キーのみ ポケモン。 キーのみ

キーシステム|『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』公式サイト

キーのみ ポケモン

概要 アイテムのうち、ポケモンに持たせたどうぐをもちものと呼ぶ。 持たせることはできるアイテムは多いが、ポケモンが使えないもの(やなど)も多く、それらはもちものと呼ばないこともある。 狭義のもちもののうちにも、一部のものはプレイヤーがどうぐとして使っても効果があるものもある。 一度もたせたどうぐは、外す・戦闘中に使用してなくなるなどしないかぎり失われず、に預けたりしてもそのポケモンと一緒に移動する。 戦闘中にわざなどの効果で効果が発揮しなくなったり、相手のポケモンのもちものに移るなどすることはあるが、戦闘が終了すると基本的に元の状態に戻る。 ポケモンにもちものを持たせていると、バトルのときに自分でを回復したり、特定のわざで与えるダメージを増やしたりする。 効果が発揮されると消費されてなくなるものもあれば、持っているかぎり効果が発揮され消費されないもちものもある。 ポケモン1体にひとつ持たせることができ、とくせいやわざとの組み合わせることで重要な戦略のひとつとなっている。 また、バトル以外でもやすくなったり、に関係したりするもちものもある。 の中には、もちものを持っているものがいる。 種類によってどのアイテムを持っているか、どのくらいの確率で持っているかが設定されている。 (使用してなくなるアイテムを戦闘の際に野生ポケモンが使わないかぎり)ポケモンを捕まえることでもちものも同時に手に入れることができるほか、などのわざを使ってアイテムだけ入手することも可能。 また、まではゲーム中のトレーナーがポケモンに持たせているアイテムもどろぼうなどのわざで入手することができた。 もちものはにもとして登場しているほか、としても登場している。 バトル中に効果があるもちもの 中にポケモンに持たせると効果があるもちものを以下に挙げる。 斜体のものは特定のポケモンに持たせなければ効果を発揮しない 準 専用アイテムである。 自分のを上げる :、、、、、 :、、、、 、 :、、、、、 :、、、、、、 、 :、、、、 :、、 :、、、 、 自分のすばやさを下げる 、、、、、、、、 相手のを下げる 、 のを上げる 、 類、類 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 、 、 、 与えるを増やす 、 、 ダメージを与える 相手:、、 自分:、、 受けるダメージを抑える、防ぐ 、、、、、、、、、、、、、、、、 、 を変える 、、 を回復する、より多く回復する 、 、 、、、、、、 を回復する などから回復する 、、、、 、 自分が特定の状態異常などになる 、 、、、、 相手を特定の状態異常などにする 、 特定の状態を延長する 、、、、、 を出す順序を変える 、 、 特定のわざのを変える 類、 類、 類、 類 特定のわざしか出せなくなる 、、、 する、させる 、、 が溜めなしで出せる を半減する などを予防する 類、 類、類、 、 、 する 類 を使う 類 から必ず 仕様が変更されたもちもの 次のもちものはポケモンに持たせると効果があるが、以降の世代で廃止された、あるいは未登場である。 詳しい効果はそれぞれのページを参照。 まで登場、第三世代以降未登場• まで登場、第四世代以降未登場• それぞれ 、、、、、、、、、、、• 自体は現存。 まで登場、以降未登場• など、特定のタイプのわざの威力を上げるもちもの• 第二世代ではダメージを増やす、第三世代ではこうげきやとくこうを上げる効果だった。 きあいのタスキ• を参照。 メンタルハーブ• を参照。 こころのしずく• を参照。 、、、、• それぞれのページを参照。 バトル中以外に効果があるもちもの もちものの多くはの時に使われるが、それ以外の状況でもポケモンに持たせることで効果が発揮されるものもある。 それらのもちものを以下に挙げる。 特定のポケモンに持たせてするとポケモンがする 、、、、、、、、、、、 特定のポケモンに持たせてさせるとポケモンが進化する 、、 特定のポケモンに使うと進化する。 、、、 特定のポケモンに持たせてスティックを回すと進化する。 もちものが関係するとくせい バトルでの効果• フィールドでの効果• におけるもちもの格納領域はにおける格納領域を転用したものである。 そのため、のポケモンをに移動した場合、捕捉率に応じた何らかの道具を持っている場合がある。 関連項目•

次の

きのみのデータ一覧

キーのみ ポケモン

5倍になる。 またその時、『やけど』状態による『こうげき』半減の効果を受けない。 お互いに技が命中率・回避率に関係なく必ず命中する。 技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』『あなをほる』『ダイビング』『ゴーストダイブ』『シャドーダイブ』を使っている時でも命中する。 /野生のポケモンと出会いやすくなる。 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンホームで移動• 野生のカイリキーを捕まえる• 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 必ず後攻になる 優先度:-4。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第7世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。 10 XY〜DPt ,Lv. 16 ピカブイ ,基本 USUM〜赤緑青ピ ,Lv. 15 金銀ク ,Lv. [Lv. 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [Lv. 25 金銀ク ,Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [ワンリキー:Lv. 相手のレベルが自分より高いと失敗する。 『ひこう』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ダイマックスしている相手には無効。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 また、技『そらをとぶ』『とびはねる』『でんじふゆう』『テレキネシス』の効果が解除され、『でんじふゆう』『テレキネシス』は使用できなくなる。 『フリーフォール』状態の相手にも命中する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ランク』は変化しない。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。

次の

カイリキー|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

キーのみ ポケモン

カイリキーの強さ かくとう技が環境トップのポケモンに刺さる 「カイリキー」は伝説ポケモンが多く登場するマスターリーグでは 決して種族値(ステータス)は高くありません。 そんなステータスの劣勢があっても 活躍できる要因に「かくとう」タイプであることがあります。 「かくとう」技は ディアルガやメルメタルなどよく選出される「はがね」タイプポケモン、そして「ノーマル」タイプの カビゴンに効果抜群です。 マスターリーグ環境トップのこれらポケモンに有効なのは非常に魅力的です! クロスチョップが高性能 「かくとう」タイプのポケモンであれば 他にもローブシンやルカリオが存在します。 しかし、それらポケモンよりカイリキーが優れている点は スペシャルアタック(ゲージ技)に 「クロスチョップ」を覚えるところです。 撃つまでのエネルギー(ゲージ)が 35 と最速レベルであり、かつ威力も高めなので、 非常に効率よく相手にダメージを与えることができます!• 「かくとう」技に耐性あり• 「エスパー」技が効果抜群かつ強力 ギラティナ・トゲキッスは歯が立たないレベル 「ゴースト」タイプを持つ 「ギラティナ・オリジンフォルム」が「かくとう」技に2重耐性を持ち攻撃面も優秀であり、他のポケモンにも幅広く対応できるためおすすめです。 「トゲキッス」も同じく「かくとう」2重耐性持ちで、それ以外にも「ドラゴン」タイプキラーとして他のポケモンにも対応できます。 ただし、 カイリキーの「いわなだれ」は弱点なため要注意です。 強力なノーマルアタック持ちに注意 「カイリキー」は耐久力が高くないため、 等倍ダメージでも強力なノーマルアタック持ちの「カイリュー」や「カイオーガ」にも不利対面になります。 「カイリキー」は有利・不利がかなり明確に分かれているため、不利なポケモンとはまともにバトルをしないようにしたほうが無難です。 GOバトルリーグ情報.

次の