いわき 市 コロナ 2 例 目。 【福島コロナ】いわき市で新たに感染者が判明! いわき市では13日ぶりの感染確認で家族からの感染か!?

「銘苅そば」破産申請へ コロナ倒産、県内2例目に(沖縄タイムス)

いわき 市 コロナ 2 例 目

新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営が厳しさを増し、4月30日までに事業を停止。 弁護士に事後処理を一任しているという。 負債総額は精査中で、現時点で不明。 同支店は新型コロナウイルス関連倒産の県内2例目になるとしている。 RAIDは2013年5月に設立。 浦添市で鶏だしのそばを提供する「銘苅そば」、愛知県で沖縄料理の居酒屋を運営していた。 同支店によると、銘苅そばは近隣に他の飲食店が開業して以来、業況が悪化。 そうした中、新型コロナの影響で売り上げが急激に落ち込み、4月30日に閉店した。 事業継続のめどが立たなかったことから、自己破産申請の準備に入ったという。 県内のコロナ関連倒産を巡っては、3月に那覇地裁へ民事再生手続き開始を申し立てた、レンタカー事業のニューステップ(那覇市)に続いて2例目になるとしている。

次の

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(2例目)

いわき 市 コロナ 2 例 目

初報:4月9日午後4時20分/最終更新:4月9日午後7時56分 市は9日夜、いわき市 の40歳代会社員男性が、新型コロナウイルスに感染した件について、濃厚接触者に当たる男性の家族はPCR検査の結果、全員が陰性だったと明らかにした。 市は8日夜、この男性が新型コロナウイルスに感染したと発表していた。 男性は妻、小学生と未就学の子ども3人と同居している。 市保健所によると、4人には念のため、2週間は外出を控えるよう求めたほか、体調に変化が無いかを毎日確認するよう伝えた。 また日本ダイヤモンド(本社・横浜市)は9日午後、感染した男性が、泉町黒須野のいわき工場に勤務していると公表した。 男性は1日の退社後に体調不良を覚え、2日から出社していないが、発症から2週間に当たる期間として、9~14日の間は操業停止を決めた。 なお2日の時点で感染を疑い、職場の消毒作業を実施していたが、感染が分かったため改めて行うとしている。 社内の濃厚接触者に関しては自宅待機としており、市保健所ではこれら対象者のPCR検査も進めている。 木村会長は情勢が大きく変化している中で、いわき市の勤務医数は全国平均の7割弱にとどまり、平時でも救急医療は大変厳しい状況だと指摘。 新型コロナウイルス感染の拡大があると、容易に医療崩壊が起きかねないと強調した。 また木村会長は行政による医療支援の重要性も説き、会見に先立って要望を受けた清水市長は、可能な限り、マスクやアルコール消毒液の配布を進める方針を示した。 清水市長の記者会見については、。 <木村会長のメッセージ> いわき市の住民の皆さんへ 1.「発熱・呼吸器症状・だるさ」などがある時は、無理せず休んでください。 2.「発熱・呼吸器症状・だるさ」などがある場合は、「かかりつけ医」がいる方は「かかりつけ医」へ、いない方は「帰国者・接触者相談センター」へまず電話で相談してください。 3.上記のような症状で突然医療機関を受診することはせず、必ず前もって電話で相談してください。 4.かかりつけ医の診察では、新型コロナウイルスのPCR検査を行うことはできません。 5.緊急事態宣言が発令された地域との間の移動は、できるだけ避けてください。 6.緊急事態宣言が発令された地域などからいわき市へ帰省あるいは移動された方は、2週間できる限り外出を控えて人との接触を避けてください。 7.すべての住民が、自分が感染しているかもしれないことを意識して「うつらない、うつさない、広げない」行動に努めてください。 8.新型コロナウイルス感染症への対策が不十分な場合には、要介護高齢者・小児在宅療養者・障がい者などへ深刻な二次被害が及ぶことを考えて行動してください。 9.喫煙者は、この機会にぜひ禁煙に取り組んでください。 禁煙をサポートする外来があり、薬が保険適用されます。 10.医療の現場では、使命感を持った医療従事者が奮闘しています。 感染者を扱っている医療機関などで働いている人を差別するようなことは、あってはならないことです。 また感染者に対する誹謗中傷なども、あってはなりません。 報道機関は、感染者のプライバシーおよび保健所・医療機関の多忙さに留意して活動を行ってください。 「苦しい状況だったが頑張ってよかった」と平和な状態を迎えられるよう、出来ることをみんなで考え、みんなで実行すべきです。 日本人にはそれができると、私たちは信じています。 いわきの医療を守るため「集団として学び・考え・行動する」ことが、自分たちの命を守ることにつながります。 写真は、市民に正しい理解・行動を求める木村会長=8日夜(クリックで拡大).

次の

【いわき市】新型コロナウイルス4

いわき 市 コロナ 2 例 目

県は十七日、県内で新たに三人の新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。 このうち、いわき市の四十代男性は、四人の感染が確認されているいわき市のエーピーアイコーポレーションいわき工場(本社・東京都)の社員。 同工場の社員の感染確認は計五人となり、二本松市の二本松郵便局に続き県内二例目のクラスター(感染者集団)が発生した。 県内の感染者は計五十二人となった。 県や市によると、四十代男性は十四日に県内三十九例目として陽性が確認された市内に住む会社員の六十代男性の同僚。 発症後、十、十三、十四の各日にマスクを着用して出勤した。 県内三十九例目の六十代男性の濃厚接触者ではなかったが、せきの症状があったためPCR検査を受け、陽性と確認された。 市内に一人暮らしで、市保健所が濃厚接触者を調査している。 同工場の社員の感染確認は十四日に一人、十六日に三人、十七日に一人の計五人となった。 県と市は「一カ所で五人以上のつながりのある感染者が出たケース」を指すクラスターが起きたとの認識を示した。 この他、南相馬市の五十代男性は十六日に県内四十六例目として感染が確認された看板製作会社「原町サイン」会社役員の六十代男性の同僚。 五十代男性は十三日の発症後、十四、十五の両日出勤した。 家族四人を濃厚接触者として保健所が健康観察している。 東京都の三十代の会社員男性は、仙台市で確認された新型コロナウイルスの感染者の濃厚接触者。 仙台市から濃厚接触者であると知らせを受けていたにもかかわらず、九日から出張でいわき市を訪れ、宿泊施設に滞在していた。 微熱や頭痛が続いたため、いわき市内で仕事はしていなかったという。 十七日に感染が確認された三人はいずれも軽症。 いわき市の四十代男性と東京都の三十代男性は、県内の感染症指定医療機関に入院しており、南相馬市の五十代男性は入院を予定している。 9日まで仙台市内滞在 9日~ いわき市内滞在(微熱、マスク着用) 15日 体温36.5度、鼻づまり 16日 帰国者・接触者外来受診(体温36.9度) 17日 PCR検査で陽性と判明。 入院中 その他のニュース•

次の