背中 ニキビ 跡 治療。 背中ニキビの市販薬を口コミで選ぼう!おすすめや効果もご紹介

背中ニキビの原因は4つ!背中ニキビのスキンケア方法&予防策

背中 ニキビ 跡 治療

背中ニキビ跡 お悩み別外来 背中ニキビ跡の治療• クリニックにおける施術• ビタミンHの注射(保険適用) 背中ニキビ、背中ニキビ跡、赤み 背中ニキビ、背中ニキビ跡、赤みに効果があるものが顔ニキビに比べ少ないのですが、当院ではフラクショナルレーザー治療(1550)を用意しています。 ダイオードレーザー(810)が何故にきびに効くのか?• これを組織のリモデリングといっています。 それとともににきびの赤みも徐々にひいていきます。 つまり現在のところまだ分かっていないメカニズムなのですが、レーザー光による炎症の改善があることは間違いないと思います。 フラクショナルレーザー(1550) すんなり効いてしまう場合もあれば、照射1、2週間後に一時的増悪を経て、それから平らになるという場合もあります。 フラクショナルレーザーは基本的にニキビ跡に効くものであり、炎症性ニキビには適応がないとされてきました。 当院のフラクショナル1550はフラクセルIIの改良版で同じ波長でありながら、それらを同時に治療することを可能にしました。 いずれにせよ、 炎症性にきびand ニキビ跡両方に対する治療ツールとしてはすばらしいレーザーと言って過言ではないでしょう。 フラクショナルレーザー(1550)の1回照射2ヶ月後の写真です。 ドラスティックに効きました。 フラクショナルレーザー(1550)による効果、リスク・副作用 「必ずお読みください」 1)フラクショナルレーザーであるEr:Glass 1550nm レーザーによるにるニキビ、ニキビ跡、背中ニキビなどの改善と毛穴の縮小を目的とした治療です。 特徴は真皮に熱が入り、ニキビ菌の死滅、毛の組織へのダメージ、真皮コラーゲンの活性化をはかり、皮膚のターンオーバーを促進させます。 つまり皮膚の中に熱を入れて、古くなった組織を新しい組織に入れ替えるのです。 1ヶ月ごとの治療で数回、治療効果をみていくことになります。 治療効果には個人差があり、また改善がみられない場合もあります。 2)熱を伴った痛みのある治療です。 痛み熱感は施術後数時間ぐらい続きます。 治療後は腫れと強い赤みが出て、これらは2~3日間程度続くことがあります。 照射後から 1週間程度は照射部位が日焼け後のように赤黒くなることがあります。 肌が乾燥し、ザラザラしたような感じになります。 このザラザラは、1週間程度で洗顔や入浴時に自然に脱落します、無理にはがしたりこすったりしないでください。 3)背中のニキビに、このフラクショナルレーザーは特に良いです。 ただ背中に照射した場合1週間程度赤くなりますが、必ず赤みは消えます。 (黒いシミには効きません) 4)副作用として痂皮 かさぶた 、水疱、点状出血、色素脱失、色素沈着などがあります。 このような症状が出現した場合、状態にもよりますが治療を行うこともありますのでご来院ください。 (レーザーでの一般的な副作用であって頻度は少ないです。 ) 毛穴の数が増えることはありません。 5)角質除去剤やスクラブの使用、美白化粧品(レチノール、AHA 含有)の使用は肌のザラザラ感がある1~2週間は控えてください。 こすったり、引っ掻いたりせず、できるだけ刺激を与えないようにしましょう。 6)治療には副作用が発症する可能性があることもご理解いただいた上で治療をお受け下さい。 副作用が発症した場合はできるかぎり当院で処置等を行います。 他の病院などでの治療費などはお支払いできません。 また施術費用のご返金も致しかねますのでご了承ください。 7)副作用が発生した場合、内服や塗り薬を処方することがございますが、別途費用が掛かることをご了承ください。

次の

「背中ニキビ」の原因・症状・対処方法について解説

背中 ニキビ 跡 治療

女性が悩むことが多い背中のニキビ跡は、皮脂の分泌が多くなっているときや肌の乾燥、またストレスを感じていると引き起こされます。 背中にできるニキビ跡は自宅でケアして治すこともできるのですが、時間がかかり完治させるのはとても難しいんです。 しかし、美容皮膚科やエステなどで レーザー治療を行えば、ニキビ跡は短期間でキレイに治すことができます。 そこで気になるのが値段や効果です。 ここでは、レーザー治療の種類とそれぞれの値段や効果について、詳しくご紹介します。 背中のニキビ跡へのレーザー治療の効果は? 背中のニキビ跡の治療方法としては、レーザーを使用した治療が効果的です。 レーザー治療といってもいくつか種類があり、フレクセルレーザーやブリッジセラピー、炭酸ガスレーザーやクールタッチレーザーがあります。 レーザー治療の種類によって効果も異なりますので、 種類別に効果をご紹介します。 フレクセルレーザー治療の効果 フレクセルレーザーには肌のターンオーバーを促す効果があります。 そのため、肌が新しく再生するように働きかけてくれますので、お肌に残ってしまったニキビ跡でもキレイに治すことができます。 また、 レーザー治療の中でも治療効果が高く、ケミカルピーリングで治療していくよりも 短期間でニキビ跡を治すことが可能です。 ニキビ跡のレーザー治療の中で、もっとも人気のある治療法でしょう。 薬剤で皮膚の表面を溶かし、肌の再生を促す。 ブリッジセラピー治療の効果 ブリッジセラピーは 体の再生能力を利用し、お肌が大量のコラーゲンを生成しやすくなるようにする治療方法です。 この効果により新しい肌が作られ、生まれ変わったようなキレイな肌を手に入れることができます。 ニキビ跡を、肌の内側から徹底的に治すことができる方法です。 色素沈着やクレーターのニキビ跡に悩む人が多く行う治療法です。 炭酸ガスレーザー治療の効果 炭酸ガスレーザーにはニキビ跡の炎症を抑える効果があり、ニキビ跡がなくなった後も色素沈着が起こらないようにすることができます。 また、ニキビ跡がクレーターにならないよう働きかけてくれますので、ニキビ跡が目立たないようにできます。 なお、炭酸ガスレーザーの効果を上げるために、イオン導入治療と併用するケースが多いです。 そうすることで、ニキビが再発できないようにする効果が得られます。 クールタッチレーザー治療の効果 クールタッチレーザーは赤みや色素沈着、クレーターのニキビ跡に効果的な治療です。 肌のダメージを最小限に抑えることができるのが特徴です。 レーザー治療は火傷や赤みが出てしまうこともあるのですが、クールタッチレーザーの場合は 冷却機能で素早く肌を冷やしていきますので、敏感肌の人でも受けられる治療法になっています。 クールタッチレーザーでニキビ跡を治していくためには、大体5回程度の施術が必要になりますが、ニキビ跡をキレイに治すことができます。 背中のニキビ跡をレーザー治療するときの値段は? レーザー治療は、種類によって値段が大きく異なります。 実際に1回あたりどのくらいの値段がかかるのかを、種類別に見ていきましょう。 フラクセルレーザー治療の値段について フレクセルレーザーは、 1回あたり3万円~5万円程度かかります。 レーザー治療の中では比較的値段が低く、もっとも人気のある治療法です。 肌の表面に0. 1mm程の穴を無数に開け、そこから皮膚細胞の入れ替えをするという治療になります。 この治療法であれば、クレーターになってしまったニキビ跡や赤み、黒ずんだ色素沈着によるニキビ跡もキレイに治すことができます。 また、 塗り薬やケミカルピーリングで治らなかったニキビ跡も消すことができ、ダメージのない肌にすることが可能です。 ブリッジセラピー治療の値段について ブリッジセラピーはアンコアとも呼ばれていて、CO2を使ってニキビ跡を治していくという方法です。 炭酸ガスのレーザーを点状に照射させていき、 早く深く威力を届かせることができる治療法となっています。 ブリッジセラピーは、 1回あたり8万円~10万円程度で治療を受けることができます。 ニキビ跡治療としては高額で、 もっとも高いレーザー治療とも言われており、あまりこの治療法を行う人はいないようです。 費用が高いということもあり、最終手段として利用している人の方が多いかもしれません。 炭酸ガスレーザー治療の値段について 炭酸ガスレーザーは、ホクロを除去する治療にも使われます。 ニキビ跡の中でも、主に色素沈着によるニキビ跡の治療に適しています。 炭酸ガスレーザーでの治療法は、クレーターの角を削るように表面を滑らかにしていき、ニキビ跡を目立たせなくする治療法です。 炭酸ガスレーザーの費用は、 1回あたり1万円~3万円程度です。 クールタッチレーザー治療の値段について クールタッチレーザーは、冷却機能のついているレーザー機器です。 レーザーで照射しながらも、マイナス30度の冷却ガスで肌を守りながらニキビ跡を治療することができます。 この治療法は、肌にダメージを与えずにコラーゲンを増殖させ、ニキビ跡を消す治療法となっています。 クールタッチレーザーの治療は、 1回あたり3万円~6万円程度です。 レーザー治療なら美容皮膚科かエステへ 背中にできるニキビであれば、自宅でケアしたり美容皮膚科でケミカルピーリングで治す、という手段があります。 しかし 一度ニキビ跡になってしまうと、ケミカルピーリングだけでは治すことが難しくなります。 その点、レーザー治療であればニキビ跡を目立たなくすることができ、キレイに消すことも可能となります。 こういった 治療を受けたいのであれば、美容皮膚科、美容クリニック、メディカルエステを訪れてみましょう。 ニキビ跡になってしまった場合は、ニキビケアをしても自分では改善させられなかったり、なかなか消えなくなることが多いです。 背中にできるニキビ跡は、女性にとって悩みとなることが多く、酷い場合にはコンプレックスになることもあります。 背中にニキビ跡ができたと感じた際は、まずは美容皮膚科やエステなどで相談をしてみましょう。 ニキビ跡のケアは要注意!間違った方法では余計に費用がかかるかも!? ニキビ跡は、間違ったケア方法をしたり、治らないからと言って放置してしまうのは危険です。 のちのちにキレイに治したいと思うようになってレーザー治療を受けても、 治療に時間がかかったり、回数が多くなって、金銭面での負担が大きくなります。 正しいケア方法を知っていれば問題はないのですが、ケア方法が分からないという場合や正しくケアできているか不安だという人は、まずは相談だけでも行ってみるべきです。 自分では、肌の再生を促したりターンオーバーを促進させるにも限界がありますので、 専門的な治療を行ってキレイにニキビ跡を治していくのも一つの手段だと考えていきましょう。 美容皮膚科やエステでは個人個人の意見やニキビ跡の状態、肌の状態などを確認しながら治療の方法をいくつか提案してくれます。 まとめ ちゃんとした美容皮膚科やエステであれば、一方的に治療法を決めてニキビ跡を治したり、費用の高いものを無理に勧めてくることもありません。 ですので、背中のニキビ跡が気になってオシャレができない、水着が着れない、温泉に行った時も背中を見られるのが恥ずかしいと感じるのであれば、美容皮膚科やエステで治療を受けることも検討してみてくださいね。 美容皮膚科やエステによってレーザー治療の値段は異なりますので、ネットでしっかり下調べをしてから治療を受けるようにしましょう。

次の

ニキビ跡を確実に治療する方法〜クレーター&色素沈着を撃退

背中 ニキビ 跡 治療

ニキビの治療を考える前に、まずおさらいをしてください。 ニキビには、3つの段階があります。 これをしっかり憶えておいてください。 ニキビの比率 ニキビの比率を図示すると、概ね下の図のような感じになります。 ほとんどのニキビは、白いニキビ、赤いニキビ、膿んだニキビが 混在しています。 ただ、 思春期の初期だけは 白いニキビのみがおでこに認められる時期があります。 俗に、「ニキビのはしり」と呼ばれる時期です。 ですが、この時期に治療を希望される方はほとんどおられませんので、現実的には、 白いニキビと赤いニキビの両方が認められるようになってから治療が始まります。 逆に、白いニキビがなく赤いニキビと膿んだニキビだけが認められる部位があります。 例えば、胸や背中です。 体幹の毛穴には脂腺が少ないので、必然的に皮脂の分泌はそれほど増加しません。 したがって、白いニキビはほとんどできずに、赤いニキビ、膿んだニキビが多発します。。 それから、成人のニキビも白いニキビよりも赤いニキビや膿んだニキビの方が目立ちます。 最初のニキビ治療としては、 白いニキビ、赤いニキビ、膿んだニキビが 混在した状態から始まると思われて間違いないと思います。 治療の選択肢は大きく分けて2つです ニキビの治療は、ざっくり言うと2つです。 次の項で述べますが、 「白いニキビ」の治療には、大なり小なりの副作用を伴うからです。 それが嫌な方は、どうしても「白いニキビ」の治療が難しくなります。 では、その各々について説明します。 「赤いニキビ」「膿んだニキビ」の治療だけ行う これは治療としては単純です。 なぜなら、赤いニキビや膿んだニキビの治療は目新しいことではないからです。 20年も30年も前より、赤いニキビには抗生剤の内服や外用が処方されてきました。 そして、現在もやはり 抗生剤の内服と外用が赤いニキビの治療の主役です。 ですので、 「赤いニキビ」「膿んだニキビ」の治療だけ行うということは、ニキビの炎症のものとになっている、 ニキビ菌を退治することです。 外用剤としては、次の3つが有名です。 この中では一番新しい外用剤で、1日1回の外用で効果がある点が 上の2剤と異なります。 これらの外用剤はいずれも抗菌薬ですので、 白いニキビには効きません。 外用法は、ニキビの部分だけに ピンポイントで外用すれば大丈夫です。 かぶれない限り、副作用はありません。 中等度以上のニキビでは、抗生剤の内服も併用してもらいます。 ミノマイシン、ルリッド、クラリスの3つのいずれかを内服することが多いです。 また、効果によっては漢方薬も併用します。 ここは、を参照してください。 「白いニキビ」の治療も一緒に行う ここ7年くらいでニキビの治療はめざましく進歩しました。 何が変わったかというと、 「白いニキビ」の治療ができるようになったことです。 従来は、 「しっかり顔を洗う」とか、クレアラシルのように 「イオウの入った外用剤をつける」などの治療しかありませんでした。 これらの治療は、皮ふの脂を取り除く効果はありますが、毛穴につまった脂までは取り除けません。 つまり、これらの治療で「白いニキビ」を治療するには限界がありました。 (しないよりはましだとは思います。 ) その後、 ケミカルピーリングが治療に加わりました。 これは、弱い酸を皮ふに塗ることで角質を溶かして毛穴からの脂の排出を促すというものです。 加えて、くすみや小じわにも効果があり、美容と併せてニキビの治療に一役かいました。 しかし、効果を持続させるにはケミカルピーリングを継続しなければならず、保険が効かず治療費が高いため、中高生などの思春期のニキビ治療に用いることはなかなか困難でした。 そして、 革命的な治療が始まったのが、 2008年にディフェリンゲル0. ディフェリンゲル0. 毛穴に脂の抜け道を作ることで、毛穴につまった 脂を外に出すことができます。 ディフェリンゲル0. このホームページを作製した2013年の時点では、「白いニキビ」に効果がある外用剤はこのディフェリンゲルのみでした。 しかし、その後に「白いニキビ」に効果がある外用剤が相次いで発売になりました。 現在では、ディフェリンゲル0. ベピオゲル デュアックゲル エピデュオゲル これらの4剤です。 「4剤もあるのか!」と思われるかもしれませんが、 実は2剤しかありません。 ディフェリンゲル0. エピデュオゲルは、ディフェリンゲル0. つまり、成分と効能で考えると、 ディフェリンゲル0. 図にして示すと、 ですので、ディフェリンゲル0. 表にまとめると、 製剤名 白いニキビへの効果 赤いニキビへの効果 使用部位 妊婦 授乳中 ディフェリンゲル ある(強) ない 顔面のみ 使用できない ベピオゲル ある(中) ある 制限なし 使用できる 大きな違いは、 ディフェリンゲル0. 対して、 ベピオゲルは、白いニキビ、赤いニキビの両方に効果があります。 ただし、 白いニキビに関して言えば、ディフェリンゲル0. ならば、 両方を外用すればよいのではないかという考えでできた薬がエピデュオゲルです。 エピデュオゲルにはディフェリンゲルとベピオゲル両方の成分が含まれます。 では、 最初からエピデュオゲルを塗ればそれでよいではないかと言うことになりますが、そう単純ではないのが次の問題です。 製剤名 刺激性の副作用 アレルギー性のかぶれ ディフェリンゲル ある(ほぼ必発) ない ベピオゲル ある(ほぼ必発) ある(ときどき) ディフェリンゲル0. これはほぼ必発と思われてよいです。 写真はディフェリンゲル0. 個人差がありますが、写真のようなガサガサで赤くなるといった副作用が認められます。 この 刺激性の副作用は通常2-3週間で改善してきます。 しかし、 ベピオゲルで生じるアレルギー性のかぶれは外用を中止しない限り改善しません。 このため、最初からディフェリンゲル0. 4つある外用剤のうち、 ディフェリンゲル0. 実際の治療の流れ 白いニキビだけの治療を希望される方は少ないと思いますが、 一番有効なのはディフェリンゲルです。 ただ、外用による刺激性の副作用がありますので、それが嫌な方はしっかり洗顔するか、イオウ・カンフルローションのようなイオウ製剤を外用するとよいでしょう。 白いニキビと赤いニキビ混在する最も一般的なニキビの治療です。 まずは ディフェリンゲルと抗生剤の外用で加療します。 膿疱の程度によって、抗生剤内服と漢方薬も検討します。 それで 効果が不十分なら、抗生剤の外用から ベピオゲルあるいはデュアックゲルに変更します。 ディフェリンゲルは 最低3ヶ月は継続しなければ効果が発揮できません。 ディフェリンゲル+ベピオゲルあるいはデュアックゲルで調子がよければ、 エピデュオゲルに変更することもできます。 赤いニキビのみという状態はやや特殊なニキビです。 胸、背中など顔面以外のニキビは赤いニキビのみのことが多いです。 また、あごや首に生じる 成人のニキビでも、白いニキビは目立たず赤いニキビが主体になります。 赤いニキビのみの時は、刺激性の副作用、かぶれともに嫌な方は 抗生剤の外用と内服で加療します。 ただし、効果は劣ります。 副作用が大丈夫な方は、 ベピオゲルあるいはデュアックゲルで加療します。 抗生剤の内服や漢方薬を併用するとなお効果的です。 これらの治療を行っても改善しないときには、女性であれば ホルモン療法を検討できますが、これは保険外の治療になります。 ホルモン療法についてはを参照してください。 男性であれば、 レーザーによる脱毛を選択することがあります。 これは、を参照してください。 以上、長い説明になりましたが、院長の経験的なニキビ治療のあらましでした。 当院を受診される前には、是非ともご一読をお願いします。

次の