ネスタリゾート神戸 口コミ。 ネスタリゾート神戸 NESTA RESORT KOBE

ネスタリゾートグランピング予約料金と口コミ持ち込みは可能?

ネスタリゾート神戸 口コミ

ネスタリゾートを一日たっぷり満喫してみた! 予備知識一切なしでネスタリゾートまで来てしまった我々一家。 フロントで1Dayパスをゲットしてさっそく遊びにでかけました。 ワイルドカヌーは4歳から! まずはホテル・ザ・パヴォーネの目の前に広がる池でカヌーを楽しむことに。 受付まで行くと、「4歳未満の子は利用できません」と告げられがっかり。 てっきりパンフレットの年齢制限の記載を見落としていました。 そう、ワイルドバギーなどもそうなんですが、 4歳以上にならないと利用できないアトラクションもわりと多いんですよね。 ということで、気を取り直してお隣のワイルドハーベストへ向かいます。 池のほとりには約100トンもあるという巨大な石が鎮座。 「蘇生石」という由緒ある石だそうです。 ワイルドハーベストでニジマスつかみ取り! ワイルドハーベストは、みずから収穫した新鮮な素材を調理して食べられるエリア。 3つのメニューからひとりひとつを選びます。 メニューは季節によって変わりますが、今回は以下のメニューがありました。 ワイルドハーベスト メニュー• ニジマスの素揚げ• 玉ねぎと椎茸のホイル焼き• じゃがいもトルネードポテト トルネードポテトも美味しそうと思ったんですが、じゃがいも収穫は先日行ったハーベストの丘でも体験したばっかりなので… 今回はニジマスの素揚げを選びました! ニジマスつかみ取りを体験! パンフレットには「雄大な自然の中で、新鮮野菜や生きた魚を自ら収穫」とあったので、てっきり小川の中にでも入って、放流されてくるニジマスをつかみ取りするのかなーと思っていたのですが 実際は 回遊式のプールに放たれたニジマスを捕らえるシステム。 内心(思ったよりしょぼいな…)なんてがっかりしつつも、つかみ取りに挑戦。 ニジマスたちは活きがよくてすばしっこく、なかなか捕まりません!! なんとか捕まえたと思っても、ピチピチと勢いよくはねて、水の中へと逃げてしまったり。 どんな感じで収穫するのかというと こちらのカートに積まれている野菜から「収穫」するみたいです。 えー!!これは収穫体験と言えるのか…??? テレビで見たCMでは、女の子が泥まみれになりながら畑でじゃがいもを収穫してたような気がするんだけど…。 CMの映像とギャップがありすぎて唖然。 ニジマスつかみ取りを選んで正解だったかもと思いました。 つかみ取り楽しかったし! じゃがいもカートのそばには、水槽でスッポンが飼われていました。 さらに建物を奥に進むと、鯉の大水槽が。 甲子園球場60個分の超広大な敷地を有するネスタリゾートですが、そのわりに ひとつひとつのアトラクションはこぢんまりしてるな、というのが正直な印象です。 アニマルフレンズも同様で、移動動物園ぐらいの小さな規模感。 とはいえ、エリア内には馬や羊をはじめとして、ウサギ、ハムスター、ハリネズミ、カエル、ヘビ、カメなどさまざまな動物たちが大集合!! 見たことのない動物を間近にみることができて子どもはすごく楽しかったようです。 身を寄せ合って眠るハムスターに癒やされたり ハリネズミの背中をそうっと撫でてみたり フクロウの佇まいに圧倒されたりして楽しみました!! ネスタリゾートのランチはグランプバーベキューパークへ! ネスタリゾートといえば!そう、グランピングですよね!! アニマルフレンズを出て、こちらの斜面をガーッと登った小高い丘の上にあるのが、 グランプバーベキューパーク。 なんでも日本初の本格グランピングBBQ施設だとか。 雄大な大自然に囲まれながらバーベキューを楽しむことができます。 ほかにもタピオカミルクティーや台湾かき氷などの夏メニューも充実してたよ! この日のネスタリゾートは異様なぐらい空いていて、バーベキューパークもガラガラ。 たくさんいたスタッフさんたちもやることがなくて暇そうでした。 そのわりに、注文したドリンクは渡されない、料理のオーダーも通っておらず作り忘れられるといった接客ミスが重なり、若干モヤモヤしたりもしました。 サンシャインジム バーベキューパークのすぐそばには、サンシャインジムという遊具施設が。 入場は入れ替え制になっています。 入り口前で整理券をもらい、時間になったら入場。 全体的に空いていたこの日は待ち時間も少なく、次の回の整理券をすぐにもらえました。 泳ぎまわる魚に癒やされる~ ほかにはサッカーゲームがあったり バッティングゲームができたり カーリングゲームも楽しみました。 30分間の総入れ替え制のため、あっという間に終了時間に。 近くにあるプールもこの日は人がまばら。 ネスタイルミナ 100万個のLEDで圧巻のイルミネーション! さまざまなアトラクションを楽しんだ1日のおわりには、イルミネーションへ! 22時まで営業 最終入場21時 しているので、夕食を済ませてから向かいました。 日曜の夜とあって人はまばら。 場所によってはほぼ貸切状態です。 全長220メートルのトンネルの内部には約100万個のフルカラーLEDが配置され、アップテンポな音楽とともにさまざまな映像が流れてゆきます。 青い照明に照らされる海底神殿や、光の帆船はとても幻想的で、まるで本物の海底にいるような気分。 吹き抜けになったロビーは広々としていて開放感たっぷり。 ゴージャスな内装に「リゾートにやってきた!!」という期待が高まります。 ロビーに飾られているシャンデリアは貴重なアンティークシャンデリア。 およそ150年前にベネチアで作られ、現存しているものは非常に少ないんだとか。 ロビーの片隅に設置された風鈴が涼しげな音を奏でていました。 部屋の様子 ミキハウス子育て総研の「ウェルカムベビーのお宿」に認定されているホテル・ザ・パヴォーネ。 今回はウェルカムベビールームではなく、普通のツインルームを予約していました。 内装は至って普通のホテルといった感じ。 清潔で過ごしやすかったです。 ベランダからは、ワイルドカヌーの池が見えます。 奥に見える山では工事用の重機が働いており、今後もどんどんと新しいアトラクションや施設がオープンすることを予感させます。 ホテルすぐそばにそびえるツリーは夜は美しいイルミネーションに。 とにかく品数が豊富で選ぶのが楽しい! 子ども向けの味付けのメニューも多いので、家族連れにはわりとおすすめです。 パスタ大好きな娘は何度もおかわりしていました。 ちなみに翌朝の朝食も同じレストランでした。 とにかく待ち時間が長い• せっかく1Dayパスを買ったのにひとつのアトラクションだけで一日が終わってしまいがっかり• 整理券に並ぶのでいっぱいいっぱい というように、ネットの口コミでは混雑による待ち時間の長さに対する不満が目立ちます。 今回私たちが訪問したのは、夏休みに突入する直前の日曜日で、たまたますごく空いていました。 どのアトラクションもほぼ待ち時間ゼロで案内されたので、ノーストレスで一日を過ごせました。 混雑を避けるなら、夏休みや大型連休から少しずらした時期を選ぶのがおすすめです。 また今回は子どもの年齢制限上、体験できなかったアクティビティも多かったのですが、そんなことは気にならないほど充実した一日を満喫できました。

次の

口コミ一覧 : ネスタリゾート神戸 (NESTA RESORT KOBE)

ネスタリゾート神戸 口コミ

ネスタリゾート神戸は兵庫県にあり、神戸市から車で45分です。 敷地内の専用駐車場、館内全域での無料Wi-Fiを提供しています。 全てのお部屋にエアコン、ワードローブ、デスク、薄型テレビ、電気ポット、冷蔵庫、専用バスルーム(ヘアドライヤー、スリッパ、無料バスアメニティ付)が備わっています。 お部屋から庭園の眺めを楽しめます。 24時間対応のフロントデスクで、無料の荷物預かりを利用できます。 敷地内にテニスコート、スイミングプール、スパセンター、リラックスできる温泉(露天風呂付)があります。 ビュッフェ式朝食を楽しめます。 敷地内にレストラン、バー、バーベキュー設備もあります。 ネスタリゾート神戸から新神戸駅まで車で45分、三木ゴルフ倶楽部まで車で4分、チェリーヒルズゴルフクラブまで車で12分、姫路城まで車で60分、最寄りの伊丹空港(大阪国際空港)まで35kmです。 客室数: 9• Booking. com B. はオランダ・アムステルダムに本社を置き、世界70ヶ国以上に198の支社を持つグローバル企業です。 オフィス所在地:アクラ、アテネ、アトランタ、アムステルダム、アンタルヤ、アンマン、イスタンブール、イズミル、インスブルック、ウィーン、ヴィリニュス、ヴェローナ、エディンバラ、オークランド、大阪、オスロ、オーランド、海口、カイロ、カサブランカ、カターニア、カルガリー、カンクン、キエフ、グアダラハラ、クアラルンプール、クタ(バリ島)、クラクフ、グランドラピッズ、ケープタウン、ケンブリッジ、広州、コペンハーゲン、コロンボ、ザグレブ、札幌、サムイ島、サランシュ、ザルツブルグ、サンクトペテルブルク、サンティアゴ、サンディエゴ、サントドミンゴ、サンパウロ、サンフアン、サンフランシスコ、サンホセ、シアトル、シェムリアップ、シカゴ、ジッダ、シドニー、ジャカルタ、上海、ジョグジャカルタ、シンガポール、ストックホルム、ストラスブール、スプリト、西安、成都、セビリア、ソウル、ソチ、ソフィア、ソレント、台北、ダブリン、ダラス、タリン、済州島、チューリッヒ、青島、テサロニキ、テルアビブ、デュッセルドルフ、デンバー、東京、ドゥブロヴニク、ドバイ、トビリシ、トラブゾン、トロント、ナイロビ、ナタール、那覇、ニース、ニューオーリンズ、ニューデリー、ニューヨーク、ノーウォーク、パナマシティ、ハノイ、バルセロナ、パリ、パルマ・デ・マヨルカ、バンガロール、バンコク、バンクーバー、ハンブルク、ヒューストン、ビルバオ、ファロ、フィレンツェ、フェニックス、ブエノスアイレス、プーケット、ブカレスト、福岡、ブダペスト、フライブルク・イム・ブライスガウ、ブラチスラヴァ、プラハ、フランクフルト、ブリスベン、ブリュッセル、ヴェネツィア、北京、ヘラクリオン、ヘルシンキ、ベルリン、ホーチミン、ボゴタ、ボストン、ホノルル、ボルツァーノ、ポルト・アレグレ、ボルドー、香港、マイアミ、マドリッド、マニラ、マラガ、マラケシュ、マンチェスター、ミラノ、ミュンヘン、ムンバイ、メキシコシティ、メルボルン、モスクワ、モントリオール、モンペリエ、ヤンゴン、ヨハネスブルグ、ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア、ラスベガス、リオデジャネイロ、リガ、リスボン、リマ、リマソール、リミニ、リール、リュブリャナ、リヨン、レイキャビク、レンヌ、ローマ、ロサンゼルス、ロンドン、ワシントン、ワルシャワ.

次の

ネスタリゾート神戸に行ってきたのでおすすめなどまとめてみた

ネスタリゾート神戸 口コミ

ネスタリゾートを一日たっぷり満喫してみた! 予備知識一切なしでネスタリゾートまで来てしまった我々一家。 フロントで1Dayパスをゲットしてさっそく遊びにでかけました。 ワイルドカヌーは4歳から! まずはホテル・ザ・パヴォーネの目の前に広がる池でカヌーを楽しむことに。 受付まで行くと、「4歳未満の子は利用できません」と告げられがっかり。 てっきりパンフレットの年齢制限の記載を見落としていました。 そう、ワイルドバギーなどもそうなんですが、 4歳以上にならないと利用できないアトラクションもわりと多いんですよね。 ということで、気を取り直してお隣のワイルドハーベストへ向かいます。 池のほとりには約100トンもあるという巨大な石が鎮座。 「蘇生石」という由緒ある石だそうです。 ワイルドハーベストでニジマスつかみ取り! ワイルドハーベストは、みずから収穫した新鮮な素材を調理して食べられるエリア。 3つのメニューからひとりひとつを選びます。 メニューは季節によって変わりますが、今回は以下のメニューがありました。 ワイルドハーベスト メニュー• ニジマスの素揚げ• 玉ねぎと椎茸のホイル焼き• じゃがいもトルネードポテト トルネードポテトも美味しそうと思ったんですが、じゃがいも収穫は先日行ったハーベストの丘でも体験したばっかりなので… 今回はニジマスの素揚げを選びました! ニジマスつかみ取りを体験! パンフレットには「雄大な自然の中で、新鮮野菜や生きた魚を自ら収穫」とあったので、てっきり小川の中にでも入って、放流されてくるニジマスをつかみ取りするのかなーと思っていたのですが 実際は 回遊式のプールに放たれたニジマスを捕らえるシステム。 内心(思ったよりしょぼいな…)なんてがっかりしつつも、つかみ取りに挑戦。 ニジマスたちは活きがよくてすばしっこく、なかなか捕まりません!! なんとか捕まえたと思っても、ピチピチと勢いよくはねて、水の中へと逃げてしまったり。 どんな感じで収穫するのかというと こちらのカートに積まれている野菜から「収穫」するみたいです。 えー!!これは収穫体験と言えるのか…??? テレビで見たCMでは、女の子が泥まみれになりながら畑でじゃがいもを収穫してたような気がするんだけど…。 CMの映像とギャップがありすぎて唖然。 ニジマスつかみ取りを選んで正解だったかもと思いました。 つかみ取り楽しかったし! じゃがいもカートのそばには、水槽でスッポンが飼われていました。 さらに建物を奥に進むと、鯉の大水槽が。 甲子園球場60個分の超広大な敷地を有するネスタリゾートですが、そのわりに ひとつひとつのアトラクションはこぢんまりしてるな、というのが正直な印象です。 アニマルフレンズも同様で、移動動物園ぐらいの小さな規模感。 とはいえ、エリア内には馬や羊をはじめとして、ウサギ、ハムスター、ハリネズミ、カエル、ヘビ、カメなどさまざまな動物たちが大集合!! 見たことのない動物を間近にみることができて子どもはすごく楽しかったようです。 身を寄せ合って眠るハムスターに癒やされたり ハリネズミの背中をそうっと撫でてみたり フクロウの佇まいに圧倒されたりして楽しみました!! ネスタリゾートのランチはグランプバーベキューパークへ! ネスタリゾートといえば!そう、グランピングですよね!! アニマルフレンズを出て、こちらの斜面をガーッと登った小高い丘の上にあるのが、 グランプバーベキューパーク。 なんでも日本初の本格グランピングBBQ施設だとか。 雄大な大自然に囲まれながらバーベキューを楽しむことができます。 ほかにもタピオカミルクティーや台湾かき氷などの夏メニューも充実してたよ! この日のネスタリゾートは異様なぐらい空いていて、バーベキューパークもガラガラ。 たくさんいたスタッフさんたちもやることがなくて暇そうでした。 そのわりに、注文したドリンクは渡されない、料理のオーダーも通っておらず作り忘れられるといった接客ミスが重なり、若干モヤモヤしたりもしました。 サンシャインジム バーベキューパークのすぐそばには、サンシャインジムという遊具施設が。 入場は入れ替え制になっています。 入り口前で整理券をもらい、時間になったら入場。 全体的に空いていたこの日は待ち時間も少なく、次の回の整理券をすぐにもらえました。 泳ぎまわる魚に癒やされる~ ほかにはサッカーゲームがあったり バッティングゲームができたり カーリングゲームも楽しみました。 30分間の総入れ替え制のため、あっという間に終了時間に。 近くにあるプールもこの日は人がまばら。 ネスタイルミナ 100万個のLEDで圧巻のイルミネーション! さまざまなアトラクションを楽しんだ1日のおわりには、イルミネーションへ! 22時まで営業 最終入場21時 しているので、夕食を済ませてから向かいました。 日曜の夜とあって人はまばら。 場所によってはほぼ貸切状態です。 全長220メートルのトンネルの内部には約100万個のフルカラーLEDが配置され、アップテンポな音楽とともにさまざまな映像が流れてゆきます。 青い照明に照らされる海底神殿や、光の帆船はとても幻想的で、まるで本物の海底にいるような気分。 吹き抜けになったロビーは広々としていて開放感たっぷり。 ゴージャスな内装に「リゾートにやってきた!!」という期待が高まります。 ロビーに飾られているシャンデリアは貴重なアンティークシャンデリア。 およそ150年前にベネチアで作られ、現存しているものは非常に少ないんだとか。 ロビーの片隅に設置された風鈴が涼しげな音を奏でていました。 部屋の様子 ミキハウス子育て総研の「ウェルカムベビーのお宿」に認定されているホテル・ザ・パヴォーネ。 今回はウェルカムベビールームではなく、普通のツインルームを予約していました。 内装は至って普通のホテルといった感じ。 清潔で過ごしやすかったです。 ベランダからは、ワイルドカヌーの池が見えます。 奥に見える山では工事用の重機が働いており、今後もどんどんと新しいアトラクションや施設がオープンすることを予感させます。 ホテルすぐそばにそびえるツリーは夜は美しいイルミネーションに。 とにかく品数が豊富で選ぶのが楽しい! 子ども向けの味付けのメニューも多いので、家族連れにはわりとおすすめです。 パスタ大好きな娘は何度もおかわりしていました。 ちなみに翌朝の朝食も同じレストランでした。 とにかく待ち時間が長い• せっかく1Dayパスを買ったのにひとつのアトラクションだけで一日が終わってしまいがっかり• 整理券に並ぶのでいっぱいいっぱい というように、ネットの口コミでは混雑による待ち時間の長さに対する不満が目立ちます。 今回私たちが訪問したのは、夏休みに突入する直前の日曜日で、たまたますごく空いていました。 どのアトラクションもほぼ待ち時間ゼロで案内されたので、ノーストレスで一日を過ごせました。 混雑を避けるなら、夏休みや大型連休から少しずらした時期を選ぶのがおすすめです。 また今回は子どもの年齢制限上、体験できなかったアクティビティも多かったのですが、そんなことは気にならないほど充実した一日を満喫できました。

次の