永瀬 廉 リアルタイム。 King & Prince永瀬廉が初の黒髪オン眉で、リアル“小野田坂道”に!『弱虫ペダル』特報が到着(Movie Walker)

渡辺航「弱虫ペダル」実写映画化!小野田坂道役はKing & Prince永瀬廉(コメントあり)

永瀬 廉 リアルタイム

幼稚園からやり直さないとダメかな? 5月のCDデビュー後、飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍を見せているジャニーズの新星・King&Prince。 現在、雑誌の取材現場で見せたという永瀬廉の言動に対し、多くのファンから批判の声が噴出している。 事の発端は、「Myojo」(集英社)2018年11月号のKing&Princeページ。 今回は「夢のお仕事モーソー劇場」と題し、メンバー6人が理想の職業に扮する企画が実施され、永瀬は美容師に変身した。 パーソナリティの松本美香が「どうでした? 神宮寺くんのリアクションは?」と聞くと、 「永瀬くんが(髪の毛を)切るフリをする、みたいなつもりだったんですけど。 永瀬くん、性格なのかな? いたずら心みたいなのが出てきちゃったんですかね。 神宮寺くんの髪を本当に切っちゃって。 見てないと思って。 鏡越しに、見えないところでさりげなく切ってて。 ニヤってこう、笑った時に神宮寺くんが気付いて。 大慌てです、もう。 『髪の毛なくなってる!』みたいな。 (永瀬は)『そんな切ってないって』みたいに言うんだけど、床にはもう、大量の髪の毛が散らばってる、みたいなね」 と、明かしたのだ。 これを知ったファンからは、「ふざけてても、床に大量の髪が落ちるまで切る? 友だちの髪を切るのとは意味が違う」「きっとイタズラで神宮寺の髪切ったんだろうけど、許されることではないよ……勝手に髪切られたら、誰もが嫌な気分になると思う」「人間性の問題。 人の髪の毛を勝手に切るなんて、本当にやっちゃいけないことだよ」と、永瀬の行動を批判する声が噴出。 中には、「大げさに騒ぐことじゃない」と擁護する声もあるが、神宮寺は10月スタートの深夜ドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)への出演が決まっているだけに、「神宮寺くん、髪の毛短くなってもドラマは問題なかったのかな?」「ドラマの監督さんとかに怒られなかったか心配」と、撮影に影響は出なかったか懸念する人も。 「『Myojo』には、お客さん役の神宮寺が後ろ髪を掴んでチェックしているような1コマがあり、後ろの永瀬はその様子を見て笑っています。 おそらく、これは黙ってカットしたことがバレた瞬間なのかもしれませんね。 この2人といえば、5月にファンクラブ会員限定向けに配信された動画の中で、神宮寺が永瀬を邪険に扱う場面が話題になりました。 5~8月までの期間限定ショップ『King&Prince SWEET GARDEN』を訪れた際、永瀬が壁に飾られていた自身の写真を指差そうとした瞬間に、背後から神宮寺が突進して押しのけ、よろけた永瀬が『おぉ、おぉ、おぉ……』と、困惑するシーンがあったんです」(ジャニーズに詳しい記者) 当時、一部ファンからは「メンバーを押してまで、神宮寺は自分が目立ちたいんだな」と、神宮寺を責める声が相次ぎ、メンバーの不仲説も浮上。 しかし、映画『うちの執事が言うことには』で両者が共演すると判明し、以降も仲が良さそうに会話する様子を見せていたため不仲説は収束したものの、今度は永瀬の人間性を疑う声が続出することとなった。 公の場での失態ではなく、雑誌撮影の裏側が思わぬ形で発覚した今回の一件。 永瀬は友達にいたずらをしただけのつもりかもしれないが、相手も自身も人気アイドルだとしっかりと意識して、振る舞いには気を配ってほしいものだ。

次の

「#永瀬廉」のYahoo!検索(リアルタイム)

永瀬 廉 リアルタイム

「弱虫ペダル」は、地元・千葉から秋葉原にママチャリで通うアニメ好きの高校生・小野田坂道が、高校の自転車競技部に入部し、そこで出会った仲間たちとともに才能を開花させていく物語。 2008年に週刊少年チャンピオン(秋田書店)で連載開始され、単行本は64巻まで発売されている。 これまでアニメ化、舞台化、ドラマ化とさまざまなメディアミックスが行われてきた。 本作では坂道の良きライバル・今泉俊輔役を 、自転車競技部のマネージャー・寒咲幹役を が担当。 監督は が務める。 渡辺は「坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 」とコメント。 また昨年12月より自転車練習をスタートさせたという永瀬は、本作への出演について「とても光栄です。 一つの競技に夢中になる選手の魅力をしっかりと伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいです!」と意気込みを語っている。 渡辺航コメント 坂道の自転車との出会い、友達との出会い、新しい自分との出会いの物語です。 ボクも楽しみにしています!! 永瀬廉(小野田坂道役)コメント まさか自分が実写映画で坂道くんを演じるとは思っていませんでしたが、すっかり原作とアニメにハマり、気づくと朝になっている日々が続いています。 時間を忘れさせるくらい面白い、素晴らしい作品に出演できてとても光栄です! 一つの競技に一生懸命になっている選手たちは、キラキラしていて本当にかっこいいんです! その魅力を映画でも伝えて、時間を忘れさせるような作品にしたいと思います。 僕も弱虫にならないように(笑)、自転車練習を頑張ってますので、是非この夏を楽しみにしていてください。 伊藤健太郎(今泉俊輔役)コメント 今作はこのお話を受ける前から原作を読ませて頂いておりました。 学生時代のこれぞ青春!というような瑞々しさ溢れる物語で、こぼしたくない一瞬一瞬を繊細に丁寧に描かれていて、それに加え自転車レースという題材からも重要な要素となるスピード感溢れる絵がとても大好きです! その作品の中で私はこの部をなにかと支える自転車オタクの役をやらせて頂きます。 実写化されるにあたって、この魅力あるヒロインとして参加出来る事を今からとても楽しみにしています。 三木康一郎監督コメント 弱虫ペダル、原作が持っている疾走感や熱量、あと登場人物たちの熱い想いをリアルに映像としてどう伝えていくのか?そう考えたとき、まず自分自身が登場人物たち以上の熱量を持って挑む!というなんだか少年漫画のような結論に至ってしまいました。 出演者、スタッフ、この映画にたずさわる者たちの熱量を皆さんに感じて頂ければと思います。 主演の永瀬廉さんとは初めてですが、彼が持つ素直なところや、まっすぐなところ、しかし、その奥にある強さや熱さなんかを、主人公の小野田坂道を通して、みなさんに伝えられればと思っています。 みんな必死で自転車の練習をしています!彼らの努力や成長にも期待していて下さい。

次の

「永瀬廉」のYahoo!検索(リアルタイム)

永瀬 廉 リアルタイム

King & Princeの中でも長身でひときわ目を引く存在の永瀬廉。 1999年生まれの現役大学生アイドルだ。 ファッションモデルのようなクールなルックスでありながら、マイクを持つと場を和ませるムードメーカー。 そんなギャップが魅力の永瀬に迫ってみたいと思う。 デビューまでの道のり 永瀬はKing & Princeとしてデビューするまでに、複数のユニットに所属し活動を続けてきた。 関西ジャニーズJr. として、入所まもない頃からAぇ少年というユニットに所属、続いて西畑大吾、大西流星となにわ皇子として主に関西ジャニーズJr. 人気を牽引してきた一人だ。 その後、期間限定で結成されたMr. KINGのメンバーに選出されるなど、東京での活動もが格段に増えていった。 2018年、King & PrinceのメンバーとしてCDデビューを果たし、2019年公開の映画『うちの執事が言うことには』で映画初主演を務めることが決定している。 ご存知の通り、ジャニーズJr. は、入所さえすればエスカレーター式にデビューできるとは限らない厳しい世界。 そんな中でも永瀬は、入所から着実にポジションを手に入れてきた。 先輩からも愛されるムードメーカー 雑誌のインタビューで、美容師になりたいとちょっと思ったことがある、と明かした永瀬。 その理由は、髪型が思い通りになると自信をもてること、相手が幸せになったら俺もうれしいから、とあった。 永瀬の人思いな一面が垣間みえるコメントだった。 また、Kis-My-Ft2の宮田俊哉や北山宏光らのフットサルに参加したことや、Hey! Say! JUMPの薮宏太からもJUMPのフットサルに誘われたことを明かしており、先輩に可愛がられているようだ。

次の