ポケモン 剣 盾 トゲキッス。 【ポケモン剣盾】害悪トゲキッス対策の為のトゲキッス対戦考察

【ポケモン剣盾】トゲキッスの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ポケモン 剣 盾 トゲキッス

基本的なトゲキッスの型 弱点保険持ってて、だいたいダイマックスしてきます。 一致抜群も余裕で耐えられ、弱点保険で火力が上がって、ダイジェットで素早さもあげられ、手がつけられなくなります。 また、ダイマックス前には、隙があれば悪巧みしてきます。 サザンドラ相手に交換出しして、悪巧み積んできます。 サザンドラ使いはトゲキッスに注意してください。 対策を怠るとトゲキッスに全壊させられます。 努力値 Sはぶっぱで、HとCを調整しています。 性格補正ありの最速が多い印象。 持ち物はほぼ弱点保険で、たまーにラム持ちもいる。 パーティ次第で読まないといけない。 弱点保険持っていなくても、悪巧み積まれたら同じ。 止まらない。 技構成 確定:エアスラッシュ・マジカルシャイン ほぼ入ってる:大文字orかえんほうしゃ 選択:悪巧み・はどうだん・草結び トゲキッスを対策できるポケモン トゲキッスを対策できて、パーティ単位でも邪魔にならないポケモンは以下かなぁと思っています。 バンギラスは弱点を突かれてしまいますがこちらも弱点保険で返り討ちにすることは可能です。 ただし、後出しは難しそうです。 ではトゲキッス対策の各ポケモンの紹介に移ります。 ヒートロトム 最有力候補ですし、私もよくパーティに入れています。 H全振り、CDに振り分けてとつげきチョッキを持たせるとトゲキッスに圧倒的に強くなります。 フェアリー・飛行を両方半減でき、炎技、草技も半減とトゲキッスが持っているウエポンを全て半減できます。 注意点があるとすれば、電気技をどのタイミングで打つか、ダイマックスを切るのか切らないのかということくらいです。 相手もダイマックスを切っているので合わせて切りにいっても構いません。 ヒートロトムは弱点保険が発動していないダイマックストゲキッスならば後出しからでもダイマックスターンを枯らせることは可能です。 ただ、ダイマックスターンが終了しても相手の方が素早さが上なので、エアスラで強引に突破されることもあります。 そうならないためにも、ヒートロトムでダイマックスを切って、ダイマックストゲキッスは倒しに行くのがいいのかなぁと思っています。 セキタンザン あまり目をつけられてないポケモンですが、かなりオススメです。 タイプではメインウエポンを軒並み半減できます。 はどうだんは抜群取られてしまいます。 特性の蒸気機関はS6段階アップという夢の特性です。 炎技読みで出せると強いです。 Sがかなり低いので、アタッカーの場合はトリックルームでの運用もいいです。 受けの場合はHDセキタンザンという型もいるようです。 ステロ撒いたり、鬼火打てたりはします。 回復は眠るしかありませんが。 4倍弱点も水と地面とあるので、相手は選びます。 ドリュウズ ドリュウズはとつげきチョッキだとトゲキッス相手に対面優位を取れます。 フェアリー・飛行は半減にできます。 オススメの調整は以下です。 Sの調整先は準速ミミッキュです。 ドサイドン 一致抜群が取れて、耐久があるポケモンです。 注意点は草結び(だいそうげん)です。 たまーに持ってるトゲキッスがいます。 悪巧み積まれてるときつい場面も出てきます。 悪巧みの場合は草結びは覚えていないものと思ってて大丈夫です。 ギガイアス 特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 バンギラス バンギラスも特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 また、フェアリー技が抜群なので、ダイマックスして逆に弱点保険を発動させてもらい、逆転ダイロックでワンパンしましょう。 トゲキッス対策のまとめ• トゲキッスは大体弱点保険持ち• ヒートロトムやセキタンザンで対策ができそう トゲキッスが相手のパーティに見えた際には、全抜きされないような選出をしましょう。 また、対戦中もトゲキッス対策となるポケモンはしっかりと温存しておいて、トゲキッスが出たタイミングで出せるようにうまくバトルをしましょう!.

次の

【ポケモン剣盾】どんな相手にも80%で勝てる型のトゲキッスがチンパンすぎる

ポケモン 剣 盾 トゲキッス

ポケモンでの対策 ヒヒダルマ オススメ度 ハチマキを巻いている場合、上からつらら落としを打つことによってダイマックスしているトゲキッスを確1です。 しかし、ダイジェットを一回でも打たれた状態だと上をとられて確1をとられてしまいます。 なので初手でヒヒダルマとトゲキッスを対面させる必要が出るので確実に対処することはできません。 ヒートロトム 【オススメ度 】 現在のトゲキッスのメインの型で持っている技を全て半減することができるので、有利に立ち回ることができます。 突撃チョッキを持ったHCひかえめヒトムの場合、とくこう2段階上昇したトゲキッスのダイジェットを確定で2発耐えることができます。 トゲキッスの強みはダイジェットをすることによって上から超火力で攻撃できる点です。 なのでこうこうのしっぽをトリックすることによってトゲキッスを実質機能停止させることもできます。 ストリンダー 【 オススメ度 】 突撃を持ったチョッキストリンダーの場合ほっぺすりすりからのバークアウトで対処可能です。 トゲキッスのもっている一致技を半減で抑えられる上にバークアウトでとくこうを下げることができるのでダイマックスをしたトゲキッスに安定して勝つことができます。 ただ、トゲキッスがダイバーンを打つ場合ストリンダーのあと投げがきかないので、ストリンダーを使って対策する場合にはほのおタイプの技が通りにくいような構築をする必要があります。 サニーゴ 【オススメ度 】 どわすれを持っているサニーゴの場合、ダイマックス状態のトゲキッスに安定して耐久することができます。 ダイマックスをしたトゲキッスはこちらに対してエアスラや悪巧みを使うことができないのでその間にどわすれを積んでいき、ダイマックスがきれてからナイトヘッドを連打することによって対処をすることができます。 しかし、エアスラでのひるみが連続した場合や急所に当たった場合、崩されてしまうので確実な対策にはなりません。 メタモン 【オススメ度 】 積みポケモンに対しての明確な対策手段と言えばメタモン。 メタモンはこちらのポケモンが1体倒されてから、くり出すことによって安定した対処をすることができます。 しかし、対処をするにはダイマックスをする必要があるためダイマックス権を残しておく必要があります。 そして、あと投げをすることができないので他のポケモンを1体、犠牲にする必要があります。 また相手がヒートロトムを持っていた場合、完全に止められてしまうのでそこも注意が必要です。 バンギラス 【オススメ度 】 すなあらしで特防が1. 5倍になるのでトゲキッスの攻撃を受けてから対処することが可能です。 HBバンギラスの場合のみ火力が足りず返り討ちにされてしまうので、トゲキッスを役割対象とする場合は他の型を使うようにしましょう。 多くのトゲキッスに対して、有利に立ち回ることができますがトゲキッスがはどうだんを持っていた場合は諦めましょう。 まとめ あと投げから安定して勝つことができる一番のポケモンは、ヒートロトムです。 他のポケモンは立ち回りと相手の技構成次第で有利に立ち回ることができます。 これらのポケモンでしっかりと対策をして上位を目指しましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ピントレンズ持ち強運トゲキッスの調整と対策【育成論】

ポケモン 剣 盾 トゲキッス

基本的なトゲキッスの型 弱点保険持ってて、だいたいダイマックスしてきます。 一致抜群も余裕で耐えられ、弱点保険で火力が上がって、ダイジェットで素早さもあげられ、手がつけられなくなります。 また、ダイマックス前には、隙があれば悪巧みしてきます。 サザンドラ相手に交換出しして、悪巧み積んできます。 サザンドラ使いはトゲキッスに注意してください。 対策を怠るとトゲキッスに全壊させられます。 努力値 Sはぶっぱで、HとCを調整しています。 性格補正ありの最速が多い印象。 持ち物はほぼ弱点保険で、たまーにラム持ちもいる。 パーティ次第で読まないといけない。 弱点保険持っていなくても、悪巧み積まれたら同じ。 止まらない。 技構成 確定:エアスラッシュ・マジカルシャイン ほぼ入ってる:大文字orかえんほうしゃ 選択:悪巧み・はどうだん・草結び トゲキッスを対策できるポケモン トゲキッスを対策できて、パーティ単位でも邪魔にならないポケモンは以下かなぁと思っています。 バンギラスは弱点を突かれてしまいますがこちらも弱点保険で返り討ちにすることは可能です。 ただし、後出しは難しそうです。 ではトゲキッス対策の各ポケモンの紹介に移ります。 ヒートロトム 最有力候補ですし、私もよくパーティに入れています。 H全振り、CDに振り分けてとつげきチョッキを持たせるとトゲキッスに圧倒的に強くなります。 フェアリー・飛行を両方半減でき、炎技、草技も半減とトゲキッスが持っているウエポンを全て半減できます。 注意点があるとすれば、電気技をどのタイミングで打つか、ダイマックスを切るのか切らないのかということくらいです。 相手もダイマックスを切っているので合わせて切りにいっても構いません。 ヒートロトムは弱点保険が発動していないダイマックストゲキッスならば後出しからでもダイマックスターンを枯らせることは可能です。 ただ、ダイマックスターンが終了しても相手の方が素早さが上なので、エアスラで強引に突破されることもあります。 そうならないためにも、ヒートロトムでダイマックスを切って、ダイマックストゲキッスは倒しに行くのがいいのかなぁと思っています。 セキタンザン あまり目をつけられてないポケモンですが、かなりオススメです。 タイプではメインウエポンを軒並み半減できます。 はどうだんは抜群取られてしまいます。 特性の蒸気機関はS6段階アップという夢の特性です。 炎技読みで出せると強いです。 Sがかなり低いので、アタッカーの場合はトリックルームでの運用もいいです。 受けの場合はHDセキタンザンという型もいるようです。 ステロ撒いたり、鬼火打てたりはします。 回復は眠るしかありませんが。 4倍弱点も水と地面とあるので、相手は選びます。 ドリュウズ ドリュウズはとつげきチョッキだとトゲキッス相手に対面優位を取れます。 フェアリー・飛行は半減にできます。 オススメの調整は以下です。 Sの調整先は準速ミミッキュです。 ドサイドン 一致抜群が取れて、耐久があるポケモンです。 注意点は草結び(だいそうげん)です。 たまーに持ってるトゲキッスがいます。 悪巧み積まれてるときつい場面も出てきます。 悪巧みの場合は草結びは覚えていないものと思ってて大丈夫です。 ギガイアス 特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 バンギラス バンギラスも特性すなおこしによりDを1. 5倍にできます。 岩技で抜群が取れるので有利ですが、素早さは下なので、タイミングを見て岩技を叩き込みましょう。 また、フェアリー技が抜群なので、ダイマックスして逆に弱点保険を発動させてもらい、逆転ダイロックでワンパンしましょう。 トゲキッス対策のまとめ• トゲキッスは大体弱点保険持ち• ヒートロトムやセキタンザンで対策ができそう トゲキッスが相手のパーティに見えた際には、全抜きされないような選出をしましょう。 また、対戦中もトゲキッス対策となるポケモンはしっかりと温存しておいて、トゲキッスが出たタイミングで出せるようにうまくバトルをしましょう!.

次の