お早い対応ありがとうございます。 早い対応へのお礼メール|2つの敬語表現で好印象を獲得【例文あり】

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

お早い対応ありがとうございます

正しい例:迅速な ご対応ありがとうございます。 迅速な対応をして 頂き、ありがとうございます。 間違っている例:迅速な ご対応をして 頂きありがとうございます。 「ご対応」「~して頂き」はどちらも尊敬語です。 「尊敬語+尊敬語」や「+謙譲語」は二重敬語になるため適切ではありません。 「迅速な対応」を敬語表現で使用する場合は、尊敬語の使い方に注意しましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用 「迅速な対応ありがとうございました」はビジネスシーンでもよく使用する言葉です。 しかし 同じばかり使っていると、相手に「言葉が軽い」という印象を与えてしまいます。 そこで「迅速な対応ありがとうございました」の応用をしましょう。 「迅速な対応ありがとうございました」の応用は次の2つです。

次の

「早速のご対応」は敬語?意味とメールでの使い方、読み方、英語表現を解説!

お早い対応ありがとうございます

「迅速な対応」の敬語 尊敬語の接頭語「ご」を付けて「迅速なご対応」なら目上・上司に使える 「迅速な対応」だけでは敬語ではありません。 そのため、目上の相手には「ご」を付けて 「迅速なご対応」としましょう。 「ご迅速な対応」より「迅速なご対応」がベター 敬語の接頭語「ご」は、文脈により尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなることができます。 「ご迅速な対応」の「ご」は「迅速」をただ丁寧に言ってるだけなので、丁寧語になります。 「迅速なご対応」の「ご」は相手の行為である「対応」の敬語表現なので、尊敬語になります。 よって、「ご迅速な対応」は正しい敬語ですが 「迅速なご対応」の方がより丁寧な敬語(相手を敬っている)になります。 迅速な対応をお願いします 相手にすぐ対応をしてもらいたいときに使います。 「迅速な対応をお願いします」は、対応すべき事項の優先順位がとても高いことを表します。 「お願いします」のより丁寧な言い回しとして「お願いいたします」「お願い申し上げます」があります。 また、「素早い対応をしてください」とお願いするときはクッション言葉をつけましょう。 「大変恐縮ですが」「お忙しいところ恐れ入りますが」「ご多忙の折と存じますが」など、相手を気遣う言葉を心がけましょう。 ただ、 どれだけ丁寧な言葉を使っても、目上の人に「急いでください」といった催促のニュアンスは失礼にあたるため気をつけましょう。 例文 ・大変恐縮ですが、迅速な対応をお願いします。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、期限が迫っておりますため迅速な対応をお願いいたします。 ・ご多忙の折とは存じますが、迅速な対応をよろしくお願い申し上げます。 「迅速な対応」の英語 「迅速な」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「迅速な対応」の英語の例文.

次の

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

お早い対応ありがとうございます

「ご対応」の正しい使い方 「ご対応」という表現は 、「対応」に「ご」をつけた尊敬語で、相手にこちらの事情や状況をお汲みとって対応していただきたい時や、対応していただいた時に使います。 相手の行動を左右する言葉ですから、尊敬の念をもって丁寧な表現を使うようにしましょう。 例えば、相手から誠意ある対応を受けた心遣いに対して感謝の思いをあらわす場合、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という使い方をします。 使うタイミング 「ご対応」を使うシーンには、これから対応していただきたい旨をあらわすシーンと、これまで対応していただいたことへの感謝の言葉をあらわすシーンがあります。 どちらの場合も使うタイミングを逃さないようにしたいものです。 とくに感謝の言葉をあらわすさいには、 伝える機会を逃してしまったら、相手に伝わらない、理解されないことがありますので、できるだけ早く伝えるようにしましょう。 たとえ短い言葉や文章でも、早く伝えることによって相手に好印象を与えます。 「ご対応」の言い換え表現 「ご対応」の言い換え表現は「ご説明」「ご案内」「ご配慮」などがあります。 対応してもらった内容によって適切な表現に変えるとよいでしょう。 ご対応を正しく使い円滑な関係を築くコツ 「迅速なご対応ありがとうございました」というフレーズは、質問やクレームなどに対して素早く誠意ある対応をしてくれた相手に、感謝の気持ちを丁寧な言葉で表現したいときに使います。 このように感謝の気持ちを言葉にして丁寧に伝えないしっかりと感謝の気持ちを伝えることで、こちらの印象も良くなり、相手の対応も変わってくることがあります。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」というフレーズは、こちらが期待していた通り、あるいはそれ以上の適切な対応をしてくれたときに、感謝の気持ちを「迅速なご対応ありがとうございました」と同じようなフレーズで表現しています。 このような似た言い回しをいくつか覚えておくと、言葉のバリエーションも広がりますね。 迅速な対応の「迅速」と「最速」や「急速」との違い 「迅速」と「最速」や「急速」は少し違った意味になります。 「迅速」は物事の進行が速いことをさしています。 それに対して「最速」は対象となるものの中で最も速いことです。 また、「急速」は物事の起こり方が進む速度が非常に速いことを示しています。 一見、似ている言葉ですが使用する場面も変わってくるため使い分けに注意しましょう。 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」を使う場面 「迅速なご対応をいただきありがとうございました」は、ビジネスシーンで使用頻度が高いフレーズのひとつです。 それだけ私たちはビジネスを通じて人と関わる機会が多いということでしょう。 その中には、自分一人で完結する仕事ばかりではなく、急な飛び込みの仕事や客先からの緊急クレームの対応など、同僚や上司、取引先の力を借りないと出来ないこともあると思います。 そのような時、かわりに素早い対応してくれた相手に、「迅速なご対応をいただきありがとうございました」という丁寧な言葉で感謝の思いを伝えることは、協力してくれた相手とのより強い信頼関係を築いていくうえでとても大切なことです。 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」を使う場面 「適切なご対応をしていただき、感謝しております」も、こちらが手に負えない難しい仕事を適切に対応してくれた相手に使うフレーズです。 同じ言葉のかけ方ひとつで相手の対応だけでなく、品格や信頼も上がっていきます。 相手の対応に対して、こちらも丁寧な敬語で応えることは、私たちビジネスパーソンにとって基本的なマナーとして覚えておきましょう。 今回は、急を要する案件でしたが 貴社のご支援なしでは、進めることができなかったかと存じます。 今後も、何かとお世話になることと存じますが、 何卒よろしくお願い申し上げます。 心よりお礼を申し上げます。 何かとご面倒をおかけすることもあるかと思いますが 今後ともご指導、ご助言をいただきますよう よろしくお願い申し上げます。 丁寧な対応とご丁寧な対応の違い 丁寧な対応とご丁寧な対応の意味は基本的に変わりません。 使用する場面にも差はありません。 しかし、ご丁寧な対応の方が丁寧な対応よりも相手を更に敬った表現になっています。 目上の人に使用する際はご丁寧な対応を使用した方がよいでしょう。

次の