あい みょん キス だけ で 歌詞。 菅田将暉 キスだけで feat. あいみょん

あいみょん 愛を伝えたいだとか 歌詞

あい みょん キス だけ で 歌詞

私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめて もらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 引用:「キスだけで feat. 普段から親交のあった二人の「共に何かを作りたい!」という想いが形になった楽曲で、作詞作曲は あいみょん が担当しています。 初めてあいみょんの曲を聴いた時に勝手ながら縁を感じ、この人に会いたい!と強く感じたことを覚えています。 会わなきゃ、と言うか、あんな衝動に駆られたのは初めてでした 対談を経て、気づいたら公園で一緒にギターを弾き、歌い、隣にいる(石崎)ひゅーいくんはベロベロな中、『何か作りたいね』なんて話をしながら彼女と朝まで恋バナをしました。 そしたらふと携帯に言葉をメモリ、こんな感じかな?と、彼女は歌い出し、それがもう今の曲でした。 まんまです。 その場で完成しました。 そのスピードと形にする力を間近で見れた事は僕にとって財産です。 初めて感じたあの衝動の答えがそこにありました 『キスだけで feat あいみょん』は男女のストリーを描いた曲なのですが、歌うパートが普通の男女コラボとは違うのが特徴。 菅田将暉さんが 女性目線で女性パートを歌い、あいみょんが 男性目線で男性パートを歌うというもの。 それぞれの目線があえて逆になっているという部分も注目の曲ですよね。 菅田将暉「キスだけで feat あいみょん」歌詞の意味は? というわけで、菅田将暉さんと あいみょんがコラボした『キスだけで feat あいみょん』の歌詞について考察と解説をしていきます。 あいみょん にとって 歌詞は「想像させてなんぼ。 」という考えのようですが、この歌詞ではどんな想像をかきたててくれるのでしょうか? 「女だから…」で連想できる体の状態 私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめて もらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 引用:「キスだけで feat. 」という言葉が繰り返されますが、これは女性の体の状態を表しています。 つまり「 今日は生理だから」という意味。 歌詞中に直接的な表現はありませんが、「今日は…」という期間も限定されたような表現で女性特有のものといえばやはりそうなってしまいますね。 さらっと聴き流せば、この男女は特殊な関係性を持った「キスだけの関係」と受け取れなくもないですが、、、、、。 どうやら 男女間のリアルな一コマを切り取った歌詞になっているようです。 「今日は女だから、抱きしめてもらえないでしょう」というのはそのまんま・・・「今日は生理の日だから、そういう行為には及べない」ということを歌っています。 MVでは菅田将暉さんが女性目線で歌いながら、切ない表情を浮かべています。 どちらかというと、 申し訳なさそうな雰囲気でテンションの低さが伺えますね。 ところで「 ずっと溢れているでしょう.. 」は、二つの意味で取れます。 1つ目は赤いアレが溢れているという表現。 そして2つ目は彼への愛情が溢れているという表現です。 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの 引用:「キスだけで feat. でも今は体が受け入れられる状態じゃない。 人によっては、その日はそんな気持ちになれない方もいるので、この曲は誰にでも共感できる歌詞ではないかもしれません 1番・サビ キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? 引用:「キスだけで feat. 彼との 限られた触れ合いとなるキスだけで、それだけの感情の高ぶりと絶頂を感じられるという、色気のある表現だと思います。 「やるせないね」は、「気持ちのやり場がない」という意味。 感情のやり場のなさを感じる歌詞ですね。 「キスだけで」2番Aメロ お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 引用:「キスだけで feat. 「忍ばせる」というのは、気づかれないように隠し持つという意味。 もしかすると、この彼女は「今日は生理」ということをあえて言うこともなく..。 「今日も女だから」で初日ではないということも分かるわけですが、彼女の気持ちも察しつつ、そっと触れていたいという彼の優しさも感じる歌詞です。 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ 引用:「キスだけで feat. 女性は感情で重なることを求めますが、男性はどうしても、体に起こる生理現象が感情よりも優先されてしまいます。 そんな男女の違いが現れている部分のようにも感じます。 「キスだけで」2番サビ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 引用:「キスだけで feat. この彼女への質問とも取れる言葉の裏には、彼の隠された感情があるようです。 彼氏の優しさを感じますね。 二人はこんな気持ちのまま、眠れない夜を過ごすのでしょう。 「キスだけで」Cメロ~ラスサビ・歌詞の意味 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい 気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 引用:「キスだけで feat. 「心臓泣かせ」というのは、二人とも感情は高ぶっているのに、その気持ちのやり場がない。 ということでしょう。 この状態は数日は続きそうです。 だから、今日も「キスだけで…」 後半では、「今日は女だから」「いつも女だから」と繰り返されます。 もう一つは、 『女』という生き物という事。 女だから、感情だけで満足できるのよ• 女だから、時にはあなたを求めるのよ• 「やっぱり、お前は女だからな.. 」という男目線の女性を理解しようとする気持ち。 「私って女なんだからね…」という、女を理解できない男に対しての、女性目線の深い意味。 それらをすべてひっくるめて 「今日も2人だから」と、これからも続いていく二人の愛。 何気ない日常の切り取り方が素晴らしいですね。 とてもおしゃれな雰囲気漂う曲なのですが、以外にもちょっと生々しい男女の関係性を歌った曲でした。 そして、それぞれがお互いに思いやりを持って考えているという、優しさを感じる歌詞でもありました。 聴き手の恋愛経験でどうにでも解釈できる今回の楽曲「キスだけで」。 あなたは、どの目線で、どのように解釈しましたか?.

次の

キスだけで feat. あいみょん/菅田将暉の歌詞

あい みょん キス だけ で 歌詞

今回紹介する 「キスだけで feat. あいみょん」は、菅田将暉の第2弾アルバム 「LOVE」の収録曲であり、アルバムのリリースに先駆けて、MVが公開されました。 赤のスポットライト• 背中合わせのベッド• 両者の切なさと真剣さが漂う表情 が楽曲の持つ 「妖艶さ」を強調しています。 また、本楽曲は、 菅田将暉が女性パート、 あいみょんが男性パートという 男女のパートが逆の構成 になっています。 これについては、菅田将暉自身が 女性が歌う「男の歌」ってすごく好きなんです。 その歌っている人自身もキュートに見えるし、女性らしさも出るし、男の男らしいところも女々しいところも見えるし。 という話をしたら、みょんから、それは逆もしかりでという話をされて、「私」という女性目線を歌わせたいと言われたんですよね。 エピソード自体は完全に自分の実体験、想像とか願いが多いんですけど(笑)、そんなことをしゃべり、みょんがその場で書いてという流れでした。 音楽活動しているなかで、周りから、「女性も共感できる曲を歌って」と言われることが多くて、そういうことに対しても、ちゃんと自分がエンタテインメントできれば(表現の幅が)広がるんじゃないかとも感じています。 とコメントしています。 この二つの意味が楽曲の情景と密接に関与していきます。 では、歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめてもらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 作詞作曲:あいみょん 他の線も複数仮説を立てましたが、 女=生理という仮説以上にしっくりくるものはありませんでした。 「生理状態」のことを 「女の子の日」といった表現をしますよね。 また、この仮説を通すと、身体を重ね合わせるのではなく、 背中を合わせているMVの情景も腑に落ちてくると思います。 つまり、本楽曲で描かれるは 一線を超えられない男女の性愛です。 ちなみに曲の終盤で綴られる「女だから」に限っては、別の意味を持つと考察しています。 ここに関しては3番の解釈で記載しています。 お楽しみに。 生理だから、女性目線の歌詞では 抱きしめてもらえないでしょう と 具体的な憶測が綴られており、 溢れているでしょう という投げかけは、 男性の欲求を伺っているのです。 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの 作詞作曲:あいみょん ここでは、 キスをするだけで• 気分が高揚していく様子• 情欲的な気分が高まっていく様子 が描かれています。 サビ1 キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? 作詞作曲:あいみょん 敢えて説明をする必要はないかも知れませんが、 性愛における 「いく」というのは、 最大級の満足度や快感を得ること を意味します。 本来であれば、これは男女の性行為の終着地点で感じるものです。 つまり、 キスだけでいけそうなの というのは、 キスだけで最大の快楽を得ることが出来る という、 彼に対する想いの密度が籠った言葉なのです。 しかし、自分は満足だとしても、 彼がどうかは分からないから• 傷だらけになるとしても• やるせないね やる気ないね? とネガティブな言葉が綴られています。 しかし、それでも彼の近くに居たいから キスだけでここにきた のです。 「急がなくちゃ」というのは、 「身体を重ねることが愛情表現であるから、想いが冷める前に急がなくちゃ」という意を含むのでしょう。 サビ2 キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 作詞作曲:あいみょん サビ1で綴られた女性パートと、 対話するようにサビ2が展開されています。 またお互いに抱える 「やるせない感情」の意が深いです。 やるせないの元の意は どこにも持って行きようがない というスッキリしない感情を表現します。 普通の男女なら 最後まで、できないからやるせない と率直に解釈ができるのですが ここの歌詞に描かれている二人は違います。 愛情に満ちていて、 相手を気遣う二人の「やるせない」は 身体を重ねることが出来ないことによって、 相手の気持ちが沈静してしまうのではないか という不安が起因しているのです。 スポンサーリンク 3番 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 作詞作曲:あいみょん 身体は重ね合わせることができず、 お互いが沈静するのを恐れているから• 背中合わせの夜• 心臓泣かせの夜 という言葉で、情景表現が成されています。 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 作詞作曲:あいみょん 今までのように 「女だから」と綴られていきますが 「いつも女だから」の部分のみ解釈が異なります。 今までは、 「女だから」という言葉は 「女の子の日だから」という、 二人の欲を制限する言葉 として使われていましたが、 最後の 「いつも女だから」は 「女性だから」というそのままの意味 で捉える必要があるのです。 つまり、 「今日は女だから、身体を重ね合わせることはできないけど、私は常に女性だから、いつでも身体を重ね合わせることが出来る」 というニュアンスを含むのです。

次の

「本命女性」と「遊び相手」にするキスの違い。本命女性にはキスの仕方が違う【本命女性・遊び相手】

あい みょん キス だけ で 歌詞

今回紹介する 「キスだけで feat. あいみょん」は、菅田将暉の第2弾アルバム 「LOVE」の収録曲であり、アルバムのリリースに先駆けて、MVが公開されました。 赤のスポットライト• 背中合わせのベッド• 両者の切なさと真剣さが漂う表情 が楽曲の持つ 「妖艶さ」を強調しています。 また、本楽曲は、 菅田将暉が女性パート、 あいみょんが男性パートという 男女のパートが逆の構成 になっています。 これについては、菅田将暉自身が 女性が歌う「男の歌」ってすごく好きなんです。 その歌っている人自身もキュートに見えるし、女性らしさも出るし、男の男らしいところも女々しいところも見えるし。 という話をしたら、みょんから、それは逆もしかりでという話をされて、「私」という女性目線を歌わせたいと言われたんですよね。 エピソード自体は完全に自分の実体験、想像とか願いが多いんですけど(笑)、そんなことをしゃべり、みょんがその場で書いてという流れでした。 音楽活動しているなかで、周りから、「女性も共感できる曲を歌って」と言われることが多くて、そういうことに対しても、ちゃんと自分がエンタテインメントできれば(表現の幅が)広がるんじゃないかとも感じています。 とコメントしています。 この二つの意味が楽曲の情景と密接に関与していきます。 では、歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 私今日は女だから 今日は女だから きっと 抱きしめてもらえないでしょう 今日は女だから 今日は女だから ずっと 溢れているでしょう 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? お前今日は女だから 今日は女だから ちょっと 忍ばせているでしょう お前今日も女だから 今日も女だから そっと 触れていたい 待ち構えていても 歪んでく 乾いてく 急がなくちゃ キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 作詞作曲:あいみょん 他の線も複数仮説を立てましたが、 女=生理という仮説以上にしっくりくるものはありませんでした。 「生理状態」のことを 「女の子の日」といった表現をしますよね。 また、この仮説を通すと、身体を重ね合わせるのではなく、 背中を合わせているMVの情景も腑に落ちてくると思います。 つまり、本楽曲で描かれるは 一線を超えられない男女の性愛です。 ちなみに曲の終盤で綴られる「女だから」に限っては、別の意味を持つと考察しています。 ここに関しては3番の解釈で記載しています。 お楽しみに。 生理だから、女性目線の歌詞では 抱きしめてもらえないでしょう と 具体的な憶測が綴られており、 溢れているでしょう という投げかけは、 男性の欲求を伺っているのです。 確かめなくても 湿ってく 揺らいでく 沈みたいの 作詞作曲:あいみょん ここでは、 キスをするだけで• 気分が高揚していく様子• 情欲的な気分が高まっていく様子 が描かれています。 サビ1 キスだけでいけそうなの 傷だらけになるとしても キスだけでここにきたの やるせないね やる気ないね? 作詞作曲:あいみょん 敢えて説明をする必要はないかも知れませんが、 性愛における 「いく」というのは、 最大級の満足度や快感を得ること を意味します。 本来であれば、これは男女の性行為の終着地点で感じるものです。 つまり、 キスだけでいけそうなの というのは、 キスだけで最大の快楽を得ることが出来る という、 彼に対する想いの密度が籠った言葉なのです。 しかし、自分は満足だとしても、 彼がどうかは分からないから• 傷だらけになるとしても• やるせないね やる気ないね? とネガティブな言葉が綴られています。 しかし、それでも彼の近くに居たいから キスだけでここにきた のです。 「急がなくちゃ」というのは、 「身体を重ねることが愛情表現であるから、想いが冷める前に急がなくちゃ」という意を含むのでしょう。 サビ2 キスだけでいけそうなの? 傷つけてもかまわないの? キスだけでここにきたの? やるせないね 眠れないね 作詞作曲:あいみょん サビ1で綴られた女性パートと、 対話するようにサビ2が展開されています。 またお互いに抱える 「やるせない感情」の意が深いです。 やるせないの元の意は どこにも持って行きようがない というスッキリしない感情を表現します。 普通の男女なら 最後まで、できないからやるせない と率直に解釈ができるのですが ここの歌詞に描かれている二人は違います。 愛情に満ちていて、 相手を気遣う二人の「やるせない」は 身体を重ねることが出来ないことによって、 相手の気持ちが沈静してしまうのではないか という不安が起因しているのです。 スポンサーリンク 3番 背中合わせの夜 心臓泣かせの夜 重なり合いたい気持ちをまたいで 抱きしめて キスだけで 作詞作曲:あいみょん 身体は重ね合わせることができず、 お互いが沈静するのを恐れているから• 背中合わせの夜• 心臓泣かせの夜 という言葉で、情景表現が成されています。 私今日は女だから お前今日は女だから いつも女だから いつも女だから 今日も2人だから 作詞作曲:あいみょん 今までのように 「女だから」と綴られていきますが 「いつも女だから」の部分のみ解釈が異なります。 今までは、 「女だから」という言葉は 「女の子の日だから」という、 二人の欲を制限する言葉 として使われていましたが、 最後の 「いつも女だから」は 「女性だから」というそのままの意味 で捉える必要があるのです。 つまり、 「今日は女だから、身体を重ね合わせることはできないけど、私は常に女性だから、いつでも身体を重ね合わせることが出来る」 というニュアンスを含むのです。

次の