白衣 クリニック。 「ジェラート ピケ&クラシコ」クリニック導入事例

医療白衣ユニフォーム.com

白衣 クリニック

クリニックではないのでしが、病床数が小さい病院なんですが、 白衣は自分で洗うか 病院で洗って貰うにも 普通の洗濯機で家で使う洗剤で洗って日光干しして、たまに風で吹き飛ばされて、地面に落ちてる状態で、白衣に黒い後がついてたり、洗ったんか??言う感じの汚れが、洗う前と同じ状態の間々で 置いてあったりで…。 院内感染対策ゼロで 階が違う患者さんでも 全員 嘔吐と下痢を していて、自分も他のスタッフもマスクなどはしていましたが、うつり 休んでしまいましたが、普通に それぐらいで 休むなよ。 と言う感じなだけで なんの対策もしておらず ただでさえ リスクが高い仕事なのに ずさんすぎて 給料が高い以外休み少ないし体調弱まると 変な菌を広い易くなるし 毎回クリーニング代ばかにならないし 院内感染を外部に運んでる状態で病院まで拾ったので、長居無用な病院だと つくづく確信しました。 うちも、洗濯を依頼してもいいし 自分でも可です 総合病院ですけどね 依頼したら ボタンは取れる 糊はカピカピ 逆に、その他大勢と一緒なのよね・・・ う〜ん となりまして 現在は自分で洗濯してます 洗剤も、いい香りのするのが増えてるし 一日中、ダウニーとかの香でいい気分です アイロンもピシって気持ちいいって自己満足 感染対策とはいえ 自分が身に着けているものですし ハイター消毒 そんなことしてません 患者さんは、そんなにバッチイとは思えませんから だって、自分と同じ空気吸って、同じ空間で生きてる まあ、感染症とかね・・・ そーゆー時は熱湯につけてとかしますけど 私の中で、基本的に、何も特別扱いは不要 だって、あなたの親が汚いと云われたらどうですか? 基本的にエプロンつけて処置はしていますので、白衣を自分の家に持ち帰ることに対してそれほど抵抗はないです。 私は一度着た白衣は、絶対もう一度袖を通すことは嫌なので、 逆に、病院内のクリーニングでは間に合わなくて、自分でしています。 週2回クリーニングがあり、枚数は制限なしです。 看護師も助手も事務員も同じ扱いで、クリーニングサービスがあります。 現在の病院は、感染認定看護師がいますし、感染対策は十分されている環境で、 200床の中小企業です。 経営状態が苦しい中、それでも週2回のクリーニングを行ってくれていますが、 そんな状況でもスタッフは、クリーニングが少ない、白衣が足りないと愚痴っています。 様々な環境がありますよね。 白衣が本当に汚いのか?それを着て、自分は仕事をして患者様や家族の方と触れ合っているの?感染対策が必要なのは、白衣ではなく、仕事をしているときの環境なのでは? 週2回のクリーニングがある今の病院はとても恵まれている環境だけど、その環境に慣れたら慣れたで、人間は文句を言いたくなる。 根本の問題はなんなのか。 考えたら答えは出るのではないでしょうか? 白衣が汚かったら、院内感染を引き起こす元になりますよね? 患者さんごとに、ガウンテクニックをしているんでしょうか? していませんよね? 汚物対策のときは、使い捨てのエプロンを使用していますか? やはり、いろいろ考えても、病院側の事情を考えて発言することも大切だと思うんです。 ちなみに、クリニック勤務のときは、もちろん自分でクリーニングでしたが、 業務内容から、まったく自宅での洗濯はきになりませんでした。 多数のご意見等ありがとうございます。 それぞれの環境やご意見が聴けて、参考になりました。 海外では白衣で通勤するとこもあるそうで。 まだ勉強不足かもしれませんが、自宅での洗濯でパンデミックなことが発生してるわけでもないですし、現状を受け入れつつ、周りはそうなのかと参考にしてます。 なので、どこどこの家族の処置をしたのだから汚いという考えはないので、意見をくださった方は誤解させてしまったかもしれませんが、そんなつもりはなかったので、誤解させてしまいました。 ただ、病院といった環境なので、他と比べ血液や汚物に触れる機会もあるので、他の所はどうなのだろうといった考えから投げかけたものです。 多数のお話ありがとうございます。 ことば足らずで失礼しました。 以前は病院でレンタル白衣、リネン類と共に業者に依頼していました。 誰もが知る有名な大病院なのに、ものすごくケチで、救命救急なのに古いゴムの伸びきったボロのパンツをあてがわれていました。 上着は、ボタンの欠けたバリバリ糊が効いたものを着させられていました。 最低です。 現在、私は結婚してクリニックで勤務しています。 スクラブは、複数新しいものを貰えました。 自分のペースで着たいし、他人と共に洗うのも不潔のようだし、自分で丁寧に洗いたいので自宅洗濯をしています。 先生や、奥様もとてもいい人で、クリーニングして欲しいなんて、わざわざ言いたくありません。 たまに、クッキーやら、ケーキ等奥様が気を遣ってくださったり、先生がご馳走してくれたり、、、。 夜勤ありの汚い大病院と、簡単な業務の外来のみのクリニックでは、白衣の汚れも全く違います。

次の

Switch:薬袋(みない)内科クリニックの場合

白衣 クリニック

PANTONE(パントン) 色の持つチカラにいち早く注目したフォーク株式会社は、色のプロフェッショナル「パントン」と提携を開始しました。 スタイリッシュなだけでなく、医療現場でどの色がどのような効果をもたらすかといった科学的な方面からも開発を進めてできた製品、それが「パントンカラースクラブ 7000SC」 PHSやPDAなどの機器を、一人ひとりが持つ機会が増えてきた看護の現場。 いつでも連絡が取れるのは便利ですが、長時間の持ち運びによる肩こりに悩んでいる方も多いと思います。 また、作業中に胸ポケットのPHSが誤って患者さんの上に落下してしまう危険性も。 PHSの持ち運びで何かと生じる現場のお悩みを、フォーク独自の新機能が解決します。 特許を取得している2つの機能が特徴のスクラブです。 「重量拡散ポケット」は、PHSやPDAを入れるポケットで、1点にかかっていた重みを全体に分散することで、肩こりなどの疲労を軽減します。 「落下防止タブ」は、ポケット口にPHSのストラップを留めるタブです。 作業の際の落下を防止し、安心感を高めます。 生地にはダンガリーシャツのような肌触りのスクラブポプリンを使用しています。

次の

Switch:薬袋(みない)内科クリニックの場合

白衣 クリニック

この商品をユニフォームとして導入いただいているGLOWクリニックの看護師・アートメイクアーティスト 高濱亜美さんに、スクラブの感想をインタビューしました。 プロフィール 高濱亜美さま GLOWクリニック 看護師、アートメイクアーティスト ご経歴とお仕事内容を教えてください 以前は病棟に勤務し、3年ほど前にアートメイクアーティストになりました。 勤務先のGLOWクリニックはもともと脱毛をメインにしていましたが、アートメイクをやりたくて、コースを立ち上げました。 仕事はアートメイクの施術、スタッフ教育、マネジメントを担当しています。 仕事では、どんな時にやりがいを感じますか? お客様の要望と私の提案を元に相談して、「これにしてよかった」と言われる施述を提供できた時が一番嬉しいです。 この仕事が大好きで、よりよいものを提供したいという気持ちが強いです。 自分のカラーを出したくて、道具もこだわって揃えています。 以前は1,000人近いお客様に予約をお待ちいただいていましたが、今はスタッフも育ってきてご案内もスムーズになりました。 リピーターや紹介の方も多いです。 接客で心がけている点は、何でも正直に話すようにしています。 過剰なメニューを省いたり、お客様のコンディションに合った提案をしたり、いいと思うものを積極的に伝えています。 使ってみたら肌触りがよくて形がキレイで、クリニック内でバーっと広まりました。 スタッフ内の評判もよいです。 白衣やスクラブを選ぶ時のポイントはありますか 以前は、スクラブは楽な作業着という程度に考えていました。 これしか使いたくないくらいです。 スクラブは生地が薄かったり、ビニールっぽい肌触りが気になりますが、これは生地がしっかりしていて、シワになりくく、素材感がよいです。 あとはアートメイクという仕事柄、黒や茶色の色素で汚れることも多いので、ダークカラーのスクラブを選んでいます。

次の