沖縄 新婚 旅行 ホテル。 沖縄への新婚旅行で泊まるならここ!厳選おすすめのホテル7選|トリッパー

沖縄新婚旅行(ハネムーン)ツアー特集|たびらい沖縄ツアー予約

沖縄 新婚 旅行 ホテル

日本国内での新婚旅行で魅力あふれる新婚旅行ができます。 そう!国内・新婚旅行と言えば"沖縄"へ行きたいという方は多いのではないでしょうか?紺碧の海や蒼い空・・・そこは日本のハワイなんて言葉がぴったり。 このページでは新婚旅行を国内で考えていらっしゃる方、必見!沖縄県について取り上げてみたいと思います。 沖縄は色々な島があって幅広く楽しめる! 出典: たくさんの島々に囲まれており、各々の大自然を満喫できます。 新婚旅行で長く滞在するなら何ヶ所か行ってみるのもいいかもしれないですね。 本島のみでゆっくり過ごすなら3~4日間、離島にも足を伸ばす場合は4~5日間ほどと考えておきましょう。 沖縄島(沖縄本島) 出典: 本島 ほんとう と呼ばれているところ、県庁所在地である那覇市があります。 都会でショッピングを楽しんだり、北部や南部の大自然で癒されたりと、幅広く楽しめる魅力あふれる島です。 宮古島 出典: 沖縄本島から南西におよそ290キロある島です。 2015年にできた『伊良部大橋』でますます観光地として注目を集めている島でもあります。 ドライブやマリンアクティビティも充実しています。 石垣島 石垣島から船で10分。 水牛車で観光はいかがですか?琉球王国といえばこんなイメージなのではないでしょうか。 古き良き沖縄も体験できますが、超有名リゾートホテル星のやは、ここ竹富島にあります。 西表(いりおもて)島 出典: 沖縄って海だけじゃない! 東洋のガラパゴスといわれている大森林に囲まれている島、西表島。 ジャングルの中でロハスな旅をお届けします。 新婚旅行の行先で迷っていらっしゃる方に、予算や気候など、違いをまとめてみました! 海の透明度は違う? 出典: 遠目で見るとハワイの海も綺麗ですが、カイルアとラニカイは砂がサラサラなので砂が浮いて潜ると濁っていて、シュノーケルなどには向いてないようです。 プランクトンの多いところではサンゴが発達していて逆に透明度は落ちるのですが、沖縄離島は透明度がいいのにサンゴが発達していて、このバランスは世界トップクラスとの声もあります。 領土の大きさは? 出典: ハワイ州の面積は16,760km2で、北海道の次に広い岩手県(15,279km2)より一回り大きいサイズ。 州都ホノルルのあるオアフ島は面積1,545km2で、日本で一番狭い香川県(1,877km2)より一回り小さいサイズです。 ハワイ・オワフ島はアメリカを中心として世界中の観光客がやってくるのを見込み、ホテルの敷地面積が壮大です。 沖縄は2,281. 気候は? やはり周囲から聞こえてくるのが英語なので、ハワイは非日常が感じられます。 沖縄は独特の雰囲気はありますが、やはり日本。 沖縄・ハワイどちらも南国といえばヤシの木のイメージですが、沖縄には気候の問題からヤシの木があまり育たずハワイほどヤシの木は多くありません。 沖縄で経済作物として植えるには効率や儲けが悪く、結果として植える事がないためです。 観光用の景観や台風の通り道を考慮して植えられていると考えられます。 移動時間は全然違います 出典: ハワイは東京から8~10時間ほどかかりますが、東京から沖縄へのフライト時間は2時間程度。 東京から2時間というと新幹線で大阪まで行く程度の時間と同じです。 日本とホノルルとの時差は、 19時間で、日本の方が 19時間進んでいます。 もちろん沖縄には時差がないので観光に十分時間を充てることができます。 ホテルのグレードや日数を増やすと2人、 約41万~約50万以上かかるそう・・・。 どこに行きなにがしたいか、のんびり過ごすためにホテルのラックアップや各々離島へ行ったりすると予算がグンと変わります。 2人のやりたい事・行きたい場所を決めてから、予算にあった計画を立てましょう! 沖縄ベストシーズンっていつ? 出典: 海開き: 4月~ 梅雨: 5月中旬~ 台風時期: 8月~10月 11月以降は海水浴をしようとすれば寒くなる時期。 ベストシーズンは6月中旬頃に梅雨明けしてから、7月第一週くらいまで。 夏休みが始まるので価格もやや高めで飛行機も取りづらくなる可能性もあります。 シュノーケリングやダイビングのなどをするのであれば11月以降の方が海が澄むとのこと。 スウェットスーツを着れば水温はそこまで下がらないので、ダイビングにはより透明度の高い海を狙ってみてはいかがでしょうか。 ワーストシーズンは梅雨の期間と、台風が猛威をふるう8月~10月です。 繁忙期以外となると11月~3月までが穴場かも!一番安く沖縄に行ける時期は1月~2月となります。 2月などに行くと野球のキャンプ地でもあったりするので、野球好き夫婦にはおススメです! 新婚旅行で泊まりたい沖縄のホテル 本島 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 出典: 「きらめくサンゴ礁の海に囲まれた絶景をほこる白亜のリゾート」。 景勝地である「万座毛(まんざもう)」を対岸に囲んだ青い珊瑚礁が二人の時間をゆっくりと包みこんでくれるホテルです。 『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』は ルネッサンスリゾートオキナワ 出典: オリジナリティ溢れる7つのレストランとラウンジ・バーが特長のルネッサンスリゾート沖縄。 大きな水槽があり、自由に魚が泳いでいます。 食事をしている時も身近に海を感じられるのは、このホテルの特長かもしれません。 出典: 水族館のレストランも魅力的ですが、本当の海を眺めながらゆっくりと食事できるレストランも素敵! 潮風に吹かれて、気持ちよさそう!滞在期間中の楽しみが増えますね。 『ルネッサンスリゾートオキナワ』HPは 日航アリビラ 出典: スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組合わせた名前の国際級海洋リゾートホテル。 異国情緒を漂わせる雰囲気が南国、沖縄にとてもマッチしています。 『日航アリビラ』は 新婚旅行で泊まりたい沖縄のホテル 離島 ホテルニラカナイ小浜島 出典: 海に囲まれ優しい真南風が2人を祝福してくれています。 日本なのに日本でないような非日常が過ごせるのはこのホテルの魅力です。 海が見えるのも魅力的だけど木のぬくもりも感じたいというお二人にピッタリなホテル。 出典: リゾート地ということを忘れさせてくれる、アンティークで家庭的な造り。 教会が所有&管理しているそうですが、一般人も海水浴を楽しめるそうです。 慶良間(けらま)諸島「渡嘉敷島(とかしきそん)」 出典: 沖縄本島より日帰りで行ける、穴場ビーチ。 とにかく2人で海を満喫したい夫婦おススメ! 世界屈指の透明度を誇る「ケラマブルー」を実際の目で見てみたい!高速船で約30分程度なので、少し本島を離れてのんびりしたい方に必見です。 本島では味わえない離島の魅力スポット 伊原間(いばるま)サビチ洞(石垣島) 出典: 日本の鍾乳洞はたくさんありますが、海にたどり着いたという鍾乳洞は今まで見たことないかも。 洞窟を抜けると、そこには大海原が広がります。 出典: 暗い洞窟にいた時からは想像できない、蒼い海と青い空のギャップを楽しむのにもってこいなスポット。 冒険心が湧いてきます。 マリユドゥの滝(西表島) 西表島で楽しむとしたらロハスな体験。 沖縄人のソールフードである、甘辛く煮付けた豚のあばら肉を乗せた「沖縄そば」は離島ごとに味付けも異なるようなので、食べ比べてみるのも面白いかも知れません。 出典: 高級リゾートホテルでは、沖縄の食材をふんだんに利用したフランス料理など各種料理が楽しめるレストランが多いそうです。 出典: 北海道は四季折々の自然を感じやすい旅先。 春は「ふきのとう」、夏「メロン」、秋「さんま」「鮭」など、なんといっても食も楽しめるのは北海道の魅力でしょう。 平均予算は2人で30万円を切ることも。 北海道はダントツで夏が人気。 オフシーズンは一般的に3月~GW前なので、やりたいこと、行きたいところをまず決めてからプランニングしましょう。 国内で海外の雰囲気を味わうなら沖縄に決まり! 出典: 沖縄は沢山の島があるので、コンプリートしたいならば何度か足を運んだほうが良いでしょう。

次の

大人の隠れ家リゾート「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」

沖縄 新婚 旅行 ホテル

日本国内での新婚旅行で魅力あふれる新婚旅行ができます。 そう!国内・新婚旅行と言えば"沖縄"へ行きたいという方は多いのではないでしょうか?紺碧の海や蒼い空・・・そこは日本のハワイなんて言葉がぴったり。 このページでは新婚旅行を国内で考えていらっしゃる方、必見!沖縄県について取り上げてみたいと思います。 沖縄は色々な島があって幅広く楽しめる! 出典: たくさんの島々に囲まれており、各々の大自然を満喫できます。 新婚旅行で長く滞在するなら何ヶ所か行ってみるのもいいかもしれないですね。 本島のみでゆっくり過ごすなら3~4日間、離島にも足を伸ばす場合は4~5日間ほどと考えておきましょう。 沖縄島(沖縄本島) 出典: 本島 ほんとう と呼ばれているところ、県庁所在地である那覇市があります。 都会でショッピングを楽しんだり、北部や南部の大自然で癒されたりと、幅広く楽しめる魅力あふれる島です。 宮古島 出典: 沖縄本島から南西におよそ290キロある島です。 2015年にできた『伊良部大橋』でますます観光地として注目を集めている島でもあります。 ドライブやマリンアクティビティも充実しています。 石垣島 石垣島から船で10分。 水牛車で観光はいかがですか?琉球王国といえばこんなイメージなのではないでしょうか。 古き良き沖縄も体験できますが、超有名リゾートホテル星のやは、ここ竹富島にあります。 西表(いりおもて)島 出典: 沖縄って海だけじゃない! 東洋のガラパゴスといわれている大森林に囲まれている島、西表島。 ジャングルの中でロハスな旅をお届けします。 新婚旅行の行先で迷っていらっしゃる方に、予算や気候など、違いをまとめてみました! 海の透明度は違う? 出典: 遠目で見るとハワイの海も綺麗ですが、カイルアとラニカイは砂がサラサラなので砂が浮いて潜ると濁っていて、シュノーケルなどには向いてないようです。 プランクトンの多いところではサンゴが発達していて逆に透明度は落ちるのですが、沖縄離島は透明度がいいのにサンゴが発達していて、このバランスは世界トップクラスとの声もあります。 領土の大きさは? 出典: ハワイ州の面積は16,760km2で、北海道の次に広い岩手県(15,279km2)より一回り大きいサイズ。 州都ホノルルのあるオアフ島は面積1,545km2で、日本で一番狭い香川県(1,877km2)より一回り小さいサイズです。 ハワイ・オワフ島はアメリカを中心として世界中の観光客がやってくるのを見込み、ホテルの敷地面積が壮大です。 沖縄は2,281. 気候は? やはり周囲から聞こえてくるのが英語なので、ハワイは非日常が感じられます。 沖縄は独特の雰囲気はありますが、やはり日本。 沖縄・ハワイどちらも南国といえばヤシの木のイメージですが、沖縄には気候の問題からヤシの木があまり育たずハワイほどヤシの木は多くありません。 沖縄で経済作物として植えるには効率や儲けが悪く、結果として植える事がないためです。 観光用の景観や台風の通り道を考慮して植えられていると考えられます。 移動時間は全然違います 出典: ハワイは東京から8~10時間ほどかかりますが、東京から沖縄へのフライト時間は2時間程度。 東京から2時間というと新幹線で大阪まで行く程度の時間と同じです。 日本とホノルルとの時差は、 19時間で、日本の方が 19時間進んでいます。 もちろん沖縄には時差がないので観光に十分時間を充てることができます。 ホテルのグレードや日数を増やすと2人、 約41万~約50万以上かかるそう・・・。 どこに行きなにがしたいか、のんびり過ごすためにホテルのラックアップや各々離島へ行ったりすると予算がグンと変わります。 2人のやりたい事・行きたい場所を決めてから、予算にあった計画を立てましょう! 沖縄ベストシーズンっていつ? 出典: 海開き: 4月~ 梅雨: 5月中旬~ 台風時期: 8月~10月 11月以降は海水浴をしようとすれば寒くなる時期。 ベストシーズンは6月中旬頃に梅雨明けしてから、7月第一週くらいまで。 夏休みが始まるので価格もやや高めで飛行機も取りづらくなる可能性もあります。 シュノーケリングやダイビングのなどをするのであれば11月以降の方が海が澄むとのこと。 スウェットスーツを着れば水温はそこまで下がらないので、ダイビングにはより透明度の高い海を狙ってみてはいかがでしょうか。 ワーストシーズンは梅雨の期間と、台風が猛威をふるう8月~10月です。 繁忙期以外となると11月~3月までが穴場かも!一番安く沖縄に行ける時期は1月~2月となります。 2月などに行くと野球のキャンプ地でもあったりするので、野球好き夫婦にはおススメです! 新婚旅行で泊まりたい沖縄のホテル 本島 ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 出典: 「きらめくサンゴ礁の海に囲まれた絶景をほこる白亜のリゾート」。 景勝地である「万座毛(まんざもう)」を対岸に囲んだ青い珊瑚礁が二人の時間をゆっくりと包みこんでくれるホテルです。 『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』は ルネッサンスリゾートオキナワ 出典: オリジナリティ溢れる7つのレストランとラウンジ・バーが特長のルネッサンスリゾート沖縄。 大きな水槽があり、自由に魚が泳いでいます。 食事をしている時も身近に海を感じられるのは、このホテルの特長かもしれません。 出典: 水族館のレストランも魅力的ですが、本当の海を眺めながらゆっくりと食事できるレストランも素敵! 潮風に吹かれて、気持ちよさそう!滞在期間中の楽しみが増えますね。 『ルネッサンスリゾートオキナワ』HPは 日航アリビラ 出典: スペイン語のAlivio(寛ぎ)とVilla(別荘)を組合わせた名前の国際級海洋リゾートホテル。 異国情緒を漂わせる雰囲気が南国、沖縄にとてもマッチしています。 『日航アリビラ』は 新婚旅行で泊まりたい沖縄のホテル 離島 ホテルニラカナイ小浜島 出典: 海に囲まれ優しい真南風が2人を祝福してくれています。 日本なのに日本でないような非日常が過ごせるのはこのホテルの魅力です。 海が見えるのも魅力的だけど木のぬくもりも感じたいというお二人にピッタリなホテル。 出典: リゾート地ということを忘れさせてくれる、アンティークで家庭的な造り。 教会が所有&管理しているそうですが、一般人も海水浴を楽しめるそうです。 慶良間(けらま)諸島「渡嘉敷島(とかしきそん)」 出典: 沖縄本島より日帰りで行ける、穴場ビーチ。 とにかく2人で海を満喫したい夫婦おススメ! 世界屈指の透明度を誇る「ケラマブルー」を実際の目で見てみたい!高速船で約30分程度なので、少し本島を離れてのんびりしたい方に必見です。 本島では味わえない離島の魅力スポット 伊原間(いばるま)サビチ洞(石垣島) 出典: 日本の鍾乳洞はたくさんありますが、海にたどり着いたという鍾乳洞は今まで見たことないかも。 洞窟を抜けると、そこには大海原が広がります。 出典: 暗い洞窟にいた時からは想像できない、蒼い海と青い空のギャップを楽しむのにもってこいなスポット。 冒険心が湧いてきます。 マリユドゥの滝(西表島) 西表島で楽しむとしたらロハスな体験。 沖縄人のソールフードである、甘辛く煮付けた豚のあばら肉を乗せた「沖縄そば」は離島ごとに味付けも異なるようなので、食べ比べてみるのも面白いかも知れません。 出典: 高級リゾートホテルでは、沖縄の食材をふんだんに利用したフランス料理など各種料理が楽しめるレストランが多いそうです。 出典: 北海道は四季折々の自然を感じやすい旅先。 春は「ふきのとう」、夏「メロン」、秋「さんま」「鮭」など、なんといっても食も楽しめるのは北海道の魅力でしょう。 平均予算は2人で30万円を切ることも。 北海道はダントツで夏が人気。 オフシーズンは一般的に3月~GW前なので、やりたいこと、行きたいところをまず決めてからプランニングしましょう。 国内で海外の雰囲気を味わうなら沖縄に決まり! 出典: 沖縄は沢山の島があるので、コンプリートしたいならば何度か足を運んだほうが良いでしょう。

次の

沖縄で新婚旅行におすすめのホテル

沖縄 新婚 旅行 ホテル

ハワイやグアムなども新婚旅行にピッタリですが、沖縄も新婚旅行でおすすめです。 フライト時間が短いのに、同じ日本とは思えないようなロケーションで雰囲気もバッチリ! 外貨両替や言葉の心配もなく、行動しやすいですしね。 新婚旅行で沖縄へ行こうと考えていて、ホテル選びで悩んでいる方!! 沖縄出身で旅行会社勤務だった私が、おすすめのホテルをご紹介します。 新婚旅行でのホテルの選び方 新婚旅行で沖縄に来る場合、ホテル選びのポイントとして以下の点をおすすめします。 ファミリー向けの賑やかなホテルではなく、ある程度落ち着いた雰囲気• ホテル内でゆっくり過ごせる• ホテル内の施設やアクティビティーが充実している• ラグジュアリー感があって素敵な思い出が作れる 今回は一生に一度の新婚旅行ということで、この4点を重要視してホテルを選んでみました。 「ホテル内の施設が充実している」というのは、特に8月~10月の台風シーズンの沖縄旅行では重要なポイントになってきます。 台風が直撃してしまうと、観光施設がクローズしてホテルに缶詰めになってしまいます。 そんな時に屋内プールやエステサロン、ライブラリーなどがあるととても良いですよ。 また、沖縄旅行で人気のホテルとして「ブセナテラス」や「ルネッサンスリゾート沖縄」などがよく挙がります。 とっても素敵なホテルなのですが、規模が大きくて賑やかで、どちらかというとファミリー向けなので今回は候補から外し、落ち着いた雰囲気のホテルを選んでみました。 新婚旅行でおすすめのホテル ザ・リッツ・カールトン沖縄 料金:デラックスツインルーム 19,221円~(1名・1泊朝食付き) 世界有数のホテルブランド・リッツカールトンの国内初のリゾートホテルです。 さすが世界のリッツカールトン!と思わせるような洗練された空間で、 琉球建築様式を取り入れたロビーや、シンプルながらも高級感がある客室はラグジュアリーで大人の空間。 もちろんスタッフのサービスも世界的ホテル・リッツということで定評があります。 客室は 全室オーシャンビューで、広々としたテラスからは名護湾や壮大なゴルフコースなどのパノラマビューが楽しめます。 大理石のバスタブや、独立したシャワーブースの レインシャワーはなんともゴージャス感があります。 リッツカールトン沖縄はスパやフィットネスが充実していて、特に英国産スパブランド「ESPA」を使用したトリートメントは極上です。 高台にあるのでプライベートビーチまでは距離があり、「目の前が海!」という景色ではありませんが、ビーチまではホテルからの送迎もありますよ。 <ホテルの予約・詳細はこちら> 新婚旅行でおすすめのホテル ジ・アッタテラスクラブタワーズ 料金:クラブデラックス 16,476円~(1名・1泊朝食付き) 恩納村の自然豊かな森に佇むホテルで、 施設の利用が16歳以上というまさに 「大人のためのリゾート」です。 客室は 全室52㎡以上の広々とした空間で、大きな窓からは沖縄の光や風が感じられ、自然と調和した作りになっています。 屋外プールはプールと、そこから望める海と空がまるで一体になっているかのような 「インフィニティーデザイン」になっていて、海外のような雰囲気が味わえます。 屋外プールの横にはライブラリーラウンジがあり、ティータイムには飲み物やホテル手作りのスイーツ、カクテルタイムにはアルコールやカクテルメニューなどがいただけます。 宿泊者はモーニングヨガや三線教室、アッタの森ツアー、ゴルフ体験セミナーなどの アクティビティーメニューに無料で参加できるのでホテルでゆっくりと過ごしたいという方にはぴったりのホテルです。 遊泳可能なビーチがありませんし、館内にはショップやレストランが少ないのですが、系列の「ブセナテラス」へは無料のシャトルバスが出ているので、そこでディナーやショッピングを楽しむのも良いかと思います。 <ホテルの詳細・予約はこちらから> 新婚旅行でおすすめのホテル ホテル日航アリビラ 料金:スーペリアツイン 8,000円~(1名・1泊朝食付き) ホテル日航アリビラは本島中部・読谷村にあるリゾートホテルで、スパニッシュコロニアル調の外観や客室がなんとも可愛らしくて女心をくすぐるインテリアです。 沖縄らしい青を基調にしたお部屋や、色鮮やかなオレンジが映えるお部屋など、 南欧風のインテリアが素敵で、色んなお部屋に泊まりたくなりますよ。 目の前に海が広がるオーシャンフロントや、色鮮やかなガーデンに癒される中庭が見えるお部屋など、お部屋タイプによって眺望が全然違うので、ホテルのHPで見え方をしっかりチェックして予約することをおすすめします。 家族連れも多いですが、ホテルの敷地内には2つのチャペルがあるためハネムーンの方が多いホテルでもあり、サービスも行き届いていますよ。 目の前にはウミガメが産卵に訪れるほど美しいプライベートビーチがあり、マリンメニューもあるのでアクティブ派の人にもおすすめです。 また、アリビラは 朝食が人気のあるホテルで、特に「ベルデマール」の朝食バイキングはふわっふわの黒糖フレンチトーストやシェフが目の前で焼き上げるオムレツなど絶品揃いです。 <ホテルの詳細・予約はこちらから> 新婚旅行でおすすめのホテル ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート 料金:ツイン 7,750円~(1名・1泊朝食付き) 沖縄屈指の景勝地・万座毛近くにあるリゾートホテルです。 ホテルの目の前には透明度が高く美しい万座ビーチがあり、シュノーケリングやジェットスキー、SUPヨガ、ドラゴンボートなど マリンアクティビティが充実しています。 お部屋は海と白砂をイメージした白とブルーを基調としており、全室オーシャンビューで素晴らしいロケーションをお部屋から楽しめます。 ホテル内には7カ所ものレストランがあり、琉球芸能ショーを楽しみながら沖縄料理を食べられるレストランや目の前で焼き上げる鉄板焼きレストラン、ビーチ居酒屋など、 多彩で沖縄らしいお料理をいただけますよ。 新婚旅行でおすすめのホテル OKINAWA SPA RESORT EXES 料金:スーペリアツイン 9,720円~(1名・1泊朝食付き) 客室は 全室オーシャンビューで、59㎡以上とゆとりのある空間。 ゴージャス感はありつつも、シックな色合いで落ち着いた雰囲気なのでずっと居たくなるようなお部屋です。 沖縄の人気があるリゾートホテルは客室数の多いホテルが多いのですが、こちらは客室数が90室と少なめ。 そのため館内では人と会うことが少なく、 静かでプライベート感のあるホテルです。 売店は小さいですし、レストランは1カ所のみでディナーは完全予約制ですが、ホテルの隣には同じ系列の「かりゆしビーチリゾート」があります。 そちらはファミリー向けのリーズナブルなリゾートホテルで、お土産品店やレストランも充実しているので、行き来するのも良いですよ。 <ホテルの詳細・予約はこちらから>.

次の