フリーソフト pdf。 【2019】PDF編集ができるフリー(無料)ソフトおすすめ10選!機能の比較・注意点も解説!

PDFに直接テキストを記入できる無料ソフト3選

フリーソフト pdf

PDFページの編集機能は、ページ組み合わせ、削除、回転などを含みます。 PDFページを編集してから、新たなPDFファイルとして保存できます。 編集されたPDFを保存する前に、著者・タイトル・表題・キーワード情報も編集できます。 また、PDF印刷、サイズ圧縮、パスワード付け、PDF署名なども備えています。 PDF編集機能があるだけでなく、Word、Excel、text、jpg画像などのファイルをドラッグ&ドロップしすぐにPDFに変換できます。 OCR機能も備えていますので、スキャンしたPDFも編集可能です。 文字の検索置換機能でPDFの一括修正が便利になります。 PDF編集する時、ハイライト、アンダーラインやキャレットなどの注釈も追加可能です。 PDFおよびそれ以外の形式のファイルをPDFファイルに添付できます。 PDF編集機能があるだけでなく、word、Excel、Powerpointなど多様な形式に変換する、バッチ処理、ページ処理、フォーム入力、PDFサイズ圧縮するのに対応します。 Adobe社のPDF編集ソフトとほぼ同等な編集機能があって、それ以上に簡単です。 ソフトの性能とコスパから見ると、PDFelementが一番優秀だと思う。 無料体験版はあるので、このPDF編集ソフトが永久使用できます。 以下の動画で、PDF編集ソフトPDFelement を詳しく紹介します。 さらに、OCRプラグインにより、画像化のPDF(スキャンされたPDFファイル)を編集することができます。 注釈機能で、PDFにコメントを追加したり、図形を追加等ができます。 また、複数のPDFを一つのファイルに結合できます。 PDFテキストが編集できますが、挿入された画像が編集できません。 PDFフォームからデータ抽出、フォームフィールド認識機能も備えていません。 PDFページ編集機能というと、ページ挿入・削除・抽出・回転・順序変更ということです。 PDFファイルのプロパティ情報の編集、パスワード付け、PDF編集許可設定など、様々なPDF編集操作が行えます。 PDFにテキスト・文字を編集・入力できません。 無料体験版があるので、フリーのPDF編集ソフトとして利用できます。 PDFに注釈を追加・編集、パスワード追加に対応します。 PDF編集する時に、スタンプが追加できるが、英語版しかないで、日本語に対応しません。 このPDF編集ソフトをインストール時に、日本語を選択してPDF編集ソフトの日本語版で利用できます。 この編集ソフトの公式サイトは英語で、日本語対応しませんが、インストールすると日本語で使用できます。 「PDF-XChange Viewer」の後継版で、ほぼ同等のPDF編集機能を使うことができます。 PDFにテキスト追加・編集、QRコード作成、図形や音声の追加など簡易的なPDF編集機能を行うことができます。 PDFのテキストを編集したい場合は、このPDF編集ソフトのライセンスを購入するのが必要です。 PDFページ編集、たとえば、ページ回転、拡大・縮小、表示画面サイズ調整などもできます。 使い勝手がいいが、たまには「強制終了」の問題が発生します。 プロフェッショナルなPDF編集ソフトといえます。 画像化のPDFファイルがOCR機能で編集可能になれますが、OCR実行後にテキスト編集し難いのが足りないところです。 このPDF編集ソフトは14日間評価版として無料試用可能です。 PDF文書を編集してから、PDFのタイトルや作者も編集できます。 また、基本的なPDF編集機能があるだけではなく、htmlをPDFに変換、画像をPDFに変換、PDF結合・分割という機能も備えています。

次の

PDF作成・編集のおすすめフリーソフト(無料ツール)比較と使い方(Word変換方法など)+Adobe acrobat

フリーソフト pdf

PDFの作成・編集を、初めておこなう方というのは、私もそうでしたが、悩みどころが多々出てきます。 そこで今回、私が、本格的に「PDFドキュメント」を作ってきた過程の中で、培った知識を体系的にまとめて、 同じように、PDFの作成・編集で困っている方や、これから行おうと思っている方を対象に、当記事を通して、公開しようと思います。 ではまず、、、 PDFの作成・編集といっても、人によって解釈は様々で、定義が広いです。 そこで、下記8つの項目で、定義します。 テキスト・画像の新規追加• 既存の、テキスト・画像の編集• PDFページの削除と順番変更、ファイルの分割と結合• PDFのセキュリティ設定(ファイルを開く際のパスワード設定と、テキスト・画像のコピー禁止設定)• 指定場所での、改ページの設定• ページの、背景色やヘッダー・フッターの設定 今回の記事では、これら8つの機能(用途)ごとに、オススメのPDF作成・編集ツールを、順に紹介していきます。 また、なるべく有料ではなく「無料」のツールに絞って、紹介していきます。 以下、目次になります。 テキスト(文字)と画像の新規追加ができる、PDF作成・編集ツール比較• PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility• PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選• PDFファイルの、改ページ設定方法• PDF作成に必須の、「既存テキスト・画像の編集」や「PDFページのヘッダー・フッター設定」ができる、有料ツール比較• 【かんたんPDF EDIT】 かんたんPDF EDIT は、無料のPDF作成・編集ツールで、 「テキストと画像の新規追加」をおこなう事ができます。 ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 【PDF-XChange Viewer】 PDF-XChange Viewer は、無料のPDF閲覧・作成ツールです。 具体的には、下記の事を、おこなうことができます。 ・テキストの新規追加(画像は追加できません) ・ハイパーリンクの設定 ・セキュリティ設定(PDFを開く際の、パスワード設定など) ダウンロード・インストール手順と使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 ・ 以上、テキスト・画像の新規追加が可能なツール3選でした。 PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)ができるフリーソフト:CubePDF Utility CubePDF Utility は、PDFのページ編集(削除や順序変更・分割・結合)が、無料で出来るツールになります。 また、他にも、PDFのセキュリティ設定もおこなえます(PDFを開く際のパスワード設定や、テキスト・画像のコピー禁止設定など) ページ編集したい方は、フリーなので、ぜひ「ダウンロード」しておくと良いでしょう。 ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記の記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 【Googleクロム の印刷機能】 ブラウザの「Googleクロム」に、デフォルトで付いている印刷機能です。 クロムで、WebページをPDF化した特徴は、下記になります。 ・画像の解像度 : 中(感覚値) ・ハイパーリンク : 有効(下線あり) ・フォント : bold 設定が有効 以上が、Webページから、PDF へ変換するツール3選になります。 個人的には、この中でも、特に「firefox の印刷機能 + Adobe アクロバット」がオススメです。 理由は、画像の解像度が最も高いと、感覚値ですが思ったからです。 ただ、それでも、「画像の画質劣化」は、最も大きな懸念点でした。 そこで、Adobe で、PDF出力する際の、画像圧縮率を抑える設定をおこないました。 設定手順については、下記の記事にて解説されています。 上記を参考に、今回、私がおこなった設定は、下図になります。 ・ ただ、、、 設定をおこないましたが、結果、変化が(感覚値で)分かりませんでした。 なので結局、画像自体を、多少劣化しても良いように、編集することで解決しました。 以上です。 以下が、今回紹介していくツールになります。 「PDF to Excel Converter」• 「iSkysoft PDF変換」• 「Soda PDF Professional」 では、順に解説していきましょう。 PDF to Excel Converter の使い方と変換結果 PDF to Excel Converter は、Web上で「変換」がおこなえるサービスになります(下記) ・ 上記にアクセスすると、下図のような画面が開くので、変換元のPDFファイルや、メールアドレスを入力して、「Convert Now」をクリックしてください。 変換が成功すると、下図のように「Success」と表記された画面が開きます。 ちなみに、失敗すると、下図のように「Sorry」と表示されます。 Successページが開くと、同時に「Nitro」からメールが届くので、確認して「Get Your file」をクリックしてください(下図参考) 下図が、変換結果の例になります。 上図から、いくつかオカシイ部分がある事が分かります。 ちなみに、Excelへの変換は失敗に終わりました。 また、「PDF to Excel Converter」は、無料で使えるサービスですが、月に5回までしか変換ができない制限があるので、注意してください。 iSkysoft PDF変換 の使い方と変換結果 iSkysoft PDF変換 は、PDFを、Word・Excelや画像データ(. jpg、. pngなど に変換するツールになります。 ダウンロードは、下記ページからおこなってください。 下図が、「iSkysoft PDF変換」のトップ画面になります。 変換したいPDFファイルと、出力フォーマット・フォルダを選択し、「変換開始」ボタンをクリックしてください。 下図が、変換結果の例になります。 【Word】• 【Excel】 以上です。 無料体験版では、「透かし」が入っていたり、5ページまでしか変換されなかったりと、正直使い物になりません。 Soda PDF Professional の使い方と変換結果 Soda PDF Professional は、PDFを作成・編集する上で、必要な機能は、ほぼ備わっている、プロフェッショナル向けのツールになります。 ダウンロードは、下記ページからおこなってください。 【Word】• 【Excel】 以上です。 また、「Soda PDF Professional」では、他にも、以下のような事を、おこなうことができます。 また、「Soda PDF」には、「Professional」の他にも、「Standard」といったエディションがあります。 機能差異については、下記ページに分かりやすくまとめられているので、参考にしてください。 ・ 個人的には、「Professional」がオススメですが、 セキュリティ設定(PDFを開く際のパスワード設定など)が必要ない方は、「Standard」でも良いでしょう。 以上、PDFから、Word・Excel へ変換するツール3選でした。 実際に、3つとも利用してみて、ゆいつ使い物になりそうなのが、「Soda PDF Professional」のWord変換ぐらいですかね。 PDFのセキュリティ設定ができる無料ツール2選 当章では、PDFのセキュリティ設定がおこなえるフリーツールについて、まとめています。 具体的には、以下の事がおこなえるツールです。 ファイルを開く際の、パスワード設定• テキスト・画像のコピー禁止設定 では、ツールの紹介ですが、以下の2つになります。 【PDF-XChange Viewer】• PDFファイルの、改ページ設定方法 今回、任意の場所にて、明示的に改ページを設定できる「PDF作成・編集ツール」について、色々とググったのですが、見つかりませんでした、、、 それと同時に、「CSS」にて、PDFの改ページ位置を指定できるモノがあると知ったので、その方法を、以下にまとめます。 手順は簡単で、以下のタグを、改ページを指定したい場所に、挿入するだけです。 「Adobe Acrobat」 Adobe が提供している、王道のPDF作成・編集ツールです。 「Soda PDF Professional」 上述でも紹介しているツールですが、こちらでも、既存のテキスト・画像の編集が可能です。 ただ、PDFページの、ヘッダー・フッターや背景色の設定はおこなえません、、、• 「Foxit PhantomPDF」 Foxit社が提供する有料版:「PhantomPDF」になります。 上記に挙げている項目は、全て利用可能です。 個人的には、値段は高いが、やはり王道のツールである「Adobe Acrobat」が、もっともオススメです。 Adobe Acrobat(アドビ アクロバット)の無料体験版ダウンロードと使い方 Adobe Acrobatとは・・・PDFの作成・編集ツールのなかで、最も王道のモノになります。 製品価格は、他と比べたら高いですが、PDFの作成・編集を本格的にやりたいと思っている場合は、必須と言ってイイでしょう。 上述してきた機能も、全て組み込まれていて、 操作性も直感的で分かりやすく、個人的にも、オススメのツールです。 これから利用を検討している方は、無料の体験版(30日間限定)もあるので、まずは、そちらで利用を試してみると良いでしょう。 具体的な、ダウンロード・インストール手順や使い方については、下記記事にてまとめているので、ぜひ参考にしてください。 ・ 以上です。 有料でも良い。 といった方は、私のように、結局は「Adobe Acrobat」に行き着くと思います。 ただ、「お金は払いたくない、、、」とこだわる方は、当記事を参考に、用途にあったフリーツールを利用してみてください。

次の

PDFをエクセルに変換 | フリーソフトを使わずに簡単に変換する方法【Windows10】|ちあきめもblog

フリーソフト pdf

PDFファイルに文字入れによる書き込みやマーカーによる着色を行ったり、画像や矢印などのオブジェクトの追加したりする加工や編集を行えるソフトです。 以下のような場合に活躍できます。 注釈やしおりを追加する• 電子透かし、図面、画像やスタンプを追加する• 手書き文字、テキストやコメントを挿入する• 1つのファイルへの結合、複数ファイルへの分割や順番の並び替えトリミングを行う• 閲覧権限、編集権限をパスワードでロックする• 余白をカットしてスマートフォンやタブレットで読めるように自炊する その他にも、に直接入力したい場合、PDFファイルを閲覧するのにパスワード入力が必要なようにしたい場合など、関連する様々な用途に対応できます。 PDFに文字入れ、ハイライト表示、取り消し線、付箋、矢印や多角形の挿入などのちょっとした編集を行える PDF-XChange Viewer の後継ソフト ちょっとしたPDF編集機能を備えたPDFリーダー&エディターソフトです。 開発終了した の後継ソフトで、ほぼ同等の機能を使うことができます。 PDFをブラウザーのようにタブ形式で複数開くことができ、テキスト選択、手のひらツール、回転、ページ幅に合わせて表示、ズーム、ブックマーク表示、サムネイル表示、見開き表示、連続表示などの基本的な閲覧機能を用意。 ドラッグして選択した範囲や1ページまるごとを画像としてクリップボードにコピーできるスナップショットツールも利用できます。 テキスト内容の編集機能はライセンスの購入が必要となりますが、タイプライター、テキストボックスなどのツールを使ってちょっとした文字入れは可能です。 その他に、吹き出し、強調(ハイライト)、下線、付箋、ファイル添付、サウンド添付、オブジェクト(ライン、矢印、楕円形、矩形、ポリゴン…)、スタンプ、鉛筆などのツールを利用して編集できます。 自分の字が汚い、手書きが手間な場合など、本ソフトを利用すれば必要な場所に名前、カナ、日付などの必要な情報を入力できます。 「自動」機能を利用すると自動でテキストボックスを認識。 中央寄せ、右寄せ、太字、斜体、マス目ぴったり、行ぴったりなどの機能を利用してテキストを入力し、画像、日付、はんこなどの追加にも対応。 PDFファイルをまとめたり、一部ページを抽出したり、結合、暗号化/暗号化解除したりできるクラシックなソフト たくさん増えたPDFファイルを手軽にまとめたい人には便利なソフトです。 PDFファイルをドラッグ&ドロップで登録して保存ボタンをクリックするだけでPDFを結合できます。 不要なページを除いて保存すれば必要なページのみのPDFにすることもできます。 そのほかに、アウトライン、暗号化(文書を開くためのパスワード、権限やパスワードの変更をするためのパスワード)、表示方法の設定(ページのレイアウト、ナビゲーションタブの表示、ユーザインタフェース)、ページ設定(マージン、ページサイズ)などシンプルなインターフェースで様々な設定が可能です。 PDF編集、変換、結合、分割など、PDFについてのすべての機能を1つにまとめたオールインワンPDF編集ソフト PDFについての様々な機能が詰め込まれたオールインワンソフトです。 PDFへ注釈(テキスト、下線、ハイライト、オブジェクト、署名、スタンプ)の追加、しおりの追加・編集、テキストの編集、背景・透かしの追加、フォームの追加・編集、見せたくない箇所の墨消しなどの編集機能のほか、第三者の閲覧を防ぐパスワード設定も可能です。 PDFからオフィスファイル、画像ファイル、Kindleファイル(EPUB)などへ変換でき、逆にオフィスファイルや画像ファイルなどからPDFへ変換する相互変換機能も搭載。 複数PDFを1つに結合したり、1つのPDF内の不要ページの削除、ページの挿入、トリミング、回転、ページ順番の入れ替えなどもできます。 画像追加、四角形や楕円、注釈などをつけられるPDFエディター 既存のPDFを編集する機能、白紙からPDFを作成する機能を備えたPDFエディターです。 また、注釈も追加でき、付箋、ハイライト(蛍光ペン)、下線、打消し線、フリーハンド、スタンプといった機能も利用可能。 他にも、しおりの追加、PDFのプロパティ(タイトル、著作者など)の編集や、印刷やコピーなどを制限してPDFを保護する機能も利用できます。 05 では日本語対応しておらず日本語が文字化けしてしまうため、英数字のみの利用となります。 複数ページのPDFを1ページまとめることができる面付けソフト 複数ページのPDFを面付けし、1ページにまとめることができるソフトです。 変更したいファイルを入力PDFに指定し、「開始」ボタンをクリックすると設定したパターンで面付けできます。 他にも、PDFプロパティ情報の編集、しおりデータをテキストに抽出、すべてのしおりの削除、閲覧パスワードの追加・削除、複数PDFファイルの結合、複数PDFファイルへの分割など、ちょっとした編集機能を右クリックから手軽に利用できるのが便利です。 画像ファイルからPDFファイルへの変換、またPDFファイルから画像ファイルへの相互変換に対応しています。 ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフト、ファイアウォールソフト、ファイル暗号化ソフト、ID・パスワード管理ソフト… オフィスソフト、ウェブブラウザー、メールソフト、圧縮・解凍ソフト、付箋紙ソフト、PDF作成ソフト、イラスト作成ソフト、画像・動画管理ソフト、テキストエディター、ファイル復元ソフト… 辞書検索、オンラインウイルススキャン、オンラインアルバム、ストリーミング、動画共有サイト… フリーメール、メッセンジャー、オンラインゲーム、mixi活用ソフト、ブログ… USBメモリー停止ソフト、USBメモリーファイル復元ソフト、ポータブルオフィスソフト、ポータブルブラウザー、ポータブルメールソフト… フリーソフト100が注目したソフトや無料サービスをピックアップした特集記事….

次の