確定 申告 国民 年金 保険 料。 子の国民年金保険料は親と子本人どっちが払うのが得?まとめて払ったときの社会保険料控除はいつ控除する?

確定申告時に受けられる国民健康保険料の控除とは

確定 申告 国民 年金 保険 料

サラリーマンの場合、所得税は源泉徴収され、社会保険料控除は年末調整で行われます。 さまざまな税金関係の処理が、給与を貰う際にすでに済んでいるため、何が控除の対象になるのかということには、あまり気を使わない人が多いでしょう。 しかし、個人事業主やサラリーマンでも、副業で収入を得ている人などは確定申告をしなければなりません。 確定申告で保険料に関する控除対象は、国民健康保険料や生命保険料など様々です。 その際に求められる書類も様々であり、社会保険料の金額を証する書類や控除証明書などがあります。 控除を受けるには必要ですので、あらかじめ用意しておきましょう。 国民健康保険は控除対象になる 上記の通り、社会保険料は確定申告の際に控除対象になります。 社会保険料の一環に、国民健康保険も位置づけられています。 保険料というと、民間の生命保険をイメージする人が多いでしょう。 確かに民間の生命保険会社からは、だいたい11月から12月になると、保険料控除に必要な証明書を送付してくれます。 会社に証明書を提出して、保険料控除の金額を書類に記したことがある人は多いことでしょう。 国民健康保険も民間の生命保険会社の保険と同じく、確定申告では社会保険料控除の対象になります。 国民健康保険の場合は前年の1月1月から12月31日までに納付した金額が控除対象になる 確定申告では、社会保険料控除の申告をする際、国民健康保険の納付額も所得税控除の対象となります。 では、対象となる納付期間はいつからいつまででしょうか?確定申告の場合、前年の1月1月から12月31日までに納付した金額が対象となります。 その年ではなく、前年というところに注意が必要でしょう。 確定申告する前の年の、1月1日から12月31日までに納付した国民健康保険の金額を申告することになります。 納付をしていない場合は控除を受けられない可能性があるので注意が必要 きちんと納付をしていない場合は控除を受けることができないこともあるので、注意が必要です。 会社に所属していない自営業の方や、フリーターの方は気を付けましょう。 前提として、国民健康保険料はしっかり納める必要があります。 それでは次に領収書についてみていきましょう。 国民健康保険料の確定申告時に領収書は必要ない それでは領収書について紹介していきます。 国民健康保険は、確定申告の際に社会保険料控除の対象となります。 では、国民健康保険を納付したことを証明できる、領収書などの証明書が必要となるのでしょうか? 民間の生命保険会社からは、毎年必ず証明書が送られてきます。 「確定申告の際に必要な書類ですから、大切に保管してください」という注意書きがされているので、印象に残っている人も多いでしょう。 それと同じように社会保険料控除の対象となる以上は、確定申告の際に領収書が必要になるのではないかと焦る人も少なくありません。 しかし、国民健康保険については確定申告の際、領収書や支払ったことを証明する書類を添付する必要はありません。 領収書を保管しておく必要もないのです。 納付した金額を申込用紙に記入するだけで大丈夫 領収書などの証明書はとくに必要なく、納付した金額を申告用紙に記入するだけで大丈夫です。 ただし、役所によっては納付書や口座振替で納付する人には、毎年1月下旬に納付済確認書を世帯主宛に郵送するところもあります。 また、役所の税務課の窓口で申請書に記入し、身分確認が済めば、払込確認書を無料で交付するところもあります。 不安な場合は、自治体の税務課に問い合わせてみましょう。 国民健康保険料控除では控除証明書は必要ない よく、確定申告で社会保険料を控除するためには、控除証明書が必要だと思っている人がいます。 控除証明書とは、社会保険料の確定申告をする際に、納税者が支払った税金などの控除を行うために必要な提出書類です。 しかし、結論からいうと、生命保険料控除などでは控除証明書が必要ですが、国民健康保険料控除では必要ありません。 自分がどちらの保険に入っているかをきちんと確認して、必要に応じて提出しましょう。 確定申告で国民健康保険を控除するために領収書は不要!申請時には対象期間に注意 確定申告で、国民健康保険を控除する時の領収書について紹介してきましたがいかがでしたか?国民健康保険も、確定申告では社会保険料控除の対象となります。 控除対象になるということを、まずは知っておきましょう。 対象となるのは、確定申告をする前の年の1月1日から12月31日までに納付した国民健康保険の納付金額ですので、領収書は必要ないとはいえ、十分注意しましょう。 これには納付未到来分の保険料を納付した金額も、過年度の保険料を納付した金額も含まれます。 納付した金額を預金通帳で確認し、申告用紙に記入しましょう。 領収書のような証明書が無くても大丈夫です。 領収書が添付されていない場合、納税額を役所で確認することはありますが、書類は受け付けてもらえます。 こちらもあわせて読みたい!.

次の

【2020年確定申告】社会保険料控除の完全攻略ポイント8つ

確定 申告 国民 年金 保険 料

自分や家族の健康保険料 自分で国民健康保険に加入している場合や、家族の健康保険料を支払っている場合は、社会保険料控除に記入します。 ただし、国民健康保険には、控除証明書がありません(自治体によっては支払額の通知書を発行している場合もあります)。 ですので、控除証明書の添付は必要なく、金額を記入するだけで大丈夫です。 国民健康保険料を記入する場合には、1月1日から12月31日までに実際に納付した保険料を自分で確認する必要があります。 具体的には、現金払いなら納付済書、銀行引落なら通帳、わからなくなってしまった場合には、市区町村に電話で問い合わせることもできます。 実際に納付した金額を記入するので、例えば納付期限が来年のものでも、今年にすべて支払っていれば今年の控除になります。 また、サラリーマン時代に給与から天引きされていた健康保険料がある場合には、源泉徴収票を添付し、記入します。 労働保険料 労働保険(ろうどうほけん)とは以下の2つの総称を指します。 ・労災保険 ・雇用保険 労災(ろうさい)保険とは、従業員が業務中にケガをした場合などに補償される保険で、保険料は会社が負担します。 労災保険には「特別加入」制度があり、1人親方(業種制限あり)や中小企業の役員等が任意で労災保険に加入できるようになっています。 この特別加入制度で支払った労災保険料については、社会保険料控除の対象となります。 雇用保険(こようほけん)とは、いわゆる失業保険のことです。 会社で働く従業員が失業状態となった場合に、再就職するまでの一定期間、一定額のお金を受け取ることができる保険です。 会社の従業員が加入することができ、保険料は会社と従業員が決められた割合を負担して支払います。 サラリーマン時代に給与天引きされていた雇用保険料がある場合には、源泉徴収票を添付し、記入します。 確定申告書の社会保険料控除の記入の仕方 確定申告の社会保険料控除の記入の仕方は以下のとおりです。 第一表と第二表に記入します。 【確定申告書A】 ・第一表…(6)社会保険料控除に、合計保険料金額を記入します ・第二表…用紙右の「所得から差し引かれる金額に関する事項」(6)社会保険料控除欄に、社会保険の種類と支払保険料額を記入します。 源泉徴収票がある場合には、源泉徴収票のとおり、と記入して、合計の社会保険料を記入します。 【確定申告書B】 ・第一表…(12)社会保険料控除に、合計保険料金額を記入します ・第二表…用紙右の「所得から差し引かれる金額に関する事項」(12)社会保険料控除欄に、社会保険の種類と支払保険料額を記入します。 【参考】確定申告関連リンク 最後に いかがでしたでしょうか。 社会保険料控除は全額を控除できるので特に計算の必要もありません。 控除できる金額も大きく、税金に差が出ますので、忘れずに記入しましょう。

次の

妻の国民年金と国民健康保険料、夫が年末調整で節税、社会保険料を家族代表で所得控除

確定 申告 国民 年金 保険 料

<目次>• 確定申告における合計所得金額の計算手順 所得税、住民税、国民健康保険税の算出や国民年金保険料の免除等の基準になる合計所得金額の計算手順を、「、」の用紙に従って説明します。 給与収入や年金収入、配当、株式等の譲渡益など1年間の収入を費目別(確定申告書Aの収入金額等ア~オ、確定申告書Bの収入金額等のア~サ)に記入します• それぞれの費目毎に異なった控除額の計算式に当てはめ、所得金額を算出します(確定申告書A……10~12ページ、確定申告書B……8~12ページを参照)• 損益通算できる収入(不動産収入、配当収入、給与収入、公的年金や執筆等の雑所得など)を通算します• なお、国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、画面の案内に従って必要な金額等を入力すれば、合計所得金額だけでなく税額などが自動計算されて、確定申告書を作成することができます。 確定申告では住民税の控除額も確認を 住民税と所得税では、人的控除や保険料控除といった各種控除額が異なり、住民税のほうが控除額は少額です。 例えば配偶者控除は、所得税は38万円に対し住民税は33万円と5万円も少ないのです。 配偶者控除を受けている妻(夫)が株式投資等で配当や譲渡益を得ているときは、所得税の還付だけでなく住民税を視野に入れて、確定申告する内容をチェックする必要があります。 具体的には表1の通りです。 日本年金機構と三島市役所のホームページを参考に筆者が作成(2020年1月28日現在変更なし) 収入が少なく国民年金保険料の納付が厳しいと感じている人は、積極的に確定申告を行い、国民年金保険料の免除制度が利用できるようにしましょう。 確定申告で確定した所得税と国民健康保険料の保険料免除の関係 国民健康保険税(医療保険分・後期高齢者支援金分・介護保険分)(=以下「国民健康保険税」とする)も、確定申告で確定した合算所得金額を基に算出します。 ただし、一部の人、例えば青色申告をしている人などは計算の基準となる合計金額が、確定申告で確定した合算所得金額と異なることがあるので注意が必要です。 所得税の確定申告では、青色申告控除や専従者への給与控除などを控除した後の所得が、年間所得となります。 ところが国民健康保険税の算出では、これら青色申告控除や専従者給与などは控除対象外として扱われます。 合算所得金額が「青色申告控除額+専従者給与」分だけアップすることになり、その分保険料が高くなってしまいます。 例えば所得税の確定申告で合算所得が100万円(青色申告控除10万円、専従者の給与60万円)の自営業者の場合、国民健康保険税を算出する合算所得は、100万円+10万円+60万円=170万円を使います。 国民健康保険税の計算式は大枠はあるものの、表2のように地方自治体が独自に決めることができるので、居住している地方自治体の窓口やホームページで確認しましょう。 国民健康保険税の料率の例(平成31年度)各市役所のホームページを参考に筆者が20020年1月28日に作成した。 なお、国民健康保険税にも低所得者世帯に対する軽減措置があり、被保険者均等割額(均等割額)と世帯別平等割額(平等割額)が軽減されます。 【軽減判定基準】• 7割軽減:前年の総所得金額が「33万円」以下の世帯• 配当金等の還付を考えている人は、還付される金額だけでなく、世帯の所得金額が増えることによる国民年金保険料や国民健康保険税・介護保険料への影響をチェックする必要があります。 軽減措置の適用基準額等を含め詳細に比較検討し、「還付申告したら損をした!」とならないように注意してください。 【関連記事】•

次の