ヤヌス の 鏡。 ヤヌスの鏡原作ネタバレ!最後主人公は崖から落ちて死亡!

【全話無料】ヤヌスの鏡動画1話【2つの顔】無料視聴方法!

ヤヌス の 鏡

34年の時を経て「ヤヌスの鏡」が再び映像化。 高校2年の小沢裕美(桜井日奈子)は、厳格な祖母・小沢貴子(国生さゆり)と亡くなった裕美の母親の兄夫婦と共に暮らしていた。 娘へのトラウマから貴子のヒロミに対する教育は度を越え、ヒロミはあらゆる自由を奪われ、委縮した高校生生活を送っていた。 そんな中、ヒロミは生徒会長の進東健一(白洲迅)に想いを寄せていたが、ある時、進東の存在を知った貴子は激怒し、何年かぶりにお仕置きとしてヒロミを物置に閉じ込めてしまう。 物置の中の古い鏡台にあった香水の香りをきっかけに、過去の記憶がフラッシュバックする。 眩暈がして倒れこむヒロミ。 目が覚めると、もうひとりの人格「ユミ」が笑っていた。 心優しいヒロミとは正反対の性格を持つユミ。 ヒロミの異変に誰よりも先に気付き心配する進東、ユミに一目惚れする堤達也(塩野瑛久)、ユミの存在をうっとうしく思う東涼子(仁村紗和)、ヒロミが時計の修理に訪れる宝石店経営者の甲本一成(萩原聖人)など、周囲の人間を巻き込みながら目的を遂行していくユミは危険も犯罪も顧みない。 そんなユミをヒロミは止めることができるのか?ヒロミが向き合うべき人と向き合ったとき、本当の自分を手に入れる・・・。

次の

【全話無料】ヤヌスの鏡動画1話【2つの顔】無料視聴方法!

ヤヌス の 鏡

その言葉を聞いた貴子は、突然、苦しみだし、ヒロミの手を握ったまま意識を失い、病院に搬送されてしまう。 貴子の病室をでたヒロミは、 達也 塩野瑛久 に出くわす。 ユミを気に掛ける達也の言葉に、ヒロミは笑顔を見せる。 達也は「ユミを消さないでくれ」とヒロミに懇願した。 翌日、学校で 進東 白洲迅 と向き合うヒロミ。 ユミに依存していた弱い自分を責め、このままじゃだめだと言う。 いつもと様子の違うヒロミに進東は戸惑うのだった。 ヒロミは何かを決意していた。 鏡に向かい語りかけたとき、ユミがあらわれた。 「あんたの好きにはさせない」とどこかへ向かう。 ユミは達也の病室にいた。 「私は初めから夢の中にしかいなかった」と、達也への別れを口にする。 ヒロミを探していた進東は、ユミをみつけた。 母親が死んだ屋上に立ち「母は甲本や貴子にただ愛して欲しかっただけ」だと口にする。 そして、ヒロミに消される前に自分がヒロミを消すと口にした。 その瞬間、ヒロミが戻ってきた。 私がユミを消さなきゃと、母が死んだその柵の向こうに飛び出す。 進東の説得も届かず、「ユミをひとりでは死なせない」そういって飛び降りたヒロミの手を、間一髪で進東が掴む。 しかし、隠し持っていたナイフで進東の手を切りつけると、ヒロミは落ちていった。 病院の廊下で貴子と話す進東。 「ヒロミさんはユミのように、ユミはヒロミさんのように生きたかったんだと思います」という進東の言葉に「私が間違えていたのかね」と貴子は口にした。 奇跡的に一命をとりとめていたヒロミは眠っていた。 ユミとヒロミの様々な出来事が思い出される中… 目を覚ましたのは、ヒロミなのかユミなのか… (完) 作品情報• 配信期間:2019年8月ー• 制作局:フジテレビジョン• 原作:宮脇明子「 」 はっきり言ってすっきりしないラストだったし、杉浦美幸版の方が すべてが解決した感があったし見ごたえもあった。 期待外れです。 他にも、 ・国生さゆりは年齢的におばあちゃん役は無理ある。 それに厳格なばあちゃん というよりは唯のサイコパスw ・杉浦美幸もナレーションが今一様になっていなくて、来宮良子のような迫力が ない。 ナレーターと言うより小沢ひろみ役の域を脱していない ・小沢ひろみは結果的に何人も人を殺したり死に追いやっている。 この罪をどう 償うのか?原作にも杉浦美幸版にも無かった設定 ・桜井日奈子は中々の名演技だったと思う ・進藤もいい役していたがやはり原作や杉浦美幸版のように熱血教師が出てひろみ の治療に親身になる展開があった方が良かったように思うが放送時間数の都合で 無理か。。。 山下真司のスクールウォーズばりの熱血ぶりが好きだったが とツッコミ所満載でした。

次の

ヤヌスの鏡原作ネタバレ!最後主人公は崖から落ちて死亡!

ヤヌス の 鏡

Introduction 34年の時を経て「ヤヌスの鏡」が再び映像化。 高校2年の小沢裕美 桜井日奈子 は、厳格な祖母・小沢貴子 国生さゆり と亡くなった裕美の母親の兄夫婦と共に暮らしていた。 娘へのトラウマから貴子のヒロミに対する教育は度を越え、ヒロミはあらゆる自由を奪われ、委縮した高校生生活を送っていた。 そんな中、ヒロミは生徒会長の進東健一 白洲迅 に想いを寄せていたが、ある時、そんな進東の存在を知った貴子は激怒し、何年かぶりにお仕置きとして、ヒロミを物置に閉じ込めてしまう。 そこにあった古い鏡台がきっかけとなり、過去の記憶がフラッシュバックする。 眩暈がして倒れこむヒロミ。 目が覚めると、もうひとりの人格「ユミ」が笑っていた。 心優しいヒロミとは正反対の性格を持つユミ。 派手に着飾り、ユミはある目的のために街へと繰り出していく・・・。 ヒロミの異変に誰よりも先に気付き心配する進東、ユミに一目惚れする堤達也 塩野瑛久 、 ユミの存在をうっとうしく思う東涼子 仁村紗和 、 ヒロミが時計を直しに訪れる宝石店経営者の甲本一成 萩原聖人 など周りを巻き込みながら、 目的を遂行していくユミは危険も犯罪も顧みない。 そんなユミをヒロミは止めることができるのか? ヒロミが向き合うべき人と向き合ったとき、本当の自分を手に入れる・・・。 1話 高校生の小沢裕美は、親友の阿部純と参加した生徒会で出会った生徒会長の進東健一に想いを寄せていた。 ある時、そのことがきっかけで祖母・貴子に激怒される。 恋をした裕美を許せない貴子は裕美を物置に閉じ込めた。 助けてくれる人はなく絶望の中自分を責める裕美。 そんな中、中にあった香水の瓶が倒れ、懐かしい匂いから過去の記憶がフラッシュバックすると同時に気を失う裕美。 気が付くと裕美はもう一つの人格「ユミ」と入れ替わっていた。 ユミは、物置を抜け出し夜の繁華街に繰り出す。 ある目的のためクラブを訪れたが、そこで東涼子のグループに絡まれる。 ナイフで脅されるが、微動だにしないユミ。 その様子を見ていた堤達也は、ユミに興味を持つ。 翌朝、部屋で目を覚ましたヒロミは腕に切り傷があることに驚く。 そして物置に閉じ込められてからの記憶がないことに動揺するのだった。 2話 貴子はヒロミの行動を監視するためにヒロミの部屋に入り日記を読んでいた。 一方、進東のことで怒られたヒロミは、自分が間違っていたと進東を避け出した。 放課後、学校でヒロミはユミと入れ替わってしまう。 街へ出たユミは達也と再会し、達也のアジトへ向かう。 翌朝、また昨夜の記憶がないことにいよいよ混乱するヒロミ。 登校し、純と話しているところに、涼子の仲間・夏帆と芽衣とすれ違う。 その様子を内側から見ていたユミは、ヒロミを守るためふたりを排除する方法を考える・・・。 3話 学校で気を失い倒れてしまうヒロミ。 保健室に運んでくれたのは進東だった。 そんな進東のもとに退学になった夏帆と芽衣がやってくる。 そして「ユミはヒロミだ」と告げる。 進東は確かめる為に夜の繁華街へ繰り出す。 一方、達也は、ユミのために手を貸したことが涼子にバレてしまい、涼子の反感を買う。 涼子とその仲間に拉致られる達也。 たまたまそこにいた進東も一緒に連れていかれる。 2人が殴られていると、やってきたのはユミだった・・・。 翌日、進東はユミに真相を問いただす。 ユミの答えた真相とは・・・。 達也のアジトにひとりでいたユミは、体に異変を感じる。 ヒロミが戻りかけていた。 こんな場所でヒロミに戻るわけにはいかない。 助けを求めたのは、進東か、達也か・・・。 4話 進東は、ヒロミに戻りかけたユミを連れて小沢家に向かった。 貴子と裕美の養母・小沢みどりを呼び、タクシーからヒロミを降ろす進東。 そんな進東に向かって激怒する貴子。 ヒロミが目を覚ますと、「けがらわしい!」と貴子は怒鳴り散らす。 何も覚えていないと泣くヒロミがいた。 そんな中、進東とユミの関係を疑った達也が学校にやってきた。 ヒロミを見つけ「ユミ!」と声を掛けるがヒロミは怯えて逃げ出す。 そこに進東が通りかかり達也に声を掛ける。 宝石店を経営する甲本一成。 その男は一体、何者なのか? 後日、ユミは涼子にその宝石店を襲わないかと提案する。 その狙いとは・・・。 5話 ユミは夜中に家を抜け出し、涼子たちのグループと落ち合い、宝石店・貴譚に侵入して行く。 翌朝、泊りに来ていた純と朝食を取るヒロミ。 テレビから、宝石店襲撃のニュースが流れてくるとヒロミは頭を抱える。 宝石店に侵入する様子がフラッシュバックしたのだった。 達也のもとに刑事が聞き込みにやってきた。 ボイスレコーダーを聞かされた達也は宝石店の事件にユミが関係しているのではと心配する。 一方、進東もヒロミの体を心配していた。 病院へ行くことをすすめようとするが・・・。 宝石店の一件から、ユミは姿を消す。 探し回る達也と進東。 進東は達也を頼るが、ヒロミの秘密を打ち明けることが出来ず…。 6話 ヒロミは、父親として真摯に対応してくれる甲本に心を許す。 ヒロミが甲本と会ったことを知った貴子は、激怒しヒロミを物置に閉じ込める。 泣き疲れ、物置のなかで眠っていると、声が聞こえユミが鏡の中に現れた。 ヒロミは、初めてユミと対話する。 ユミは「あいつは嘘つきだ」と激昂するが、ヒロミは甲本を庇う。 ユミは達也にさらに甲本のことを調べさせた。 その情報で甲本を脅すが、本当の目的は別にあった・・・。 放課後、進東がヒロミに声を掛ける。 しかし、話しているうちにヒロミが消え、ユミが現れた。 進東はユミに詰め寄るがそこに甲本が現れて・・・。 7話 ユミを止めることができなかったと後悔するヒロミ。 甲本が亡くなったことはニュースになり、貴子や進東、達也の耳にも入った。 ヒロミは、進東の元を訪れる。 そこで進東は、信じられないことを耳にする。 ますます混乱する進東。 そして自分にできることはないかと、思案する。 一方で、達也もまたユミを想い悶々としていた。 進東はユミに会うことに成功し、ユミにある頼みごとをする。 あっさり引き受けたユミはその場を去った。 進東はその足で達也の元を訪れた。 そんな中、ユミの周辺では不審な人物の目撃情報が・・・。

次の