アイラブ 歌詞 髭 男 意味。 【Official髭男dism/イエスタデイ】の歌詞の意味を徹底解釈

【Official髭男dism/宿命】歌詞の意味を徹底解釈!「熱闘甲子園2019」テーマソングに迫る!

アイラブ 歌詞 髭 男 意味

冒頭でも述べましたが、今回紹介する「イエスタデイ」は2019年9月20日公開の映画「ハロー・ワールド」の主題歌として書き下ろされた楽曲です。 つまり、ヒゲダンのイエスタデイをしっかり考察していく為には、映画の内容を把握する必要があります。 公式に掲載されているあらすじがこちら。 「お前は今日から三か月後、一行瑠璃と恋人同士になる」 京都に暮らす内気な男子高校生・直実(北村匠海)の前に、10年後の未来から来た自分を名乗る青年・ナオミ(松坂桃李)が突然現れる。 ナオミによれば、同級生の瑠璃(浜辺美波)は直実と結ばれるが、その後事故によって命を落としてしまうと言う。 「頼む、力を貸してくれ。 」彼女を救う為、大人になった自分自身を「先生」と呼ぶ、奇妙なバディが誕生する。 しかしその中で直実は、瑠璃に迫る運命、ナオミの真の目的、そしてこの現実世界に隠された大いなる秘密を知ることになる。 世界がひっくり返る。 新機軸のハイスピードSF青春ラブストーリー -たとえ世界が壊れても、もう一度、君に会いたい- 大好きな彼女が死んでしまう未来。 それを変えるために10年後の自分が全力でイマを変えようとする。 時間軸を越えていくタイムリープ系の映画は特に最近では多いような気もしますが、こういった類のSFには毎度毎度ワクワクさせられる。 映画の内容を大方押さえたところで、さっそく本題の楽曲考察に移っていきましょう。 楽曲名「イエスタデイ」とは 「イエスタデイ」という言葉を率直に訳すと 「昨日」「少し前」 と変換され、過去を想起させる意味になるのですが、ここで思い出して頂きたいのが 「時を越えて瑠璃を助けに行く」 という映画「ハローワールド」の趣旨です。 仮に本タイトルを、未来の自分視点で解釈すると、「イエスタデイ」というのは 希望を象徴するような意味合い が強いのではないでしょうか。 なぜなら、イエスタデイ 過去 には、 瑠璃が存在しているから。 バスドラムの代わりに秒針の音が起用されるサウンドも、「時を越えて」という映画の世界観を彷彿させてくれますね。 センスが光る。 また、歌詞では 半信半疑で 世間体 気にしてばっかのイエスタデイ という形で「イエスタデイ」というタイトルが組み込まれているのですが、歌詞はどのようなストーリー展開になっているのでしょうか。 本題の歌詞を細かく見ていきましょう。 歌詞 何度失ったって取り返してみせるよ 雨上がり虹がかかった空みたいな 君の笑みを 例えばその代償に誰かの表情を 曇らせてしまったっていい 悪者は僕だけでいい 本当はいつでも誰もと 思いやりあっていたい でもそんな悠長な理想論は ここで捨てなくちゃな 遥か先で 君へ 狙いを定めた恐怖を どれだけ僕ははらい切れるんだろう? 半信半疑で 世間体 気にしてばっかのイエスタデイ ポケットの中で怯えた この手は まだ忘れられないまま 「何度傷ついたって仕方ないよ」と言って うつむいて君が溢した儚くなまぬるい涙 ただの一粒だって 僕を不甲斐なさで溺れさせて 理性を奪うには十分すぎた 街のクラクションもサイレンも 届きやしないほど 遥か先へ 進め 身勝手すぎる恋だと 世界が後ろから指差しても 振り向かず進め 必死で 君の元へ急ぐよ 道の途中で聞こえた SOSさえ気づかないふりで バイバイ イエスタデイ ごめんね 名残惜しいけど行くよ いつかの憧れと違う僕でも ただ1人だけ 君だけ 守るための強さを 何よりも望んでいた この手に今 遥か先へ 進め 幼すぎる恋だと 世界が後ろから指差しても 迷わずに進め 進め 2人だけの宇宙へと ポケットの中で震えた この手で今 君を連れ出して 未来の僕は知らない だから視線は止まらない 謎めいた表現技法 意味深な君の気性 アイラブユーさえ 風に 飛ばされそうな時でも 不器用ながら繋いだ この手はもう決して離さずに 虹の先へ 作詞作曲:藤原聡 明瞭な部分は更に明瞭に、 不明瞭な部分は不明瞭なままで。 というスタンスのもと考察を進めていきたいと思います。 1番 何度失ったって取り返してみせるよ 雨上がり虹がかかった空みたいな 君の笑みを 例えばその代償に誰かの表情を 曇らせてしまったっていい 悪者は僕だけでいい 本当はいつでも誰もと 思いやりあっていたい でもそんな悠長な理想論は ここで捨てなくちゃな 作詞作曲:藤原聡 本楽曲は主人公の「直美」目線で描かれています。 現代の直美、10年後のナオミのどちらを主人公に据え置いたとしても面白く読むことが出来ると思います。 直美とナオミの目的を簡単に言うと、 瑠璃がいなくなる未来を変えること。 決められた未来を変えるということは、他の存在したはずの未来を潰してしまうことに直結するのですが、それを踏まえた上で瑠璃を助けようとしています。 例えばその代償に誰かの表情を 曇らせてしまったっていい 悪者は僕だけでいい まさにその情景にあたる歌詞がここ。 悪者になってしまってもいい。 理想論は捨てなくちゃ。 と、自己犠牲の精神が伺える心の叫びから、どれだけ瑠璃が大切な存在であったのかを思い知らされますね。 サビ1 遥か先で 君へ 狙いを定めた恐怖を どれだけ僕ははらい切れるんだろう? 半信半疑で 世間体 気にしてばっかのイエスタデイ ポケットの中で怯えた この手は まだ忘れられないまま 作詞作曲:藤原聡 狙いを定めた恐怖。 これこそが瑠璃の生命を脅かすものであり、ナオミが命に代えても払拭しなければならないもの。 どれだけ~だろう? と、不安混じりの自問を行いながらも、絶対に守るという決意を固めている。 また 「半信半疑のイエスタデイ」というのは、確固たる決意をできていなかった自分のこと。 映画の登場人物で比喩するならば、瑠璃を救えなかった10年後のナオミがまさにそれに当たるのではないでしょうか。 現状を悲観しつつも決意を固めるナオミ。 2番ではどうなっていくのでしょうか。 スポンサーリンク 2番 「何度傷ついたって仕方ないよ」と言って うつむいて君が溢した儚くなまぬるい涙 ただの一粒だって 僕を不甲斐なさで溺れさせて 理性を奪うには十分すぎた 街のクラクションもサイレンも 届きやしないほど 作詞作曲:藤原聡 ここでは1番の歌詞にあった 悠長な理想論は 捨てなくちゃな という決意に近い感情と、それに基づく要因のようなものが述べられています。 理性を奪うには十分すぎた「君の涙」 主人公の1番の原動力になっているものがこれで、愛する人が二度と悲しまないようにするためにも、がむしゃらに愛する人を優先させようとしているのです。 その様子がサビ2でも描かれていきます。 サビ2 遥か先へ 進め 身勝手すぎる恋だと 世界が後ろから指差しても 振り向かず進め 必死で 君の元へ急ぐよ 道の途中で聞こえた SOSさえ気づかないふりで 作詞作曲:藤原聡 上で述べたような「愛する人を優先させる誓い」がここでも謳われています。 道の途中で聞こえた SOSさえ気づかないふりで かなり極端な表現ではありますが、これほどまでの覚悟と信念を持って、君がいなくなってしまう未来を変えていこうとしているのです。 自分勝手だと解釈することも可能ですが、ここまで貫かれた信念だと、もはや美しい生き様だと形容する他にありませんね。 3番 バイバイ イエスタデイ ごめんね 名残惜しいけど行くよ いつかの憧れと違う僕でも ただ1人だけ 君だけ 守るための強さを 何よりも望んでいた この手に今 作詞作曲:藤原聡 1番のBメロであった 本当はいつでも誰もと 思いやりあっていたい という歌詞がここ3番の伏線。 決意を固める前の主人公のように「人類愛」を謳って、皆を愛して皆に愛されることが出来れば、それほど理想的なものはないでしょう。 それがきっと楽ですしね。 しかし残酷なことに、それに固執してしまうと、君がいなくなってしまうのも事実。 君の優先順位は否が応でも皆より高い位置に置く必要があります。 葛藤の末、当時憧れていた 「皆から愛される自分」は捨てて、 「君との愛を育める未来」を選択したのです。 スポンサーリンク ラストサビ 未来の僕は知らない だから視線は止まらない 謎めいた表現技法 意味深な君の気性 アイラブユーさえ 風に 飛ばされそうな時でも 不器用ながら繋いだ この手はもう決して離さずに 虹の先へ 作詞作曲:藤原聡 2人の主人公が「過去」ひいては「未来」の愛する人を救うために、がむしゃらに前へと進んでいく。 そのような情景が楽曲全体を通して描かれていたのではないでしょうか。 ラストは にじ~のさ~~~きへーーーーー と藤原さんの感情をくずぶる細かいビブラートと超絶ロングトーンで締められるのですが、この長く続くトーンが直美と瑠璃に続いていく 「遥か先の未来」や 「愛情の大きさ」を象徴しているように感じました。 感想 いかがでしょうか。 映画『HELLO WORLD』の主題歌として、歌詞自体も満点の仕上がりになっていたのではないでしょうか。 『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など、個人的に大好きな作品を手掛けてきた伊藤監督が、手掛ける作品。 というだけでもテンションが上がるのに、それに髭男の主題歌が加わってくるなんて、本当に感無量です。 実は「ハローワールド」に関わる音楽作品には• Nulbarich「Lost Game」• OBKR• Yaffle• STUTS• BRAIN SHINSEKAI• AAAMYYY という若き有望アーティストが多数関与しており、一つ一つを深堀りしたいところですが、今回は「イエスタデイの楽曲考察」ということで、この辺りで筆を置かせて頂こうと思います。

次の

I LOVE...の歌詞

アイラブ 歌詞 髭 男 意味

春のセンバツを観戦したときに、そんな印象を強く受けたので、球児たちが背負ってる宿命を称えて、応援したいという思いで「宿命」という曲を作りました。 と、インタビューコメントをしています。 つまり、髭男の「宿命」は• 背負っているもの• 目標に向けた強い願い といった意味が込められているのです。 まさに、甲子園ソングですね。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 心臓から 溢れ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から 溢れ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 夢じゃない夢じゃない 涙の足跡 嘘じゃない嘘じゃない 泥だらけの笑顔 夢じゃない夢じゃない 肩を組んで叫びたい 僕らの想い 届け 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして 暴れ出すだけなんだ 沈黙が 続いたイヤホン 自分の弱さに 遠ざかってく未来 大丈夫や 頑張れって歌詞に 苛立ってしまった そんな夜もあった 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 願いの暑さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らしあってく フォーエバー 緊張から不安が芽生えて 根を張るみたいに 僕らを支配する そんなものに 負けてたまるかと 今、宿命ってやつを 燃やして 暴れ出す 届け 奇跡じゃなくていい 美しくなくていい 生きがいってやつが 光輝くから 切れないバッテリー 魂の限り 宿命ってやつを 燃やして 暴れ出すだけなんだ ただ宿命ってやつを かざして 立ち向かうだけなんだ 作詞作曲:藤原聡 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 藤原さんが語る、歌詞に込められた想い まず、前提としてご覧いただきたいのが、 藤原さんが語る歌詞に込められた想いです。 美しいものばかりじゃなくてもいいし、奇跡みたいなことばかりが起こらなくてもいい、という歌詞がサビの部分にあるのですが、これは僕が伝えたかった思いです。 試合の中にドラマや奇跡のようなことがなくても、選手や応援団も含めた「勝ちたい」「戦いたい」「応援したい」という両チームの思いに、言葉が必要ないぐらいのすばらしい奇跡がすでに起こっている。 そんな思いを込めたつもりです。 とインタビューにて語られていました。 奇跡のようなことが起こらなくても奇跡 とは、これまた深い言葉ですね。 ドラマのように美しさ、奇跡や逆転劇の中にあるのではなくて、一つ一つ選手や周りの応援してくれる人が、積み重ねてきた想いにこそ宿ると言っているのです。 まさに、その通りですよね。 このコメントだけで心に響く、、、 それではいよいよ、この想いが具現化された歌詞に迫っていきます。 1番 心臓から 溢れ出した声で 歌うメロディ 振り向いた未来 君から 溢れ出した声と 合わさって響いた 群青の空の下 作詞作曲:藤原聡 ここは、控えメンバーやブラスバンドが試合会場にて、応援を行う情景が描かれています。 心臓から溢れ出す という表現が、叫ぶように掛け声をしている姿や、熱気あふれる演奏姿を、より鮮明に連想させています。 夢じゃない夢じゃない あの日の悔しさと 忘れない忘れない 手のひらの爪痕 無駄じゃない無駄じゃない それも全て讃えたい もうあと少し 作詞作曲:藤原聡• 踏ん張ってきたもの• 積み重ねてきたもの その美しさが描かれています。 手のひらの爪痕 というのは、 苦痛や無念さなどを懸命にこらえる姿 を表しています。 例え「勝ちたい」という強い願いが叶わず、挫けてしまうような結果になったとしても、積み重ねてきたものの美しさは変わりないから、無駄なんて一つもないと言っているのです。 サビ2 願いの暑さに 汗まみれになったり 期待背負って立って 重さに臆病になるけど 僕らの背番号 それは背中じゃなく 瞳の奥のアンサー 重なって 照らしあってく フォーエバー 作詞作曲:藤原聡 サビ2は、これまで述べられてきた歌詞を包括するように描かれていますね。 「勝ちたい」という願いの強さ• 「勝ってくれ」という応援の強さ これらの想いを全て、選手が一人で背負おうとすると、押しつぶされるのも当たり前です。 だからこそ、背中に背負わせるのではなくて、選手も応援する人も、一人一人の瞳の奥にその情熱を宿して、一体になって 重なって 戦おう。 と言っているのです。

次の

I LOVE... Official髭男dism 歌詞情報

アイラブ 歌詞 髭 男 意味

さて、今日は髭男dismが先日MVを公開した新曲「Pretender」について、その歌詞の意味を徹底解釈していきたいと思います。 皆さんもリリース前からMVを聴き込んで、是非覚えてカラオケで歌っちゃってください^^ それでは、その歌詞の意味を一緒に見ていきましょう! 1. 楽曲について 今回紹介する 楽曲「Pretender」は、2019年5月15日にリリースされる、髭男dismの2nd Singleです。 映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌にも抜擢されています。 髭男dismは同じく『コンフィデンスマンJP』のドラマ版の主題歌を2018年に「ノーダウト」で務めていますが、まさに「ノーダウト」が出世曲となって、徐々にを広げてきました。 その「ノーダウト」の場合は、演じる天才詐欺師が主人公、という「コンフィデンスマンJP」のストーリーに合わせて「嘘」をテーマとした楽曲になっていました。 その意味でも、「Pretender」が今回の映画を踏まえてどのような楽曲に仕上がっているのかが、非常に楽しみなところです。 MVの撮影地は台湾・だそうですが、ギラギラと光るネオンの世界観は映画を意識したものでしょう。 ミュージックビデオは全編にわたり台湾で撮影されており、台湾の夜景をバックに背負った彼らの演奏シーンや、台湾の現地モデル、俳優のキャストによるドラマシーンも収められている。 また、今回の『コンフィデンスマンJP』は副題が "ロマンス編"。 楽曲の中にも「ロマンス」のフレーズが登場します。 その意味でも、映画も合わせて見るとより楽しめるかもしれません。 歌詞について それでは、「Pretender」の歌詞を見ていきましょう。 君との恋愛は、始まる前に自分が思っていた通り、ひとり芝居だった。 距離感はずっと近いけれど、二人が本気になることはなく、結局は他人事のように真剣になれなかったのでしょう。 【2】1番Bメロ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った 「ごめんね」という二人の間のコミュニケーションにも、感情や熱はなくて、あまりにドライです。 そんな状態がいつしか日常になってしまっているのでしょう。 慣れれば特に何を思うことはないのかもしれませんが、は、「ロマンス」という感情は成立しないのだと、ふとした瞬間に気づかされるのです。 【3】1番C メロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから まるで芝居のように、自分自身のキャター設定や二人の関係を選べたら、この「ロマンス」にはまだ可能性があったのかもしれません。 ただ、実際は 君と僕とでは「」が違っていて、あらゆるものが決して交わることがありません。 性格も価値観も違ったら、と「たら」「れば」を繰り返すこと自体が、無駄なのは自分も一番理解しています。 【4】1番サビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 どんなに工夫したところで、 僕も君との関係が続かないことは分かっているのでしょう。 だから、自分から君に「グッバイ」を告げます。 運命の人かもしれないと思い、必死にそうなろうとして、でもなれなかったから、この判断は「辛いけど否めない」ものでしょう。 ただ、 思い入れもあるからこそ、分かっていてもきっぱり離れることもできない。 髪に触れると、君の感覚がよみがえり、「痛い」と「甘い」の相反する思いが胸を締め付けます。 これだけの苦しい思いを抱えるなんて、僕にとって君はどのような存在なのか。 答えは自分の中にもないし、(もっとじっくり考えれば出るかもしれないけれど)「分かりたくも」ありません。 この「ロマンス」が成立しなくても、目の前の君が「綺麗」であるということだけが事実なのが、なんとも悲しいです。 【5】2番Bメロ 誰かが偉そうに 語る恋愛の論理 何ひとつとしてピンとこなくて 飛行機の窓から見下ろした 知らない街の夜景みたいだ さて、そんな風に悩み苦しむ僕にとって、「誰かが偉そうに語る愛の論理」は、遠くにうすぼんやりと見える程度で、何も具体的にイメージできないような、「知らない街の夜景」程度のものにしか思えません。 【6】2番Cメロ もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える 選べたらよかった いたって純な心で 叶った恋を抱きしめて 「好きだ」とか無責任に言えたらいいな そう願っても虚しいのさ 改めて、二人の「」を選ぶことができたらどんなに良かったでしょう。 ただ、自分の気持ちに任せて、「好きだ」と後先考えず「無責任に」言えたら良いけれど、そう願っても叶わないとわかっているから、虚しい気持ちが募るばかりです。 【7】2番サビ グッバイ 繋いだ手の向こうに 引き伸ばすたびに 疼きだす未来には 君はいない その事実に Cry… そりゃ苦しいよな 今手を繋いでいても、この「ロマンス」に終わりは見えている。 取り繕って引き延ばしても、この先の未来には君はいないことが分かっていて、その事実を想像すると苦しくて、思わず泣けてしまうのでしょう。 【8】ラスサビ グッバイ 君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 それもこれもロマンスの定めなら 悪くないよな 永遠も約束もないけれど 「とても綺麗だ」 最終サビは1番サビの繰り返しとなり、最後のフレーズに入ります。 恋が始まり終わるまでの一連が「ロマンス」というものであれば、なんだかんだ「悪くない」 と思える。 永遠や約束というような、聞き心地のいい結末は待っていないけれど、この「ロマンス」がどうなったとしても君が「とても綺麗だ」ということだけは、やはり確かなこととして残っているのでしょう。 ピアノを入れるとより曲全体がルで、自然な印象になると思うのですが、 今回「Pretender」はピアノに加えて、電気的なの音を多めに取り入れています。 その中でも 最も印象的なのは、間奏部分かもしれません。 通常ギターソロが入るようなポイントですが、今回はがその役割を担っています。 これって 髭男ではあまり聴かない、新しい音ですよね。 リリースするたびに、髭男の良さはブラさないながらも、必ず何か新しさを加えてくるのは本当にさすがだと思います。 人によって、どんな音なのかの印象が違いそうなのも面白いですね。 たとえば、サビの中にある 「それじゃ僕にとって君は何?」というフレーズ。 「君にとって僕は何?」であれば理解しやすいですが、"僕"目線の曲の中でこのフレーズを考えると少し不思議な気もしてきます。 「僕にとっての君」は、最初は「想いを寄せる人」であり、やがて「彼女」になり、これから先別れてしまったら「何でもないただの他人」になる。 それが普通の解釈ですが、ひょっとしたらもうずいぶん前に関係性が壊れている以上、すでにずっと前から 「僕にとっての君」はただの「彼女のような人/彼女のように思いたい人」だったのかもしれません。 僕も薄ぼんやりとそう気づいていて、よくよく考えると否が応でもその結末に辿り着いてしまう。 だから「分かりたくもない」と思ってしまうのだとしたら、曲の内容により深みが出るなーなんて思ったりしてます(笑) そういえば、タイトルの「Pretender」も、「ノーダウト」の時ほどは直接的に曲中で言及がありませんね。 pretendは英語で、「~のふりをする」なので、 pretenderは「ふりをする人」。 もしかすると、当然 君も、僕でさえも、お互いの「運命のヒト」の「ふりをしていた人」なのかもしれません。 最後に さて、いかがでしたでしょうか。 私はさすが髭男だなぁと、あっという間に大好きな一曲になってしまいました。 4月30日発売の『ROCKIN'ON JAPAN』6月号にて、「『Pretender』ができるまで」というインタビューが掲載されるそうです!こちらも合わせて読んでみると、より楽曲を楽しめるかもしれません。 GWを控え、も増えてきますね!気候もいいので、是非皆さん楽しい音楽ライフを過ごしてくださいね!^^ それでは。 trasheep.

次の