ブロッコリー 胡麻和え。 ブロッコリーと豚肉の炒め物、ブリ刺身胡麻和え、大根のツナサラダ、三種盛

ブロッコリーと豚肉の炒め物、ブリ刺身胡麻和え、大根のツナサラダ、三種盛

ブロッコリー 胡麻和え

今週の人気の記事• キャベツの保存方法について詳しくご紹介します。 冷蔵保存の仕方、冷凍保存の仕方や、丸ごとのキャベツ、カット... 101件のビュー• ブロッコリーは傷みやすい野菜なので、なるべく早めに食べるようにしましょう。 すぐに食べないときは新鮮なうち... 80件のビュー• ズッキーニの保存方法について詳しくご紹介します。 常温?冷凍?冷蔵?などの保存する場所や具体的な保存の仕方... 61件のビュー• トウモロコシの正しい保存方法をご紹介します。 冷蔵保存や冷凍保存の方法、保存期間などトウモロコシの保存に関... 54件のビュー• 春菊を調理する際は、まずしっかり洗ういましょう。 サッと濡らすだけの洗い方では汚れや農薬があまりとれていま... 41件のビュー• セリは、葉の緑色が鮮やかで、根元から葉先までハリがあってピンとしているものが新鮮です。 葉が枯れて黄ばんで... 39件のビュー• オクラには産毛(うぶげ)がありますので、塩をたっぷり使い産毛をこすり落とします。 塩を使う事でオクラの緑が... 35件のビュー• アボカドは、切り口が空気に触れるとすぐ黒く変色する特性があります。 変色を防ぐにはレモン汁にくぐらせておき... 34件のビュー• 生のタケノコを冷蔵保存する場合は、タケノコを茹でて皮をむき水に浸けて冷蔵庫で保存します。 茹でたものは水を... 33件のビュー• 豆苗の保存法についてご紹介します。 冷蔵保存・冷凍保存などそれぞれの保存の仕方や保存期間などを詳しくご紹介... 33件のビュー 保存期間(賞味期限)• 冷凍: 1ヶ月 以上、ブロッコリーの保存方法でした。 ブロッコリーと相性の良い野菜の紹介 最後にブロッコリーと食べ合わせの良い野菜を紹介しておきます。 ブロッコリーは ビタミンCが豊富で、さらに ベータカロテンや カルシウム、 鉄分などの他に今注目のフィトケミカルなど栄養素を多く含んでいます。 これらの栄養素により、 免疫力を高める、 老化防止、 抗酸化作用によるがん予防や 生活習慣病の予防に効果があります。 このほかに、 アレルギー症状の改善などでも期待できます。 食べ合わせとしては、これらの作用をより増幅させるような野菜がオススメになってきます。 今回はおすすめの野菜として2つ紹介しておきます。 トマトとブロッコリー トマトには「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、昔からその栄養価が評価されてきました。 豊富に含む カロテンや リコピンには 老化防止や がん予防の効果があります。 そのため、この組み合わせは がん予防や 老化防止に効果的な組み合わせになります。 おすすめの料理としては、 トマトとブロッコリーのサラダや トマトとブロッコリーのチーズ焼きなどがオススメです。 ジャガイモとブロッコリー ジャガイモというとデンプンを想像するかもしれませんが、実はビタミンCやカリウムも豊富です。 カリウムの効果により高血圧の予防やむくみ防止、アレルギー体質の改善などが見込めますし、デンプンの効果によりビタミンCが壊れにくいので免疫力の向上や美肌効果などもあります。 そのため がん予防や 美肌効果、さらに アレルギーの改善などにも効果的な組み合わせになります。 おすすめの料理としては、 ジャガイモとブロッコリーの茎のベーコン焼きや ジャガイモとブロッコリーのガーリックソテーなどがオススメです。 関連: ブロッコリーの関連記事.

次の

ブロッコリーとアスパラガスの胡麻和え

ブロッコリー 胡麻和え

熱に弱い最強野菜も、BONIQなら栄養そのまま! 「あと一品」にちょうど良い、栄養満点メニュー。 8 g — タンパク質 3. 9 g 体重 x 1. 5 g 脂質 4. 5 g — 食物繊維 3. 6 g 20 g 以上 カリウム 316 mg 3500 mg 以上 カルシウム 54 mg 650 mg 以上 マグネシウム 26 mg 350 mg 以上 鉄分 1 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 0. 7 mg 10 mg 以上 《手順》 カットする ブロッコリーを小房に切り分け、大きい房は一口大にカットする。 軸の部分も外側の硬い部分を切り落とし、食べやすい大きさにカットする。 アスパラガスははかま取りをし、下1cm程カットしてピーラーで下の部分だけ筋取りし、1本を3~4等分にカットする。 フリーザーバッグに投入 ブロッコリーとアスパラガスをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。 フリーザーバッグの密封方法: BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 調味料を合わせる ボウルに調味料をすべて入れて混ぜ合わせる。 味をみながら塩を加える。 調味料と和える BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ザルに開けて水気を切り、更にペーパーで軽く水気を押さえる。 仕上げ ブロッコリーとアスパラガスを皿に盛り付け、上からすりごまをふって出来上がり。 《作る際のポイント》 野菜は軽いためしっかり空気を抜いても、湯せんに沈まらなかったり、調理中に浮いてきてしまうことがあります。 その場合は上から耐熱性のあるビンを乗せたり、トングなどで固定してしっかり沈めるようにしてください。 甘めの胡麻和えがお好きな方は三温糖(上白糖でも可)の量を増やして調整してくださいね。 《作った感想》 ブロッコリーとアスパラガスは、栄養価の高い最強野菜として有名ですが、調理方法によっては栄養を逃してしまうことになります。 2つとも熱に弱いという特徴があるので、まさに低温調理にぴったりの野菜ですね。 ブロッコリーとアスパラガスのシャキッとした食感は残しつつ、甘みは増しています。 ごまと合わせる事で、さらに栄養UPです! BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス アスパラとブロッコリーは、どちらも栄養価が高い緑黄色野菜です。 アスパラにはアスパラギン酸やルチンが含まれています。 アスパラギン酸は新陳代謝を活発にし、疲労回復のスピードを速める働きがあります。 ルチンはアスパラの先の方に多く含まれ、韃靼そばにも含まれるポリフェノールの一種です。 ルチンは血管を強くしなやかにしたり、高血圧症を予防する働きがあります。 ブロッコリーはビタミンCがたっぷり含まれており、なんと100g摂取することで1日に必要なビタミンCをカバーできるほど。 (妊婦・授乳婦は推奨量が高く設定されます) また、野菜の中でもブロッコリーはたんぱく質の含有量がトップクラス。 ホクホクした食感もありますが、糖質は少なく、食物繊維が豊富です。 ずっしりお腹にたまる満足度が高い野菜なので、ジャガイモの代わりに付け合わせやシチューに入れると糖質を抑えることもできます。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の

ブロッコリーレシピ【人気20選】つくれぽ1000の殿堂1位は?大量消費にもおすすめ!

ブロッコリー 胡麻和え

熱に弱い最強野菜も、BONIQなら栄養そのまま! 「あと一品」にちょうど良い、栄養満点メニュー。 8 g — タンパク質 3. 9 g 体重 x 1. 5 g 脂質 4. 5 g — 食物繊維 3. 6 g 20 g 以上 カリウム 316 mg 3500 mg 以上 カルシウム 54 mg 650 mg 以上 マグネシウム 26 mg 350 mg 以上 鉄分 1 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 0. 7 mg 10 mg 以上 《手順》 カットする ブロッコリーを小房に切り分け、大きい房は一口大にカットする。 軸の部分も外側の硬い部分を切り落とし、食べやすい大きさにカットする。 アスパラガスははかま取りをし、下1cm程カットしてピーラーで下の部分だけ筋取りし、1本を3~4等分にカットする。 フリーザーバッグに投入 ブロッコリーとアスパラガスをフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。 フリーザーバッグの密封方法: BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 調味料を合わせる ボウルに調味料をすべて入れて混ぜ合わせる。 味をみながら塩を加える。 調味料と和える BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出し、ザルに開けて水気を切り、更にペーパーで軽く水気を押さえる。 仕上げ ブロッコリーとアスパラガスを皿に盛り付け、上からすりごまをふって出来上がり。 《作る際のポイント》 野菜は軽いためしっかり空気を抜いても、湯せんに沈まらなかったり、調理中に浮いてきてしまうことがあります。 その場合は上から耐熱性のあるビンを乗せたり、トングなどで固定してしっかり沈めるようにしてください。 甘めの胡麻和えがお好きな方は三温糖(上白糖でも可)の量を増やして調整してくださいね。 《作った感想》 ブロッコリーとアスパラガスは、栄養価の高い最強野菜として有名ですが、調理方法によっては栄養を逃してしまうことになります。 2つとも熱に弱いという特徴があるので、まさに低温調理にぴったりの野菜ですね。 ブロッコリーとアスパラガスのシャキッとした食感は残しつつ、甘みは増しています。 ごまと合わせる事で、さらに栄養UPです! BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス アスパラとブロッコリーは、どちらも栄養価が高い緑黄色野菜です。 アスパラにはアスパラギン酸やルチンが含まれています。 アスパラギン酸は新陳代謝を活発にし、疲労回復のスピードを速める働きがあります。 ルチンはアスパラの先の方に多く含まれ、韃靼そばにも含まれるポリフェノールの一種です。 ルチンは血管を強くしなやかにしたり、高血圧症を予防する働きがあります。 ブロッコリーはビタミンCがたっぷり含まれており、なんと100g摂取することで1日に必要なビタミンCをカバーできるほど。 (妊婦・授乳婦は推奨量が高く設定されます) また、野菜の中でもブロッコリーはたんぱく質の含有量がトップクラス。 ホクホクした食感もありますが、糖質は少なく、食物繊維が豊富です。 ずっしりお腹にたまる満足度が高い野菜なので、ジャガイモの代わりに付け合わせやシチューに入れると糖質を抑えることもできます。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の