今年の夏至は何日ですか。 今どき大容量冷蔵庫は良いこといっぱい♪

春分、夏至、秋分、冬至のそれぞれは何月何日か教えてください!!

今年の夏至は何日ですか

「夏至」とは? 夏至は二十四節気の一つ 夏至は 「二十四節気」の一つで、 昼間が一番長い日のことを言います。 二十四節気というのは、1年を二十四等分し、その区切りとなる日に名称をつけて目安としたもの。 その中でも有名なところでは、夏至を含め次の4つでしょう。 夏至(1年で一番昼間が長い日)• 冬至(1年で一番昼間が短い日)• 春分(昼と夜の長さが等しい日)• 秋分(昼と夜の長さが等しい日) ちなみに他の国でも「夏至」はあり、英語では 「the summer solstice」と言います。 無理やり訳すと「夏に至る日」となりますね。 【関連記事】• 2020年の夏至はいつなの? 今年の夏至は・・・ 2020年の夏至の日は、 6月21日(日)です。 昔は1年の丁度半分になる日が、夏至と定められていました。 今も多少違いはあるものの、この日の前後が夏至となります。 また夏至には、 夏至の瞬間というものがあるんです。 その夏至の瞬間が「1年で一番昼間が長い時」と言えますが、その瞬間を含めた日が、現在において「夏至の日」となっています。 2020年の夏至の瞬間は、日本時間で 「6月21日午前6時44分」となります。 夏至の瞬間の基準 夏至の瞬間は、どういう基準で決められているのでしょうか。 実は学術的な意味での夏至は、 『夏至点』という点を太陽が通過する瞬間の事を指します。 その黄道と、赤道上のラインとが一番離れて通過する地点というものがあり、それが 「夏至点」といいます。 この 夏至点を通過する瞬間が「夏至」であり、 通過する日を「夏至の日」と言います。 ちなみに冬至は「冬至点」というポイントを通過する瞬間の事を指し、通過する日を「冬至の日」としてます。 【関連記事】 ・ 夏至の日の算出方法 夏至の日は6月20日・21日・22日のいずれかになりますが、実は 2020年から2055年までは6月21日が夏至となっています。 2056年以降になれば、 西暦を4で割った余りで判別する方法がありますが、当面は6月21日と覚えておけば間違いないですね。 夏至に食べるものと言えば? 関西のタコ 関西では夏至から半夏生までの10日前後の間に、 「蛸(タコ)」を食べると元気になれるという言い伝えがあります。 タコの八本足のように農作物が大地に根付くよう神様に奉納したのが、この風習の始まりだと言われています。 実際タコには疲労回復効果があるので、タコを食べるのは理にかなっていますね。 【参考記事】• 関東では焼き餅 関西では夏至にタコを食べますが、関東では 「小麦粉を混ぜた焼き餅」を食べる風習があります。 関西でタコを神様に奉納したように、関東では収穫した小麦で餅を作って奉納したのが始まりなんです。 いずれにしても、神様に差し上げた後に自分たちで食べて、神様のちからを取り入れる考え方は面白いですね。 愛知の「いちじく田楽」? 愛知県周辺の尾張地方では、夏至に 「無花果田楽(いちじくでんがく)」を食べる風習があります。 いちじくといえば果物ですが、それを味噌をつけて食べる「田楽」にするなんて驚きですね。 作り方は次の通りですが、本当に 田楽の作り方そのものですよ!.

次の

夏至

今年の夏至は何日ですか

<夏至 目次>• 今年の夏至はいつ?……2020年夏至の日は6月21日 2020年の夏至の日は、6月21日です。 北半球においては、1年のうちで最も昼の時間(日の出から日没までの時間)が長くなるため、「1年で最も日が長い日」としておなじみです。 夏至の日は太陽の位置が1年で最も高くなるので、日が昇ってから沈むまでの時間が長いわけです。 正午頃に太陽がほぼ真上を通るため、大変短い影を見て、夏至を実感する方も多いのではないでしょうか。 夏至は二十四節気の一つ 夏至は二十四節気のひとつです。 二十四節気は期間なので、夏至(二十四節気の第10)から小暑(二十四節気の第11)までの期間をさし、毎年6月21日頃~7月7日頃にあたりますが、その節気に入る日をさすこともあります。 特に夏至の場合、一般的には「1年で最も昼の時間が長い日」として捉えることが多いです。 また、夏至は立夏と立秋のちょうど真ん中にあたります。 梅雨の最中の地域が多いのですが、「夏に至る」と書くように、この頃から夏の盛りに向かっていきます。 夏至と冬至の関係 1年で最も日が長い夏至に対し、1年で最も日が短いのが冬至です 「1年で最も日が長い日」である夏至と対になるのが、「1年で最も日が短い日」である冬至(12月22日頃)です。 太陽が真南にきて最も高くあがったときの地平線との間の角度を「南中高度」といいますが、夏至は南中高度が最も高いため、太陽が出ている時間が長くなります。 冬至はその逆です。 詳しくは「」をご覧ください。 なお、南半球は北半球と逆転するので、「1年で最も日が長い日」が冬至、「1年で最も日が短い日」が夏至になります。 夏至の祭り 関西では夏至にタコを食べる風習がみられます 前述の通り、古くから、夏至に太陽の力が最大になると考えられてきました。 そこで、太陽の恵みに感謝し、豊作を祈願するようになり、夏至から11日目の半夏生(はんげしょう)までに田植えをする習わしができました。 そして、田植えが終わると 小麦餅を作って供えるようになりました。 関西では、この小麦餅を「 半夏生餅(はんげしょうもち)」といいます。 また、関西には稲の根がタコの足のように強く深く、広く根付いて欲しいと願い、タコを食べる風習があります。 愛知には、不老長寿の果物といわれたイチジクを田楽踊りに由来する味噌田楽で食べるところもあるそうです。 風流な夏至の「短夜」 夜の長さは、季節のめぐりとともに変化します。 昼と夜の長さがほぼ同じになる春分から昼の時間が長くなり、夏至にいたると最も夜が短くなります。 そこで、夏の短い夜のことを「 短夜(みじかよ)」と呼ぶようになり、夏の季語として親しまれるようになりました。 平安時代、貴族たちは短い夜をいつくしみ、蛍狩りを愉しんだそうです。 清少納言も、「夏は夜。 月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがいたる。 また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。 雨など降るもをかし。 」と『枕草子』で綴っています。 今でも夏至の短夜をいつくしむかのように蛍狩りをするところや、最低限の光で短夜を過ごすためのライトダウン、キャンドルナイトなどのイベントをするところがあります。 詳しくは「」もご覧ください。 なお、夏の「短夜」に対し、秋には「夜長」、春には「日永(ひなが)」、冬には「短日(たんじつ)」ということばがあります。 夏至の初侯・次侯・末侯 二十四節気をさらに3つに分けた七十二侯は、夏至の間にこのように移り変わります。 日付は2020年の日付です。 夏枯草は、うつぼ草の異名です。 ここでいうあやめは、端午の節句に用いる菖蒲 しょうぶ ではなく、美しい花が咲く花菖蒲をさしています。 昔は、田植えを終える目安とされていました。 半夏は、烏柄杓(からすびしゃく)の異名です。

次の

【二十四節気】2020年の「夏至」はいつ?どんな日で何をすればいいの?

今年の夏至は何日ですか

気がつけばもう六月も半ばを過ぎ、 この週末21日(日)は夏至ですね。 しかも今年の夏至は新月。 すでに夏至のエネルギーが流れてきているのを感じます。 夏至はエネルギーが陰から陽に切り替わる時で、 冬至や春分の日、秋分の日などもそうですが、 大きなエネルギーの切り替わりの日です。 こんなエネルギーの切り替わりの前には、 感情の波が大きくなったり、落ち込んだり、 眠かったりだるかったり、頭痛がするなど 色んな形で影響が出る方もいらっしゃいます。 (そうした変化がでなくてもエネルギーは受けています。 ) もし夏至のエネルギーの切り替わりの影響なら、 夏至の後はスッとラクになりますが、 せっかく感情や精神面、肉体面に何かが出ているなら、 それを素直に捉え、 自分の心の声をよく聞いて、 どうしたいのかをじっくり考えたり、 体の声を聞いて、無理をせずゆっくり休んだりし、 できる範囲で思いつくことやしたいことを 行動していくといいですよ。 特に今回は新月も重なりますから(日食も。 )、 夏至前の今、 これからどう生きていきたいのか、 そう生きるためにもういらないものはないか、を考え、 手放していくと、 夏至以降のエネルギーに スムーズに乗っていくことができるでしょう。 どう生きたいのかを考える時、 ただ自分に都合のいい夢を妄想して終わりにするのではなく、 そう生きるために自分が今できることは何か?を 具体的に考え、 それを今日から生活に取り入れていくことです。 エネルギーの変化が大きいので、 今からそうして新しい流れに調整していくと、 夏至の後すんなりと、その大きな流れに乗っていけるでしょう。 (イギリス 湖水地方 グラスミア湖畔にて。 ) これから陽のエネルギーに切り替わりますから、 行動することはとても大切です。 また新月ですから、その前に出てきた問題をヒントにし、 (感情の波や精神面のストレス、体の変化など) 昨日も書きましたが、バランスが大切ですから、 (昨日の記事はこちら。 そうして調整をしながら、新しい流れの始まりに、 新しい挑戦やワクワクすることなどに 一歩を踏み出していけるようにしましょう。 私もこの数日喉に圧を感じるので、 (私は何かあると喉にきます。 どこに来るかは人によります。 これは私にとってはいらないものを見つけて 手放すよう促すサインです。 ) 新しいエネルギーがどんどん流れてきているのを 感じています。 なので生活習慣を見直したり、 寝る時間や起きる時間を変えたり、 太陽の光を浴びるようにしたり、 体を使うことを増やしたり、 いつもの瞑想にプラして、 その日に合わせて色んな瞑想をしたり、 クリアリングのセルフワークをしたり、 今興味があることを積極的に学んだり、 楽しむことをいつもより行動的にしたりしています。 人は調子がよく問題がないと、 あまり積極的にライフスタイルを見直したり、 自分と向き合ったり、 体の声を聞こうとしたり、 もっとクリアリングをしようなどと思わないものです。 感情の波が大きかったり、 とにかく眠くてしかたがなかったり、 ストレスなくことがたくさん目の前にあったりするから、 無視できなくて、 何とかしようと方法を探したり、 自分を変えようとしたりします。 そこまで大きなストレスや問題でなくても、 その小さな引っかかりをスルーせず、拾い上げ、 できることをしていくと、 大きなストレスになる前に クリアしていけるのでおすすめです。 今特に問題もストレスもない方も、 日常的な心と体のセルフケアは大切ですから、 夏至のエネルギーの切り替わりに 合わせていくといいと思います。 そんな方には断捨離もおすすめですよ。 あとはどなたにも、瞑想はとてもおすすめです。 肉体面でも感情や精神面でも、 バランスを整えてクリアにしていけますから。 というわけで、 エネルギーの切り替わり目前の今、 軽やかに次のステップに進んでいけるように、 整えつつ、 陽のエネルギーに今から乗り、行動していきましょう。

次の