近鉄 電車 料金。 近鉄電車の障害者割引

近鉄特急「しまかぜ」の個室座席料金や時刻表、予約について

近鉄 電車 料金

近鉄電車の料金 近鉄電車は観光路線として奈良などにアクセスする特急は多く、JRと比較して料金がリーズナブルとは多くが知ることです。 料金は近鉄公式サイトで検索するのが便利です。 また、「駅探」などの乗り換え案内サイトの利用が便利です。 駅名が一部でもわかっていれば、検索の取っ掛かりはつかめます。 近鉄電車の料金は、ICカードの「PiTaPa」が利用できます。 PiTaPaは事前チャージ不要のポストペイ式でクレジットカードと一体、月々の利用分があとで口座から引き落とされます。 ちなみに現在は、ICOCAやsuicaも使用可となっています。 近鉄バスの時刻表 近鉄バスの路線バスの時刻表は、近鉄バスホームページにも掲載されており、駅名をクリックすることで、おもな停留所の時刻表を検索できます。 また、「時刻表検索」画面では、「地図から検索」「路線図から検索」「50音から検索」「鉄道駅から検索」「主要停留所から検索」「ランドマーク検索」「現在地から検索」と、いろいろな検索方法があります。 「難波」といった地名でも検索できますし、「あべのハルカス」といったランドマーク検索もできるのが便利です。 上記のリンクは、路線バスについての検索画面ですが、高速夜行バスは大阪・京都発で山形、仙台、福島、東京ディズニーランド、新宿など遠方への路線になるので、当該ページにて路線と合わせて運行スケジュールを確認する必要があります=。 スマホを使っている人は、時刻表検索にNAVITIMEなどの乗り換え案内サイトのほうが使いやすいという人は多いかもしれません。 大阪府や京都市の一部で、近鉄バスがメジャーな地域では、わざわざ停留所まで見にいかなくても、手元のスマホで乗る予定のバス停の時刻表を速攻で導き出すことができます。 近鉄バスの路線 鉄道ファンに人気の特急が走るなどで、近鉄電車の華やかさと比較すれば、近鉄バスの路線はちょっと地味な印象があるかもしれません。 近鉄バスの路線バスは、大阪府のほぼ全域をカバーし、大阪以外では京都市伏見区の一部にも数路線が運行されています。 公式サイトでは路線図から時刻表検索もでき、以下のキャプチャー画像からリンクしています。

次の

近鉄グループホールディングス株式会社|株主・投資家情報|株式情報|株主優待のご案内

近鉄 電車 料金

(2019年9月5日作成、2020年2月8日更新) 先日発表された近鉄の新型名阪特急「ひのとり」の概要や車内、設備、料金などを解説します。 以前から発表されていた斬新なデザインに加え、ロゴマークや車内の様子などが公開されました。 運行開始日も決まり、運賃や時刻も一部公開されています。 またプレミアムシートの体験イベントも実施しています。 今までの近鉄特急とは違う斬新な「ひのとり」の世界を一足先に感じてください。 近鉄名阪特急ひのとりの概要 近鉄名阪特急「ひのとり」は2020年(令和2年)3月14日にデビューする近鉄の新型特急です。 アーバンライナーよりもさらに磨きのかかった鋭いスピード感あふれるデザインと、高級感あふれるメタリックレッドの塗色が特徴です。 「ひのとり」の愛称は、この先進的かつ高級感あふれる車体外観に加え、ゆったりした空間や上質なサービスを提供する車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に合わせて命名されています。 ロゴマークも近鉄の新たなシンボル特急として大きく羽ばたく「ひのとり」をイメージしています。 運行区間は主に大阪難波~近鉄名古屋間の速達型特急(停車駅が少ない特急)で運行されます。 現在のアーバンライナーを置き換えることになります。 運行開始時は6往復からスタートし、2020年度中には大阪難波と近鉄名古屋を毎時00分に発車する速達型の特急はすべて「ひのとり」になります。 ダイヤは公表はないですが、アーバンライナーが大阪難波〜近鉄名古屋まで最速2時間5分で運行されているのでもしかしたら数分早くなるかもしれません。 「ひのとり」は大阪難波〜近鉄奈良の特急としても運行する予定です。 ひのとりの車両と編成 使用車両 特急「ひのとり」は専用の80000系車両で運行されます。 深い艶感のあるメタリックレッドの塗色と鋭いスピード感ある先頭部は今までの近鉄車両にはない斬新さです。 製作中の先頭車プレミアム車両です。 窓が高い位置にあることがわかります。 プレミアム車両は床が高いハイデッカー構造と大きな窓で見晴らしのよい車両となるでしょう。 ひのとりの編成 「ひのとり」の編成はレギュラー車両、快適な3列シートと高い床で車窓も楽しめるプレミアム車両で構成されています。 ひのとりには6両編成と8両編成があります。 6両編成の割合が多いので、6両編成を基本に説明します。 先頭車の1号車、6号車(8両編成時は1号車、8号車)がプレミアム車両です。 中間車はすべてレギュラー車両になります。 (8両編成の場合もありますがその場合はレギュラーカーが2両増えます) 1~3、5,6号車(8両編成時には1~3,7,8号車)にはにロッカーが設けられます。 4号車(8両編成時は6号車)と増結車にはロッカーはありませんが荷物置き場が設置されます。 多目的トイレと車いす対応座席は4号車(8両編成は6号車)に設置されます。 全席禁煙ですが、3号車には喫煙室があります。 ひのとりの車内と設備 プレミアム車両 1号車、6号車(8両編成時は8号車)の両先頭車はプレミアム車両です。 後ろの車両と比べて、大型の窓が高い位置についています。 しまかぜのプレミアム車両と同様に開放的で車内からの見晴らしがとても良いでしょう。 床は車体と同じレッドで車内に質感と高級感を与えています。 窓が手すりの下まであり非常に大きい窓で開放感があります。 全席バックシェルシートで後部座席の方に気兼ねせずにリクライニングできます。 プレミアム車両には横揺れを提言するフルアクティブサスペンションが設置されています。 運転席がガラス張りで展望を楽しめる 先頭の運転席はガラス張りになっています。 運転席のすぐ後ろの座席を確保できれば、乗って座席にいながらこの迫力ある前面の展望を楽しむことができます。 写真はしまかぜのものですが、「ひのとり」は前面に扉がなくガラス1枚なので、さらに迫力ある展望が期待できます。 一番前の座席は人気が出そうです。 日本最大級のゆったりしたプレミアムシート プレミアム車両の座席にはしまかぜと同じく電動のリクライニングやレッグレストがついています。 リズムマッサージはありませんが、ヒーターがついています。 ここからはで撮影しました。 プレミアムシートの前後感覚は130㎝あります。 島風のプレミアムシートの感覚は125㎝なのでしまかぜより広く、そして東北、北陸新幹線などの「グランクラス」が130㎝です。 日本最大級のゆとりを備えた座席です。 テーブルを出した状態です。 折り畳み式のテーブルと、窓側にはカップホルダーがあります。 これだけ間隔があると足を延ばしても余裕があります。 窓の横にはしまかぜにも設置されている伝統カーテンのスイッチがあります。 フルリクライニングした時の姿勢です。 バックシェルがついていて、リクライニング時は座面も前にスライドします。 かなりの角度で倒れるので、落ち着いたらすぐに眠りに誘われそうです。 ひじ掛けにあるコントロールパネルです。 リクライニング、レッグレストとヒーター、読書灯が操作できます。 ひじ掛けの下にはコンセントがあります。 方の上のほうに読書灯があります。 ひのとりのプレミアムシートを体験できる 「ひのとり」のプレミアムシートは展示会場に行ってそのすばらしい座り心地を試すことができます。 ぜひ、実際にシートに座ってプレミアムシートの快適さを体験してみてください。 土日祝に展示会場に行けばはシート体験とクイズ両方が楽しめ、クイズにあたれば「ひのとり」クリアファイル(数量限定、先着順)がもらえます。 大阪上本町駅や大阪阿部野橋駅、あべのハルカスなどで展示、体験が行われます。 名古屋地区でも展示、体験を実施する予定です。 「ひのとり」プレミアム座席の展示、体験日程は次のページをご覧ください。 レギュラー車両 2号車から5号車(8両編成は2号車から7号車)はレギュラー車両です。 レギュラーカーの座席は通路を挟んで2列ずつの4列です。 レギュラーカーの内装は座席、床面ともグレーのさわやかな感じです。 ガラスの荷棚と大型窓でこちらも開放感があります。 レギュラー車両のシートもバックシェルで後ろの方も気になりません。 またレギュラーシートも座席の感覚は116㎝です。 これは新幹線のグリーン車に匹敵する広さです。 レギュラーシートにおいてもコンセントは全席に設置されています。 また、パソコンの作業にも便利な大型テーブルが設置されています。 お手洗い 1,6号車(8両編成は1,4,8号車)にお手洗いがあります。 4号車(8両編成は6号車)には多目的お手洗いがあります。 男性用お手洗い以外には温水洗浄便座、ベビーチェアを設置しています。 多目的お手洗いには加えて次の設備が設置されます。 ・着替えが可能なチェンジングボード ・ベビーベッド ・オストメイト対応設備 喫煙室 ひのとりは全席禁煙です。 喫煙室は3号車に設置されています。 ロッカー 1~3、5,6号車(8両編成には1~3,7,8号車)にはエントランスににロッカーが設けられます。 ロッカーは大型の荷物も入れられるサイズです。 ロッカーのない車両には荷物置き場が設置されます。 カフェスポットと自動販売機 1号車と6号車(8両編成は1号車と8号車)にはカフェスポットが設置されます。 挽きたての豆で作るコーヒーやお菓子などを販売します。 また3号車には自動販売機があります。 ベンチスペース 座席以外でくつろげるベンチスペースが設置されます。 2号車、5号車(8両編成は2号車、5号車、7号車)に設置されます。 カラーの案内液晶ディスプレイ 客室両端には2画面の大型液晶ディスプレイが設置されています。 停車駅案内や運行情報などを4か国語で提供します。 アーバンライナーでは前面展望も映し出されていましたが、「ひのとり」ではまだ発表されていません。 その他の設備 ・無料Wi-Fiの提供 ・全客室に空気清浄機「ナノイー」を設置 ・客室、デッキ、荷物置きスペースに防犯カメラを設置 ひのとりの運行路線、停車駅、時刻等 名阪特急「ひのとり」は主に大阪難波~近鉄名古屋間の特急で運行されます。 大阪難波~近鉄奈良間の一部の特急でも運行される予定です。 「ひのとり」は名阪特急の速達型列車で運行され、停車駅は次の通りです。 <平日> 大阪難波発 8:00、10:00、13:00、14:00、16:00、20:00 近鉄名古屋発 7:00、11:00、13:00、17:00、19:00、20:00 <土休日> 大阪難波発:8:00、9:00、11:00、15:00、16:20、19:00 近鉄名古屋発:8:20、12:00、14:00、16:25、18:00、19:00 このほかにも大阪難波~近鉄奈良間でも運行されます。 2020年度中には大阪難波駅、近鉄名古屋駅を主に毎時0分に発車する速達型の停車駅の少ない名阪特急をすべて「ひのとり」で運行する予定です。 現在の近鉄特急時刻表は、次の近鉄HPにリンクしているPDFファイル時刻表から確認できます。 ひのとりの車内販売 ひのとりでは車内販売は行われません。 カフェスポットや自動販売機が設置されるのでそちらを利用しましょう。 ひのとりの運賃・料金 「ひのとり」の運賃、料金は次の通りです。 (消費税改定後の運賃、料金です) プレミアム車両の運賃、料金表です。 レギュラー車両の運賃、料金表です。 主な区間の運賃、料金の合計額は次の通りです。 (消費税改定後の運賃、料金です) 大阪難波〜近鉄名古屋:レギュラー4,540円、プレミアム5,240円 大阪難波〜津:レギュラー3,260円、デラックス3,660円 大阪難波~大和八木:レギュラー1,260円、デラックス1,460円 近鉄名古屋~津:レギュラー2,040円、デラックス2,340円 近鉄名古屋~大和八木:レギュラー3,890円、デラックス4,490円 乗車キロ別の料金は次の通りです。 1~40キロ:特急料金520円、レギュラー特別料金100円、プレミアム特別料金300円 41~80キロ:特急料金920円、レギュラー特別料金100円、プレミアム特別料金400円 81~140キロ:特急料金1,340円、レギュラー特別料金200円、プレミアム特別料金600円 141~180キロ:特急料金1,640円、レギュラー特別料金200円、プレミアム特別料金800円 181キロ~:特急料金1,930円、レギュラー特別料金200円、プレミアム特別料金900円 その他の区間等も近鉄HPの下記ページで運賃・料金検索できます。 (ひのとりの料金は検索できません) ひのとりの特急券の発売開始日、予約方法、空席照会 近鉄特急の予約は乗車1か月前の10時30分から近鉄主要駅の特急券窓口、主な旅行会社、インターネットで予約可能です。 2020年2月14日の10:30から予約開始です。 (近鉄確認済) 1か月前なので3月20日に乗車の場合は2月20日の10時半から予約開始になります。 特急券は近鉄の主な駅や旅行会社でも販売されますが、インターネット予約が手軽で便利です。 インターネットでは空席照会も可能です。 シートマップも表示されるので希望の座席を確保することも可能です。 インターネットで予約して決済すれば、決済画面からスマホでチケットレス特急券を表示できます。 駅での受け取りは必要ありません。 チケットレス特急券でない場合は前日までに受け取りが必要です。 ひのとりのお得な乗車方法 「ひのとり」のお得なきっぷなどの発表はまだありません。 現在最もお得な乗車方法は、名阪チケレス割なので「ひのとり」運行開始を記念してさらにチケレス割の割引率が高くなるかもしれません。 近鉄のチケットレス会員は普段から10%もポイントがもらえるので入らないと損ですよ。 名阪チケレス割 2020年3月13日までの期間限定で特急料金が最大300円割引になります。 チケットレスサービスの利用で割引になります。 大阪難波・大阪上本町・鶴橋〜名古屋間の区間限定で 前日までの予約で特急料金1,600円(合計3,960円) となります。 変更は3回まで可能です。 名阪チケレス割でも10%のポイントがつきます。 チケットレスの利用(インターネットでの予約と決済)が条件です。 詳しくは下記の近鉄HPのリンクをご覧ください。 10回乗車すると1回は無料で乗車できます。 詳しくは下記の近鉄HPのリンクをご覧ください。 ひのとりから乗り換えできる列車 名古屋駅 JR新幹線、特急、快速等乗り換え 新幹線「」、「ひかり」、「こだま」 特急「しなの」、特急「ひだ」、特急「南紀」、特急「しらさぎ」、快速「みえ」 ひのとりの関連商品 「ひのとり」は公表されたばかりで関連商品の情報はまだありません。 プラレールとNゲージ鉄道模型も発売されると予想しますが、わかり次第記載していきます。 まとめ 「ひのとり」は看板列車のアーバンライナーの後継列車だけあってかなり注目されていました。 概要が発表され、プレミアムシートの展示、体験もできるようになりこれからますます注目がされると思います。 斬新な外観と上質な座席とサービスを早く実車で体験したいものです。 「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます よければブックマークお願いします。

次の

近畿日本鉄道

近鉄 電車 料金

JRや私鉄・地下鉄など各鉄道会社によって、切符を購入して乗車する場合と、SuicaなどのICカードを利用して乗車する場合とでは、数円単位で電車料金が違うことがあります。 同じく子ども料金を支払う場合も、切符を購入するときと、ICカードを利用するときとでは料金が異なるケースがあるようです。 JRの大人料金は、切符を購入して乗車する場合が190円、ICカードを使用して乗車する場合が185円となります。 子ども料金は大人料金の半額となるため、切符の場合が95円(190円)、ICカードの場合が92. 5円(185円)です。 JRでは運賃に端数が出た場合、切符の場合は5円以下を切り捨て、ICカードの場合は1円未満を切り捨てという基準があります。 最終的に子ども料金は、切符を購入した場合が90円、ICカードで支払った場合が92円となります。 運賃に誤差が出ることがあるため、気になる場合は事前に確認しておきましょう。 各鉄道会社では「大人」や「子ども」の料金区分が設定されていますが、子ども料金が発生する年齢に迷う方は多いようです。 電車に乗る際は、小学校に入学する4月から子ども料金が必要と覚えておきましょう。 子ども料金は一般的に大人料金の半額です。 JRや私鉄・地下鉄によって、料金の端数を切り上げたり切り捨てたりとシステムが異なるため、必要に応じて確認しましょう。 子ども料金が発生する年齢に達した場合、子ども用のSuicaやPASMOなど、ICカードを作る方が多いようです。 ICカードを作る際は子どもの保険証など、年齢確認できるものが必要な場合があるため、事前に鉄道会社に問い合わせてみましょう。 電車の旅やおでかけを楽しむためにも、子ども料金が発生する年齢を確認して、気持ち良く利用できると良いですね。

次の