美山 たかし。 BIOGRAPHY

BIOGRAPHY

美山 たかし

里美たかし6歳のときに父親(二代目座長)の体調の都合で劇団が解散して、自分自身は一般の生活をしていましたが、環境的に大衆演劇関係者の出入りが多く、依頼があれば舞踊でイベント出演をしていました。 観客として大衆演劇に触れているうちに、自分でやりたくなり、12歳のときに最初から座長としてこの世界に挑戦しました。 里美たかしその場に応じて演じ、舞うことを求められ環境にいるので、対応力には自信があります。 里美たかし「扇子の風」は歌詞に深く共感できて、劇団の結束力を表現しているところ。 「月下に咲く」は儚さ、古の不思議な花魁の世界を男の視点で演じる女性像。 「焔乱」は力強さと躍動感、殺陣をみてください。 あと僕の目力。 里美たかしはまっていることは筋トレ。 自分が身に着ける舞台道具の細部にこだわっている。 今は、自分がまだ知らない世界で表現活動をしたい。 作品情報.

次の

新歌舞伎座公演も決定!勢いが止まらない「劇団美山」 1/27(土)CSに登場【大衆演劇】

美山 たかし

本物の日本酒を醸すお蔵様。 神奈川県北西部に広がる足柄平野で栽培。 農家さんと2人三脚で10数年にわたりトライを繰り返し日本酒の可能性を広げた凄い酒です。 ほんのりとした優しい甘みが魅力!長野は信州の酒造好適米「美山錦」をつかって造られたお酒です。 お蔵様の本気と農家様の心のこもった素敵なお酒です。 隆は全国各地の酒造好適米が使われていて、さまざまな風味が楽しめます。 米のコアの部分から旨味を引き出す、まさに露木マジック。 お蔵様の姿勢があらわれている見事な1本です。 ~~~~~~ 透明感のある美山錦の凛とした味わいが和食に良く合います、、 この控えめな中にある美味しさが魅力です!! この隆は1年、、2年と、、寝かして花開くような日本酒なのです。 ワインのような余韻と切れが素敵です。 ぜひ、1度『隆りゅう』をご賞味ください。 当店では、インターネットで日本酒、焼酎を販売しておりますが、本来対面販売を主とし私たちの酒に対する考えや方向性を解って頂いた上で、ご案内させて頂きたいと思います。

次の

新歌舞伎座公演も決定!勢いが止まらない「劇団美山」 1/27(土)CSに登場【大衆演劇】

美山 たかし

8月から年末まで大阪・東京の劇場公演が続きます。 楽しみに待たれているファンの皆さんへ、どのような気持ちで準備をされていますか? 僕なりにですけども、 一ヶ月、一ヶ月、照明や舞台装置にしても凄くなっていきます。 ヤバくなります、最後には舞台が仕上がります。 表にも舞台装置の箱がありましたが… 舞台装置にも手が入り、 さらに完成された公演になるということですね? 最終兵器は舞台装置です。 12月梅田呉服座公演では舞台装置の最終形態。 ヤバいことになります。 舞台が動きます。 舞台中が動きます。 (腕を動かしながら)こうなるんです… (舞台が動く様子を手振りで表現されている座長が伝えられないのが残念です。 ) 一気にはできないので、 ひと公演づつ完成させていきます。 劇団美山でしか観られないオリジナルの舞踊やお芝居も魅力です。 「この演目の為にスケジュールを組んだ」という お客様もたくさんおられます。 また、演歌や最新の曲にとどまらない 「観ているだけで圧倒される」 独創的な舞踊も唯一無二だと感じます。 日常の些細なことからもインスピレーションを得られるとのことですが、最近の印象深いことなどはありましたか? (少し考え込みながら) 印象深いこと…、逆に探しています。 ネタ、探しています。 僕がニヤケルと、虎次郎がビビります。 同じ楽屋におられた虎次郎さん、 急に話をふられてビビっておられました。

次の