スクスタ 特技発動率。 【スクスタ】ゲスト(フレンド)について!絶対選ぶべきおすすめのキャラは?

スクスタのライブ攻略や特技の発動

スクスタ 特技発動率

スクスタのフレンド(ゲスト)の基礎知識 まず、 フレンドがライブ参加した場合、適応されるのは 個性(パッシブスキルとライブスキル)と ひらめきスキルのみです。 (ただし、フレンドではない ゲストがライブに参加した場合、適応されるのは ひらめきスキルのみ) その他のステータスは一切に編成に影響しないので、例えばアピール値が高いキャラやスタミナが高いキャラを選んでもまったく意味がないので注意してください。 また、かなり重要なことなんですが、ゲスト(フレンド)の能力が付与されるのは センターに配置したキャラです。 これらを踏まえて、フレンドのキャラを選択する必要があります。 スクスタのフレンドを選ぶ際のポイント ここからはスクスタのフレンドを選ぶ際に絶対におさえるべきポイントについて解説していきます。 このSRにこは、楽曲ごと に設定された デバフ(アピール値減少)の効果を無効化するスキルを持っています。 つまりこのSRにこを編成に入れていれば、属性を気にせず好きなキャラを編使用することができるようになるんです。 よって、SR矢澤にこをもっていないのであれば、最優先でフレンドに選択することをおすすめします。 おすすめの個性とひらめきスキル もしSR矢澤にこを持っている場合は、 以下の2つの基準を満たしているフレンド(ゲスト)を選択するのがおすすめです。 アピール+:同作戦のパッシブスキルを持っているURキャラ• アピール+系のスキルをひらめきスキルを持っているURキャラ 理由を詳しく解説します。 個性について パッシブスキルにはアピール値を上昇させるスキルがいくつかありますが、その中でもっとも強力かつ実用的なのが、 アピール+:同作戦のスキルです。 また、現在主流の「 作戦を切り替えないことを前提とした編成」では、 メイン作戦(緑作戦)の3人のアピール値だけを上げればいいので、この同作戦内のアピール値アップがかなり有効に働くというわけです。 「作戦を切り替えないことを前提とした編成方法」って何?とうい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 ひらめきスキルについて ひらめきスキルにおすすなのが、 アピール+系のスキルです。 このアピール+系のスキルは、確率など関係なしに、 ライブ中常にキャラの基本アピール値を増加させてくれるため、かなりのスコアアップが期待できます。 このアピール+系のスキルは、合宿の 瞑想がもっとも入手しやすいので、自分のキャラにも付与しておきましょう。 ひらめきスキルについては以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。 スクスタのおすすめのフレンドキャラ ここからはおすすめのフレンドキャラを紹介します。 以下のキャラは同作戦内のアピール値をアップさせるスキルを持つキャラで、 ライブスキルも考慮しておすすめ順に並べているので、参考にしてみてください。 アピール+:全員 アピール+:同作戦に比べるとアピール値の増加率が低いですが、以下のキャラも編成したキャラのアピール値をアップさせてくれるキャラです。 「メニュー」画面から「プロフィール」を選択し、 下の「ゲスト設定」から7人設定することができます。 属性ごとになっていますが、すべて同じキャラに設定することも可能です。 さきほどおすすめしたキャラを設定しておくと、フレンド申請も通りやすいので、アピール+:同作戦のキャラを持っている人は すべての枠を同じキャラに設定しておくことをおすすめします。 まとめ:アピール+:同作戦とアピール+を持っているキャラを選ぼう! スクスタのフレンドについて解説しました。 フレンド(ゲスト)で選択するキャラによってスコアがかなり違ってくるので、スコアを伸ばしたい場合はこの記事で紹介したキャラを選択してライブを行ってみてください。

次の

【スクスタ】特技発動/クリティカル系ライブスキル一覧

スクスタ 特技発動率

単純に ボルテージを増やしてくれるものばかりなので甲乙つけ難いです ただし、よくタップボルテージの上限5万に達してしまうような 上級者になってくると、5万とは別カウントでボルテージを稼げる 3の特技持ちの評価が高くなります。 元々5万ボルテージを獲得できるのにアピールを増加させても効果はありませんからね 3のボルテージ獲得特技持ちとして以下のキャラなどが強力です とはいえ Voタイプ の特技は基本どれも強いので、ステータスのバランスや個性などを重視して評価するのが良いと思います また、今のところURで唯一スマイルの千歌ちゃんだけ SPゲージ獲得量増加特技を持っていますが、 これはぶっちゃけあまり強くありません。 ただ、獲得ボルテージや特技発動率が下がるよりは小さいデメリットと言えそう また、ステータスの特徴としては スタミナが非常に高いキャラが多いです。 反面 アピールが高いキャラはあまりいません RPGの役割で例えると 攻撃を引き受けるタフなタンクであり、ヒーラーでもある といった感じです。 ヒーラーと例えられるのはその特技が理由です。 Gdタイプの特技は今のところ3種類しかありません• 自身のスタミナの〇%のスタミナを回復• 自身のスタミナの〇%のシールドを獲得• 10ノーツの間スタミナダメージを〇%軽減 このうち、1と2の スタミナ回復、シールド獲得特技 を持つキャラのことをスクスタではヒーラーと呼びます。 シールドは体力が満タンの時に発動しても獲得できますが、一度黄色になったスタミナを戻すことはできません。 それ以外はスタミナ回復と変わりません 一方3のスタミナダメージ軽減は現状 死に特技となってしまっています。 一度のノーツで受けるダメージは多くて500とかなので、それを軽減するよりスタミナを回復した方が効率がよいですね。 将来ダメージ軽減がないとスタミナが全部無くなるような曲が来れば輝くかもしれませんが…… というわけで 強いGdタイプというのは スタミナ回復か シールド獲得の特技を持ったキャラです その中でも回復量(獲得量)が特に多いキャラがこちら これらは スクスタフェス で実装されたキャラです。 ただ、アクセサリーにブレスレットを装備していると、アピールチャンスをクリアする前にSP特技を発動するのが重要になってくることもあり、 SPゲージの調整という形で使われることはあります また、ステータスの特徴としては テクニックが非常に高いキャラが多いですです。 アピールが次いで高いという配分のキャラが多いです。 テクニックが一番高いキャラはクリティカル率に+15%ほどの補正があるのでこういった配分は強いと言えるでしょう 無理矢理RPGに例えると Voタイプとは毛色の違うアタッカーといったところでしょうか。 Voタイプは物理攻撃しかしないが Spタイプは魔法も使えるみたいな(わかりにくい) 特技は主に以下の3種類• Voタイプのボルテージ獲得特技のSP版といった感じで普通に強力な特技です。 また、特定の曲の アピールチャンスでSP特技で大量のボルテージを獲得することが求められます。 これらのACは2回SP特技を打つ前提のものだったりしますが こちらの特技を使えば一発でクリアできることが多くなります。 問題は2と3の特技です。 これらは どちらもSPゲージを増やす特技ですが、一回発動したときに増やすSPゲージの量が 2の特技の方が圧倒的に多いです。 (最大SP6000の曲なら2だと大体500以上で3の特技だと200以下) エレガント属性で固めた場合のフェスことりだと3の特技でも2の特技並のSPゲージを増やしてくれますが、 基本2の特技の方がかなり強いです。 よって強い特技を持ったSpタイプとしてはこれら3キャラが挙げられます また、Spタイプにこれらの種類に当てはまらない特技を持ったキャラもいます なかでも エレガント璃奈ちゃんとクールダイヤさんはヒーラーを務めることができます。 Spタイプであるため特技発動率が下がってしまう点には注意ですが そして 初期凛ちゃんSpタイプとしては唯一の特技発動率アップ特技持ちです。 しかし この特技、めちゃくちゃ弱いです……。 4つのタイプそれぞれの作戦効果のなかでも 最も重いデメリットかもしれません また、Skタイプには ステータス配分の特徴はありません。 アピールが高いキャラもいますし、スタミナがずば抜けたキャラもいます そして、特技が得意なSkタイプということもあってか、 ほとんど全ての種類の特技が見られます。 一覧がこちら• 自身のスタミナの〇%のスタミナを回復• 自身のスタミナの〇%のシールドを獲得• 10ノーツの間クリティカル率が〇%上昇• しかしこのうち 特技発動率 の方は倍率があまり高くないため弱いです。 特技を1回発動して、他2キャラの特技をあわせて0. 2〜0. 5回ぐらい増やすだけなので、最初から効果のある特技を持った3人で組んだ方が強いです。 Voタイプっぽい強キャラ、Gdタイプっぽい強キャラ、Spタイプっぽい強キャラをそれぞれ挙げると以下のようになります いろんなキャラがいますが作戦効果のデメリットが重めのため、器用貧乏なイメージのタイプとなっています。 しかし、運営もスキルタイプの不遇さを理解し始めたのか、 最近追加されるSkタイプは特技や個性が他タイプと比べても強めだったり、新形式のイベント(SBL)でSkタイプを優遇したりしています これからが期待のタイプと言えるかもしれません まとめ.

次の

スクスタ 特技

スクスタ 特技発動率

こんな人におすすめ• おすすめの合宿組み合わせを知りたい• 合宿の組み合わせで習得できるひらめきスキルを知りたい 合宿の組み合わせによって、習得できるひらめきスキルが異なります。 合宿は全部で8種類、組み合わせは全部で120通り。 組み合わせが多すぎて、どの合宿を選んだらいいかわからない人も多いと思います。 ひらめきスキルの厳選をしたくても、組み合わせの情報はほとんどなし。。 それなら自分で調べるしかない! と言うわけで、 各合宿の組み合わせを100回行い習得できるひらめきスキルを検証します。 数が多すぎるので徐々に記事を充実させていく形を取りたいと思います。 更新した際はTwitterでお知らせします。 アピール+ [中]:仲間だと自身のアピールが増加しません。 アピール+ [中]:同作戦なら自身も含むので、同作戦の3人全てのアピールが増加します。 サポートキャラとして使う予定のないキャラは、アピール+ [中]:仲間よりもアピール+ [中]:同作戦の方がスコアを伸ばせます。 ただし、習得確率がとても低いのでアピール+ [小]:仲間を先につけてから厳選するのがおすすめです。 回復量はキャラのスタミナ値依存なので、スタミナ値の高いキャラほど効果が大きくなります。 こちらも習得確率が低いのでアピール+ [小]:仲間をつけてから厳選した方が良さそうです。 確率は瞑想よりも下がりますが、瞑想・腕立て・ボイストレーニングならアピール+ [小]:仲間と回復系スキルを同時に狙えます。 ひらめきスキル別合宿組み合わせ一覧 おすすめ合宿組み合わせをひらめきスキル別にまとめました。 もっとも確率が高い組み合わせを載せています。 この表も順次追加・更新して行きます。

次の