望月 大 希 ドラフト。 【ドラフト・望月大希】母子家庭で貧乏・難病も支えた家族愛に涙!

プロ野球ドラフト会議2019速報 全指名選手一覧 佐々木はロッテ、奥川はヤクルト、森下は広島が交渉権獲得! | MOVIE SCOOP!

望月 大 希 ドラフト

母子家庭で育った望月大希 望月大希が10歳の頃、父親は他界しており 母子家庭で育ちました。 マイホームを売却し、家賃7万円のマンションに移り住んだそうです。 船橋市で7万円で家を借りようと思えば、間取りは1Kが相場です(2019年現在)。 望月大希には兄と姉が一人ずつおり、 4人家族で暮らす家となれば1Kでは手狭すぎます。 となると、 かなり築年数の古い家で暮らしていたと想像できます。 2019年ドラフト会議に関連するドキュメント「 お母さんありがとう」でも取り上げられた望月大希。 母子家庭ということもあり、家計はかなり厳しかったようです。 母・美雪さんは家族のために昼夜問わず働いたそうな…。 野球はお金がかかるスポーツ メジャーなスポーツの中でも、 野球はユニフォームや道具などにお金がかかります。 パッと思いつくだけでも、試合着・練習着・ソックス・アンダーソックス・グローブ・スパイク…と数々の道具があり、かなりお金がかかります。 しかも、 消耗品も多く、買い替えも頻繁にあるんですよね…。 僕も中学まで野球をやっていました。 裕福ではなかったので、破れたソックスは自分で穴を縫い合わせてましたw 母子家庭ながら、 大学に通わせるまでの費用を捻出するのはものすごく大変だったと思います。 望月大希が 「お母さんに恩返ししたい」と思うのは必然ですね。

次の

【超速報】ドラフト2019指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

望月 大 希 ドラフト

こんにちは、シュウです。 いよいよドラフト会議が迫ってきましたね。 ちょうどプロ野球志望届けの締切りも終わり、届けがあったのは、高校生から139人・大学生107人で合計246人。 その中で、ドラフト1位指名が確実とされているのは• の3人。 昨年と違って今年は不作のドラフトと言われていましたが、この3人については例年に比べて悪くないのではと個人的に思っています。 また、この3人以外にも即戦力として期待される選手も多くいます。 今回は、大学生の投手でドラフト上位候補といわれる望月大希 創価大 を紹介したいと思います。 それでは、望月大希 創価大 の• 経歴や出身高校と身長• フォームや球速と球種 を中心に調査してみたいと思います。 読み方:もちづき だいき• 生年月日:1998年2月1日• 身長:187cm• 体重:83kg• 出身地:千葉県• 出身小学校:流山市立南流山小学校• 出身中学校:船橋市立八木が谷中学校• 出身シニア:なし• 出身高校:船橋市立船橋高校• 投打:右投・右打• ポジション:投手 望月選手は、小学校時代に軟式野球を始め、中学時代は、硬式を扱うシニアやボーイズリーグでなく中学校の軟式野球部に所属。 市立船橋高校に進学後は、2年生からベンチ入りし、秋にはエースに。 残念ながら甲子園に出場することはできず、最高成績は4回戦。 創価大学では、1年の春からベンチ入りし、その後は、先発とリリーフにフル回転でチームに貢献。 大学3年、4年の春に大学選手権、2年と3年の秋に明治神宮大会に出場。 4年の春には先発を中心になげ、チームをリーグ優勝に導き防御率0. 76を叩き出す。 スポンサーリンク 望月大希 創価大 の最高球速や球種と投球フォーム 立野選手の最高球速は、 「146キロ」 球種は、• スライダー• カーブ• チェンジアップ 望月大希 創価大 の投球フォーム セットポジションから左肩を少しあげて、長身から投げおろしてくる右の本格派投手。 望月大希 創価大 の家族と彼女 望月選手の家族は、母と兄、姉の4人家族。 父は、10歳の頃に病気で他界。 さすがに、経済的に苦しく家を売ったりして、なんとか母親がやりくりをし頑張っていたようです。 大変だった望月選手の母親は、子供の前では明るく振舞っていました。 そんな母親を見てプロになって母親を楽にさせてあげたいと思い、死にものぐるいで望月選手は今までがんばりました。 また、望月選手の彼女に関しては、ネットで探しましたが有力な情報は見つかりませんでした。 今後わかりましたら、追記していきますね。 もう社会人で、これほど有名な選手なので彼女はいるとは思いますが。 立野選手の出身高校は、市立船橋高校で、身長は、187cmと長身。 高校時代は、甲子園に出場できませんでしたが、創価大学時代にさらに成長し、プロ注目の選手にまでに。 これほどの選手なので、各球団で上位指名を狙ってくる可能性が高いかも!?.

次の

ドラフト指名漏れを経験した望月涼太が東芝に入社!その後の成績は?

望月 大 希 ドラフト

プロ野球ドラフト候補たちの知られざるエピソードを紹介する「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」が17日、TBSで午後7時から3時間の生放送で放送され、日本ハムから5位で指名を受けた創価大の望月大希投手(22)がVTR出演。 11年前に亡くなった父と、支えてくれた家族への感謝の思いを語った。 長身から投げ下ろす角度あるストレートと変化球を武器とする右腕としてドラフト候補に名を連ねた望月。 ここまで必死に野球を続けてこれたのは、家族の支えがあったからだ。 望月が10歳の時、野球を教えてくれた父が病気により他界。 大黒柱を失った家族は思い出の詰まったマイホームを売り払い、家賃7万円のマンションに移り住むことになった。 「家族4人で暮らすにはちょっと狭いって感じで、お金がないんだなとは感じました」と望月は当時の印象を振り返る。 まだ学生の兄と姉、そして末っ子の大希…家族4人を支えるため、母・美雪さんは昼夜問わず必死に働いた。 それでも家計は苦しく、兄・悠佑さんに「野球を続けさせられない」と涙ながらに告げる。 「最初は悔しかった。 なんで俺はできないのに弟はできるんよって。 嫉妬が大きかったです」と悠佑さん。 高校へ進学すると野球部に入らずアルバイト漬けの日々となった。 それでも大好きな野球を諦めきれず、夢を弟である大希に託すことを決断。 アルバイトで貯めたお金で弟にグラブをプレゼントした。 ドッキリみたいな感じでもらいましたね」と照れ笑いしたが、今でもそのグラブは大切にとってある。 母・美雪さんは「自分ができなかったから、弟にはそういう思いをさせたくないという兄弟の絆を感じましたね」と目を潤ませた。 その後も兄・悠佑さんは節目ごとにグラブを贈り、望月は期待に応えるように高校、大学と着実に経験を積んだ。 そしてついにドラフト指名候補に。 「絶対自分はプロになるんだっていう強い気持ち。 今まで野球をやらせてくれてありがとうという気持ちです」と、今度は自分が家族を支えるという強い気持ちを持って運命の日を待った。 そして当日、家族4人で指名を待った。 長い長い沈黙の中、日本ハム5巡目でその名が呼ばれた。 「よかった~!!!!」と4人そろって喜び合うと、自然と涙があふれ出た。 「半分諦めかけていたところもあって、でもこうやって自分の名前を呼ばれてホッとしています」と望月。 「お父さんのおかげで今の自分があるので、ありがとうという言葉をかけたいですね」と目を潤ませた。 働き詰めの中でも笑顔を絶やさず支えてくれた母、夢を託してくれた兄、高校を出てすぐに働き始め、家計を支えてくれた姉。 望月は「野球を始めて16年、お父さんが亡くなって11年。 今でも野球を続けることができるのは、3人の支えがあったから」と家族へあふれる感謝の思いを手紙に託した。 険しく厳しいプロの世界に飛び込むが、家族への思いを胸に大舞台で活躍する姿を届ける。

次の