自転車 前輪ブレーキ音。 元自転車屋が教える、自転車のブレーキ調整方法

自転車のブレーキ音

自転車 前輪ブレーキ音

自転車のvブレーキの鳴きの原因 自転車でブレーキをかけたときに、不快で大きな音を発生させてしまったことがある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 ブレーキ鳴きと呼ばれる大きな音の発生で、本人にしてみれば不意な音で注目を集めてしまって恥ずかしい気持ちで、周りからすれば突然の音に驚いたような反応をされたのではないでしょうか。 どの自転車が音が鳴るのかというのは運みたいなもので、古い自転車・新しい自転車など関係ありませんし、通勤でよく自転車に乗っていて、ブレーキ時の大きな音を直したいと思っている方もいらっしゃるでしょう。 ブレーキで音が鳴るのは、条件が揃ってから、はじめて音が響くのですが、簡単に言えばブレーキシューとリムの摩擦面積が大きすぎるのです。 そのため、摩擦面積を小さくすることで音が発生しなくなります。 摩擦面積を簡単に調整できるのはvブレーキくらいで、キャリパーブレーキを使っている一般のシティサイクルでは、少し面倒かもしれません。 vブレーキであれば、ブレーキクリーナーでリムを綺麗にすることで、音が鳴らなくなることがあります。 それから、ヤスリがあれば、ブレーキシューの角を削ることで摩擦面積が減りますから、音が鳴らなくなる効果があります。 自転車のvブレーキの鳴きを改善しよう!点検方法 自転車でブレーキをかけると、大きな音が発生することがあります。 そんなブレーキ鳴きしないための、vブレーキの点検方法をご紹介します。 まずは、ブレーキシューの溝に、砂利などが挟まっていたり、刺さっていたりしていないか目視します。 それから、泥や砂や油などで汚れていないかも確認します。 あとは、ブレーキの片効きがないかチェックします。 それらの点検で異常が見当たらなかった場合は、ブレーキシューの取り付けを直します。 ブレーキシューの角度をトーイン(ハの字)にセットします。 つまり、前が狭く、後ろが広くなるようにセットします。 ブレーキシューを取り付けるときに1mmくらいの紙や、プレートを後ろに挟みつつ行うとトーインを作れます。 トーインにしても音が鳴る場合はトーアウト、つまりトーインの逆で、前が広く、後ろが狭くなるようにブレーキシューを取り付けてみてください。 もしくは、トーインのままブレーキシューの角度を変更することで、音が消えると思います。 いくらブレーキシューを調整しても音が鳴り止まないというのならば、ヘッドパーツの緩みやスポークの張りが原因で、音が発生していないか疑ってみましょう。 それでも音が発生するなら、音鳴りの少ないシマノのブレーキシューに交換してしまうのも、ひとつの方法です。 自転車vブレーキの鳴きの調整方法 自転車のブレーキ鳴きを直すためには、ブレーキシューにトーインの角度をつけることが有効です。 そのためのvブレーキの調整を、細かく見ていきたいと思います。 工具は、プラスドライバーとアーレンキーがあれば良いでしょう。 アーレンキーを使ってケーブル固定ボルトを外し、ケーブルをクイックリリースから外します。 プラスドライバーを使ってスプリングボルトを緩めると、リムとブレーキが接触するようになるので、それからブレーキシューに角度をつけていきます。 ブレーキシューの角度は、後ろに隙間ができるトーインと呼ばれる形になるように調整します。 角度が決まってからスプリングボルトを締めますが、ここで締めすぎてはいけません。 バネの反応が強くなったと感じるくらいで良いでしょう。 それからクイックリリースをつけて、指でケーブル固定ボルトを仮止めします。 仮止めしたらブレーキレバーを何度か強く引いて、ワイヤーのヨレを取ります。 リムとシューの間隔は、最終的には1mmから2mmくらいにします。 ブレーキシューには溝があり、その溝が減っていたら交換します。 自転車や車のタイヤも、溝が減っていたら制動力が落ちるので交換しますね。 それと同じで、ブレーキシューの溝が減っていると、制動力が落ちるので交換します。 それでは、vブレーキのブレーキシューの交換方法をご紹介します。 ここでは、取り外しまでです。 用意する工具は調整するときに使用した、プラスドライバーとアーレンキー、そして新しいブレーキシューです。 まずは、バナナと呼ばれている部分を外します。 そして、アーレンキーを使用し、ブレーキシューを取り外します。 取り外しは、ブレーキの鳴き解消をした人なら、簡単にできるでしょう。 ブレーキシューの取り付ける際に間違えないように、FORWRD(前)、L(左)、R(右)と表記を確認しておきましょう。 ワッシャーの位置関係も確認して、元に戻せるようにしておきましょう。 それでは、新しいブレーキシューの取り付けです。 右側から取り付ける場合は、ちゃんとRという文字が入っていることを確認してください。 ワッシャーと一緒にブレーキシューを取り付けますが、まずは仮止めにしておきます。 反対側のブレーキシューも、同じ作業で仮止めします。 ブレーキレバーを引いて、ブレーキシューとリムが正確に当たっていることを確認しましょう。 ブレーキシューとタイヤが当たっていると、タイヤを傷めてしまいます。 横から見て、ブレーキシューがリムに沿っているのが正しい当たり方です。 上から見たときは、ブレーキシューとリムが平行になっている、もしくは後ろ側が少し広いトーインの形が良いでしょう。 調整が済んだら、仮止めしていたブレーキシューを本締めします。 それから、再度ブレーキレバーを引いて、ブレーキが正しく当たっているか確認しましょう。 自転車のvブレーキ交換の注意点 ブレーキシューを交換しようとしたり、ブレーキ鳴きを直そうとしたりするときに、自転車ブレーキの中でも比較的調整が簡単なvブレーキでも、多少の知識は必要です。 ブレーキ横側には、ブレーキシューとリムの間隔を微調整する調整ネジがついていますが、それを知っているか知っていないかでも作業の難易度は大きく変わることでしょう。 そのため、まずはvブレーキの構造を観察したり、メンテナンスブックを一読したりしておくと良いでしょう。 構造を理解していない場合と、理解している場合では、20分くらいの差が出たということもあります。 ブレーキワイヤーの交換なら、ブレーキバーやフレームを通ってきたブレーキワイヤーを、ブレーキに仮止めするときですが。 ブレーキレバーを両側から抑えて固定し、ブレーキワイヤーを十分に引っ張ってから仮止めします。 それから、ブレーキレバーを強く握るとワイヤーが伸びて、ブレーキシューとリムの間に隙間ができます。 その隙間は、だいたい左右合わせて2mmから3mmが良いと言われています。 あとは、アジャスターを回転させて微調整したり、左右のバランスを揃えるのに、ブレーキ横のネジを回したりして調整します。 vブレーキ調整の重要性 ブレーキは、とても重要部分です。 走行中に効かなくなって大怪我、なんてことになったら大変です。 しっかりとした修理は自転車屋さんに任せる必要がありますが、まずは日々の簡単なメンテナンスを通して、自転車を見るクセをつけていきましょう。 なお、ブレーキ交換は難易度が高いため、上級者向けです。 - ,.

次の

自転車が音鳴りする?原因は前輪ブレーキ?後輪ブレーキ?

自転車 前輪ブレーキ音

もくじ• ママチャリの前ブレーキ キャリパーブレーキ 調整 自転車でホイールが重かったり、ブレーキが効きにくかったりするのはブレーキシューがリムに当たっている状態になっていることが考えられます。 なので、まずはキャリパーブレーキのシューの位置が適正な間隔に調整する必要があります。 調整するのに必要な工具• 10ミリスパナ• 10ミリメガネ• 15ミリの薄型レンチ• マイナスドライバー• 薄型10ミリスパナ ブレーキレバーの遊びが大きい ワイヤーの張り直し ブレーキレバーの遊びが大きくなってブレーキをかけたときにレバーをグリップ付近まで握らないとブレーキがかからない場合はワイヤーを張り直して調整をします。 10ミリスパナでワイヤーを固定しているボルトを緩めます。 このとき完全にボルトを抜き取ってしまわない。 ボルトが緩まればブレーキが広がります。 ワイヤーの張り方はブレーキシューを片手でリムに当てた状態でワイヤーを引っ張ります。 ブレーキレバーにワイヤーが外れていないかも確認してください。 ブレーキレバーからワイヤーが外れていたら調整できません。 そのあとリムとシューの間隔を開けてワイヤーを固定します。 ブレーキをかけて片利きしてないか確認。 他のシュートとホイールの間隔の出し方 片手で挟んで少し緩まして間隔を開ける方法は、人によってはやりにくく感じることがあります。 隙間を開けていてもスパナでナットを締めることに意識が行って思ったよりもシューの間隔が広くなってしまうこともあります。 なので、シューをリムに当て続けることだけを意識すれば、シューがリムから離れすぎることを防げます。 簡単なやり方は、• 最初にワイヤーを通すところの張りを調整するねじをちょっと緩めておく• シューとリムの間に段ボールか何かをかました状態でワイヤーを固定する この二つの方法はどちらも固定ボルトを締めるときも挟むことだけに指の力を使えるので、 スパナを使ってボルトを締める作業も楽です。 ワイヤーの張りを調整ねじを緩めて固定した場合には、最後に調整ねじを締めることでシュートリムの間隔を作ることができます。 調整が出来たら、前輪を回してリムにシューが接触していないか確認してください。 シューがリムに当たる ブレーキの方利き調整 ブレーキの方効き調整のやり方は、• 後ろの固定ボルトを緩めてブレーキを指で挟みシューをリムに当てる。 当てたままボルトを固定する。 薄型15ミリのスパナを真ん中の部分に差し込み角度を調整する。 上の画像では泥除けの窪みが邪魔でメガネとスパナが平行になっていませんが、本当は平行にして一緒にスパナとメガネを動かしてブレーキの角度調整をしてあげます。 デュアルピポッドの場合 デュアルピポッドの場合は後ろの固定ネジを緩めてシューを挟み正しい角度に調整出来たらボルトを固定。 それでもシューが当たっている場合にはブレーキ本体にあるネジを回すことでブレーキのセンターを調整することができます。 前ブレーキのキーキー音解消 トーインを出す キャリパーブレーキの制動力あっぷと音鳴りを防止のためにトーインも出しておきましょう。 トーインはブレーキシューにハの字に角度つけることです。 ママチャリなどのブレーキのトーインの出し方は、シューを固定いている部分の隙間にマイナスドライバーを突っ込んでてこの原理で角度を付けます。 ただこれだけなので難しくないです。 ブレーキの戻りが悪い ダブルナットを調整する ダブルナットはブレーキの重さを調整するためのネジです。 ブレーキ本体に近いほうのナットを締めこめば締めこむほどブレーキの動きが重たくなります。 訳も分からず適当に締めこんでいるとブレーキが動かなくなりますし緩すぎてもだめです。 ブレーキの動きがキビキビと動くところまで締めて二個目のナットを締めこんでいきます。 最初のネジが一緒にしまっていかないように薄型10ミリのスパナで固定したまま二個目のナットを締めます。 薄型スパナを用意せずに厚みのある10ミリで手前のナットを固定しようとすると二つ目のナットが固定する方のナットに干渉してしまうので、ダブルナットの調整をするなら薄型スパナを用意しておくことをお勧めします。 シューの位置がずれていたらシューのナットを緩めてブレーキがかかった時にリムに当たる位置で固定。 シューの溝がなくなっていたら早々に交換しましょう。 固定するときは気持ち前下がりに固定する。 ブレーキをかけたときにシューがタイヤに干渉しないか、しっかり固定されて簡単に動くことがないか確認してください。 ホイールが振れている ホイールが振れてシューが方当たりする 長いこと乗っているとホイールはだんだんと振れてくるものです。 振れがひどい時には自分で触れ取りするか自転車屋さんに持って行って振れを取ってもらうかしてくださいね。 ホイールのセンター調整 ホイールが振れてなくてもホイールのセンターが出ていないとリムがブレーキシューに接触します。 ホイールとリムの間に両方に指を入れて間隔を確認する同じぐらい指が入るならセンターが出ています。 センター出しができていないといくら調整してもブレーキが方効きしてしまうのでご注意を。 片方の指だけがすっぽり入って片方は入りにくならセンターがズレていることになりますので、 ホイールのナットを緩めてホイールのセンター調整をしてください。 まとめ ブレーキの制動性能は命に関わる重要な部分です。 ママチャリだからとほったらかしにせずに適度にメンテナンスしたほうがより安全に、長い期間その自転車に乗ることができます。 じぶんでブレーキのメンテナンスをするにしても注意深く行わなういとテキトウにやってしまうと危険でもあります。 不安がある人は自転車屋に持ち込んだほうが無難ですよ。 ではまた。

次の

自転車の音がうるさい!原因はチェーンや後ろ前ブレーキ?修理は油?

自転車 前輪ブレーキ音

ブレーキがうるさい理由を知る 一般的な自転車のブレーキはタイヤのホイールのリムと言う部分をゴム製のシューという部品でぎゅっと挟むことで止まっています。 音が鳴る時には大抵どちらかに原因があるのですが、自転車を購入してからどれぐらい乗ったかによって、ある程度理由がわかります。 買ってすぐなら、シューが馴染むまで様子を見てみましょう。 新品のシューは形がキレイなので、ブレーキをかけると逆に音が出ることがあります。 かなり長く乗っているならシューが削れて無くなり、シューを固定している部品とリムが当たっているかもしれません。 自分でシューを交換することもできますが、もしもの時にブレーキが聞かないと怖いので、プロにお願いするといいでしょう。 買って半年ぐらいで音が出た時は、ちょっとしたお手入れで静かにする事もできます。 どうしてもダメならプロにお願いするとして、節約と自転車のお手入れもかねて修理してみましょう。 ブレーキがうるさい箇所を特定する まずは前輪と後輪どちらのブレーキから音が出ているか確認します。 乗っていれば何となくわかるとは思いますが、車が来ない安全な道でどちらかのブレーキだけで止まってみればよくわかります。 ここで注意してほしいのですが、あまりスピードを出すと危ないのでゆっくり試してください。 鳴っているブレーキの場所がわかったら、次は修理の準備をします。 どうしても汚れてしまうので、汚れても大丈夫な服に着替えましょう。 できれば作業用の手袋などがあれば言うことなしです。 またある程度の作業スペースを確保しましょう。 自転車の横に自分が長時間いても、他の人の邪魔にならない場所でおこないましょう。 折角ですから、いつもお世話になっている自転車をキレイに洗ってあげると良いでしょう。 まずは一番お手軽なブレーキ部分のお掃除から タイヤのホイールの横に、ブレーキで挟み込まれている金属部分があります。 ここを「リム」というのですが、ここにシューの削りカスが段々とこびりつきます。 リムの部分に黒い汚れが見てわかるぐらいついていたら音の原因になってしまいます。 ちょっとした汚れなら台所洗剤でも大丈夫です。 もし頑固にこびりついているときは、クレンザーでかる~くこすってあげてください。 クレンザーがないときは100円ショップなどで手に入る「砂消しゴム」で同じように軽くこするとキレイになります。 洗剤の要らない白いスポンジなども使えそうなイメージがありますが、削りカスの方が硬いせいがスポンジがボロボロになってしまいます。 根気よく頑張れば何とかキレイになりますが、腕が疲れてしまいます。 掃除してもまだブレーキがキーキーと鳴っている時の対処法 掃除をしたにも関わらず、まだキーキーうるさい場合、次にチェックするのはシューです。 ブレーキを使っているうちに、シューの表面が変化してカチカチになってしまったり、地面にある砂や金属のかけらが刺さってしまう事があります。 シューを取り外す必要があるので、工具がある方なら大丈夫ですが、もし無ければ自転車屋さんで見てもらう方が安上がりになります。 まずはシューを取り外します。 ブレーキとシューはねじ一本で固定されているので、レンチなどで緩めると取り外せます。 外したナットをなくさないように注意してください。 取り外したらリムに当たっている部分を見てみます砂や金属のかけらがあればピンセットなどで取り除きましょう。 リムに当たっている部分がカチカチになっていたら、やすりで削って硬くなった部分を取り除きます。 終わったら外した時と同じ手順で元通りに取り付けましょう。 取り付けた後はちゃんとブレーキが効くかゆっくり走って確認してください。 それでもダメなら自転車屋さんに ここまでしてもまだブレーキの音が鳴るようなら、自転車屋さんにお任せした方が安心です。 ブレーキの調整ならそこまで高くないことが多いですし、自転車を買った店なら無料で調整してくれることもあります。 ひょっとしたらブレーキそのものがおかしくなっている場合もあるので、プロに修理してもらった方がこれからも安心して乗れます。 大抵の自転車屋さんは、修理のついでに簡単なチェックもしてくれる事が多いので、ついでに診てもらうと良いでしょう。 ただし、自転車によっては部品の交換が結構高くついてしまう事もあります。 いくらかかるか前もって教えてくれるので、修理するかどうかじっくり考えましょう。 修理時間も、簡単なものであれば1時間以内、ある程度大掛かりでも1週間以内には修理が完了するはずです。 ブレーキのキーキー音を解消しよう 高級自転車でもリーズナブルな自転車でもブレーキはそのうち鳴り始めます。 ちょっと鳴ってるかな? と思ったら、自転車のお掃除をしてあげたり、自転車屋さんで見てもらいましょう。 はやめにチェックしておけば、修理が高くつくことも減りますし、自転車の寿命も長くなります。 また、音がうるさいからと「リム」や「シュー」に油分をつけないようにしてください。 ブレーキが全く効かなくなってしまいます。 「自転車のブレーキがキーキーうるさい時の対処法。 ブレーキ音を抑えよう」への感想コメント一覧•

次の