ご 自愛 ください 使い方。 「ご自愛ください」の意味と使い方・例文・目上の人への使い方

「時節柄」の意味と使い方を解説!ビジネスシーンで使える例文もチェック!

ご 自愛 ください 使い方

挨拶文やメールを締めくくる結びの言葉には、今後につなげる挨拶、返信を求める文章などさまざまあります。 そこで今回は、ビジネスシーンでよく使われる結び言葉の一つ、「ご自愛ください」の正しい使い方をご紹介します。 「お体ご自愛ください」は間違い? 「自愛」という言葉の意味を調べてみると、「自分を大切にすること」「自分の健康状態に気を付けること」と記載されています。 つまり「自愛」とは、自分をいつくしむことですから、「ご自愛ください」は、「あなたの体を大事にしてください」という労わりの言葉になります。 「お ご ~ください」という定型句は、相手に何かを依頼する際に用いる敬語です。 「席をおゆずりください」「ご自由にお取りください」といった表現と同じで、「ご自愛ください」という言葉は、目上の人に対してはもちろんのこと、誰に対しても使える言葉と言えます。 また、「ご自愛ください」の前の部分に、時候を表す言葉や「~なので」といった理由を入れるのが一般的です。 何もなしに「ご自愛ください」と結ぶのは不自然ですので、気を付けましょう。 ・厳寒の折、風邪など召されませぬようご自愛ください。 ・お忙しいとかと存じますが、ご自愛くださいませ。 また、「何卒」「くれぐれも」「どうぞ」といった言葉を足すと、より丁寧な表現になります。 ・体調を崩されませぬよう何卒ご自愛くださいませ。 ・風邪が流行っているようですので、くれぐれもご自愛ください。 ・厳しい暑さが続きますが、どうぞご自愛ください。 さらに丁寧な言い方をするならば、文末を「~申し上げます」とすると良いでしょう。 「ご自愛ください」だけでも丁寧な表現ですが、「ください」という表現が命令されているように感じる人もいるようです。 特段丁寧に接したい相手には、「~申し上げます」という形で結ぶと良いでしょう。 ・寒さ厳しい折、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 ・酷暑の折から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 二重表現になってしまいますので、気を付けましょう。 病気の人に使うのはNG また、「ご自愛ください」には、「今の健康な状態を維持し、体調を崩しませんように」という意味合いが込められていることから、元気な人に対して使う言葉であって、怪我や病気などで体調を崩している人に対して使うべき言葉ではありません。 体調が悪い人に対しては、「一日でも早いご回復をお祈りいたします」「どうかお大事になさってください」といった言葉で結ぶと良いでしょう。 「ご自愛ください」という言葉は、相手のことを気遣いながら文章を締めくくることができる素敵な結び言葉です。 季節に合った時候の表現とうまく組み合わせて、正しく使ってみましょう。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

二重敬語に注意! 「ご担当者様」の使い方|「マイナビウーマン」

ご 自愛 ください 使い方

ビジネスシーンにおいて、「ご自愛ください」は、打ち合わせの別れ際のあいさつや、メールのやり取りがひと段落するときの締めの言葉としてよく使われています。 お礼状、寒中見舞い、暑中見舞いなどの手紙の中でも使われています。 先述したように「お体を大切に」という意味があるので、意味の上では軽く体調を崩している相手に対しても使うことはできます。 ただ、症状が重い風邪などの場合は、「どうぞお大事になさってください」といった表現のほうが適しているのではないでしょうか。 私生活においては、手紙の中や、メールのやりとりの最後など、主に書き言葉で使われています。 敬語を使う相手に対しては、話し言葉の中で使うこともあります。 とはいえ、多くの場合は「お体を大切になさってください」など、もう少し簡単な表現に言い換えて使うケースが多いと思います。 多忙な相手や疲れている相手を思いやって使います。 【例文】 ・本日はお疲れだと思いますので、どうぞお体を お労わりください。 【例文】 ・まずはお体を お大事になさってください。 しばしば手紙の中で使われています。 【例文】 ・暑さが続いておりますので、 お体をおいといください。 今回は、国語講師の吉田裕子さんに「ご自愛ください」の意味や使い方について解説頂きました。 「ご自愛ください」は、相手の健康状態を気遣っていることを伝えることができる言葉です。 ビジネスメールのやり取りがひと段落するときに、文末に一言添えてみてはいかがでしょうか。

次の

「ご自愛ください」の意味や使い方を例文で紹介【どうぞ/くれぐれも】

ご 自愛 ください 使い方

年賀状は、一年の節目にお互いの幸せを願って、感謝の言葉や近況報告、健康を願う言葉、あるいは新年の抱負などを盛り込みます。 よって、年賀状でも相手の健康を願うフレーズは必要となります。 年賀状では、「寒い日が続きますのでくれぐれもご自愛ください」や「寒さ厳しき折何卒ご自愛くださいませ」というように寒い時期という季節にマッチした前置きとともに健康を願う挨拶文として使われます。 手紙での使い方 そのほか季節を限定せず、一年中使える手紙やメールなどでは、「時節柄、どうぞご自愛ください」という言い回しがあります。 時節柄というのは、「現在のこのような季節なので」という意味なので、一年中使うことができます。 季節にマッチしたフレーズにはどんな種類がある? 季節にマッチしたフレーズとしては、以下のようなものがあります。 一部を月別に紹介します。 月 例文 1月 厳しい寒さが続きますが、くれぐれもご自愛ください 2月 まだまだ寒い毎日ですが、どうかご自愛ください 3月 何かと忙しい季節の変わり目かと存じますが、ご自愛ください 4月 花冷えの折、くれぐれもご自愛ください 5月 向暑の折、どうかご自愛ください 6月 梅雨空がつづきますが、どうかご自愛ください 7月 暑さ厳しき折、夏バテなどされませんようご自愛ください 8月 厳しい暑さが続きますが、体調を崩されませんようご自愛ください 9月 未だに残暑が続いておりますが、どうかご自愛ください 10月 日ごとに寒くなりますが、くれぐれもご自愛ください 11月 めっきり寒くなってまいりましたが、風邪など召されませんようご自愛ください 12月 年末ご多忙の折ではございますが、くれぐれもご自愛ください 「ご自愛ください」の例文 「ご自愛くださいませ」って誰でも使える? 「ご自愛くださいませ」という表現は、「ご自愛ください」よりも丁寧な表現です。 女性が使う言葉のように感じますが、男性が使っても大丈夫です。 「暑い日が続きますが、体調など崩されませんようどうかご自愛くださいませ」または、「時節柄、くれぐれもご自愛くださいませ」のように使います。 「ませ」は、丁寧語「ます」の命令形で「ご自愛ください」で終わるとそっけない印象を与えてしまう時などに「ご自愛くださいませ」とすることで、より丁寧で語調を柔らかく、優しい印象を与える効果があります。 「ご自愛くださいね」はどう使う? 「ご自愛くださいね」という表現は、親しみを込めた表現でくつろいだ会話や親近感を込めて使う場合には問題はなく、「寒い日が続きます、どうかご自愛くださいね」のようにつかいます。 ただ、この表現は「ね」という一言で念を押すような印象を与えることもあります。 また、敬意を感じられないので、目上の人やビジネスシーンで使うことは避けた方がよいでしょう。 さらに、「ご自愛下さいね」と「下さい」を漢字にした場合の「下さい」は物が欲しいというニュアンスになるので、平仮名で「ご自愛くださいね」とするのが正解です。 「ご自愛いただき」はどう使う? 「自愛いただき」という表現は、「何卒、ご自愛いただければと存じます」や「ご自愛いただきますよごうお願いいたします」のように使います。 「ください」という場合は相手に視点を置いた尊敬語ですが、「いただく」は自分に視点を置いた謙譲語です。 「ご自愛いただき」という場合には自分や自分側の人間が主語となります。 また、上記の「下さい」同様「頂き」と漢字にした場合は、何かをもらうという意味になるので、ひらがなで「ご自愛いただき」と書くようにしましょう。 「ご自愛のほど」はどう使う? 「ご自愛のほど」という表現は、「くれぐれもご自愛のほどお祈りいたしております」や「何卒、ご自愛のほどお願いいたします」のように使います。 「のほど」という言葉は断定を避ける言い回しで、相手に強制しないで柔らかく表現する効果があります。 強い口調を避けるためこのような言い回しを使うことがあります。 「ご自愛専一」ってどういう意味? 「ご自愛ください」は相手を気遣う優しい言葉です。 ここでは、間違った使い方やNG例を紹介します。 せっかくの好意が無駄にならないよう、正しい使い方を覚えましょう。 「お身体をご自愛ください」は間違っている? 「お身体をご自愛ください」または「お体をご自愛ください」どちらの表現も時々見かけることがありますが、これは間違いです。 「自愛」自体に「自分の体大切にする」という意味が含まれているので、重複表現となるからです。 「ご自愛ください」の前に「お身体」または「お体」という言葉は必要ありません。 「ご自愛ください」だけでお身体を大切にしてくださいという意味は伝わります。 「お体」と「お身体」の違いは分かりますか? 「お体」は常用漢字の表記、「お身体」は常用漢字外の表記で、基本的にはこの常用漢字「お体」を使うのが一般的です。 ただ、これは絶対的なものではなく、「体」には人間や動物に限らすさまざまな物体の「からだ」という意味があります。 また、人間や動物に限定され医学的、栄養学的な表現や抽象的な「からだ」を強調したい時には「身体」を使います。 使う人が強調したいものがあるときや改まった場面、改まる相手の場合「お身体」を使うことがあります。 元気な人にだけ使いましょう! 「ご自愛ください」という言葉は相手の体調を気遣う言葉なので、すでに体調を崩している人や病気を患っている人に対しては不適切です。 あくまでも元気な人に「体調に気をつけてください」というメッセージとして使うようにしてください。 ただでさえ弱っている人に「体調に気をつけて」というメッセージは不要です。 その場合には、「どうぞ、お大事になさってください」や「1日でも早い回復をお祈りいたしております」などのフレーズを選びましょう。 「ご自愛ください」という表現は相手の体調を気遣う丁寧な言葉なので、目上の人には積極的に使いたい言葉です。 どちらかと言えば、友達や同僚よりも目上の人に対して使う方が多いでしょう。 季節や気候にマッチしたフレーズを「ご自愛ください」の前に置くことは前述しましたが、これを忘れるとただ単に理由もなく体調を気遣っている、病気のお見舞いのようなニュアンスになってしまうので、忘れないようにしてください。 また、目上の人に対してあまりにも簡単明瞭な文面では手を抜いたように受け取られ、失礼だと感じられる場合があるので、「ご自愛ください」の前に「くれぐれも」や「何とぞ」または「どうぞ」などの言葉をつけたり、「ご自愛くださいませ」とすると、より丁寧な印象を与えることができます。 「ご自愛ください」に対してどう返事すればいい? 「ご自愛ください」という結びのフレーズは一般的にもよく使われるので、「ご自愛ください」で結ばれた手紙やメールをもらった経験がある人は多いでしょう。 「ご自愛ください」という結びの挨拶に対してどのような返信をすればよいのか、ここでは例文を挙げて紹介していきます。 返事の例文はどう書く? 基本的には、相手が自分に対して優しく気遣ってくれたことへのお礼とこちらから相手の体調を気遣う言葉が必要となります。 「お気遣いいただき、ありがとうございます。 「ご自愛ください」の言い換え 「ご自愛ください」以外にも日本語には相手の体調を気遣う言葉はたくさんあります。 「ご自愛ください」と同じような意味で、文章の結びのフレーズとして使える言葉をいくつか紹介します。 「おいといください」の使い方と例文 「おいといください」は漢字では「お厭いください」と書きます。 「厭う」は「かばう、大事にする」という意味です。 「厳しい暑さが続きますが、体調など崩されませんようくれぐれもお身体おいといください」のように使います。 「厭う」にはもう一つ「嫌って避ける、嫌がる」という意味もあります。 言葉で伝える場合には問題はありませんが、文章で伝える場合にはあまり良い印象を与える漢字ではないので、この場合には「おいといください」とひらがなで書くことをお勧めします。 「お労りください」の使い方と例文 「お労りください」という表現もあります。 「おいたわりください」と読みます。 「お労りください」は、「おいといください」と同じように柔らかい響きを持つ大和言葉です。 「労る」には養生をするという意味があり、「厳しい暑さが続きますが、体調など崩されませんようくれぐれもお身体おいたわりください」というように使います。 同じ漢字を使った「労う」「ねぎらう」という言葉がありますが、「ねぎらう」は、努力に対する感謝の気持ちを何らかの手段で表現するという意味です。 「いたわる」とは使い方も使う相手も異なりますので、注意してください。 「ご健勝をお祈り申し上げます」の使い方と例文 文章の結びの挨拶としてよく使われるのが、「ご健勝をお祈り申し上げます」という表現です。 「健勝」は「けんしょう」と読み、「健康がすぐれて健やかな様子」という意味です。 「末筆ながら、ますますのご健勝とご多幸をお祈りいたします」や「皆さまのご健勝と貴社の益々の発展をお祈り申し上げます」のように使います。 一般的にビジネス文書や年賀状で良く見かけるフレーズです。 文末だけでなく、文頭においても「時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」というように頻繁に使われています。 間違えやすい「自愛」と「慈愛」の違い.

次の