ホタルブクロ 写真。 同じキキョウ科ホタルブクロとカンパニュラ、幻想的な蛍との関係

ホタルブクロ、ヤマホタルブクロ、ヤエホタルブクロ。ウォーキングコースで見かける3種類のホタルブクロです。写真整理と自然観察の振り返り(その48)。

ホタルブクロ 写真

2009年6月21日撮影。 2009年6月21日撮影。 山間部では人里にも生える野草ですが、美しいので山野草として栽培されることもあります。 花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多いそうです。 2012年6月1日撮影。 2012年6月1日撮影。 ヤマホタルブクロは、ホタルブクロの変種で、山地に自生する多年草です。 2012年5月29日撮影。 2012年5月29日撮影。 釣鐘型の下向きの花ですので、何もなければ昆虫は滑り落ちてしまいます。 そのため、花冠の中に長い毛を密集させて、蜜を求めてやってきた昆虫のために安定した足場を提供しているそうです。 2012年5月29日撮影。 2012年6月5日撮影。 2012年6月5日撮影。 2012年6月15日撮影。 2012年6月15日撮影。 二重の花は、外側が萼片で内側は花弁のようです。 2012年6月15日撮影。 園芸種が、株を増やしているのでしょうか。 10本前後が群生しています。 2012年6月18日撮影。 2012年6月18日撮影。

次の

ホタルブクロ 写真素材 [ 2182046 ] 無料

ホタルブクロ 写真

ホタルブクロ(蛍袋)の栽培のポイントは? 日当たりと水はけのよい場所に植え付ければ、手間はほとんどかかりません。 ただ、暑さには弱く、直射日光に当たると弱ってしまうので、注意してください。 ホタルブクロ(蛍袋)の種まきと苗植えの時期と方法は? 種まき ホタルブクロの種は、2~3月が植え付けの適期です。 湿らせた川砂と種を混ぜ、1ヶ月ほど冷蔵庫で保管してから、赤玉土(小粒)やバーミキュライトにまいていきましょう。 その後は、発芽するまでは土が乾かないように水やりをしてください。 苗植え 2~3月に鉢や地面に植え付けていきます。 草丈が高くなり、地下茎を伸ばして増えていくので、地植えにした方が安心です。 鉢植えは、赤玉土(小粒)4:鹿沼土(小粒)4:腐葉土2の割合で混ぜた土か、市販の草花用培養土に鹿沼土を2割ほど混ぜたものがおすすめです。 苗よりも1回り大きな鉢に植え付けてください。 地植えは、苗よりも1回り大きな植え穴を掘って植えます。 掘り起こした土は、水はけをよくするために、腐葉土を2~3割、籾殻くん炭を1割ほど混ぜるとよいですよ。 また、植え付けるとき、根に付いた土はきれいに落し、絡まった根はほぐしておくようにします。 ホタルブクロ(蛍袋)の水やり、肥料の時期と方法は? 水やり 鉢植えは、土の表面が乾いてきたらしっかりと水を与えます。 ただ、冬は休眠期なので、水やりの回数は減らしましょう。 地植えは、植え付けから2週間の間は、根付かせるために土が乾いたら水やりをするようにしますが、根付いてからはよほど乾燥しない限り雨水だけで育ちます。 肥料の与え方 4~5月の生育期に、液体肥料を月に2~3回与えます。 まだ株が若いときは、夏の間も肥料を与えてもかまいません。 そして、8~9月にゆっくりと効く緩効性化成肥料を株元に施します。 ホタルブクロの植え替えの時期と方法は? ホタルブクロは、根が地下茎でどんどん広がっていくので、鉢植えは1~3年に1回、1回り大きな鉢に植え替えをして根詰まりを防ぎます。 適期は新芽を出す前の2~3月ですが、場合によっては8~9月に行ってもよいですよ。 手順は、植え付け時と同じです。 同時に、株分けで数を増やすと効率的ですね。 ホタルブクロの増やし方!株分けの時期と方法は? ホタルブクロは、株分けやタネまき、さし芽などで数を増やすことができます。 その中でも株分けが一番簡単な方法です。 植え替えをする2~3月に行います。 親株から横に這うように地下茎が伸びるので、その伸びた茎を葉と根が付いている状態で、ナイフやハサミで切り離していきます。 そして、それぞれを鉢や地面に植え付ければ完了です。 ホタルブクロは育て方が簡単な山野草 ホタルブクロは、見た目は繊細そうですが、実は手間のかからない丈夫な山野草です。 病気や害虫の心配が少なく、地植えにしてしまえば水やりもほとんどしません。 ガーデニング初心者の方でも簡単に育てて楽しめますよ。 紫、ピンク、白と色違いの株を育ててみるのもおすすめですよ。 ぜひ、庭の仲間に加えてみてください。

次の

同じキキョウ科ホタルブクロとカンパニュラ、幻想的な蛍との関係

ホタルブクロ 写真

2009年6月21日撮影。 2009年6月21日撮影。 山間部では人里にも生える野草ですが、美しいので山野草として栽培されることもあります。 花色には赤紫のものと白とがあり、関東では赤紫が、関西では白が多いそうです。 2012年6月1日撮影。 2012年6月1日撮影。 ヤマホタルブクロは、ホタルブクロの変種で、山地に自生する多年草です。 2012年5月29日撮影。 2012年5月29日撮影。 釣鐘型の下向きの花ですので、何もなければ昆虫は滑り落ちてしまいます。 そのため、花冠の中に長い毛を密集させて、蜜を求めてやってきた昆虫のために安定した足場を提供しているそうです。 2012年5月29日撮影。 2012年6月5日撮影。 2012年6月5日撮影。 2012年6月15日撮影。 2012年6月15日撮影。 二重の花は、外側が萼片で内側は花弁のようです。 2012年6月15日撮影。 園芸種が、株を増やしているのでしょうか。 10本前後が群生しています。 2012年6月18日撮影。 2012年6月18日撮影。

次の