フェミニーナ 錠剤。 萎縮性膣炎(老人性膣炎)とは|大東製薬工業株式会社

フェミニーナ 腟カンジダ錠

フェミニーナ 錠剤

かゆみを感じるといずれ気にならなくなると思い、そのままにしたり これ以上かゆみがひどくならないように塗り薬を付けたりするのですが ある日たまらなくかゆみを感じてしまう事があります。 私自身1年のうち何度か予期せぬかゆみに襲われ、すぐに病院に行く方がかゆみ を抑える事ができるとわかっていてもなかなか行くことができず、持っている 薬やドラッグストアで購入できる薬で対応する事が多くなります。 自分でかゆみを抑える時には塗り薬だけでかゆみを抑えている事が多いのですが 病院で診察してもらうとほとんどの場合「塗り薬」と「飲み薬」を 処方してくれます。 今感じているかゆみに早く効くのは塗り薬ですが たまらないかゆみ、イライラするかゆみには体の中からも対応した方が かゆみを抑えやすくしてくれます。 かゆみの原因 本格的なかゆみを感じている時の原因は ・あせも ・虫刺され ・乾燥 ・原因は何なのかわからない そしてかゆい場所の見た目には ・ぶつぶつやデコボコ、膨れている ・湿疹のあるなし ・赤くなっている、なっていない ・カサカサしている、湿っている 原因や見た目が違っても共通しているのは 「皮膚の表面に炎症を起こしかゆみを伴う」と言う症状 炎症を沈めればかゆみも治まりやすくなります。 かゆみの激しさから炎症は悪者のように感じてしまうのですが、体は炎症を起こす 事でこれ以上悪くならないように体を守るために炎症を起こします。 炎症を起こす際に分泌される成分「ヒスタミン」 ヒスタミンはいつも適切な量が分泌されると良いのですが、時々必要以上に大量に 分泌されてしまいます。 ヒスタミンが大量に分泌される = かゆみを伴うとう言う症状の構成は 現在の所わかっていないのですが、ヒスタミンはかゆい、痛い等の知覚神経に働き かける性質がある事からかヒスタミンが分泌するとゆみや痛みが脳に伝わります。 脳に伝わったかゆみや痛みは神経に伝わる事になり、さらにヒスタミンを分泌させ てしまう物質も放出してしまいます。 激しいかゆみを感じたらすぐにヒスタミンの分泌を抑える「抗ヒスタミン剤」を飲 むことでかゆみを抑えます。 かゆみ止めの飲み薬 ドラッグストアや薬局、インターネットでも購入できるかゆみ止めの飲み薬 かゆみが原因で病院に行ったことがある場合、同じ症状の場合処方箋をお店に持っ て行って似ている成分の物を購入する方がかゆみを抑えやすくなります。 効果にある症状の内容からも1年中使える、常備薬として最適な飲み薬です。 4歳以上から服用する事ができます。 かゆみを抑える抗ヒスタミン剤の種類とかゆみに効果のある成分には 抗ヒスタミン剤 かゆみ・炎症への 予防 皮膚への予防 アレルギール錠 クロルフェニラミン マレイン酸塩 ピリドキシン塩酸塩 (ビタミンB6) グリチルリチン酸 カリウム グルコン酸カルシウム 水和物 レスタミン コーワ糖衣錠 ジフェンヒドラミン塩酸塩 レスタミンU コーワ錠 ジフェンヒドラミン塩酸塩 グリチルリチン酸二 カリウム リボフラビン ビタミンB2 塩酸ピリドキシン ビタミンB6 オロチン酸 スラジンA マレイン酸 クロルフェニラミ dl-塩酸メチルエフェドリン 茵ちん蒿湯 (いんちんこうとう) スラジン マレイン酸 クロルフェニラミ dl-塩酸メチルエフェドリン 茵ちん蒿湯 (いんちんこうとう) 抗アレルギー錠 クニヒロ クロルフェニラミン マレイン酸塩 ピリドキシン塩酸塩 (ビタミンB6) グリチルリチン酸カリウム グルコン酸カルシウム 水和物 ムヒAZ錠 アゼラスチン塩酸塩 「アレルギール錠」「抗アレルギー錠 クニヒロの成分」と 「スラジンA」と「スラジン」の抗ヒスタミン剤の種類は基本的には同じ種類です。 最近ではマレイン酸クロルフェニラミをクロルフェニラミンマレイン酸塩と表示 する事が多くなっているようです。 かゆみの症状が治まらない場合は抗ヒスタミン剤の種類を変えてみたり、抗ヒスタ ミン剤以外のかゆみ予防する成分で選ぶと効果を感じることもあります。 その事からまず最初に過度に反応しているアレルギーに対して対応する事、 アレルギーを抑制する効果の高い飲み薬を飲むことがかゆみを止める早道です。 アレルギーを抑制する「抗アレルギー」の飲み薬に花粉症の薬があります。 花粉症の薬にはほとんどの場合抗アレルギーだけではなく抗ヒスタミンを予防 しやすく 花粉症の薬には抗ヒスタミンの副作用で多い「眠気」が比較的少ない物も 多く販売されています。 空腹時でも飲むことができ眠くなりにくい 集中力・判断力・作業能率も起こりにくい飲み薬です。 第2世代抗ヒスタミン成分はフェキソフェナジン塩酸塩 眠気は伴ってしまうのですが、アレルギー反応・アレルギーの症状を予防し、 皮膚を治りやすくする 「レスタミンコーワ 糖衣錠」「レスタミンU コーワ錠」も予防 できます。 抗ヒスタミンの副作用 抗ヒスタミンの副作用で特に良く表れるのは 「眠気」「口の渇き」 ヒスタミンの体内での働きは体を守るためだけではなく ・活動的に過ごせるようにしてくれる ・眠気を抑えてくれる ・記憶力・判断力・作業能率を上げてくれる バリバリ仕事をこなす、サクサク勉強を片づける、運動能力を向上させたい 日中を過ごしやすくしてくれる時にはヒスタミンはとても活躍してくれます。 抗ヒスタミンを飲むことでかゆみは止めやすくなりますが、体内では反対の事も 起こりやすくなります。 ・活動量を減らす ・眠くなりやすくなる ・記憶力・判断力・作業能率の低下 体は休息の状態に近くなり、起きている時は唾液の分泌もしっかり行うので喉の 渇きは感じる事は少ないのですが、体は寝る状態になると唾液の分泌も少なくなる ので、喉も渇きやすくなります。 体は休息する事で細胞の修復や体を整える事にもなり、かゆみの原因や皮膚の炎症 も治しやすくなります。 基本的に飲み薬には「眠気」のあるものが多く 時には「口の渇き」も気になる事があります。 これらの副作用以外にも体調の変化や他に薬を飲んでいる時には 薬剤師さんに一緒に飲んでも問題ないか聞くようにしたり、病院で薬をもらう方が 安全です。 虫刺されではないかゆみの場合どうしても眠気を避けたい時には比較的眠気の少ない 「抗アレルギー錠 クニヒロ」がおすすめです。 かゆみ止めの飲み薬「漢方薬」 眠気が少なく、すぐに効果があるというわけではないのですが飲む事に抵抗が少ない、 徐々に実感しやすい 「漢方薬」があります。 特に熱を持っていたり、かゆみが強い時、じゅくじゅくした湿疹に向いています。 体力が低下している時、胃腸(おう吐・下痢になりやすい)食欲不振の場合注意 する必要があります。 7歳以上から服用できます。 かくとさらにかゆい! かゆみを感じた時にかくことで一瞬心地良くなるのですが、さらに激しいかゆみを 感じる事があります。 皮膚を刺激してしまうとかくことでも知覚神経に働きかけてしまい、かゆみがある 事でも余計なヒスタミンを分泌している所に、さらにヒスタミンを分泌させて しまいます。 「かゆみを感じたら絶対にかかない」 かゆみを感じた時にはまずはぐっとかゆみを我慢して、飲み薬と塗り薬を付けて 少しの間かゆみを去るのを待つ事がとても重要です。 原因がわからないかゆみ 例えばあせもは汗が原因で皮膚に炎症を起こしかゆみが発生します。 皮膚の炎症やかゆみは「なぜここが?」と思うような場所で起こる事も多く その場合原因を見つける事が大切です。 原因を見つける事でかゆみや炎症が治まる事が多い 「かぶれ」 皮膚のでこぼこ、小さなぶつぶつ、赤みや水ぶれ等の症状が現れます。 かぶれの場合強烈なかゆみを感じる事は少ないかもしれませんが、いつの間には ポリポリかいてしまい治りにくい事も多くなります。 かぶれになる原因は ・シャンプーや整髪料、化粧品、 ・メガネやネックレス、 ・衣類や洗剤 ・ゴムや植物 身近な物が多く今までかぶれていなくても突然かぶれてしまう事もあります。 その場合それらの物が皮膚に触れる事がないように注意するようにします。 そして場所によってや抗生物質等の薬を飲んでいる事でかゆみの原因になる 「菌」 を繁殖させてしまいかゆみを起こしてしまう事もあります。 その場合は菌の繁殖を防ぐ、菌を取り除く事が必要になるので抗ヒスタミン剤や 抗アレルギー剤の飲み薬や塗り薬では効果はなく、 菌に効く塗り薬や飲み薬が 必要になります。 何をしても効果がない場合は早めに病院へ行き自分の症状 「皮膚の炎症」「湿疹」「蕁麻疹」「虫刺され」「乾燥」「菌」等 確認してもらう事がかゆみ止めの早道です。 比較的いつもどこかにかゆみを感じているタイプなので、少しでもかゆみを感じる とすぐに塗り薬を塗るようにしています。 私の塗り薬の常備薬は「リビメックスコーワクリーム」塗り薬のぜひこちらを参考にしてください。 かゆみの飲み薬の常備薬にしている「アレルギール錠」 どちらも病院で処方してもらった薬がなくなったので、病院でもらった薬を持って ドラッグストアの薬剤師さんに近い物を選んでもらいました。 アレルギール錠は体調によっては眠気をかなり感じやすい薬ですが、飲むタイミン グとしては激しいかゆみになる前のかゆみに向いていいるように感じます。

次の

フェミニーナ 腟カンジダ錠の効果・用法・副作用

フェミニーナ 錠剤

かゆみに効く成分を2種類を配合「リドカイン」「ジフェンヒドラミン」 また、血行を良くする成分の「トコフェロール」 殺菌作用のある「イソプロピルメチルフェノール」 実はかゆみに効く成分であるこの2種類を配合している薬は他にも多々あるのですが、ビタトレールデリモアとフェミニーナ軟膏Sの2つを挙げたのかと言いますと、かゆみに効く「ジフェンヒドラミン」の配合量が他の薬と比べて2倍量配合されているからです。 効果は同じであるためどちらを選んでも構いません。 実際の店頭に並ばれる可能性を考慮すると「フェミニーナ軟膏S」の方が置いてある可能性が高く、「ビタトレールデリモア」の方がはネットだと若干安い方が多いです。 ・メンソレータム フレディ メディカルクリームn ・メンソレータム フレディ メディカルジェルn ・ユースキンラフレ ・フィーメリナ ・フェミニーナジェル ・フェミニーナミスト これらはかゆみ関する効果はほぼ一緒です。 全く同じものも多いです。 ただこれだけ書かれても困る方が多いと思いますので、この中で細かな選び方を紹介します。 メンソレータム フレディ メディカルクリームn クリームだけどサラサラパウダー配合のため、ムレた患部でもべたつかないクリームとなっています。 メンソレータム フレディ メディカルジェルn ひんやりクールなジェルタイプ。 爽やかなミントの香りです。 ユースキンラフレ 無香料・無着色のさらっとしたつけ心地の、乳液状クリームです。 フィーメリナ 伸びが良くべたつきがないクリームです。 名前がフェミニーナに似ていますが同じではありませんので注意してください。 フェミニーナジェル ベタつきの無いサラサラな使い心地のいいジェルタイプです。 フェミニーナミスト 唯一のミストタイプ。 手が汚れる事もなく、携帯できるサイズとなっています。 デリケートゾーンの炎症が酷い場合 かゆみがあって炎症もある場合にはメンソレータムカブレーナがおすすめです。 炎症を抑える成分を2種類「ウフェナマート」と「グリチルレチン酸」が配合されている珍しい薬となっています。 もちろんかゆみに効く成分「ジフェンヒドラミン」も配合されています。 ただしこれらの薬はカンジダになった事がある人の再発に使用できる薬であり、また第一類医薬品に分類されていますので、薬剤師のいるお店やネットでしか購入する事ができません。 いんきんに効く市販薬 水虫がある、もしくは家族に水虫の人がいる場合は可能性が高いです。 水虫といんきんは同じ白癬菌というものになりますので、この菌が足からデリケートゾーンへ移行した可能性があります。 ではいんきんに効く市販薬は何なのかと言いますと、一般的に売られている水虫薬がいんきんにも効果があるためドラッグストアに売っている水虫薬で構いません。 実は水虫薬のほとんどには効能効果として「 水虫、いんきんたむし、ぜにたむし」と記載されており効果を発揮するんです。 ではどの薬がおすすめかと言われるとピロエースZがおすすめです。 もちろんピロエースZに限らずブテナロックなどでも構いません。 抗菌成分に「ブテナフィン」「テルビナフィン」のいずれかを配合していればまず問題ありません。

次の

かゆみ止めの飲み薬市販で選ぶなら!薬の違いには

フェミニーナ 錠剤

膣カンジダとは、 抵抗力の低下などによりカンジダ菌が膣に入り、炎症を起こす膣炎のこと。 外陰部のかゆみやおりものの変化が主な症状となっています。 膣カンジダは女性特有の炎症ですが、 男性でもカンジダになることがあります。 その場合、性器カンジダという名前に。 カンジダは女性特有のものではないことを覚えておきましょう。 ドラッグストアなどで見かける 市販のカンジダ用薬は、再発した際に使用するものです。 本当に膣カンジダなのか、別の疾患ではないかを確認できるのは医師のみ。 最初から市販薬を使うのではなく、発症の疑いがありましたら医師による診察を受けてくださいね。 なお、生理中は薬が流れてしまうので終わってから使うことを推奨します。 おりものが白く濁り、カッテージチーズや酒かす状になるといった 典型的な症状があらわれたら、膣錠を使用しましょう。 有効成分が膣内で溶け、増殖したカンジダ菌を直接殺菌してくれます。 また、おりものはさほど気にならなくても、かゆみと湿疹があればカンジダ菌が増殖している場合も。 外陰部でカンジダの症状が出ているなら、クリームとの併用を検討しても良いでしょう。 錠剤には、時間をかけてゆっくり溶ける通常タイプと体内ですみやかに溶ける発泡タイプがあります。 おりものの量が少ないなら、非常に溶けやすく水分の吸収がさほど気にならない発泡タイプがおすすめ。 長時間の効果を期待するなら、通常タイプがぴったりです。 通常タイプはもっともポピュラーなので、薬局でも買いやすいというメリットもあります。

次の