。 ・最小取引単位が0. 0001BTCと少額取引に向きます ・ビットコイン取引所で売買手数料は最小クラス ・取引所と販売所の両方で取引可能 ・投資家の資金は全て分別管理 ・口座開設、口座維持料金とも0円で、口座開設にお金がかかりません 詳細はでチェックしてください。 関連記事 ビットコイン取引所・販売所を比較• (取引コストを減らしたい方)• (安全に取引したい方)• (少額取引をしたい方)• (全力で取引したい方)• (入金時に手数料を取られたくない方)• (別の場所に保管したい方)• (日本円で出金したい方)• (リスクを減らしたい方)• (今すぐ取引をしたい方)• (自分のスタイルで注文したい方)• (24時間いつでも取引をしたい方).

次の

手数料ランキング

ビットコイン取引所 比較

暗号資産 ビットコイン 取引所とは?販売所の違いは何? 取引所とは 取引所は、 ビットコインなどの暗号資産を買いたい人と売りたい人が集まって暗号資産の取引をする場所です。 「場所」と言ってもどこかに店舗があるわけではなく、ネット上の各取引所のサイトで取引が行われます。 売りたい値段、買いたい値段が一致した場合にのみ取引が成立すること• 暗号資産のやり取りはユーザー間で行われること これが取引所の特徴です。 販売所 一方で、会社によっては取引所とは別に販売所も設置されている場合があります。 ここでは 取引所の運営会社から直接、暗号資産の売買をすることになります。 価格が固定されている• 取引相手はユーザーではなく運営会社 というのが取引所とは異なる点です。 取引所と比較した場合のメリットは、価格が固定されているのですぐに売買が成立するところ。 しかし取引所のレートと比較すると 割高になってしまうという点がデメリット。 少しでもお得にやりとりしたい人には向きません。 おすすめは取引所 おそらく「今すぐにビットコインが必要!」という方は少なく、おトクさを重視する方が多いでしょう。 また取引所で売買をする方が一般的になりますので、 これ以降は特に断りがない限り取引所での取引を前提としていきますね。 暗号資産 ビットコイン 取引所を決める際のポイントは? 取引所といっても、日本国内だけでも多くの会社が運営しています。 何を基準に取引所を選べば良いのでしょうか? 主なポイントは6つです。 会社の安全性• セキュリティ• 取引の種類• 取扱商品の豊富さ• 手数料• 使いやすさ 1つずつ解説していきます。 会社の安全性 暗号資産自体の安全性が高くても、取引所に問題があると安心してお金を預けることはできません。 現在は徐々に規制が厳しくなり、また各取引所もセキュリティを強化しています。 それでも絶対はないので、 取引所を運営する会社に問題はないかという点はしっかり見ておくべきでしょう。 セキュリティ 上記「会社の安全性」でも少し触れましたが、セキュリティも注目すべきポイントです。 いくら信頼に足る取引所を使っていても、 自分の管理の仕方次第では暗号資産を盗まれてしまうことも考えられます。 たとえば取引所のログインIDとパスワードを盗まれて不正にログインされてしまうといった場合です。 各取引所では、 二段階認証や補償サービスなど、個人の注意が及ばなかった場合でも私たちの資産を守ってくれる各種セキュリティサービスがあります。 取引の種類 「暗号資産を売買する」といっても実は色んなパターンが考えられます。 もっとも一般的なのは、 「現物取引」。 現物取引は普段の買い物と同じです。 お金を使ってビットコインを買う、売るといったイメージですね。 また、これ以外にも 「信用取引」と呼ばれる取引方法もあります。 ひとことで言うと、「自分を信用してもらって、持っているお金以上に取引をすること」です。 取扱商品の豊富さ 「暗号資産」といっても種類は様々です。 もっとも有名で時価総額のビットコインに加え、契約情報を分散型台帳技術で記録する「イーサリアム」、予測市場プラットフォームの「リップル」など。 どの暗号資産を取り扱っているかは取引所により大きく異なります。 変化の激しい暗号資産市場でチャンスを逃さないためには、めぼしい通貨はいつでも買える状態にしておきたいものです。 そのため、取り扱っている通貨の種類も重要な判断基準の1つとなります。 手数料 手数料は、取引をするたびにかかるお金です。 せっかく暗号資産を売買するなら、少しでもお得に取引したいですよね。 取引所によってはマイナス手数料 取引をするとお金がもらえる を設定している場所もあります。 使いやすさ 多くの取引所を利用してきましたが、取引所によって使い勝手が大きく異なります。 毎日のように使う場合はこの小さな不便がストレスになってしまうので、できるだけ使いやすい取引所を使いたいですね。 また近年はスマホメインで閲覧や取引をする人も多いので、 スマホ対応も注目すべきポイントになります。 おすすめの暗号資産 ビットコイン 取引所ランキング これまで情報を踏まえて、 おすすめの取引所を厳選して6つ紹介します。 取引所にはそれぞれの良し悪しがありますが、やはり総合するとおすすめの取引所というのは限られてきますね。 第1位 GMOコイン 取扱通貨• ビットコイン BTC• イーサリアム ETH• ビットコインキャッシュ BCH• ライトコイン LTC• リップル XRP 手数料の安い取引所形式で全通貨取引できる GMOコインで取り扱っている5種類の暗号資産は、すべて手数料が安く抑えられる取引所形式での取り扱いがあります。 上級者はもちろん、 初心者の方が暗号資産をはじめて買うのにもおすすめと言えるでしょう。 暗号資産専用アプリ『ビットレ君』で上級者も満足 初心者だけでなく、投資経験のある上級者も満足させてくれるのがGMOコイン。 GMOコインはレバレッジ最大4倍の暗号資産FX 信用取引 を行うこともできるんです。 しかも注文方法も多様。 成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCOなど 暗号資産FX専用のアプリ『ビットレ君』も高機能となっており、外出先でもスマホで本格的な取引ができます。 ビットコイン• リップル• ライトコイン• イーサリアム• モナコイン• ビットコインキャッシュ アルトコインも取引所で購入できる ビットバンクは ビットコイン以外の暗号資産 アルトコイン もすべて取引所で購入することができます。 国内では取扱通貨のすべてを取引所で扱うということは珍しく、 手数料を安く抑えたい人や 指値注文を入れたい人には非常にありがたい取引所です。 最近では特にこの点や、セキュリティ対策が評価されはじめ、ユーザー数を増やしているようです。 取引手数料が安い 一部取引はマイナス手数料 ただでさえ手数料の安い取引所方式での売買ができるのに、 一部の取引では手数料がマイナスです。 マイナス手数料はどういう事かと言うと、取引をするとお金が少しもらえるということですね。 取引量に応じた更なるキャッシュバックキャンペーンも定期的に行っており、 取引回数や取引量の多い方におすすめとなっています。 ビットコイン• ビットコイン・キャッシュ• イーサリアム• ライトコイン• リップル 初心者にもトレード上級者にも嬉しい使いやすさと充実ツール MT4 BITPointを使ってみてすぐに感じるのは、とにかく使いやすいということ。 「どこに何の情報があって」「どこで何ができるのか」が一目でわかります。 BITPointのホームに表示される情報は必要最低限のもので、これなら初心者も迷わず操作ができます。 では上級者には物足りないのかというとそんなことはありません。 多機能ながらも、初心者~上級者まで自分のニーズに合わせてトレードできるのが最大の魅力です。 スマートフォンアプリで外出先でもトレード可能 BITPointは使いやすいスマホアプリ 「BITPoint Lite」もリリースしています。 急な相場の変動時などに、外出先でも対応できるのは安心で便利ですよね。 取引手数料や入出金手数料が無料 これだけ多機能なのに、各種手数料が無料なのも嬉しいところ。 取引手数料が完全に無料なだけでなく、 暗号資産取引所にしては珍しく出金も無料です。 手数料も積み重なると意外と大きな金額になってしまうので馬鹿にできません。 外貨との通貨ペアやFXで取引の幅が広がる BITPointは日本円だけでなく、 USD・EUR・HKDもビットコインと通貨ペアになっています。 また、 2倍・5倍・10倍・25倍のレバレッジ取引も可能。 状況の変化が激しい暗号資産相場において選択肢が多いことは有利に働きます。 ビットコイン BTC• イーサリアム ETH• ネム NEM• リップル XRP• ライトコイン LTC• イーサリアムクラシック ETC• ビットコインキャッシュ BCH• ステラ・ルーメン XLM• モナーコイン MONA アルトコインでレバレッジ取引ができる 最大4倍 国内の取引所ではアルトコインのレバレッジ取引がほとんど取扱いがありません。 DMM Bitcoinの最大の特徴は、レバレッジ取引が上記9種類すべての通貨でできることです。 特に日本で人気のリップルなどは、はじめてレバレッジ取引ができるようになるということで重宝している人も多いようです。 なお、 レバレッジは最大4倍です。 アプリが使いやすくて快適 アプリも非常に使いやすくて気に入っています。 使い方などを調べなくても、感覚的にすぐに使いこなせてしまいます。 暗号資産取引でアプリを使うのに慣れてない• 暗号資産FXにはじめて挑戦する という人でも安心。 動作もサクサクしているので読み込み時間で待たされたりとストレスを感じることもありません。 また、 すべてのポジションを同時に決済する「一括決済ボタン」があるのもポイントです。 出先で急な相場変動などがあったときに素早く対応することができますからね。 ビットコイン• イーサリアム アジア最大級のビットコイン取引所 Liquid by Quoine リキッド を運営するQUOINE株式会社は、グローバル展開しておりアジア最大級のビットコイン取引所となっています。 また 資本金も20億円と今回比較した運営会社の中ではbitflyerに続き2番目の資金力を誇ります。 グローバル展開しており、海外の取引所にも接続しており取扱高も安定しています。 結果として実質的な手数料であるスプレッドも狭くなっています。 さらに手数料もビットコインの現物取引は無料。 初心者も安心してはじめやすい取引所と言えるでしょう。 LINEによるカスタマーサポート 多くの取引所ではメールでのサポートのみとなっています。 リキッドはLINEによる充実のサポート体制。 またウェブ画面も非常に使いやすく、こういった意味でも初心者向けです。 ビットコイン• イーサリアム• ライトコイン• ビットコインキャッシュ• モナコイン• リスク 資金力を裏付けとした安心感 bitFlyerの特徴はその資金力と安心感。 三菱UFJフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループの3大メガバンクやリクルートなどの大企業が株主に名を連ねています。 bitFlyerには 不正出金補償サービスがあります。 資産総額が円換算で100万円を超える二段階認証ユーザーへの補償額はなんと500万円。 それ以外の二段階認証ユーザーは10万円 大きな資金力を持つ運営会社、そして大金を取り扱う場合の十分な補償額でユーザーは安心して取引を行うことができるのが大きなポイントです。 ショッピングや決済に使えて便利 bitFlyerのサイト内ではビットコインの売買だけでなく、実際にビットコインを使うこともできます。 また、 「bitWire SHOP」というサービスでは自分のお店やサービスの決済手段をビットコインに設定することまでできてしまうんです。 登録もカンタン。 月額利用料などはかかりません。 決済手数料1%で、ビットコイン決済を利用できるので手軽で便利ですね。 レバレッジ15倍の信用取引 bitFlyerは 信用取引で最大レバレッジ15倍まで取引することができます。 1位のZaifは7. 77倍であることを考えると、より少ない資金で大きな取引ができるということになります。 高機能リアルタイムチャートとあわせて、投機目的のユーザーにとっても魅力的な取引所となっています。 まとめ• 色んな通貨を取引できる状態にするため• マウントゴックス事件のように取引所が破綻することが100%ないとは言い切れないので 資金を分散させておきたい• 不正出金による補償サービスがある取引所でも上限額が決まっているため、 複数に分けた方が補償額の合計が高くなる 大きな金額を取引する人は特に、少しめんどうでもいくつかの金額に分けて運用するようにしましょう。 その方が結果的にお得です。 以下に目安を載せておきますので、好みに応じて2~3つの取引所を使ってみて下さいね。 まずはここから 全員が開いておいて損のない取引所です。 はじめての方はGMOコインかBitPointから使ってみることをおすすめします。 大きく稼ぐことよりも、安心して取引がしたい人向けです。

次の