ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み。 ふくらはぎが痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

ふくらはぎの痛みが治らない時は病気かも?! 病院は何科?

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

Sponsored Link ふくらはぎに筋肉痛のような痛みがあるけど大丈夫? 急な運動や久々のスポーツなどの心当たりがなく、筋肉痛のような 痛みがあるときは、軽い痛みだからと軽視できない ケースもまれにあるので注意しましょう。 ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こす原因として 考えられるものを、ここでは大きく3つにわけて説明します。 肉離れ 比較的軽度な痛みの肉離れを起こしていた場合、筋肉痛のような痛みとして 感じられることがあるようです。 適切な処置を行えば心配ありません。 腰部の疾患 「腰部椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」など、腰部の神経を 圧迫する疾患が原因となっていることがあります。 また、お尻の筋肉が硬くなってしまうことで腰部からの神経を圧迫し ふくらはぎに筋肉痛のような痛みを起こすということも考えられます。 これらも病院の受診・適切な処置により多くは重症化することはありません。 内臓の病気 考えられる原因として最も注意してほしいものが、内臓疾患によるものです。 高血圧の既往歴がある人などは、「動脈硬化症」の可能性も否定できません。 こちらは足の血行不良を起こすので、ふくらはぎに 筋肉痛のような重だるい痛みとして感じられることがあります。 そのほかにも、むくみがあるという場合は「腎疾患」も疑いますので ふくらはぎの筋肉痛のような痛み以外の症状にも注意が必要です。 Sponsored Link 固いしこりみたいなものがある場合は何かの病気? 続いて、ふくらはぎに固いしこりのようなものがある場合についてお伝えしていきます。 固いしこりがあるのはなんだか不安になってしまいますが 多くの場合は命にかかわるようなものではなく 重篤な疾患につながることはまれです。 固いしこりの痛みとして考えられるものとしては、「筋膜炎」が挙げられます。 筋肉の使い過ぎにより、筋肉や筋膜(筋肉を包む膜)に炎症を起こしている状態のことです。 出典:stretchpole-blog. com この筋膜炎を起こすと、固いしこりのようになって触れることがあるようです。 過度の疲労により誰にでも発生する可能性のあるもので、血行改善のために 温熱療法を行ったり、ストレッチを行うなどの対処をします。 病院には行ったほうがいい? いずれの場合も、病院を受診し適切な診断や日常生活での指示などを 受けておいたほうがより安心です。 以下で詳しく説明します。 筋肉痛のような痛みの場合 肉離れや腰部疾患を疑うときは「整形外科」を受診しましょう。 内臓の病気を疑う場合は「内科」をまず受診しておけば その後の診察により適切な診療科を紹介してもらうこともあります。 固いしこりがある場合 「筋膜炎」であることが考えられると説明しましたが こちらもやはり病院の診察を受けておいたほうが安心でしょう。 筋膜炎であれば整形外科の担当になりますが、その他の病気の 可能性があるときには医師に適切な診療科を紹介してもらえるでしょう。 筋膜炎と診断を受けたあとであれば、自分で温めたりストレッチしたりといったケアも大切です。 整骨院や鍼灸の治療を受けることも、痛みの緩和や症状の早期改善に効果があります。 まとめ 筋肉痛のような痛みも、固いしこりがある場合も ほとんどが筋肉の使い過ぎによる疲労からくるものです。 まずは十分な休息をとってくださいね。 また、ヘルニアなど腰部の疾患であった場合も 治療とあわせてセルフケアが大切になってきます。 いずれも病院の診断を受け、専門家の知識と技術に 助けてもらいながら、症状の改善を目指していきましょう。 Sponsored Link•

次の

ふくらはぎに痛みを感じたら、取るべき5つの行動とは

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

脚のむくみの原因と種類 むくみには、一過性のものと病気や薬が原因で起こるものとあります。 一過性のむくみとは、アルコールの飲み過ぎ・塩分の摂り過ぎ、着衣の締め付け、長時間同じ姿勢をしている・冷え性などが影響して起こります。 女性は男性と比べるとむくみやすいです。 女性ホルモンのバランス、男性より筋肉量が少なく代謝が高くないため冷えやすく血行が悪いため起こりやすいのです。 他にも、ダイエットが原因で栄養バランスが乱れ、身体全体がむくみやすくなってしまうこともあります。 心疾患・肝疾患・腎疾患などの内臓疾患が原因でむくみが症状としてあらわれることもあり、病気のサインとも言われます。 慢性的に続き治らないようならば肝機能・腎機能検査を受けることをオススメします。 そして、血管性のむくみ 静脈還流障害。 日本人の約40%から50%が軽度の静脈還流障害の予備軍と言われています。 初期症状として感じるのが、足のむくみや足のつっぱり感、疲れ、だるさ、重さ、痛みなどです。 静脈還流障害は、下肢静脈の血流が滞り、静脈圧が上昇。 静脈弁の機能が低下し、静脈の血流が逆流してしまし、血漿成分 水分 が溢れでて、むくみ 浮腫 として現れるのです。 静脈還流障害の要因は、長時間の立位・座位、運動不足、加齢、肥満、遺伝、妊娠などです。 放置していると悪化し、静脈瘤や皮膚色素沈着、静脈性皮膚潰瘍ほと重症化してしまう恐れがある怖い病気です。 下肢静脈瘤になったからといってすぐに命の関わるほどではありませんが、悪化すると皮膚が破れて潰瘍になることがありますので、早めに血管外科を受診しましょう。 もっと危険なのが 深部静脈血栓症です。 足の筋膜よりも奥にある太い静脈で、血液の90%以上を心臓へ戻す働きをしています。 この静脈に血栓ができてしまうのが深部静脈血栓症。 この血栓の一部が肺に流れて肺動脈が詰まってしまう肺血栓塞栓症。 激しい胸痛や呼吸困難に陥ってしまい最悪の場合死亡してしまうケースもある恐ろしい病気です。 飛行機で長時間同じ姿勢でフライトした時に起こる事が多いことから「エコノミー症候群」とも呼ばれます。 たかがむくみと思って放置せず、きちんと解消しなければ大変なことになる可能性もあるのです。 ただし、病気の症状としてあらわれるむくみは医師の指示のもと治療・改善する必要があるので、勝手なセルフケアはしないほうがいいでしょう。 一過性の足のむくみの原因は、 長時間の立ち仕事・デスクワークばかりではありません。 オフィスのエアコンなどの冷え・睡眠不足・運動不足・塩分の摂り過ぎ・水分不足なども脚のむくみの原因といえるでしょう。 女性の場合、ヒールの高い靴を履き続けることもむくみの原因となってしまうので注意が必要です。 ふくらはぎが固いのは筋肉じゃない!? むくみの一種なんです 運動していない人で「ふくらはぎが固いな。 」って思っているヒトいませんか?? ワタシも、デスクワークでほとんど運動してないのにふくらはぎがカチカチで、あれ?筋肉じゃないよね?っと思っていたんですが、 老廃物が溜まり筋肉が凝り固まっていただけでした・・・。 ふくらはぎが固いと血流も悪くなって冷えもひどく触ると氷のように冷たくて・・・ これなマズイ!! と思い、レッグウォーマーを履いて温めたり、半身浴などで温めたり、ウォーキングしたり、ふくらはぎのマッサージしたり、ストレッチをしたりと必死で柔らかくしました。 脚のむくみのイメージって、指で押すと凹んだまま元に戻らない・靴下のゴム跡が残る・水分を含んでパンパンになって太くなるって思ってましたが、脚のむくみ方にもイロイロあり、 ブヨブヨしてて柔らかい・カッチカチに固くなる・冷たい・だるいなどの症状も全てむくみだったのです。 特に注意が必要なのがふくらはぎがカチカチの場合です。 むくみがひどくなった時に、石のようにカチカチになり痛みがでたりします。 むくみチェック ふくらはぎの筋ポンプ機能が低下しているかどうか見分けるチェックポイントがあります。 ふくらはぎとむくみの関係 脚のむくみは、立ちっぱなし・座りっぱなしの状態が長時間続くと血液の流れが妨げられ、血液を心臓に戻すポンプ的役割をするふくらはぎの筋肉が使われていないことが原因でおこります。 ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ、血液やリンパ液を循環させる大切な働きをしているのです。 歩いたり、階段を登ったり、走ったりすることでふくらはぎの筋肉が収縮します。 筋肉が収縮して血管が圧迫されポンプのような役割をして、脚にうっ滞した血液やリンパ液を流すのです。 長時間同じ姿勢で筋肉を使わなかったりすると、疲労がたまり足の筋肉がかたくなり静脈の流れが滞りむくみとなるのです。 脚の静脈の滞りは重力も大きく関係し、心臓まで血液を戻すにはとても強い力が必要になってきます。 ですから 運動不足や加齢が原因でふくらはぎの筋力が低下するとむくみやすくなってきます。 塩分の摂り過ぎと水分 むくみというと、水分の摂り過ぎが原因と想像するヒトが多いかもしれません。 実は、 水分よりも塩分の摂り過ぎのほうがむくみを促進させてしまい危険なのです。 塩分は水分を抱え込む性質があり塩分1に対して7倍の水分を吸収してしまいます。 塩分を摂り過ぎてしまうと 血管内の塩分濃度が乱れ、血管に水分を取り込みすぎてしまってむくみとなります。 塩辛いものを食べると自然と喉が渇き水分をとります。 このようにワタシたちの体内でも塩分濃度があがれば水分を欲します。 その水分が過剰に補給されてしまうと余分な水分はうまく排出できなくなってむくみになるので、塩分のとりすぎには十分注意が必要となります。 1日の塩分量は10gが目安。 インスタント食品やスナック菓子、ハムなどの加工食品は塩分が多く含まれているのでできるだけ控えましょう。 また体内の水分が不足すると血液がドロドロになり流れが悪くなるので水分補給も大切です。 1日2L程度の水分が必要です。 夜水分を摂り過ぎると翌朝のむくみにつながるので、なるべく昼間に多くの水分を摂るように心がけましょう。 冷えとむくみ 冷えとむくみ。 一見、関係がないように感じます。 冷えは日本人の女性の約8割の悩み。 体温そのものが低い低体温や手足など先端が冷える末端冷え性に分かれます。 くるぶしの少し上を手で触れた時に冷たい。 と感じたり、押したときに痛みを感じる場合は脚が冷えているサインです。 筋力が低下すればふくらはぎのポンプ作用も上手く働かなくなり、身体の隅々 毛細血管まで送り届けることができず老廃物も滞り、むくみとなります。 むくんだ脚は筋肉も硬くなり更に血液循環を悪化させ、冷えを引き起こします。 他にも足湯や運動も効果的です。 身体を動かす ふくらはぎの筋肉を使って身体を動かすことも必要です。 運動を普段からしていないヒトが急激に運動をすることってなかなか難しいです。 運動しなければ!! と、肩肘を張りすぎず歩くことから始めてみましょう。 忙しくてウォーキングする時間がないひとは、日常的な移動を自分の足で歩くようにするだけでも違います。 例えば、エレベーター・エスカレーターを使わないで階段を使う。 ひと駅歩く。 近所のコンビニまで歩くなど、身近な行動から改善するだけでも筋ポンプ機能を向上させることが出来ます。 また、仕事中などに 足首を動かすだけでもふくらはぎの運動となり筋肉を刺激してむくみ予防になります。 ほどよく圧力をかけながら、行えるセルフマッサージでむくみをすっきり解消することができます。 太谿(たいけい)・・・冷え・むくみ撃退のつぼ 内側のくるぶしとアキレス腱の間の少し窪んでいる所。 代謝を高めて足首を細くする効果もあります。 委中(いちゅう)・・・膝痛・腰痛・坐骨神経痛・むくみ・肥満のつぼ 膝裏の中央の拍動部にあるツボ。 ふくらはぎの老廃物を流すのに効果が期待できます。 至陰(しいん)・・・冷え・膀胱炎・頻尿のつぼ 足の小指 爪の外側のキワにあるつぼで、腎臓機能を促進させてむくみを緩和させます。 承山(しょうざん)・・・足の疲れ・むくみ ふくらはぎの中央にあるつぼで特に痛みを感じやすい場所です。 老廃物の蓄積を防ぎ、腎機能を整えたり、便秘・花粉症にも有効です。 無名穴(むめいけつ)・・・代謝や血行を促進 太もも内側に中央あたりに位置するつぼ。 太ももに溜まった余分な水分や老廃物の排出しセルライト予防にもなります。 むくみと共に疲れをとってくれるのでツボ押しはオススメのむくみ解消法です。 足湯 温泉地などで見かける足湯。 実は半身浴よりも全身が温まり、冷えやむくみ・疲労回復にとても効果があります。 全身の血液循環の折り返しでもある足を温めることで、温かい血液が全身をめぐり体温を上げ冷えを解消するだけでなく、老廃物の排出も促してくれるのです。 足湯のメリットは 服を着たまま簡単にできる・心臓への負担も少なく高齢者や病気療養中のヒトにも安心しておこなうことが出来ることです。 わざわざ温泉地へまで行かなくても簡単に自宅でも足湯をすることが出来ます。 イメージとしてふくらはぎくらいまでのお湯が必要なの?と思ってしまいますが、実はくるぶしから3. 4センチ上までくらいで充分なんだそうです。 必要な物は、大きめのバケツ(最近は足湯専用のバケツも売っています)・お湯・バスタオル・ビニールシート・イスやソファなど座るものがあれば出来てしまいます。 バケツにお湯をいれて足を入れるだけ。 お湯が冷めてきた時のためにポットやヤカンにお湯を用意しておき、さし湯して温度を調整しましょう リンパマッサージ 脚のむくみはリンパに溜まった老廃物と水分も原因です。 リンパの流れを良くすることでむくみは解消されていきます。 でも書いたように、ふくらはぎの筋肉が収縮することで脚の静脈から血液を心臓へと戻しリンパも同じように筋肉の収縮(筋ポンプ作用)で流れを促します。 手を使ってふくらはぎの筋肉を刺激することでリンパの流れをよくするのが リンパマッサージです。 〔詳しいリンパマッサージの方法はを参照してください。 〕 むくみ予防法 むくみを改善する食べ物・飲み物) 日中に水分を多めに摂り夜は控えめに。 冷たい飲み物は避け常温から温かい飲み物のほうが良いでしょう。 体内のナトリウム 塩分 を排出させるカリウムを多く含む食品を摂ることや、利尿作用のある食品や飲み物(コーヒー・緑茶、すいかなど)も効果的です。 体内に溜まった余計な塩分や水分・毒素を排出するのに役立ちます。 むくみに効果がある食品はアサリです。 アサリは喉の渇きを和らげ利尿作用があり、カリウムも豊富で塩分を排出するサポートや肝臓機能を助ける効果も持っています。 カリウムは天然の降圧剤とも言われ高血圧にも効果があります。 むくみに効く!おすすめ漢方 漢方のチカラで身体のめぐりを改善!! サプリメントも漢方も似たようなものと思っている人も多いでしょう。 ワタシ自身もはっきりとした違いというと、漢方は薬、サプリメントは食品という違い。 という認識程度ですが、もっと詳しく調べてみると、効果や副作用についてが大きく違う点です。 サプリと漢方の違い 漢方は症状を治すのが目的です。 薬効成分のある植物や鉱物から作られ、症状に合わせて処方されます。 強い効果を発揮する分、副作用がでる可能性が高いのが漢方です。 一方、 サプリメントは食品に属します。 身体に足りない栄養素を補うことで健康維持や不調を起こしにくい健康な身体をつくるというのがサプリメントの目的です。 漢方と比べ、即効性や効果についてはあくまでも食品なので治るということはありません。 薬事法でサプリメントについての表現 改善する・防ぐ・治すなど が制限されいるため曖昧な表現をしています。 ご了承ください。 その分 副作用はほぼない為、安心して継続的に摂取することができるのがサプリメントの特徴です。 サプリメントを選ぶのか?漢方を選ぶのか??それはアナタ次第です 笑.

次の

痛みを伴うひどい足のむくみの解消法!ふくらはぎのむくみを取りたい!【おぎないびと】

ふくらはぎ 筋肉 痛 の よう な 痛み

「ふくらはぎやスネの痛み、違和感、びりびり、ズキズキ、痺れ、電気が走るような痛み」 この様な症状で困っている人、実は結構多いのではないでしょうか?。 ふくらはぎやスネ周辺の痛みや違和感が、長時間も続いている場合は厄介な疾患の可能性があります。 そこでこのページでは「ふくらはぎやスネの痛み、違和感、びりびり、ズキズキ、痺れの原因」について説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク ふくらはぎやスネの痛みの正体 ふくらはぎやスネの症状の場合考えられる原因は主に次の2つです。 坐骨神経痛か筋肉痛か ほとんどの疾患はこの2つで説明できると思います。 「坐骨神経痛」という名称を知らない人のために、簡単に坐骨神経痛の説明をさせていただきますね。 坐骨神経痛という症状は腰椎(腰の骨)や軟骨が変形してしまい、その近くの神経を圧迫して痛みや痺れが出る症状のことをいいます。 (びりびり、ズキズキという症状も坐骨神経痛では発生します) 厄介な事に、 腰椎(腰の骨)付近の神経の圧迫が原因なのに、腰には全く症状が出なくて足に症状が出る人も珍しくない症状です。 ちなみに、腰椎の神経の圧迫の仕方によって、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症などの病名がつけられます。 次に「筋肉痛」を簡単に説明させていただきますね。 筋肉痛とは、筋肉に負担が加わったために、一時的に疲労物質や炎症が溜まっている状態です。 一般的には、肉離れなど筋肉の断裂や損傷が少ない限りあまり長続きする事はありません。 しかし、 スポーツなどで、絶えずふくらはぎやすねに、過度な負担をかけるような動きが加わってしまった場合は、長続きする事もあり得ます。 (シンスプリントなど) 坐骨神経痛と筋肉痛の見極め方 ちなみに、ご自分の症状が坐骨神経痛なのか、もしくは筋肉痛なのかを判断するのは非常に難しい事だと思います。 そこで、坐骨神経痛か筋肉痛かどうかを診断チェックする症状を3つ紹介しますので、ご自分の症状と見比べて確認してくださいね。 1 「点」ではなくて「ライン状」に痛む。 例外もありますが、筋肉の痛みは通常「ここが特に一番痛い!!」という様に、ある一点に痛みが集中する事が非常に多いです。 それに比べて、 坐骨神経痛の場合は「このへん・・・」という様に痛みの場所がはっきりせず、神経のライン状に痛む事が多い様です。 2 安静時に痛みがあるかないか。 筋肉痛の場合、ギックリ腰などの様に異常に強い炎症が発生しないかぎり、 安静時(寝ている時や座っている時など)に痛みを感じる事は少なく、動いて筋肉に負担をかけた時にだけ痛みを感じる事が多いです。 それに比べて、 坐骨神経痛の場合は、安静時でも痛みを感じる事が筋肉痛に比べると多い傾向があります。 もちろん動作時でも痛みを感じる事が多い様です。 3 何週間も何ヶ月も経過していてもとれない痛み。 毎日毎日、同じ筋肉の局所に負担を与え続けない限り、筋肉そのものが何週間も何ヶ月も痛み続けるというのは通常考えにくい現象です。 この場合は、近くの関節組織を損傷しているか、坐骨神経痛の可能性がありますのでお気をつけください。 この3つの症状以外にも、坐骨神経痛と筋肉痛ではいくつか相違点がありますが、特にこの3つの症状を私は重要視しています。 スポンサーリンク シンスプリントによる痛み 上記の説明に心当たりがあったとしても、走る動作が関連するスポーツを頻繁にされている場合は、原因は坐骨神経痛ではなくてシンスプリントという疾患の可能性があります。 シンスプリントは走り方や、方向転換時の動き方に問題があり発生する筋肉痛の一種です。 正しい動作を行えば簡単に改善しますし、動作上の悪いクセが続く限りなかなか改善しない厄介な疾患でもあります。 シンスプリントに関してはのページで詳しく説明していますので、興味のある人は是非参考にして下さいね。 まとめ どうでしょうか? ご自分の症状の正体は判明しましたか? 先ほども説明しましたがスポーツが特に関係していない場合で、長時間に渡って長続きしているふくらはぎやスネの症状は坐骨神経痛の可能性が高いです。 坐骨神経痛はふくらはぎやスネに痛みがあったとしても、その原因は腰にありますので腰の治療を行わなければ改善はしにくい疾患です。 病院や整骨院でも単なる筋肉痛や使い傷みと勘違いされやすい症状でもありますので、もし取り合ってくれないのであれば他の病院や治療院に相談するきっかけにして下さいね。 また、下記に腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 関連するページを下記にまとめています.

次の