こちらこそありがとうございました。 ビジネスメールで使う「こちらこそ」の注意点

こちらこそありがとうございました、って英語でなんて言うの?

こちらこそありがとうございました

ビジネスメールで「こちらこそ」という言葉を使う時には大抵、「ありがとうございます」などの感謝の言葉や「よろしくお願いいたします」という言葉が続きます。 ビジネスメールにおける「こちらこそ~」という言い方は、先方が先に感謝や「よろしくお願いします」を伝えてきた為に、「こちらこそ」という言葉を使って、「感謝の気持ちはこちらのほうがずっと強い」という事を表現しています。 自分の気持ちの方がずっと大きい事を表現する言葉が「こちらこそ」 「こちらこそ」という言葉のうち、「こそ」というのは「それを取り立てて、強く支持する意を表す」という用法の係助詞なので、「こちらこそ」という言葉をつける事によって、自分の気持ちの方がずっと大きい事を表現する事ができるのです。 」という言い方自体は、ごく一般的な言い回しなのですが、人によっては、失礼だと思う方がいます。 その理由をここでは説明します。 「こちらこそ」が失礼になる理由は二つあります。 」という言い方をするときは、先に相手が感謝の内容を示したうえで、自分自身は、それにのっかる形をとっているので、感謝の内容を省略して表現している事になるのです。 」というように、感謝の内容を省略せずに書きます。 ビジネスメールで「こちらこそ」を使うと相手の感謝を当然のように否定しない点が失礼になる ビジネスメールで「こちらこそ」が失礼になる理由の二つ目は、相手の感謝を否定せず、当然の事として受け取っている為です。 「こちらこそありがとうございます。 」は、その前に相手から感謝の言葉を受け取った上で、書く言い回しです。 この事により、「相手の感謝を当然のこととして受け取った=傲慢、失礼である」という考え方ができるのです。 ビジネスメールでは「とんでもございません」を「こちらこそ」の前に書く なので、ビジネスメールでこの問題を解決する為には、「こちらこそありがとうございます。 」を書く前に、「とんでもございません。 」などの言葉を使って、相手の感謝を一旦否定しておくとよいです。 つまり、「こちらこそ」をビジネスメールで使う時には、まず相手からの感謝を否定し、その上で感謝の内容を省略せずに書く事がポイントです。 ビジネスメールで「こちらこそ」を使う場合は失礼に当たらないように言葉の省略に注意しよう 以上が、ビジネスメールで「こちらこそ」を使う時の注意点についてです。 上記のように、「こちらこそ」という言葉は使い勝手がよい反面、人によっては不快感を覚える可能性のある言葉です。 「こちらこそ」という言葉を使う時には、相手に不快感を与える文章になっていないかを、よく確認しましょう。

次の

「こちらこそ」のビジネスでの意味や目上への正しい使い方・例文を解説

こちらこそありがとうございました

"We both worked equally as hard" - this expression explains that you are also grateful for everything the other person has done and you also should thank them for that. "I should be the one thanking you" - this is a very polite expression detailing how thankful you are for the other person and that you are modest in the work you have done compared to what they have done for you. Hello SHINJIRO :- I hope this helps! A I'm happy to help! Thank you for all your help too! But I'd be happy to drink tea with you tomorrow. B I should thank you actually! " SHINJIROさん、こんにちは、参考になるといいです! A I'm happy to help! Thank you for all your help too! But I'd be happy to drink tea with you tomorrow. (ごめんなさい今日は忙しいので。 でも明日なら、一緒にお茶でもどうですか) B I should thank you actually! (本当は何をしたらいいの) When someone says to me "thank you" I say right away "No, no, thank YOU", with emphasis on the "YOU. " It is quite customary however, simply stating "thank you" after another has said "thank you". "Thank you too" is used most often after being thanked. "Thanks to you as well" is quite formal and longer, it's an older way to respond to being thanked. In an informal situation e. with a friend or family member, you could say 'No, thank YOU' with an emphasis on the 'you'. This shows that you really want to thank them and that they should be thanked more than yourself. 'I should be the one thanking you' also shows the same idea, except that this is trying to say that I don't deserve any thanks at all. 'You deserve the thanks for that', shows that the other person really deserves gratitude. It's my pleasure' expresses that you enjoyed being able to help. You could add 'Thankyou to you too' if you wished to thank the person in return. 'Likewise' is a good way of simply saying the same thing in return. So if they have thanked you, then saying 'likewise' means you are thanking them too. You could use 'likewise' in any situation where you are wishing to return a sentiment or greeting eg A. 'Have a good weekend. ' B. 'Likewise! ' If a person tells you, "Thank you. ", for something, but you also want to express your gratitude to that person as well, you can say a few different sentences to express this. A common way to express this is by using, "as well", to show that the gratitude is returned to that person too. For example, "Thank you very much as well. " You can also respond by first acknowledging the person's gratitude toward you and then expressing your gratitude toward that person. For example, "Of course. Thank you! Finally, you can express you gratitude to the person and then say that the person really helped you by saying, "Thank you too. I really appreciate it! All of these expressions can be used in informal or formal situations. However, in formal situations, it is better to simply use periods at the end of the sentences instead of exclamation marks to show professionalism. 誰かに "Thank you. "(ありがとう)と言われて、自分もその人に感謝の気持ちを伝えたいときの表現はいくつかあります。 一般的なフレーズは、自分の相手に対して感謝の気持ちがあることを示すために "as well"(私も)を使うことです。 例:"Thank you very much as well. " (こちらこそどうもありがとう。 ) また相手の感謝の気持ちをまず受け入れて、相手に対する感謝の気持ちを伝えることもできます。 例:"Of course. Thank you! " (もちろん。 ありがとう!) "Thank you too. I really appreciate it! "(こちらこそありがとう。 感謝しています。 )は、あなたが相手に感謝していて、とても助けられたときに使えるフレーズです。 これら全てフォーマルでもカジュアルな場でも使うことができますが、フォーマルな場では、エクスクラメーションマークの代わりにピリオドを使うほうがいいでしょう。

次の

「こちらこそ」は英語でどう言う?

こちらこそありがとうございました

「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方の一つは、「同じ意見」を表現したい時になります。 そのため、特定の意見ではなかったとしても、相手が言及している考えと自分の考えが一致しているときに、「こちらこそ」を正しい使い方で使用できます。 相手側が「ありがとうございました」と自分や自分の会社に対して言ってきた時に、「こちらこそ」で自分や自分の会社も「同じように」相手に感謝していることを失礼なく、表現できることになります。 この正しい使い方をマスターすれば、「こちらこそ」を適切に使えます。 相手の考えと同じ考えを表現したい時に、正しい使い方として「こちらこそ」を使用しましょう。 「こちらこそ」という言葉の正しい使い方がされているので、違和感のない会話ができます。 「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方は、「同じ意見」を言う時ですが、同じ意見であったとしても「上回る気持ち」を伝えたい時に、「こちらこそ」を使用することができます。 相手が「ありがとうございました」と感謝をしてきた時に、相手よりも深い感謝を伝えたいと感じて、「こちらこそありがとうございました」や「こちらこそ本当にありがとうございました」という「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方をすることができます。 この失礼のない正しい使い方で「こちらこそ」を会話に取り入れれば、相手と同じ意見を伝えることができるだけでなく、相手よりも上回る気持ちを表現できます。 「こちらこそ」の、この正しい使い方で感情表現が豊かになるはずです。 「こちらこそ」が正しい使い方で使用されている例文の一つが、「こちらこそお世話になりました」です。 「こちらこそお世話になりました」という例文の「お世話になりました」には、「面倒をみてもらいました」という意味があります。 しかし、この例文には「お世話になりました」と「こちらこそ」が同時に使用されているため、相手側が自分たちに対して面倒見てもらったと感じている時に、自分たちも面倒を見てもらったことへの感謝を表現していることになります。 「こちらこそ」の使われているこの例文で、持ちつ持たれつの関係を表現することができます。 どちらかに依存しているのではなく、お互い支え合うことを表現することのできる便利な例文です。 「こちらこそ」が使われている例文の一つに、「こちらこそありがとう」があります。 「こちらこそありがとう」の後に、「ございます」や「ございました」を付け足すことによって、自分も感謝をしている事を表現できます。 「こちらこそありがとうございます」では、現在自分が感謝をしているのを表現できるのに対し、「こちらこそありがとうございました」では、過去の出来事に関して感謝をしていることになります。 どちらであったとしても、「こちらこそ」が自然な言い回しで使用されています。 相手だけではなくて、自分にも感謝をする理由があると感じているのであれば、迷うことなく「こちらこそありがとうございました」を使っていきましょう。 就活している時にも「こちらこそ」を会話の中に積極的に取り入れることができます。 就活している時には、目上の人に対して失礼にならない言葉遣いをしなければならない、という注意点を忘れてはなりません。 そのような緊張する就活をしている時であったとしても、「こちらこそ、本日はお忙しいにもかかわらず、お時間を頂き誠にありがとうございます」と言うことができるでしょう。 「こちらこそ」が使われた、非常に深い敬意が示されている例文です。 「こちらこそ」が使われているこの例文を使用すれば、就活に携わっている目上の人に対する敬意と感謝を同時に表現することができるようになります。 自分のイメージアップをはかるためにも大切な、「こちらこそ」の使い方になります。

次の