パリ の アパルトマン。 アパルトマン デュ ルーヴル. パリ, フランス

パリのおすすめアパルトマン 短期賃貸 |グロリアツアーズ フランスデスク

パリ の アパルトマン

日本人経営なら清潔な物件が多い 以前からパリやフランスを特集する雑誌は多くありましたが、ここ数年テレビでパリやフランスを紹介する番組が多くなってきています。 ますます日本人にとってフランスが身近になり、個人的にはとても嬉しく思います。 こういったメディアの影響からか「暮らすようにパリで過ごしてみたい」と思う人が年々増えてきているように感じます。 そんなニーズに答えるかのように、パリでは旅行者向けのアパルトマン(アパート)が以前よりも多くなっています。 しかも、1人用のステュディオ、グループ・家族用のアパルトマン、知らない人同士相部屋で泊まるゲストハウス、フランス人のお宅に間借りする民宿など、様々なタイプの物件が出てきているのも嬉しい限り。 アパート滞在のメリットとしては……• キッチンがあるので、自炊できる• ホテル特有の掃除サービスに惑わされることなく、ゆっくり寛げる• 物件によっては洗濯機があるので、たくさん衣類を持ち込む必要がない• ホテルより割安の場合が多い などが挙げられます。 大人数で宿泊したい時はアパートがおすすめ 滞在中は自分(たち)以外一切立ち入らない独立型アパルトマンは、「パリに暮らしている」という感覚に最も近づけます。 パリでは現地在住の日本人オーナーさんが持つ物件が多く、清潔でサービス、サポートも万全で安心して借りられるのも嬉しいところ。 中でもおすすめの物件を挙げておきましょう。 広さや場所など、幅広く選べる。 最大4名まで滞在可能。 近くにはスーパーやマルシェがあり、買い物も便利。 機器や施設が充実していて快適に過ごせる。 ガイドブックや雑誌など、パリの情報も豊富に揃っている。 ちなみにパリのアパルトマンとして有名なやは広々としたキレイな部屋が多く快適ではありますが、値段はホテル並みかそれ以上に割高です。 ゲストハウス たくさんの個人貸し物件が載っている メリットの多いアパルトマン滞在ですが、難点といえば物件数が少なく、早めに予約しないとすぐに満室になってしまうところ。 でもどうしてもパリでアパルトマンに泊まりたい!そんな人には、自力で掲示板やミクシィのコミュニティー等で物件を探すことを提案します。 パリ・フランス関連の掲示板では日本人がたくさん物件を出していて、日本語でやりとりできるだけでなく、個人貸しなので格安。 ただし個人間のやりとりになるので、あくまでも自己責任で、慎重に選んで下さいね。 いい大家さんはたくさん質問しても丁寧に答えてくれます。 もしこの対応がおざなりなようなら、止めておいた方が良さそうです。

次の

パリ・アパルトマン滞在|日仏文化協会 パリシェモア PARIS CHEZ MOI

パリ の アパルトマン

*宿泊料金 A:1月、2月、3月、4月、8月、11月、12月(年末年始、ゴールデンウイークを除く)• *表示価格は1名様料金。 2名様以上ご利用の場合は大人(12歳以上)1名様につき1泊15ユーロ、小人(2〜12歳)1名様につき1泊7ユーロ追加となります。 幼児(2歳未満)は追加料金は発生しません。 *2ヵ月以上ご滞在のお客様には、別に規定の割引料金をご用意しております。 ご相談ください。 *その他、リネン、エンド・クリーニング代70ユーロ(1ヶ月以上は140ユーロ)かかります。 全アパルトマン共通備品• 冷蔵庫• ヘアドライヤー• リネン(シーツ、台ふきん、バスマット) * シーツはアパルトマンに1セットのご用意となります。 (追加シーツ 25ユーロ/1セット) * タオルはスタンダードクラスを除くすべてのお部屋タイプにご用意がございます。 (タオルサイズ、枚数については、各アパルトマンのページのアパルトマン備品表に記載がございます) * タオルの追加は有料となります。 (バスタオル1枚 5ユーロ)• トイレットペーパー(4ロール)• 調理器具一式(鍋大、鍋小、フライパン、調理用へら、グラス、カップ、大皿、中皿、スープボール(サラダボール)、ナイフ、フォーク、スプーン大、スプーン小、ざる、ワインオープナー、缶切り、栓抜き、はさみ、包丁、まな板等)、ケトル 湯沸かし器• チェックイン・・・14時から20時まで• パリ到着時間が決まったら、ご連絡ください。 日本人スタッフが、お客様の飛行機到着時間から2〜4時間後にお部屋でお待ちいたします。 ( お待ち合わせ時間は、お客様のご利用の交通機関により異なります。 ご予約後の設定となります。 ご到着時に部屋の設備を説明させていただき、鍵の引き渡しを行います。 ご到着時間によっては以下の追加料金がかかります。 *前日からご予約をいただいた場合は、朝7時からのチェックインとなります。 チェックアウト・・・12時まで• 退室時の立ち会いは基本的にございません。 アパルトマンによって、鍵をお部屋に置いてオートロックでご退出いただく場合と、鍵をアパルトマンの指定の場所に収めていただく場合がございます。 現地で到着の際にスタッフよりご確認願います。 お部屋をご出発までご利用いただくレイトチェックアウトは18時までで、有料となっております(下記)。 チェックアウト(正午12時)以降のお荷物のお預かり 12:00〜14:00 一律 15ユーロ• *14時以降のお荷物お預かりは、レイトチェックアウト扱いとなり、上記の追加料金がかかります。 *パリシェモア系列店でのお荷物のお預かりもしております。 詳しくはパリでのサポートをご覧ください。 アパルトマンをご利用いただく前に、以下の事項をお読みのうえ、ご了承願います。 アパルトマンは全室禁煙となっております。 万が一、喫煙されて、お部屋に匂いが残っている場合はクリーニング代として80ユーロの追加料金をいただきますので、ご注意ください。 光熱費は料金に含まれております。 通常にご利用いただく分につきましては問題ありませんが、過度の利用はお控えください。 万が一、多額の請求が発生した場合は、別途清算になることもありますので、予めご了承くださいませ。 アパルトマンによっては電話、テレビの接続がインターネットの回線を通している場合がございます。 それにより、日本の固定電話への通話が無料、またテレビが100チャンネル以上映るなどのサービスがありますが、プロパイダ、電話回線の問題がおこった場合、このサービスが受けられない場合もございます。 早急にご利用いただけるよう善処をつくしますが、修復に日程がかかるケースもあります。 その旨をご了承いただき、電話回線が必要不可欠な方は海外使用可の携帯電話をご持参ください。 無線LAN(WiFi)の利用できないアパルトマンを除き、原則としてLANケーブルは備え付けておりません。 有線でのインターネット接続をご希望の方は、LANケーブルをご持参ください。 鍵の紛失、損傷、鍵穴の損傷はお客様に実費にてご負担いただきます。 ア パルトマン建物の公共部分(建物入口、中庭、階段、廊下等)また、アパルトマンが中央暖房、中央給湯となっている場合の給湯、暖房は、建物の共同管理委員 会によって選ばれた会社により管理、運営されています。 修理、修繕(例/廊下、階段の清掃、電球の取替等)は、当社によって管理委員会および当該会社に通 告し対応を要請することはできますが、これらの不具合の際には、当社による責任は一切負いかねますのでご了承願います。 アパルトマンのポストは原則としてご利用いただけません。 乙は本物件を住居として使用し、その他の用途に供してはならない。 乙は予約をキャンセルした場合はキャンセル料を支払わねばならない。 乙は退去日は例外を除き、正午12時までに本物件を明け渡さねばならない。 申し込み時点での契約人数と異なる場合は、追加人数分の倍額を違約金として乙は甲に支払う ものとする。 乙は甲に本物件の設備、備品の破損、もしくは滅失した場合は通知し、損害を倍賞するものと する。 鍵の紛失、破損は故意、過失を問わず、鍵の作成代金を乙は支払うものとする。 本物件の修繕及び維持管理上必要があるときは、予め入居者の承諾を得て、甲は本物件内に立 ち入り必要な措置をとることができる。 但し緊急を要する場合はこの限りではない。 物件の電気、ガス、水道等の設備の破損により物件の供給ができなくなった場合は、利用の停止、制限となることを乙は承諾する。 天災地変、火災、事故、盗難または電気、ガス、水道等の設備の破損によって生じた乙の損害 に対して、甲に故意過失のない限り、一切その責は追わないものとする。 禁止事項 :第三者に譲渡、転貸すること 他の居住者に迷惑をかける行為 共用部分に物品を放置すること動物の持ち込み 室内での火気の使用 室内の改造• 予約後に管理会社による建物自体の工事(外観の化粧直し等)が始まる場合、乙が希望すれば甲は代替物件を提供するか全額返金をする。 ただし代替物件の提供が難しい場合は全額を返金するのみとする。 その際、甲は一切その責は追わないものとする。 乙が滞在する建物の他の部屋、及び建物周辺の工事や騒音については甲は免責となり、返金及び代替物件提供の対象外とする。

次の

パリ・アパルトマン滞在|日仏文化協会 パリシェモア PARIS CHEZ MOI

パリ の アパルトマン

パリでは、ホテルでなく、暮らすように滞在できるアパルトマンに滞在するのも素敵です。 アパルトマンは、パリジャンが在住するエリアで、キッチン付きの個人の部屋に滞在すること。 近くのマルシェで買ったものを料理するなど、パリならではの楽しみがあります。 ここでは、パリで日本語が通じるアパルトマンをいくつか紹介するだけでなく、その メリットやデメリットを、パリ在住者の目線から正直に話して見たいと思います。 長いですが、お付き合いください。 パリで日本語でやりとりできるアパルトマン パリ生活社 対応スタッフがすべて日本人のため、安心感がある会社です。 物件数が多く、パリの広範囲からエレベーターつきなど、好みの条件でアパルトマンを探すことができます。 空港出迎え・見送りサービスを頼むこともできますよ。 パリスリビング 7区や16区などパリの中でも治安の良い地域で、リーズナブルにアパルトマン生活を送ることができます。 アパルトマンですが3泊から宿泊できるため、短期の観光にも使えますよ。 暮らすようにパリで滞在してみたい、旅慣れた方におすすめです。 セジュール・ア・パリ 高級感のある、おしゃれな物件が特徴のいわゆる「高級アパルトマン」です。 調味料やラップなど、生活必需品も揃っています。 広めの物件が多いため、友達や家族と旅行する方向きです。 3泊から宿泊可能なので、ホテル代わりにもどうぞ。 パリシェモア 日本人女性による、きめ細かいサービスを受けることができます。 女子学生の下宿のような部屋から雑誌にも登場する広めの部屋まで、バリエーション豊富。 1年更新の長期物件も扱っています。 日本語サービスのアパルトマンのメリット 上記のようなアパルトマンのメリットは、当たり前ですが 日本語が通じること。 日本語にこだわらなければ、同じ価格帯でもっと安いアパルトマンは多く見つかります。 ですが、特に初めてのヨーロッパ旅行の方は、事前に色々と相談できる日本人がいてくれる価値は非常に高いのではないでしょうか(このような滞在アシストは、無料の場合も有料の場合もあります。 気になる方は上記経営会社にお問い合わせください) 日本語サービスのアパートメントのデメリット 次に、日本語可能なアパートホテルの欠点について。 大きく分けると二つあります。 まず大きな欠点としては、日本語サービスを求める分、料金はパリの 他のアパルトマンよりも割高になり、時には同じエリア・グレードのホテルよりも価格が高い場合もあるということ。 これは、絶対に日本語じゃないと嫌!という方は割り切るしかありませんが、個人的には、パリには他にも安くて素敵なホテルやアパルトマンがあり(後述)、日本人もたくさん泊まっているのに、ちょっともったいないと思います。 アパルトマン=キッチンがついたホテル=安くておトク、というイメージを持っている方は、特に気をつけてください。。 もう一つの欠点は、 予約の取りにくさです。 アパートホテルという形態上、最低宿泊日数を3日〜1週間以上と設けているところも多く、また予約も数ヶ月前に受付し、直前予約が不可な場合があります。 特に日本人の人気が高い便利な場所のホテルは、みんなが行きたい連休などは事前予約や長期契約などでかなり昔に予約が埋まっていることが多く、予約がそもそもできない、という状況が多いです。 さらに、予約時に手付金の支払いが必要な場合もあります(長期滞在を突然キャンセルされたら困りますから、仕方がありませんが) 一般的なパリのホテルは、、キャンセルも数日前までは無料であるのが主流なため、上記のような制限は、少し不便に思ったりもします。 フランスプラスの解決法ー日本語スタッフがいる中価格帯のチェーンホテルへ それでは、一体パリではどこに泊まればいいのでしょうか。 アパートホテルのメリットとデメリットをふまえた上で、フランスプラス編集部が皆さんにおすすめしたいのが、「 日本語スタッフがいる中価格帯のチェーンホテルに泊まる」です。 そもそも、パリは世界中から観光客が来る一大観光都市のため、ホテルの宿泊に関しては、英語もフランス語も高いレベルのものは要求されません。 語学に自信がないという方も、そこはあまり心配しないでください。 ホテルのスタッフも毎日様々な国からの旅行者の英語を聞いているので十分慣れていますよ。 また、ホテルの情報は予約サイトでので、ここを見れば最寄駅から朝食の種類まで、大抵のことは事前にわかります。 予約手続きも日本語で済ませることができるだけでなく、何かあった時の問い合わせも、予約サイトのカスタマーサポートが日本語で対応してくれます。 そして、どうしても日本語が通じる人がいてほしい!という方のために、フランスプラスが厳選する、パリで日本語が通じるホテルをご紹介します(パリ中心部の、治安が良い場所のみに絞っています)。 まず、パリのホテルで一番おすすめしたいのが、日本人スタッフが複数名いる「」日本人に一番人気、日本の旅行代理店や日本語が通じるお店も多いオペラ座付近という最高のロケーション。 ルーブル美術館もと保険です。 パリのローカルっぽい雰囲気を味わうなら、こちらの方がいいと思います。 また、パリ西側の凱旋門の近くにも、日本語がわかるスタッフがいる「」というホテルがあります。 こちらも常勤ではありませんが、日本語でのコミュニケーションがあることで安心したという感想が多く上がっています。 また、パリのホテルの中では比較的手頃な価格帯で、清潔感のある可愛いプチホテルに泊まることができるのも魅力です。 ホテルにはキッチンが無いし、毎日外食になるのが心配、という方には、パリのスーパーやデリ、トレトゥール(お惣菜の店)でサラダや野菜のグリルをディナーにすることをおすすめします。 パリには健康志向な人も多く、このような野菜中心の軽食のお店は沢山ありますよ。 (おすすめはパリ市内に複数あるExkiというオーガニックのチェーン店です。 値段も手頃)。 また、日本人が経営する和食の店も(場所によっては高級ですが)多くあります。 パリのホテルで言語が不安な方は、指差し本が超おすすめ ホテルスタッフとのやりとりがどうしても心配な方には、下記の本を持っていくことを強くおすすめします。

次の