ハイドロキノン トレチノイ。 ハイドロキノン・トレチノイン療法シミ治療のやり方

トレチノインとハイドロキノンの塗り方や治療期間!混ぜるのは?

ハイドロキノン トレチノイ

スポンサーリンク そもそもトレチノインにはどんな美白効果・美容効果があるの? トレチノインとは、 ビタミンA誘導体 (別名レチノール)のこと。 日本の厚生労働省ではまだ認可されておらず、医師の院内製剤・個人輸入でのみ使用可能です。 またはクリニックで処方してもらうこともできます。 参考: 古い角質と一緒に色素沈着した角質も排出するので、 シミやそばかすを薄くする美白効果が期待できます。 トレチノインを使用し始めて2~3日経つと、次第に 皮膚が赤くなりポロポロと 皮が剥け始めます。 この反応はトレチノインの効果が正常に働いている印。 使用を中止すれば徐々に回復し、キレイな肌へ生まれ変わる手助けをしてくれます。 皮剥けが気になる人は、マスクなどで顔を隠すといいでしょう。 ハイドロキノンを塗る 2. で塗ったトレチノインが乾いたら、ハイドロキノンを同じ部分に塗ってください。 ハイドロキノンは、綿棒を使って シミ部位より広めに塗ること。 こちらも、擦らずにやさしく塗ってください。 翌日、外出前に洗い流す ハイドロキノンを使用した部位は、外出前に 水で洗い流して ください。 肌に残ったハイドロキノンは、紫外線を浴びると酸化して 炎症や 色素沈着などの 肌トラブルを引き起こす原因となります。 ハイドロキノン・トレチノインの使用後はいつもより肌が敏感になっているので、• 室内にいる場合: 保湿• 外出する場合: 保湿+日焼け止め といったケアを忘れずに行いましょう。 トレチノインの使用上の注意点5つ トレチノインを使用するうえでの注意点をまとめました。 安全にトレチノインで美白ケアするためにも、使用前には目を通しておきましょう。 顔全体へトレチノイン使用してひどい皮剥けが起こった場合、大変苦しい思いをすることに…。 25%程の低濃度のトレチノイン使う• 耳かき一さじ程を精製水に混ぜて使う• 目や口の周りにワセリンを塗って保護する 参考: 上記に注意すると、炎症を抑えられます。 トレチノインを顔全体に塗りたい場合は、事前にクリニックへ相談するのをおすすめします。 皮剥けが起こっている部分はとてもデリケート。 刺激を受けると、刺激から肌を守るために メラニンが生成されて色素沈着しかねません。 トレチノインを使用すると 痒みや 刺激感があるため、患部 皮剥け部分 に触ることで シミなどの色素沈着が表れることがあります。 また使用を始めて 最初の3週間ほどはとても痒みを感じますが、次第に落ち着いてきます。 どうしても痒みに耐えられない場合は、氷や保冷剤を清潔なタオルでくるんで 患部を冷やして痒みを紛らわせるといいでしょう。 皮が剥がれない場合はどうすればいい? 1週間たっても皮が剥がれない場合は、 トレチノインの濃度を上げることが1つの解決策。 濃度を上げる以外では、下記が有効です。 朝晩2回トレチノインを使う• 少しだけ厚めに塗る• トレチノインをラップでパックする また長い期間トレチノインを使っていると、 耐性ができて皮が剥けなくなることも…。 その場合は、 4週間ほどの休薬期間を設けてから、トレチノインを再開してください。 トレチノインを水で薄めて使って大丈夫? トレチノインの効果が強すぎる場合は、 水で薄めて使用しても構いません。 薄めたトレチノインは、1日以上放置すると雑菌が 繁殖して危険なので、その場で使い切りましょう。 トレチノインは肌のたるみにも効果がある? トレチノインが効果的なのは ちりめん状の小シワまでで、それ以上の 深いシワ・たるみに対して効果を出すことは難しいです。 顔のたるみは、以下の2つが大きな原因。

次の

トレチノインとハイドロキノンの塗り方や治療期間!混ぜるのは?

ハイドロキノン トレチノイ

ご訪問ありがとうございます!! 今回はハイドロキノンとトレチノインを混ぜて使ったらどうなの??ということをお話ししていきますね。 ハイドロキノンとトレチノインは混ぜて使っても大丈夫?? 結論から言って、大丈夫です。 もともと混ぜてある製品が売っています。 ハイドロキノントレチノインを両方購入するより安くなります。 ハイドロキノンとトレチノインを混ぜて使うメリットデメリット まずメリット• 一つ一つ使うより楽• 保管が楽 デメリットは、• トレチノインを最小限に、ハイドロキノンは多めにという基本を守れない• トレチを使いたくない日があった時にハイドロキノンも休まなくてはいけない メリットは手間なしでケアができることですね!! トレチノインを塗って、乾かして、ハイドロキノンを塗って~って結構面倒。 トレチ用のハケを洗ったり、手を洗ったりなどの手間も私は面倒だったりします。 デメリットは、シミの中にトレチノインを使って、ハイドロキノンはシミより少し大きく塗りましょうという基本がありますが、一緒になっているとそれができません。 何か予定があって、トレチノインを休んで皮むけさせたくないときに、ハイドロキノン単品がないと休薬中の手入れが手薄になってしまいます。 トレチノインを休んだら次の日にはもう大丈夫かというとそうでもなく、皮むけは3~7日くらい継続していきます。 その時にハイドロキノンでケアしないと皮むけの炎症がシミになってしまいかねません。 ハイドロキノンは単体で持っていた方がいいですね。 治療が終わって、沈静期になってもハイドロキノンは単体で使っていきます! ハイドロキノンは、日本の通販でも簡単に手に入って、使い心地もいいので、ハイドロキノントレチノインが混ざったをオオサカ堂で個人輸入して、ハイドロキノンはネットショップ購入という手もアリですね。 通販で買えるハイドロキノンは(オススメの5商品を紹介しています) ハイドロキノンとトレチノインを混ぜて使ってみた体験談 私は基本別々で使っていますが、メンテナンスのときは混ぜてつかってしまいます。 がっつりと治療を終わらせて、その後しみのない肌を維持する期間です。 治療が終わってしばらくすると、くすみが出たり、シミが濃くなってきたりするのです。 そんなときに、トレチノインをすこーしだけ本当に米粒の半分くらいをたっぷりのハイドロキノンに混ぜて使用します。 夜だけ。 1か月くらい継続します。 トレチの反応が出たら、ハイドロキノンのみ使用していきます。 このメンテナンスを定期的にすると、シミがまた濃くならずに、白肌を保てます。 混ぜなくてもいいんですが、トレチノイン米粒の半分を全顔に満遍なく塗るのって無理なので、ハイドロキノンで薄めてる感じです! トレチを少しだけ低濃度で使いたいときにハイドロキノンに混ぜて使うことはかなりオススメですよ。 私は、クールダウンが終わって1か月くらいったったら、シミが濃くなってきた感じがあったので、この方法で、皮むけなしでハイドロキノンを使っています。 ですが、ずーっと使っていると白斑を起こすことがあるとのことなので、適度に休薬したり、メンテナンス時は濃度を下げることをオススメします。 ちなみに使用しているのは ハイドロキノンはとトレチノインは私はをメイン使用です。 とにかく安いです!! そして、メンテナンス時は継続してサプリメントを服用しています。 ハイドロキノンは不可逆性ではないので、だんだんとシミが出てきてしまいますので、メラニン生成を抑えるサプリを服用することで、白肌を維持することができます。 シミを作っているメラノサイトを弱らせてくれます。 肝斑のイメージがありますが、シミにも効果的。 ハイドロキノントレチノイン治療と合わせて摂取することで、より早くシミへの効果が感じられます。

次の

ハイドロキノンとトレチノインを混ぜて使うメリット、デメリットと体験談

ハイドロキノン トレチノイ

30代を過ぎたあたりから肌の衰えは気になっていたものの、 最近さらにお肌が気になってマス。 その一つがシミ。 肌がやや白い方なので、ぽつんとあるだけで結構目立つ。 ファンデーションは基本塗らないので、やはり素肌を綺麗にしないとどうにもならない。 これが結構効きます。 ちゃんとシミが消えてくれる。 顔にシミ一つあるかないかで見た目のイメージがかなり変わってしまうので、 今後もシミ対策には役立ってくれるかなと頼りにしています。 色素沈着・メラニン色素沈着・黒皮症・斑点・そばかすなどを薄くするほか、美白作用のあるクリームです。 トレチノインが配合された レチンAという薬と、 ハイドロキノンが配合された ユークロマという商品を使った、ということになります。 画像のクリームに限らず、同じ成分・濃度なら他社製でも問題ありません。 レチンA・ユークロマの購入先 レチンA トレチノイン はAmazonなどのメジャーなサイトに売ってないのがネックです。 バンコクなら日本語対応の薬局がありますし、ローカルなところでも商品の画像を見せたらすぐ分かってくれます。 日本で購入する場合は2択になります。 普通の通販のように利用できて送料もかからないので便利です。 どちらのクリームも開封後は品質安定のためにも 冷蔵保存。 クリームを連続で塗れるのは2-3か月が上限。 それ以上塗りたい場合は1か月休憩してからでないとお肌に負担が強い&肌が慣れて効果が弱くなる。 クリームの品質は開封後どんどん劣化してゆくので、あまり長くもたない。 特にトレチノインは3か月程度?? このように、ずっと毎日塗り続けるタイプの薬ではないし一度開封すると薬の期限も短くなるので、私は2-3か月の塗布期間が終わったら開封済みのクリームは捨てて、また塗りたくなったら新しいものを開封して使うようにしています。 という訳で、冷蔵庫にストックが1セットあると精神衛生上とても良いです。 しみが消える?実感している効果は 肝心のシミ消し効果ですが、 2か月あればシミは大体消えます。 私は右頬のど真ん中に小さいながらも目に付くシミが数年前からあって、ファンデを塗っても浮いてくるしどうしたものだろうと思っていたのですが、 現在ノーファンデでも大丈夫です。 ほぼ気になりません。 「ほぼ」というのは、経年しているシミに関しては「目立たないけど自分でよく見るとわかる」くらいが限界なのかな?と感じているからです。 ・・・従来の誘導体の100倍の浸透力• 025~0. 1% ・・・ピーリング• ハイドロキノン ・・・メラニンを消す• ・・・日中の日焼け止め *トレチノインの濃度は0. 025や0. 1%のものもありますが、私は 0. 05%を使っています。 05%でもすぐに皮が剥けるので、夜しか塗らない、等で調整しています。 *強い薬なので初めての方は0. 025%から始めることをおすすめします。 *このクリームを使用している間は日焼け厳禁なので、しっかりガードしてくれるタイプの日焼け止めは必須です。 アネッサ等のSPF50+++級の強いクリームタイプ日焼け止めを使うのが嫌なので、キュレルの日焼け止めを顔全体に塗布したあと、 パウダータイプでSPF50++++の強さ を該当箇所にぽんぽんとはたいてます。 ハイドロキノン・トレチノインは夜だけ使う 私はどちらのクリームも、夜にしか使ってません。 朝晩使う方もいるようですが、なんとなく、夜だけにしています。 *注意事項* トレチノインの塗る量はなるべく少なめに! シミの範囲からはみ出さないように、 ごく少量をちょんと塗ってください。 トレチノインは代謝を高める作用があり、使用後すぐは特に皮が剥けます。 なぜかトレチノインを塗ってない部分まで広範囲に剥けます。 そして上から重ねるハイドロキノンは、トレチノインを塗布した面積よりも広めに塗布してください シミ消しの1クールは約2か月 これらのクリームはずっと使い続けるタイプのものではなく、期間を決めて使用します。 私は大体2か月としています 一般的にも2~3か月。 内訳は トレチノイン+ハイドロキノンを1か月使用・ その後ハイドロキノンのみで更に1か月 いずれも夜のみクリームを塗っています。 2か月で大体効果に満足するので、クリームは大量に余っていてもったいないですが終了します。 あまり継続して塗布し続けると肌に負担がありそうだし、そこはお肌と相談でいいかと思います。 また、クリーム塗布を終了した後も 日焼け止めはしっかり継続します。 お肌を休める期間を2,3か月あけて、もしまだシミが気になったり新たなシミが出てきたら改めて新しい薬で挑戦、という流れ。 いつもなら角栓がすぐたまってファンデの乗りが悪くなる場所もすべすべに。 嬉しい副作用 ? です。 私の場合はシミが完全に消えなくてもトレチノインは1か月で終えて、ハイドロキノンだけの塗布に移行してしまいます。 その後はハイドロキノンのみでもシミは変化していってると感じます。 2か月経過後は、クリームを終了して完全に日焼け止めのみ。 クリームを終えてもお肌はデリケートなので日焼け止めをしっかり塗ります。 これで1クール終了! ユークロマだけ・トレチノインだけで使ってもいい? ユークロマ ハイドロキノン ・トレチノインを単品で使用するのは、個人的にはオススメしません。 ユークロマのみの使用 ユークロマ ハイドロキノン は確かにそれ単品で美白効果のあるクリームではありますが、肌の表面から作用するだけなので 効果はゆっくり・または弱く感じます。 なので、基本的にトレチノインは欠かせません。 トレチノインでがしがし皮膚を代謝させて、同時にハイドロキノンをしっかり塗ってその美白効果を最大限利用するイメージです。 ユークロマ単品使用で効果が無いとは言いませんが、どうしても時間がかかってしまいます。 トレチノイン レチンA のみの使用 トレチノインはそれ自体に美白効果はありません。 あくまで皮膚の代謝を促して、新しい皮膚を促すだけです。 なので、トレチノインの単品使用をするということは 「皮膚をピーリングだけして後はほったらかし」にすることと同じで、 デリケートなお肌に直接太陽などの刺激が加わることになってしまいます。 つまり、非常に良くないです。 トレチノインとハイドロキノンは2つ同時に使ってくださいね。 まとめ ひとつあるだけで結構目立つシミはレーザーでばしっと消してしまいたくなりますが、再発したりすることも少なくないらしい上にダウンタイムに2週間テープを張り続けるストレスを思うと・・・クリームでこつこつ消せるのは本当にウレシーです。 何度もしつこいですが それなりに強いクリームなので、自分のお肌の様子を見ながらくれぐれも慎重に、でもシミに悩んでるくらいならぜひ一度使ってみて欲しい! そんなクリーム達です。

次の