朝 イチ 煮込み ハンバーグ。 あさイチごはん【煮込みハンバーグ】【にんじんピラフ(キャロットライス)】レシピ・NHKあさイチ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

【あさイチ】「トマト煮込みハンバーグ」の作り方、片岡護イタリアンシェフのレシピ《ゴハンだよ!11月18日》

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

手の温度で生地が温まらないよう、手早く2分ほど練り生地を滑らかにする。 生地がボウルにくっつかなくなるようになったらOKです。 ( 氷をあてて生地を冷やしながら練ることで、焼いたときに肉汁が流れ出ないようになる) 2、作った生地を適量とり、キャッチボールをするようにして空気を抜いてまん丸に成形する。 オリーブ油を手に大さじ1程度とり、成形した肉ダネの表面をなでるようにして塗る。 ( 表面をツルツルにすることで加熱ムラがなくなり、ヒビ割れず肉汁を閉じ込められる。 また、油でコーティングすることで水分を逃がさない) 3、フライパンにオリーブ油を熱し、香りがたったら(2)を入れて弱火で4分焼く。 ( 焼いているときに触らないのがポイント) 4、側面の半分くらい白くなってきたらひっくり返し、蓋をして弱火で6分蒸し焼きにする。 5、火を消して、蓋をしたまま余熱で10分温める。 器に盛り、お好みのソースをかければ出来上がり。 4個一緒に焼く場合は5~6分ほど焼くと良いかと思います。 4個一緒に焼く場合は9~10分ほど焼くと良いかと思います。 こねる作業の時に少し冷たさはありましたが、手早くこねてもまとまりやすくレシピ通り2分ほどでできます。 これまで私は中火で外側をこんがりと焼いていたので、とても勉強になりました。 玉ねぎは炒めないのでドロドロな感じにならず、手間も省けるので一石二鳥!蒸し焼きにするので中まで火がしっかりと通っていて 甘みも感じられましたよ。 ハンバーグを作った後はフライパンに残った肉汁を使ってソースを作りました。 お肉の旨味をたっぷり味わえて大満足のレシピ。

次の

【あさイチ】トマト煮込みハンバーグの作り方、イタリアンシェフ片岡護さんのレシピ(11月18日)!ソースが決め手

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

ジューシーなハンバーグを作る3つのポイントとは? 4月1日放映「あさイチ」 NHK をご覧になった方はいらっしゃいますか?今回の「解決!ゴハン」のテーマは、クックパッドニュースでも何度か取り上げられたことがある人気の 「ハンバーグ」でした。 今回、目からウロコのテクニックを教えてくれたのは、料理の基本をわかりやすく丁寧に教えてくれる料理研究家で栄養士の小田真規子さん。 小田さんによれば、美味しいハンバーグを作るポイントは次の3つ。 通常は合いびき肉を使うことが多いハンバーグですが、今回は牛ひき肉に豚バラ肉の薄切りを刻んだものをプラス。 割合は牛ひき肉2に対して豚バラ肉は1。 上記の材料に塩コショウを入れて粘りが出るまでよく混ぜます。 このとき、塩を入れないと豚肉と牛肉の繊維がきちんとくっついてくれないのだとか。 混ぜ方にもポイントが。 豚肉や牛肉に含まれる脂分は、体温に非常に近い温度で溶け出す性質があり、手の平など体温が感じられる部分でかき混ぜると脂が溶け出して、ベタベタになってしまうというからビックリ! 小田さんは、それを防ぐため、体温が低い指先でザクザクと混ぜる方法を勧めていましたよ。 自分の指先が泡立て器になったような感じで、よくスナップをきかせてかき混ぜるのがポイント。 1分ぐらい混ぜると糸を引くように粘りが出てくるので、さらにみじん切りにした玉ねぎ、卵、パン粉を加えて混ぜます。 「炒めた玉ねぎじゃなくていいんだ」とゲストの山口もえさんが驚いていたように、使っていたのは生の玉ねぎ。 実はこれが、美味しさの秘密。 焼きあがったときシャキシャキとしてジューシーさをより際立たせてくれるというから脱帽です。 2分ぐらいしっかり混ぜて、玉ねぎがお肉に馴染んできたらOK。 よく混ぜたら、今度はしっかり空気を抜こう! お次は2つ目のポイント 「空気を抜く」の説明を。 よく混ぜたときに空気が入ってしまったハンバーグのタネから、今度は手の平に打ち付けながら最低10回以上空気を抜きます。 手の平の温かさで脂が溶け出さないよう、あまりしっかり握らないのがコツ。 空気が抜けたらラップをして、冷蔵庫で30分ぐらい休ませます。 ここで大事なのは、油を引かないこと、そして火をつける前にフライパンにハンバーグのタネを置くこと。 低温から中火にかけ、ジワジワと焼いていくのが、ジューシーなハンバーグにする秘訣というからビックリです。 裏表それぞれ5分ぐらい焼いたら、ふたをして弱火で10分ほど蒸し焼きに。 本当に、とても勉強になりますね!クックパッドにも蒸し焼きするハンバーグのレシピが。 こちらにもハンバーグをふわふわにするとっておきのテクニックがいっぱい。 要チェックです。 焼酎でふんわり度アップ!.

次の

NHKあさイチのハンバーグレシピ【お麩入り&冷めても柔らかいお弁当用】

朝 イチ 煮込み ハンバーグ

2015年4月28日(火)にNHKで放送された「あさイチ」の「スゴ技Q」のテーマは、 「ハンバーグ」でした。 家庭でも簡単にふっくら&ジューシーなハンバーグが作れる裏ワザ・スゴ技が紹介されていました! 家庭でハンバーグを作る際、失敗はつきもの(苦笑)。 表面の焦げなんて当たり前 笑 、食べてみると生焼き状態だったり、中に肉汁がまったく閉じこもっておらずパサパサだったりというのは、よく聞く失敗談ですよね。 そんな失敗というリスクがつきまとうハンバーグを、簡単にプロが作るようなふっくら&ジューシーなハンバーグに仕上げてしまうレシピが、この日の「あさイチ」ではレクチャーされていました。 挽き肉の比率、こねる際にあるものを使う、焼き方など、いくつかのポイントをおさえれば、比較的簡単においしいハンバーグを作ることができます。 以下、番組内で紹介された「おいしいハンバーグの作り方」を簡単にまとめました。 ハンバーグ作りに苦手意識のある方はぜひ参考にして試してみてください! ちなみにこのレシピをレクチャーしてくれたのは、ハンバーグを作って20年の料理人・榊原大輔さんです。 ポイント1:麩 ひき肉をこねていく際、「パン粉」ではなく「麩」を使う。 まずは主役となるひき肉ですが、榊原さんいわく、その黄金比は牛3の豚1とのこと。 この比率だと、うまく豚肉の甘みが牛肉に移ってくれるので、非常においしいハンバーグに仕上がってくれるんだとか。 そして、このひき肉をこねていくわけですが、ここに加える材料にひとつ目のポイントがあります。 普通はパン粉を加えてこねていくんですが、榊原さんの方法ではパン粉の代わりにお麩を使うんです! 使う量はお肉が500gだったら、麩は25g。 お麩をポリ袋に入れ、麺棒などでとんとん叩き、細かく砕きます。 砕き終わった麩をふるいにかけ、さらに細かくし、牛乳85mlを加えます。 牛乳を加える理由は、お肉と混ざりやすくするため。 麩を砕く工程は、フードプロセッサーでもOKです。 この麩とひき肉をあわせてこねていくわけですが、なぜパン粉の代わりに麩を使うかと言いますと、麩を使うことによって焼き上がった際のふっくら加減に違いが出てくるためです。 麩の主成分であるグルテンの働きによって、肉汁を中にしっかりと閉じ込めることができるとのこと。 ポイント2:こねる お肉を混ぜる際は、氷水で冷やしながら混ぜる。 焼いても割れないように、お肉が白っぽくなめらかになるまで練る。 ハンバーグ作りで失敗するパターンのひとつに、「割れる」というのがあります。 ハンバーグの表面にひび割れができて、そこから肉汁が逃げ出してしまうというやつですね。 これを防止するためには、最初のこねる作業が大変重要になってきます。 まずはお肉をこねる際、冷やしながらこねるというのがポイント! こねる過程で肉が温まってしまうと、どんどん脂が溶けだし、ジューシーさが失われてしまうため。 ひき肉に塩(お肉が500gなら塩は小さじ1ほど)を加え、冷やしながら実際にこねていくわけですが、ここでのポイントはお肉が白っぽくなるまで、しっかりと混ぜること。 ひき肉の粒がなくなって、全体がなめらかになるまで混ぜたら、そこに麩を投入し、さらに混ぜます。 ポイント3:空気抜き(成形) よく練ったタネをラップで包み、巾着のように絞ると、空気抜きが簡単に行える。 タネが完成したら、続いて空気抜きの段階に入っていきます。 空気抜きもジューシーなハンバーグを作る上では重要な工程になってきます。 空気が残っていると、そこから脂が出ていってしまいますので、空気抜きは疎かにできない作業です。 両手の間を行き来させながら空気を抜くのが一般的な方法ですが、榊原さんはラップを使ってできる簡単な方法をレクチャーしてくれました。 これは割れ防止のテクニック! ポイント4:焼く ハンバーグを焼く時、最初は中火で焼いていく。 なので中火がベスト! 片面を3分ほどかけて焼いていき、横から見て薄茶色になってきたら裏返しのサインなのでひっくり返します。 同じくもう片面にも焼き色がついたら、蓋をし、弱火で5分ほど蒸し焼きにします。 こうすることでしっかりと全体に火が通ってくれます。 熱を通す工程なので、途中で蓋をあけるのは厳禁。 5分経ったら火を止め、さらに5分余熱で蒸らします。 これはハンバーグを休ませているんですが、これによって肉汁がハンバーグの中で弾けるのをおさえてくれます。 こうして完成したハンバーグは、しっかりと肉汁が閉じ込められた、おいしい一品に仕上がっています!.

次の